関に宿をとり、ぶらりドライブ旅。円空ゆかりの弥勒寺を訪ねると、テントや幟(のぼり)が見え、賑やか。年に一度の円空法要の祭り日だと分かりました。<br /><br />表紙写真:板取川では、夏休みを満喫する親子連れが見られました。

円空仏を訪ねて@関。

4いいね!

2017/07/30 - 2017/07/30

133位(同エリア156件中)

0

25

Fluegel

Fluegelさん

関に宿をとり、ぶらりドライブ旅。円空ゆかりの弥勒寺を訪ねると、テントや幟(のぼり)が見え、賑やか。年に一度の円空法要の祭り日だと分かりました。

表紙写真:板取川では、夏休みを満喫する親子連れが見られました。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 名神を行き、一宮JCTより東海北陸道へ。

    名神を行き、一宮JCTより東海北陸道へ。

  • 弥勒寺前の無料駐車場(車止めがないので、お気をつけを)で車から降りると、幟(のぼり)が目に入りました。

    弥勒寺前の無料駐車場(車止めがないので、お気をつけを)で車から降りると、幟(のぼり)が目に入りました。

  • 「今日は、お祭りの日で、準備をしていますが、どうぞ、お上りください」と促され、履物を脱いで、お堂へ。

    「今日は、お祭りの日で、準備をしていますが、どうぞ、お上りください」と促され、履物を脱いで、お堂へ。

  • ご本尊は、弥勒菩薩。

    ご本尊は、弥勒菩薩。

  • 円空仏(阿弥陀如来)。大正9年(1920年)、お堂が焼失して数百体の円空仏が失われ、寺に現存するのは、こちらを含めて4体のみ。木彫りの仏像は、火事に弱いのね。

    円空仏(阿弥陀如来)。大正9年(1920年)、お堂が焼失して数百体の円空仏が失われ、寺に現存するのは、こちらを含めて4体のみ。木彫りの仏像は、火事に弱いのね。

  • 聖観世音菩薩(円空仏)。お顔が一つ、腕が二つの観音様。多面や千手でなく。

    聖観世音菩薩(円空仏)。お顔が一つ、腕が二つの観音様。多面や千手でなく。

  • お堂の屋根上に、円空仏を模したような像が。古代寺院の廃寺だった弥勒寺を、円空が再興したのが元禄2年(1689年)、58歳の時。

    お堂の屋根上に、円空仏を模したような像が。古代寺院の廃寺だった弥勒寺を、円空が再興したのが元禄2年(1689年)、58歳の時。

  • お堂の鬼瓦。円空は元禄8年(1695年)、64歳で、この地で没しました。旧暦のお盆の時。だから、法要(お祭り)もお盆の頃なのかしら。

    お堂の鬼瓦。円空は元禄8年(1695年)、64歳で、この地で没しました。旧暦のお盆の時。だから、法要(お祭り)もお盆の頃なのかしら。

  • 鬼瓦。円空は修験僧(山伏)だったので、天狗?角があるし。

    鬼瓦。円空は修験僧(山伏)だったので、天狗?角があるし。

  • お堂前には、儀式に使う三方も、置かれています。

    お堂前には、儀式に使う三方も、置かれています。

  • 古代遺跡が、こちら。古代寺院・弥勒寺は、飛鳥時代、豪族の氏寺として建立されました。掘れば、遺跡が出土する範囲が、地図で示されています。長良川のほとりは、水運による流通の要地だったようです。

    古代遺跡が、こちら。古代寺院・弥勒寺は、飛鳥時代、豪族の氏寺として建立されました。掘れば、遺跡が出土する範囲が、地図で示されています。長良川のほとりは、水運による流通の要地だったようです。

  • とはいえ、今は、原っぱ。

    とはいえ、今は、原っぱ。

  • 弥勒寺に車を止めたまま、歩いて円空館(2003年開館)へ。「マムシ注意」とのことで、サンダルから運動靴に履き替えて。鬱蒼とした未舗装道を歩きます。

    弥勒寺に車を止めたまま、歩いて円空館(2003年開館)へ。「マムシ注意」とのことで、サンダルから運動靴に履き替えて。鬱蒼とした未舗装道を歩きます。

  • お祭り日のため、入場料200円が、無料に。こちらは、全国の円空仏分布図。館内では、案内の方が、展示の説明をして下さいました。展示品の円空仏の撮影は不可。初期の作品は、丁寧に彫られていて、晩年はシンプルに鑿(のみ)を入れた「シンプル仏」に。モーツァルトも、後期には音が少ない作品を作曲したことを思い出しました。

    お祭り日のため、入場料200円が、無料に。こちらは、全国の円空仏分布図。館内では、案内の方が、展示の説明をして下さいました。展示品の円空仏の撮影は不可。初期の作品は、丁寧に彫られていて、晩年はシンプルに鑿(のみ)を入れた「シンプル仏」に。モーツァルトも、後期には音が少ない作品を作曲したことを思い出しました。

  • 立派な竹林を抜けると…

    立派な竹林を抜けると…

  • 円空の墓がありました。でもね、ここには、ご遺体もお骨もない。

    円空の墓がありました。でもね、ここには、ご遺体もお骨もない。

  • 車を発進、ご遺体のある、円空入定(にゅうじょう)塚へ。

    車を発進、ご遺体のある、円空入定(にゅうじょう)塚へ。

  • 還暦を過ぎると、円空は穀断ち(苦行)を始め、それが3年続きました。すっかり体脂肪を落とし、いよいよ、生きたまま、土中へ。そぎ落とし、鍛えられた体は、死後も腐敗せずミイラ化、即身仏となり、死は死でなく永遠の生命の獲得となる…究極の修行ですね。にっこり微笑んだ円空仏からは、想像もできません。

    還暦を過ぎると、円空は穀断ち(苦行)を始め、それが3年続きました。すっかり体脂肪を落とし、いよいよ、生きたまま、土中へ。そぎ落とし、鍛えられた体は、死後も腐敗せずミイラ化、即身仏となり、死は死でなく永遠の生命の獲得となる…究極の修行ですね。にっこり微笑んだ円空仏からは、想像もできません。

  • さて、車で「円空キウイ街道」というネーミングの道を走り抜け、北上。係員の誘導に従って、無料駐車場に入ります。日曜日、小雨模様でもロットの空きはわずか。田んぼの向こうに見えたのは、人だかり。

    さて、車で「円空キウイ街道」というネーミングの道を走り抜け、北上。係員の誘導に従って、無料駐車場に入ります。日曜日、小雨模様でもロットの空きはわずか。田んぼの向こうに見えたのは、人だかり。

  • 通称・モネの池。小雨が降ったり止んだりしていたせいか、池の水は濁っていました。え?そう見えない?写真映えする池なのですね。

    通称・モネの池。小雨が降ったり止んだりしていたせいか、池の水は濁っていました。え?そう見えない?写真映えする池なのですね。

  • 池を撮ろうとしても、対岸の人々の映り込みが水面に。

    池を撮ろうとしても、対岸の人々の映り込みが水面に。

  • 睡蓮の咲き残り。

    睡蓮の咲き残り。

  • そして、円空記念館(1995年開館)へ。トリッキーな名前ですが、先に訪ねたのが、円空館(2003年開館)。円空記念館は、高賀川沿いを、対向車とすれ違うのが難しいほど狭い道を走行した先にあります。入館料は大人250円。2005年、洞戸村が関市に編入合併したことにより、関市に両館が併設された形になったようです。

    そして、円空記念館(1995年開館)へ。トリッキーな名前ですが、先に訪ねたのが、円空館(2003年開館)。円空記念館は、高賀川沿いを、対向車とすれ違うのが難しいほど狭い道を走行した先にあります。入館料は大人250円。2005年、洞戸村が関市に編入合併したことにより、関市に両館が併設された形になったようです。

  • 展示品の中で、最も大きな像が、十一面観音(写真中央)です。

    展示品の中で、最も大きな像が、十一面観音(写真中央)です。

  • 十一面観音などは、高賀神社の所蔵。写真は、高賀神社の手水舎にある龍。龍は、雨を司る水の神様。14時から、お祭りが始まるので、弥勒寺に戻ることに。

    十一面観音などは、高賀神社の所蔵。写真は、高賀神社の手水舎にある龍。龍は、雨を司る水の神様。14時から、お祭りが始まるので、弥勒寺に戻ることに。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

関の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集