ハワイ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1999年からほぼ毎年ハワイ旅行を楽しんでいるが、お盆の時期は久しぶり、今回で14回目のハワイ島となる。<br />今回も成田発のJAL786便でオアフ島経由でハワイアンでコナ着である。まずは成田のラウンジにて恒例のカレーを食べて機内では何も食べずに寝て行く作戦だったのだが、結局映画を2本観てしまい、あまり寝られなかった。<br />さてそのJAL便、いつもなら定時運行No.1の実績に肖り、遅れはほとんどないのだが、今回はブレーキシステムの異常を知らせるウォーニングが出たということで、部品交換することになり結局機内待機で1時間40分遅れで出発。オアフ島着も1時間30分遅れで、接続便に間に合うかヒヤヒヤしながらハワイアンのチェックインカウンターに走ったが、なんとか間に合ってホッとした。ただいつもならホノルル空港のスタバでゆ~ックリするのだが、今回はサクッと一飲み。<br />予定通りコナ空港に到着してHertzのバンに乗り予約してあった車に直行(GOLD PLUS REWARDS会員なのでカウンターに並ぶ必要なし)、荷物を積みゲートに向かい日本の免許証を提示していざ出発!19号に乗ってまずはホノコホウハーバーへ。ここのHarbor House Restaurantでランチ、チリビーンバーガーでお腹がいっぱい時差ボケも解消。<br />その後190号を北上しワイメアのLilikoi Cafeで休憩。リリコイチーズケーキはビッグサイズ。<br />そのまま島の東側を南下してRainbou fallsへ。晴れてて夕方近くだったので虹は見えなかったが、ちょっと休憩を兼ねて歩いたので気分爽快。<br />さらにちょっと行ったHiloにあるGrand Naniloa Hotel Hilo にチェックイン。昨年DoubleTreeに変わったばかりなので、建物は古いが内装は明るくモダンでとても綺麗。<br />この日の夜は、Pineapplesでディナー。ビールと新鮮なホタテやエビが美味い!<br />翌11日の朝は晴れて、Bear&#39;s coffeeにて朝食。大きなカップで出てくるカフェラテとブリトー、4つのホイップクリームが可愛いパンケーキで朝からお腹がいっぱい。腹ごしらえができたところで、VolcanoのIki trailを歩きに、しかもノルディックウォーキング!流石にハワイまで来て元気にノルディックウォーキングしている人には会ったことがないので、ハワイで初めてかも。最初の森林トレイルは晴れていたが、火口の盆地になったところはちょっとガスっていて後半は霧雨のよう。だが上に登るに従ってまた晴れて来た。オヒアレフアの赤い花が咲いており、生命力の強さを感じる。<br />トレッキング終了後、一度ヒロに戻りSUISANにてランチ。Two bowlのスパイシーツナとワサビサーモンが美味い!<br />一度ホテルに戻って着替えをし、BigIsland Candiesで工場見学と買い物。チョコやらクッキーやら、毎年新しくて魅力的なパッケージが登場することもあり、お土産をしこたま爆買い?<br />その後、ヒロ大神宮へお参り。お目当のお守りを4つ入手し、岐阜出身の神主さんと会話。<br />そして再度Volcanoへ。この日のディナーはThe RIM restaurant、Volcanoの火口から出る水蒸気がマグマによってオレンジ色に光る光景をパノラマウインドウ越しに見ながらのワインと食事は時を忘れさせる。ワインはカベルネ・ソーヴィニヨンカベルネ・ソーヴィニヨンを小さなデキャンタに入れて持って来てくれるのが嬉しい。なかなか渋くてちょっとスパイシーなテイスト。メインのビーフもボリューミーで柔らかく美味しいものだった。<br />12日は、Ken&#39;s House of Pancakesで朝食、サイミンと定番のオムレツを食べた後、ホテルをチェックアウト。そのままヒロ空港にあるBlueHawaiian Helicoptersにチェックイン。初めてのヘリコプターに興奮!溶岩が海に流れ込むオーシャンエントリーや赤いマグマがピースマークのように見える火口、地上からはアクセスできない秘境の滝の上を飛んでもらい大満足。<br />ランチは1 Plus 1 Cafe、ここでもあっさり麺が美味い。<br />その後、Na&#39;alehuにあるPunalu&#39;u bake shopで虹色なパンを買い、地元ミュージシャンの生演奏を聴きながらアイスクリームを頬張る。<br />さらに南を目指し、アメリカ最南端のその名もSouth Pointへ。以前来た時に見た大量の風車は廃棄され、最新のもの数本だけが残っていた。代わりにあたりは牧場と化し、牛や馬が放牧されていた。<br />そのまま島の西側をドライブしやっとワイコロアへ。クイーンズで買い物を済ませた後、King&#39;s Landへチェックイン。今回の部屋も昨年同様無駄に広いバスルームのある1LDKで寛ぐには十分。早速コナビールを煽る。日本ではお目にかかれないHANAKEI,LEMONGRASS LUAUも飲んで見た。<br />13日は、早朝に周辺をノルディックウォーキング。近くにあるHilton Waikoloaのプールでのんびり。お昼もLagoon grillでラーメンバーガーにトライ。その後夜はFairwind IIで知られるHula Kai号で夜のマンタツアーに参加。初めてのウエットスーツに身を包み、すぐ近くのポイントまで双胴船で運んでくれる。そこからフロートを出して、みんながそれにつかまり、LEDに照らされて寄ってくるプランクトンを捕食にくるマンタに感動。決してマンタには触れないでと言われていたが、マンタがあまりに近くを泳ぐので、腹やらヒレやらが手や腕を撫でる。これは凄いものを見せてもらった。<br />14日も朝はノルディックウォーキングの後、King&#39;s Bakalyで朝食バイキングをとり、69ビーチへ。その先のハプナビーチはあまりにも人気が出て駐車場が有料になったにもかかわらず混んでて待つことが多くなったので、駐車場無料なのに空いていて、トイレ、シャワー完備、しかもロコしか来ないような小さいビーチはお気に入り。帰りにフェアモント近くのPuako Petroglyph trailへ。多くのペトログリフがきちんと保存されている。アメリカ本土の親子もほぼ同じ時間に行ったので、お互い写真を撮り、和気藹々。その後、今度はマウナラニにあるフィッシュポンドを散策。ここがパワースポットと言われるのがわかる気がする。<br />夜はクイーンズにあるマカロニグリルへ。コスパが高いイタリアンで安心して食べられる。Hawaii Bikesでお目当のものを購入、よかったよかった。<br />15日も朝はノルディックウォーキング。この日は近くのペトログリフトレイルも歩く。<br />その後、唯一1000mの高地にあるコナコーヒー農場、Mountain Thunderへ。しかし、今年4月にオーナーが替わり、オーガニックコナコーヒーは販売ライセンスが取れていないので今は購入できないとのこと。残念だが、早く免許取得してほしいものだ。<br />11時ごろ、Kalahuipua&#39;a Histric park &amp; trailsへ。ここにある古代ハワイアンの住居跡でその人のオーラが撮れるというケーブへ。神秘的な写真は撮れたが、果たしてオーラなのか?<br />午後はKing&#39;s Landのプールで泳ぎ、夜はMauna LaniにあるBrown&#39;s Houseへ。Open tableでBookしたが、ちゃんとリクエスト通りのサンセットが見えるテラス席が用意されていた。ここでもサンセットを眺めながらシャンパンで乾杯、最高のひと時を日本人のサーバントやミュージシャン達が演出してくれた。地元のアワビはもはや知らない人はいないくらい柔らかくて美味しい。<br />ここで飲んだコナコーヒーもまた格別。フレンチプレスで抽出しているそうだが、これほど美味いとは。<br />16日も朝からノルディックウォーキング。ブッダポイントまではオンロード、帰りは海岸線のラバトレイルを行くが、途中バランスを崩して転倒。左肘が鋭い溶岩で流血。途中のHalii Kaiにエバキュエーションしてとぼとぼ歩いていたら、管理人のおじさんの車に止められ事情説明すると、近くのトレイルまで乗せて行ってくれた。感謝!<br />で、この日はおとなしくヒルトンワイコロアのプールで過ごすことに。夜はワイコロアビレッジにあるPueo&#39;s Osteriaでディナー。ハッピーアワーには目もくれずファインなイタリアンを堪能。<br />17日最終日も朝はノルディックウォーキング。チェックアウトしてからクイーンズのDaylight Mind Coffeeで朝食。ラウラウポークバーガー、なかなかいける。<br />帰りのハワイアンチェックインカウンターでスーツケースが重量オーバー、2つで182ドル払うのはもったいないので、詰め込んであった小さいバッグ2つを使って4つに分散して荷物の数は増えたのに超過料金はなし。<br />お盆の時期にしては日本人が少なく、韓国人も減り、中国人が増えたと感じた。<br /><br /><br /><br /><br />

久しぶりのお盆にハワイ島

23いいね!

2017/08/10 - 2017/08/18

774位(同エリア3642件中)

旅行記グループ BigIsland

0

30

ベーチャン

ベーチャンさん

1999年からほぼ毎年ハワイ旅行を楽しんでいるが、お盆の時期は久しぶり、今回で14回目のハワイ島となる。
今回も成田発のJAL786便でオアフ島経由でハワイアンでコナ着である。まずは成田のラウンジにて恒例のカレーを食べて機内では何も食べずに寝て行く作戦だったのだが、結局映画を2本観てしまい、あまり寝られなかった。
さてそのJAL便、いつもなら定時運行No.1の実績に肖り、遅れはほとんどないのだが、今回はブレーキシステムの異常を知らせるウォーニングが出たということで、部品交換することになり結局機内待機で1時間40分遅れで出発。オアフ島着も1時間30分遅れで、接続便に間に合うかヒヤヒヤしながらハワイアンのチェックインカウンターに走ったが、なんとか間に合ってホッとした。ただいつもならホノルル空港のスタバでゆ~ックリするのだが、今回はサクッと一飲み。
予定通りコナ空港に到着してHertzのバンに乗り予約してあった車に直行(GOLD PLUS REWARDS会員なのでカウンターに並ぶ必要なし)、荷物を積みゲートに向かい日本の免許証を提示していざ出発!19号に乗ってまずはホノコホウハーバーへ。ここのHarbor House Restaurantでランチ、チリビーンバーガーでお腹がいっぱい時差ボケも解消。
その後190号を北上しワイメアのLilikoi Cafeで休憩。リリコイチーズケーキはビッグサイズ。
そのまま島の東側を南下してRainbou fallsへ。晴れてて夕方近くだったので虹は見えなかったが、ちょっと休憩を兼ねて歩いたので気分爽快。
さらにちょっと行ったHiloにあるGrand Naniloa Hotel Hilo にチェックイン。昨年DoubleTreeに変わったばかりなので、建物は古いが内装は明るくモダンでとても綺麗。
この日の夜は、Pineapplesでディナー。ビールと新鮮なホタテやエビが美味い!
翌11日の朝は晴れて、Bear's coffeeにて朝食。大きなカップで出てくるカフェラテとブリトー、4つのホイップクリームが可愛いパンケーキで朝からお腹がいっぱい。腹ごしらえができたところで、VolcanoのIki trailを歩きに、しかもノルディックウォーキング!流石にハワイまで来て元気にノルディックウォーキングしている人には会ったことがないので、ハワイで初めてかも。最初の森林トレイルは晴れていたが、火口の盆地になったところはちょっとガスっていて後半は霧雨のよう。だが上に登るに従ってまた晴れて来た。オヒアレフアの赤い花が咲いており、生命力の強さを感じる。
トレッキング終了後、一度ヒロに戻りSUISANにてランチ。Two bowlのスパイシーツナとワサビサーモンが美味い!
一度ホテルに戻って着替えをし、BigIsland Candiesで工場見学と買い物。チョコやらクッキーやら、毎年新しくて魅力的なパッケージが登場することもあり、お土産をしこたま爆買い?
その後、ヒロ大神宮へお参り。お目当のお守りを4つ入手し、岐阜出身の神主さんと会話。
そして再度Volcanoへ。この日のディナーはThe RIM restaurant、Volcanoの火口から出る水蒸気がマグマによってオレンジ色に光る光景をパノラマウインドウ越しに見ながらのワインと食事は時を忘れさせる。ワインはカベルネ・ソーヴィニヨンカベルネ・ソーヴィニヨンを小さなデキャンタに入れて持って来てくれるのが嬉しい。なかなか渋くてちょっとスパイシーなテイスト。メインのビーフもボリューミーで柔らかく美味しいものだった。
12日は、Ken's House of Pancakesで朝食、サイミンと定番のオムレツを食べた後、ホテルをチェックアウト。そのままヒロ空港にあるBlueHawaiian Helicoptersにチェックイン。初めてのヘリコプターに興奮!溶岩が海に流れ込むオーシャンエントリーや赤いマグマがピースマークのように見える火口、地上からはアクセスできない秘境の滝の上を飛んでもらい大満足。
ランチは1 Plus 1 Cafe、ここでもあっさり麺が美味い。
その後、Na'alehuにあるPunalu'u bake shopで虹色なパンを買い、地元ミュージシャンの生演奏を聴きながらアイスクリームを頬張る。
さらに南を目指し、アメリカ最南端のその名もSouth Pointへ。以前来た時に見た大量の風車は廃棄され、最新のもの数本だけが残っていた。代わりにあたりは牧場と化し、牛や馬が放牧されていた。
そのまま島の西側をドライブしやっとワイコロアへ。クイーンズで買い物を済ませた後、King's Landへチェックイン。今回の部屋も昨年同様無駄に広いバスルームのある1LDKで寛ぐには十分。早速コナビールを煽る。日本ではお目にかかれないHANAKEI,LEMONGRASS LUAUも飲んで見た。
13日は、早朝に周辺をノルディックウォーキング。近くにあるHilton Waikoloaのプールでのんびり。お昼もLagoon grillでラーメンバーガーにトライ。その後夜はFairwind IIで知られるHula Kai号で夜のマンタツアーに参加。初めてのウエットスーツに身を包み、すぐ近くのポイントまで双胴船で運んでくれる。そこからフロートを出して、みんながそれにつかまり、LEDに照らされて寄ってくるプランクトンを捕食にくるマンタに感動。決してマンタには触れないでと言われていたが、マンタがあまりに近くを泳ぐので、腹やらヒレやらが手や腕を撫でる。これは凄いものを見せてもらった。
14日も朝はノルディックウォーキングの後、King's Bakalyで朝食バイキングをとり、69ビーチへ。その先のハプナビーチはあまりにも人気が出て駐車場が有料になったにもかかわらず混んでて待つことが多くなったので、駐車場無料なのに空いていて、トイレ、シャワー完備、しかもロコしか来ないような小さいビーチはお気に入り。帰りにフェアモント近くのPuako Petroglyph trailへ。多くのペトログリフがきちんと保存されている。アメリカ本土の親子もほぼ同じ時間に行ったので、お互い写真を撮り、和気藹々。その後、今度はマウナラニにあるフィッシュポンドを散策。ここがパワースポットと言われるのがわかる気がする。
夜はクイーンズにあるマカロニグリルへ。コスパが高いイタリアンで安心して食べられる。Hawaii Bikesでお目当のものを購入、よかったよかった。
15日も朝はノルディックウォーキング。この日は近くのペトログリフトレイルも歩く。
その後、唯一1000mの高地にあるコナコーヒー農場、Mountain Thunderへ。しかし、今年4月にオーナーが替わり、オーガニックコナコーヒーは販売ライセンスが取れていないので今は購入できないとのこと。残念だが、早く免許取得してほしいものだ。
11時ごろ、Kalahuipua'a Histric park & trailsへ。ここにある古代ハワイアンの住居跡でその人のオーラが撮れるというケーブへ。神秘的な写真は撮れたが、果たしてオーラなのか?
午後はKing's Landのプールで泳ぎ、夜はMauna LaniにあるBrown's Houseへ。Open tableでBookしたが、ちゃんとリクエスト通りのサンセットが見えるテラス席が用意されていた。ここでもサンセットを眺めながらシャンパンで乾杯、最高のひと時を日本人のサーバントやミュージシャン達が演出してくれた。地元のアワビはもはや知らない人はいないくらい柔らかくて美味しい。
ここで飲んだコナコーヒーもまた格別。フレンチプレスで抽出しているそうだが、これほど美味いとは。
16日も朝からノルディックウォーキング。ブッダポイントまではオンロード、帰りは海岸線のラバトレイルを行くが、途中バランスを崩して転倒。左肘が鋭い溶岩で流血。途中のHalii Kaiにエバキュエーションしてとぼとぼ歩いていたら、管理人のおじさんの車に止められ事情説明すると、近くのトレイルまで乗せて行ってくれた。感謝!
で、この日はおとなしくヒルトンワイコロアのプールで過ごすことに。夜はワイコロアビレッジにあるPueo's Osteriaでディナー。ハッピーアワーには目もくれずファインなイタリアンを堪能。
17日最終日も朝はノルディックウォーキング。チェックアウトしてからクイーンズのDaylight Mind Coffeeで朝食。ラウラウポークバーガー、なかなかいける。
帰りのハワイアンチェックインカウンターでスーツケースが重量オーバー、2つで182ドル払うのはもったいないので、詰め込んであった小さいバッグ2つを使って4つに分散して荷物の数は増えたのに超過料金はなし。
お盆の時期にしては日本人が少なく、韓国人も減り、中国人が増えたと感じた。




旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

BigIsland

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ハワイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ハワイ最安 388円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ハワイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集