ザコパネ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
少し古い旅行記になりますが、2015年9月15日から9月30日まで友人と二人でポーランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは9月24日の様子をまとめました。<br /><br />9月15日 滞在先のロンドンから空路、ワルシャワへ(ポーランド航空利用)<br />9月16日 ワルシャワから空路、ヴロツワフへ(ポーランド航空利用)。着後、日本から来た友人と合流<br />9月17日 ヴロツワフから日帰り ヤヴォル平和教会 観光<br />9月18日 ヴロツワフから日帰り シフィドニツァ平和教会 観光<br />9月19日 ヴロツワフから鉄道でクラクフへ<br />9月20日 クラクフ旧市街 観光 <br />9月21日 クラクフから日帰り ヴィエリチカ岩塩坑 観光<br />9月22日 クラクフからバスでザコパネへ。着後、グバウフカ山 観光<br />9月23日 ザコパネから日帰り モルスキエ オコ湖 トレッキング<br />9月24日 ザコパネから日帰り 大カスプロヴィ山 トレッキング<br />9月25日 午前中、ザコパネ観光。午後、バスでクラクフへ<br />9月26日 クラクフ 観光<br />9月27日 友人が一足先に帰国。私はひとりでクラクフ 観光<br />9月28日 クラクフから電車でワルシャワへ<br />9月29日 午前中、ワルシャワ観光。夜、エアフラ便で日本へ<br />9月30日 成田着<br /><br />そして、今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、アイルランド旅行記に出てきたプーニャと同時期に生まれた「ポーニャ」です。右目の上に斜めの白い筋が見えますが、私があやまってつけてしまった日焼け止めです。洗っても落ちなくて、ポーニャにはかわいそうなことをしてしまいました…。

ポーランドの山岳リゾート ザコパネ(3)視界ゼロの大カスプロヴィ山で紅葉を愛でる

34いいね!

2015/09/22 - 2015/09/25

5位(同エリア40件中)

旅行記グループ ポーランド旅行2016

4

47

少し古い旅行記になりますが、2015年9月15日から9月30日まで友人と二人でポーランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは9月24日の様子をまとめました。

9月15日 滞在先のロンドンから空路、ワルシャワへ(ポーランド航空利用)
9月16日 ワルシャワから空路、ヴロツワフへ(ポーランド航空利用)。着後、日本から来た友人と合流
9月17日 ヴロツワフから日帰り ヤヴォル平和教会 観光
9月18日 ヴロツワフから日帰り シフィドニツァ平和教会 観光
9月19日 ヴロツワフから鉄道でクラクフへ
9月20日 クラクフ旧市街 観光 
9月21日 クラクフから日帰り ヴィエリチカ岩塩坑 観光
9月22日 クラクフからバスでザコパネへ。着後、グバウフカ山 観光
9月23日 ザコパネから日帰り モルスキエ オコ湖 トレッキング
9月24日 ザコパネから日帰り 大カスプロヴィ山 トレッキング
9月25日 午前中、ザコパネ観光。午後、バスでクラクフへ
9月26日 クラクフ 観光
9月27日 友人が一足先に帰国。私はひとりでクラクフ 観光
9月28日 クラクフから電車でワルシャワへ
9月29日 午前中、ワルシャワ観光。夜、エアフラ便で日本へ
9月30日 成田着

そして、今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、アイルランド旅行記に出てきたプーニャと同時期に生まれた「ポーニャ」です。右目の上に斜めの白い筋が見えますが、私があやまってつけてしまった日焼け止めです。洗っても落ちなくて、ポーニャにはかわいそうなことをしてしまいました…。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
友人
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ザコパネ3日目となるこの日、大カスプロヴィ山(kasprowy wierch)へトレッキングに出かけました。バスターミナル近くのバス停「Rejon Dworcow」から「Kuznice」行きに乗りこみます。

    ザコパネ3日目となるこの日、大カスプロヴィ山(kasprowy wierch)へトレッキングに出かけました。バスターミナル近くのバス停「Rejon Dworcow」から「Kuznice」行きに乗りこみます。

  • 道路が空いていたので、たった10分でKuzniceに到着( ̄ー+ ̄)/<br />山頂へのケーブルカー乗り場は、すぐ左手の階段の上に見えている白い建物です。

    道路が空いていたので、たった10分でKuzniceに到着( ̄ー+ ̄)/
    山頂へのケーブルカー乗り場は、すぐ左手の階段の上に見えている白い建物です。

    大カスプロヴィ山のロープウェイ 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

    行列覚悟で by kiyoさん
  • その手前に大カスプロヴィ山のトレッキングコースの地図が出ていました。黒線がケーブルカーで、点線がトレッキングコース。<br />ポーランドでは、週末に家族でトレッキングに出かけることが多いそうです。けれど、トレッキングコースについてネットで調べても、ヒットするのはポーランド語のサイトばかりで、ちんぷんかんぷん。<br />ザコパネの観光案内所で尋ねたものの、係のお兄さんは愛想がなくて、聞いたことしか答えてくれず(~~。ほとんど情報のないまま来たので、この地図は貴重な情報源となりました。

    その手前に大カスプロヴィ山のトレッキングコースの地図が出ていました。黒線がケーブルカーで、点線がトレッキングコース。
    ポーランドでは、週末に家族でトレッキングに出かけることが多いそうです。けれど、トレッキングコースについてネットで調べても、ヒットするのはポーランド語のサイトばかりで、ちんぷんかんぷん。
    ザコパネの観光案内所で尋ねたものの、係のお兄さんは愛想がなくて、聞いたことしか答えてくれず(~~。ほとんど情報のないまま来たので、この地図は貴重な情報源となりました。

  • さて、頂上まではケーブルカーで登ります。が、朝9時40分の時点で、チケット売り場はご覧の通りの大行列。次のケーブルカーに乗車できる人数分だけ切符を販売すると、一旦、窓口が閉じてしまうので、購入するのに30分もかかりました。でも、これはまだ良いほう。混雑がひどい時は2時間待ちになることもあるそうです(@o@)。

    さて、頂上まではケーブルカーで登ります。が、朝9時40分の時点で、チケット売り場はご覧の通りの大行列。次のケーブルカーに乗車できる人数分だけ切符を販売すると、一旦、窓口が閉じてしまうので、購入するのに30分もかかりました。でも、これはまだ良いほう。混雑がひどい時は2時間待ちになることもあるそうです(@o@)。

  • 10時27分、やっとケーブルカーに乗ることができました。<br />乗り込んでみると、意外とスペースがあいていて、もっとたくさんの人が乗れそうです。おそらく重量制限があるのでしょうが、効率が悪いなと感じました。

    10時27分、やっとケーブルカーに乗ることができました。
    乗り込んでみると、意外とスペースがあいていて、もっとたくさんの人が乗れそうです。おそらく重量制限があるのでしょうが、効率が悪いなと感じました。

  • そんな事を考えている間に、ケーブルカーはぐんぐん上昇。

    そんな事を考えている間に、ケーブルカーはぐんぐん上昇。

  • 約5分で途中駅で乗り換え、さらに上を目指します。

    約5分で途中駅で乗り換え、さらに上を目指します。

  • けれど、ほんの数分で、ご覧の通り真っ白(0_0)。

    けれど、ほんの数分で、ご覧の通り真っ白(0_0)。

  • 10時40分、頂上に着いても、景色がまったく見えません…。<br />けれど、このままケーブルカーですぐ下山するのも悔しいので、「Hala Gasienicowa 55分」と書かれた黄色いコースへ進むことにしました。

    10時40分、頂上に着いても、景色がまったく見えません…。
    けれど、このままケーブルカーですぐ下山するのも悔しいので、「Hala Gasienicowa 55分」と書かれた黄色いコースへ進むことにしました。

  • ここは標高 1987m地点ですが、眼下に広がっているであろう景色も、行く先も見えません…。

    ここは標高 1987m地点ですが、眼下に広がっているであろう景色も、行く先も見えません…。

  • 足元の石段は滑りやすく、二度ほど転んで足首も捻ってしまいました。もっと歩きやすい階段にしてくれればいいのに、めちゃくちゃ歩きづらいです。

    足元の石段は滑りやすく、二度ほど転んで足首も捻ってしまいました。もっと歩きやすい階段にしてくれればいいのに、めちゃくちゃ歩きづらいです。

  • この先に、いったい何があるのやら。わからないまま進みます。

    この先に、いったい何があるのやら。わからないまま進みます。

  • このスキーリフトも、しばらくすると真っ白な霧に隠れて見えなくなりました。

    このスキーリフトも、しばらくすると真っ白な霧に隠れて見えなくなりました。

  • それでも、石に描かれたコースの目印を頼りに歩きます。

    それでも、石に描かれたコースの目印を頼りに歩きます。

  • そうこうしているうちに、霧が晴れてきました!!

    そうこうしているうちに、霧が晴れてきました!!

  • 気をよくした私達は、さらに別のコースへと進みます。

    気をよくした私達は、さらに別のコースへと進みます。

  • すると、湖のほとりに出ました。

    すると、湖のほとりに出ました。

  • ちょうどお昼12時半、ここでお弁当タイムです。

    ちょうどお昼12時半、ここでお弁当タイムです。

  • すると、しばらくすると霧が晴れ、青空が見えてきました!

    すると、しばらくすると霧が晴れ、青空が見えてきました!

  • 昼食を終え、来た道を戻ると

    昼食を終え、来た道を戻ると

  • 紅葉と湖の絶景ヾ(≧∇≦)/

    紅葉と湖の絶景ヾ(≧∇≦)/

  • 近くに咲いていた花も、どこか幻想的。すっかりご機嫌のポーニャです。

    近くに咲いていた花も、どこか幻想的。すっかりご機嫌のポーニャです。

  • 13時40分。紅葉を楽しんだ後は、「Swinicka Przeleczまで1時間15分」というルートへ進みました。

    13時40分。紅葉を楽しんだ後は、「Swinicka Przeleczまで1時間15分」というルートへ進みました。

  • 標識を頼りに道を進み

    標識を頼りに道を進み

  • 14時5分、ここでトイレ休憩をすませました。

    14時5分、ここでトイレ休憩をすませました。

  • その後も、歩いて

    その後も、歩いて

  • 歩いて(-.-)

    歩いて(-.-)

  • 歩いて(´Д` ;)

    歩いて(´Д` ;)

  • 14時40分、再び分岐点にやって来ました。右へ行っても左へ行ってもKuzniceへ戻れるルートです。さて、どちらにするべきか。

    14時40分、再び分岐点にやって来ました。右へ行っても左へ行ってもKuzniceへ戻れるルートです。さて、どちらにするべきか。

  • 決めかねていると、下から上がってくる人がいました。<br />私達の前を歩いていた人が、その人に「どちらの道がおすすめか」と尋ねると、ポーランド語だったので詳しくはわかりませんでしたが、左の道がおすすめと言っているようだったので、ついていく事にしました。

    決めかねていると、下から上がってくる人がいました。
    私達の前を歩いていた人が、その人に「どちらの道がおすすめか」と尋ねると、ポーランド語だったので詳しくはわかりませんでしたが、左の道がおすすめと言っているようだったので、ついていく事にしました。

  • ところが、これが大失敗!!<br />黄色は、上級者向けコースだったのです (+_+)。最初に歩いたルートもそうだったのですが、今頃、気づくバカな私達…

    ところが、これが大失敗!!
    黄色は、上級者向けコースだったのです (+_+)。最初に歩いたルートもそうだったのですが、今頃、気づくバカな私達…

  • 写真ではわかりづらいですが、滑りやすく、かなりの急角度。<br />ここを下りるの!?  無理だ~。腰が引けました(@@;)

    写真ではわかりづらいですが、滑りやすく、かなりの急角度。
    ここを下りるの!? 無理だ~。腰が引けました(@@;)

  • 何度も滑って転びそうになりながら、なんとか下りきったら、今度は、岩がゴロゴロしたドロドロ道!<br />右側が崖なので、滑落したら…と思うと手に汗握りました。悪戦苦闘しながらも、道を修復しているおじさん達に助けられて乗り切ることができました。おじさん、ありがとう!

    何度も滑って転びそうになりながら、なんとか下りきったら、今度は、岩がゴロゴロしたドロドロ道!
    右側が崖なので、滑落したら…と思うと手に汗握りました。悪戦苦闘しながらも、道を修復しているおじさん達に助けられて乗り切ることができました。おじさん、ありがとう!

  • 15時10分、ようやく一息つける場所に出ました。

    15時10分、ようやく一息つける場所に出ました。

  • しかし、山々は雲に隠れ、天候の回復は望めそうにありません。<br />10分ほど休んで、再び下山開始です。

    しかし、山々は雲に隠れ、天候の回復は望めそうにありません。
    10分ほど休んで、再び下山開始です。

  • 石を敷き詰めた道は滑りやすく、なかなか前に進めません。そうして約30分後、ようやく平坦な道に出た時の嬉しさと言ったら ┐(´ー`)┌フッ

    石を敷き詰めた道は滑りやすく、なかなか前に進めません。そうして約30分後、ようやく平坦な道に出た時の嬉しさと言ったら ┐(´ー`)┌フッ

  • そして16時、ゴーーーール!

    そして16時、ゴーーーール!

  • そのまま歩いていくと、ケーブルカー乗り場の下に出ました。

    そのまま歩いていくと、ケーブルカー乗り場の下に出ました。

  • すっかり疲れきってしまい、早くホテルに戻ってスパに入りたかった私達は、ちょうど停車していたザコパネ行きのバスに乗車。

    すっかり疲れきってしまい、早くホテルに戻ってスパに入りたかった私達は、ちょうど停車していたザコパネ行きのバスに乗車。

  • 約10分後、バス停「Watra」で下車したら、

    約10分後、バス停「Watra」で下車したら、

  • クルプフキ通りに戻ってこれました!

    クルプフキ通りに戻ってこれました!

  • すっかりおなかがすいてしまい、少し早いけれど、クルプフキ通りのレストラン「プストラグ ゴルスキ(Pstrag Gorski)」で夕食です。

    すっかりおなかがすいてしまい、少し早いけれど、クルプフキ通りのレストラン「プストラグ ゴルスキ(Pstrag Gorski)」で夕食です。

    プストラグ・ゴルスキ シーフード

    シーフードに舌鼓 by kiyoさん
  • 夕方5時でしたが、通りに面したテラス席はすでに満席。店内の一階と二階席も、ほとんど埋まっているという人気店です。

    夕方5時でしたが、通りに面したテラス席はすでに満席。店内の一階と二階席も、ほとんど埋まっているという人気店です。

  • 魚料理のメニューが豊富で、どれにしようか迷うほど。ショーケースには、お土産用の商品も並んでいました。

    魚料理のメニューが豊富で、どれにしようか迷うほど。ショーケースには、お土産用の商品も並んでいました。

  • 左は、ジャガイモとポークリブ入りのザワークラウトのスープ。すっぱいかと思ったら、そうでもなくて、塩気がちょっと強かったです。値段は、7ズウォティ(約260円)。右の大きなカップは蜂蜜入りの紅茶で、値段は10ズウォティでした。

    左は、ジャガイモとポークリブ入りのザワークラウトのスープ。すっぱいかと思ったら、そうでもなくて、塩気がちょっと強かったです。値段は、7ズウォティ(約260円)。右の大きなカップは蜂蜜入りの紅茶で、値段は10ズウォティでした。

  • サラダはレタス、トマト、キュウリに香ばしくローストされたチキン。トーストが添えられ、ガーリックソースがかかっていました。値段は19ズウォティ(約740円)です。

    サラダはレタス、トマト、キュウリに香ばしくローストされたチキン。トーストが添えられ、ガーリックソースがかかっていました。値段は19ズウォティ(約740円)です。

  • メインは、マッシュルームとポテトを添えたトラウト(鱒)のフィレ。<br />値段は魚の重さによって変わります。100グラム6.2ズウォティで、一皿だいたい400グラムで約950円。味付けもちょうどよくて、おいしかったです。

    メインは、マッシュルームとポテトを添えたトラウト(鱒)のフィレ。
    値段は魚の重さによって変わります。100グラム6.2ズウォティで、一皿だいたい400グラムで約950円。味付けもちょうどよくて、おいしかったです。

34いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • mikimikiさん 2017/12/12 23:34:39
    ポーランドの夕食
    kiyoさん、こんばんは!!

    山歩き、澄み切った空気が気持ち良かったでしょうね~~。
    お天気がもっと良ければ、もっと長く歩きたくなったのでは
    ないでしょうか。

    ポーランドでのお食事は、意外とお手頃なお値段で食べる事ができるんですね。
    ローストしたチキンがのっているサラダ、とってもおいしそう!!
    それに、スープも身体が温まりそうです。
    山のそばで、魚料理が豊富というのも面白いですね。

    寒い日が続きますので くれぐれもお身体を大切にお過ごしください。
    明日も良いことがたくさんありますように!!

    mikimiki

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/12/17 16:11:23
    RE: ポーランドの夕食
    mikimikiさん、こんにちは!

    ポーランドと言えば、ショパンを生んだ音楽の都、
    もしくは悲しい歴史を刻んだアウシュピッツ収容所くらいしか知らなかったので、
    山歩きがあんなに楽しめるとは思っていませんでした。
    おっしゃる通り、お天気が良かったら最高でした。

    それから、食事。
    私も肉料理ばかりかと思って行ったのですが、
    お魚料理も豊富で、
    物価も安め。

    特に、感激したのはホテルの朝食。
    酢漬けにしんをはじめ、
    サンドイッチにはさみたくなるような
    おかずが豊富で
    いつも朝から食べ過ぎていました。

    ちなみに、レストランで食べたサラダと魚は一皿づつ頼んで
    友達と半分こして、ちょうどよい量でした。
    ひとり一皿、頼むと、とんでもないことになりそうです。

    それでは、年末の忙しい時期ですが、
    体調崩されませんように。
    よい年をお過ごしください。
    kiyo
  • aoitomoさん 2017/12/09 18:29:35
    『大カスプロヴィ山』湖と紅葉の絶景! 感動です。
    kiyoさんポーニャさん こんばんは~

    『ポーランドでトレッキング!』
    ポーランドは美しい建築物や旧市街、ヴィエリチカ岩塩坑などが観光の定番ですが、海外でのトレッキングにも憧れますよ。
    むしろ絶景を眺めれるトレッキングの方が好きだったりします。
    でも、なかなか情報もないのですよね。
    旅行記を拝見して、こんなところがあることを知るとワクワクしてきます。

    『ケーブルカー』
    朝早くでないと混みますね。
    やはり人気があるのですね。
    そして、ケーブルカーで上まで行ってくれるので、楽でもあります。
    コースも石畳と道しるべでわかりやすくしてくれているので、安心です。
    しかし、この石段は大変ですよね。

    『紅葉』
    紅葉と湖の絶景は霧もあって幻想的でもありますね。
    こんなところを歩いてみたいです。
    花をバックにポーニャさんよく写ってます。

    『上級者向けコース』
    トレッキングの上級者向けコースはかなり大変でしょうね。
    私も、日本のトレッキングで上級者向けコースに乗ってしまい大変だったことがあります。
    とはいえ、終わってみればいい思い出です。

    『プストラグ ゴルスキ』
    疲れた後の夕食はまた一段とおいしかったことでしょうね。
    蜂蜜入りの紅茶も体に元気が戻りそうです。
    トラウトのフィレもおいしそうです。

    ゆとりの日程で、
    ポーランドガッツリ満喫してますね。
    羨ましいです~

    aoitomo

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/12/10 10:29:27
    RE: 『大カスプロヴィ山』湖と紅葉の絶景! 感動です。
    aoitomoさん こんにちは。
    いつも私の旅行記と口コミにたくさんの投票をしていただき、本当にありがとうございます。

    ポーランドは、私も行くまでは、ヴィエリチカ岩塩坑くらいしか知りませんでした。
    ガイドブックは地球の歩き方しかなく、あとは何冊か書籍が出ているだけ。
    ネットで調べてもポーランド語のサイトばかりで、
    グーグルで翻訳しても、ちんぷんかんぷんな訳語が並ぶだけ(〜〜。

    でも、そのぶん、予備知識なしで、いきなり目の前に現れた風景に
    何度も感動させられました。
    おまけに、ポーランドの人はすごく親切。
    特に、親日度が高いらしいです。

    ポーランドの山は頂上までケーブルカーで簡単にアクセスできる所も多いのですが、
    その手軽さゆえに、週末は家族連れで山に出かける人が多いとか。
    私達が行ったのはオフシーズンだったので空いていましたが、
    夏のシーズンはものすごいことになるそうです。

    紅葉は、まさか見れるとは思っていなかったので感動しました。
    しかも、少し前まで真っ白な霧に包まれ、
    何があるのかすらわからない場所だったので
    素敵な贈り物をもらった気分です。

    上級者向けコースは、おっしゃる通り、終わってみればいい思い出です。
    その時は、涙目になりながら、どうしてこんな所に来たのだろうと
    後悔しましたが、この旅行で一番印象に残っている場所です。

    そして、お魚料理。
    ポーランドは肉料理だけでなく、お魚料理も豊富。
    そして、日本人にもなじみやすい餃子などもあり
    食事はどこもおいしかったです。
    kiyo

kiyoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ポーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポーランド最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集