プリーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ユーレイルパスを使用してミュンヘン中央駅から快速列車で一時間あまりのところにあるプリーン・アム・キームゼー駅で降りた私たちは、キームゼー鉄道に乗ったあと、船に乗り換えて、島めぐりを楽しみました。<br /><br />Chiemsee Schifffahrt<br />http://www.chiemsee-schifffahrt.de/en/home/<br /><br />なお、このアルバムは、ガンまる日記:キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/10/post-c8c5.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1)

18いいね!

2017/08/19 - 2017/08/27

14位(同エリア47件中)

    15

    ユーレイルパスを使用してミュンヘン中央駅から快速列車で一時間あまりのところにあるプリーン・アム・キームゼー駅で降りた私たちは、キームゼー鉄道に乗ったあと、船に乗り換えて、島めぐりを楽しみました。

    Chiemsee Schifffahrt
    http://www.chiemsee-schifffahrt.de/en/home/

    なお、このアルバムは、ガンまる日記:キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/10/post-c8c5.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    鉄道
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    交通
    5.0

    PR

    • プリーン・アム・キームゼー駅の改札を出ると、すぐ目の前にキームゼー鉄道のプリーン駅があり、ホームには緑色の列車が停車していた。<br /><br />列車は今にも発車しそうな雰囲気だったので、私はすぐにでも切符を買って乗車したかったが、夫のガンモが何やら慌てており、なかなか切符を買おうとしなかった。どうやらガンモは、ここで珍しい蒸気機関車に乗車できると思っていたらしい。ところが、ホームに停車しているのが蒸気機関車ではなかったので、切符を購入すべきかどうか迷っていたようだ。<br /><br />ガンモは慌ててスマートフォンや手元の資料を調べていたが、蒸気機関車は日曜日しか運航していないことがわかったようだ。今にも緑色の列車が発車しそうだったので、私たちは慌てて窓口に駆け込み、切符を買った。購入できる切符の種類はいくつかあり、その区別が良くわからなかったのだが、ひとまず鉄道と何かのセットの切符を買って、停車中の緑の列車に乗り込んだ。

      プリーン・アム・キームゼー駅の改札を出ると、すぐ目の前にキームゼー鉄道のプリーン駅があり、ホームには緑色の列車が停車していた。

      列車は今にも発車しそうな雰囲気だったので、私はすぐにでも切符を買って乗車したかったが、夫のガンモが何やら慌てており、なかなか切符を買おうとしなかった。どうやらガンモは、ここで珍しい蒸気機関車に乗車できると思っていたらしい。ところが、ホームに停車しているのが蒸気機関車ではなかったので、切符を購入すべきかどうか迷っていたようだ。

      ガンモは慌ててスマートフォンや手元の資料を調べていたが、蒸気機関車は日曜日しか運航していないことがわかったようだ。今にも緑色の列車が発車しそうだったので、私たちは慌てて窓口に駆け込み、切符を買った。購入できる切符の種類はいくつかあり、その区別が良くわからなかったのだが、ひとまず鉄道と何かのセットの切符を買って、停車中の緑の列車に乗り込んだ。

    • 発車間際に切符を買ったので、緑色の列車に乗り込んでみると、既にほとんどの席は埋まってしまっていた。しかし有り難いことに、あとから乗って来た私たちのために、一部の乗客の方が席を詰めてくださったおかげで座ることができた。<br /><br />さて、これが土壇場で購入した切符である。<br /><br />旅行を終えた今、冷静にキームゼー鉄道のHPで確認してみたところ、私たちが購入したのは、キームゼー鉄道の乗車券と西側の島めぐりがセットになった切符だったようだ。

      発車間際に切符を買ったので、緑色の列車に乗り込んでみると、既にほとんどの席は埋まってしまっていた。しかし有り難いことに、あとから乗って来た私たちのために、一部の乗客の方が席を詰めてくださったおかげで座ることができた。

      さて、これが土壇場で購入した切符である。

      旅行を終えた今、冷静にキームゼー鉄道のHPで確認してみたところ、私たちが購入したのは、キームゼー鉄道の乗車券と西側の島めぐりがセットになった切符だったようだ。

    • 列車は終点のシュトック駅に到着。

      列車は終点のシュトック駅に到着。

    • 古典的な車両。

      古典的な車両。

    • シュトック駅を降りたところにあった観覧車(?)のようなもの。どうやら、遊園地か何かの宣伝だったようだ。

      シュトック駅を降りたところにあった観覧車(?)のようなもの。どうやら、遊園地か何かの宣伝だったようだ。

    • シュトック駅から歩いてすぐのところに、キーム湖の遊覧船乗り場があった。どうやら、私たちが購入した切符で遊覧船に乗船できるようである。そこで私たちも長い列の最後尾に加わった。

      シュトック駅から歩いてすぐのところに、キーム湖の遊覧船乗り場があった。どうやら、私たちが購入した切符で遊覧船に乗船できるようである。そこで私たちも長い列の最後尾に加わった。

    • ドイツ語、ワカリマセーン!<br />しかし、もうすぐ遊覧船が出発しそうである。

      ドイツ語、ワカリマセーン!
      しかし、もうすぐ遊覧船が出発しそうである。

    • キーム湖を泳ぐカモ。

      キーム湖を泳ぐカモ。

    • いよいよ遊覧船に乗り込む。

      いよいよ遊覧船に乗り込む。

    • 船内ではなく、外の席に座った。

      船内ではなく、外の席に座った。

    • ほとんど西洋人ばかり。

      ほとんど西洋人ばかり。

    • およそ十五分で目的地に到着。どこに着いたの? ドイツ語、ヨメマセーン。だが、おそらく、Herren-Inselは、Herren-Island、ヘレン島だと思う。

      およそ十五分で目的地に到着。どこに着いたの? ドイツ語、ヨメマセーン。だが、おそらく、Herren-Inselは、Herren-Island、ヘレン島だと思う。

    1件目~15件目を表示(全15件中)

    この旅行記のタグ

      18いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      プリーン(ドイツ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集