セウタ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回のスペインでの目的地マラガとジブラルタルを回ったので、アルへシラスから船でセウタに渡ります。セウタは北のジブラルタルと並ぶ南側のヘラクテスの柱として海峡を睨む王家の城壁といわれる要塞が印象的でした。セウタ港から歩いて王家の城壁へ。城壁を回った後向かいにあるバス停から路線バスで国境まで行き陸路の国境越えでモロッコ側に入境します。<br />モロッコ側にはバスがなかったのでタクシーで近隣の町ティトゥアンまで行きバスでシャウエンまで向かいます。<br /><br />旅程はターキッシュエアーで<br />11月17日~18日<br />TK0053 NRT21:15→IST04:05<br />TK1305 IST09:25→AGP12:05              マラガ泊<br />11月19日    マラガ観光               アルヘシラス泊<br />11月20日    ジブラルタル            アルヘシラス泊<br />11月21日    セウタからモロッコへ ティトアン経由シャウエン泊<br />11月22日    シャウエン観光              フェズ泊<br />11月23日    フェズ 観光                カサブランカ泊<br />11月24日    カサブランカ観光          午後に空港へ<br />TK0618 CAS14:25→IST 22:15<br />TK0052 IST02:10→NRT19:50モロッコにあるスペイン

スペイン訪問記2 『ジブラルタルの対岸・もうひとつのヘラクレスの柱』 モロッコにあるスペイン領土セウタ

67いいね!

2017/11/21 - 2017/11/25

2位(同エリア14件中)

arfa

arfaさん

この旅行記のスケジュール

2017/11/21

この旅行記スケジュールを元に

今回のスペインでの目的地マラガとジブラルタルを回ったので、アルへシラスから船でセウタに渡ります。セウタは北のジブラルタルと並ぶ南側のヘラクテスの柱として海峡を睨む王家の城壁といわれる要塞が印象的でした。セウタ港から歩いて王家の城壁へ。城壁を回った後向かいにあるバス停から路線バスで国境まで行き陸路の国境越えでモロッコ側に入境します。
モロッコ側にはバスがなかったのでタクシーで近隣の町ティトゥアンまで行きバスでシャウエンまで向かいます。

旅程はターキッシュエアーで
11月17日~18日
TK0053 NRT21:15→IST04:05
TK1305 IST09:25→AGP12:05            マラガ泊
11月19日 マラガ観光          アルヘシラス泊
11月20日 ジブラルタル           アルヘシラス泊
11月21日 セウタからモロッコへ ティトアン経由シャウエン泊
11月22日 シャウエン観光            フェズ泊
11月23日 フェズ 観光        カサブランカ泊
11月24日 カサブランカ観光         午後に空港へ
TK0618 CAS14:25→IST 22:15
TK0052 IST02:10→NRT19:50モロッコにあるスペイン

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
グルメ
2.0
同行者
友人
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アルヘシラス港に向かう道沿いの建物、昔の商社の跡のような印象でした。

    アルヘシラス港に向かう道沿いの建物、昔の商社の跡のような印象でした。

  • アルヘシラス港に入るゲートです。これは自動車用、左右に歩行者用の入口があります。

    アルヘシラス港に入るゲートです。これは自動車用、左右に歩行者用の入口があります。

  • 歩行者用の入口はセキュリティゲートになっています。

    歩行者用の入口はセキュリティゲートになっています。

  • アルヘシラス港から船で対岸のセウタに渡ります。

    アルヘシラス港から船で対岸のセウタに渡ります。

  • 船は港を離れてアフリカ大陸へ。

    船は港を離れてアフリカ大陸へ。

  • スペインの景色.。

    スペインの景色.。

  • 昨日行ったジブラルタルが見えました。

    昨日行ったジブラルタルが見えました。

  • セウタ港に到着。

    セウタ港に到着。

  • 王家の城壁と呼ばれるセウタ地峡を南北に占めるポルトガルが作った砦です。ここからジブラルタル海峡を通過する船を見張っていたんですね

    王家の城壁と呼ばれるセウタ地峡を南北に占めるポルトガルが作った砦です。ここからジブラルタル海峡を通過する船を見張っていたんですね

  • 王家の城壁を説明するプレート。

    王家の城壁を説明するプレート。

  • ホント大きいです。

    ホント大きいです。

  • 模型が展望台にありました。

    模型が展望台にありました。

  • こういう城郭を見るとインドのハイデラバードのハイデラバードにあるゴールコンダ城に似ていると思いました。

    こういう城郭を見るとインドのハイデラバードのハイデラバードにあるゴールコンダ城に似ていると思いました。

  • 時間が無くてジブラルタル海峡を監視するアチョ山には登れませんでしたが真ん中に見えてる小高い山がアチョ山です。

    時間が無くてジブラルタル海峡を監視するアチョ山には登れませんでしたが真ん中に見えてる小高い山がアチョ山です。

  • 王家の城壁を出て道路の向かい側にあるバス停から7番のバスでスペイン=モロッコ国境へと向かいます。3番や5番のバスが来ますが国境へ行くのは7番だけだそうです。

    王家の城壁を出て道路の向かい側にあるバス停から7番のバスでスペイン=モロッコ国境へと向かいます。3番や5番のバスが来ますが国境へ行くのは7番だけだそうです。

  • スペイン=モロッコ国境へと向かいます。<br />このあとスペイン出管どころかモロッコ入管も気付かずに通り過ぎて呼び止められて手続きしました。こんなに緩い国境はタイのメーサイ以来です。

    スペイン=モロッコ国境へと向かいます。
    このあとスペイン出管どころかモロッコ入管も気付かずに通り過ぎて呼び止められて手続きしました。こんなに緩い国境はタイのメーサイ以来です。

  • 国境を抜けて両替所で現金をディラハムに両替し、バスを探したがバスがないとわかり乗り合いタクシーでティトアンへ向かいます。誰も他にいなかったので仕方なく友人と2人で乗り1台50ディラハムでした。

    国境を抜けて両替所で現金をディラハムに両替し、バスを探したがバスがないとわかり乗り合いタクシーでティトアンへ向かいます。誰も他にいなかったので仕方なく友人と2人で乗り1台50ディラハムでした。

  • スペインのアンダルシア地方と見間違えるような景色です。

    スペインのアンダルシア地方と見間違えるような景色です。

  • ティトアンのCMTバスターミナルでフェズ行きのバスを待ちます。シャウエンはフェズ行きで途中下車して行きます。バスは公営のCMTと民営企業がありますがバスがいいと書かれていたCTMにしました。<br /><br />持っているオレンジジュースは待合いの自動販売機で購入しました。10ディラハムでした。

    ティトアンのCMTバスターミナルでフェズ行きのバスを待ちます。シャウエンはフェズ行きで途中下車して行きます。バスは公営のCMTと民営企業がありますがバスがいいと書かれていたCTMにしました。

    持っているオレンジジュースは待合いの自動販売機で購入しました。10ディラハムでした。

  • ティトアンからシャウエンへ途中からくねくね道を登っていきます。滋賀県の三井寺に登る道みたいです。

    ティトアンからシャウエンへ途中からくねくね道を登っていきます。滋賀県の三井寺に登る道みたいです。

  • だいぶ暗くなった頃にシャウエンが見えてきました。

    だいぶ暗くなった頃にシャウエンが見えてきました。

  • 出発する時のために時刻表を写真に。次の目的地のフェズには1日7本のばすがあるようです。こちらは民間バスか。

    出発する時のために時刻表を写真に。次の目的地のフェズには1日7本のばすがあるようです。こちらは民間バスか。

  • こちらは公営のCMTバス、こちらの方がバスのレベルが高いそうです。<br />18時のバスで着いたんですね。

    こちらは公営のCMTバス、こちらの方がバスのレベルが高いそうです。
    18時のバスで着いたんですね。

  • 宿泊したのは村の中心、マクゼン広場前に立地する「オテル・パラドール」フランス圏なんですよね。

    宿泊したのは村の中心、マクゼン広場前に立地する「オテル・パラドール」フランス圏なんですよね。

  • オテル・パラドールの全景。翌日の写真。

    オテル・パラドールの全景。翌日の写真。

  • ホテルからマクゼン広場を越していくとレストランがあったので夕食です。<br />パンとオリーブのピクルス。

    ホテルからマクゼン広場を越していくとレストランがあったので夕食です。
    パンとオリーブのピクルス。

  • タジン鍋です。何度食べても美味しい、日本に帰って来て作りましたが味付けが違うのかもうひとつ。

    タジン鍋です。何度食べても美味しい、日本に帰って来て作りましたが味付けが違うのかもうひとつ。

  • パスタ。

    パスタ。

  • 灯りはロウソクです。

    灯りはロウソクです。

67いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 川岸 町子さん 2018/03/21 22:56:44
    ゆるい国境
    arfaさん、おばんでした☆

    モロッコ編を拝見しているところ、インドのハイデラバードという地名が登場し、ふふふと思いました(笑)行ってみたいです。
    国境は歩いて通過なのですね。仕事をしに国境を越える場合が多いからでしょうか?
    タイのメーサイの国境は、20年ほど前に子連れで訪れました。当時はパスポートを預けて、日帰りしか認められていませんでしたが、今はどうなのでしょうね?

    そうそう、海峡を渡る船が立派になったと思いました。速度も速くなったのでしょうか?30年前は2時間ほどでした。
                        町子

    arfa

    arfaさん からの返信 2018/03/21 23:07:14
    Re: ゆるい国境
    町子さん、こんばんは。
    イイネをいただきありがとうございます。バスが国境までなんですが国境を越えるクルマが渋滞していたので歩いて渡りました。
    メーサイのミャンマー国境は今は入国スタンプをもらっての入国です。期間が決まってるかどうかは確認していません。

    アルヘシラス→セウタのフェリーはやはり時間は2時間くらいだったと思います。
    どうもありがとうございました。

arfaさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

モロッコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モロッコ最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モロッコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集