ローヌアルプ地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2016年の夏休み。<br />今年の海外旅行はどこに・・・と思っていたところにテレビでロワールの古城を特集している番組が。<br />そうそう、前回のフランスでTGV乗って、今度は鉄道旅行もいいな、と思っていたし、以前からアルプスの山々は見てみたかったし、今回はフランス鉄道旅行で決まり!<br /><br />ところが、いざプランニングをすると、なかなかTGVのチケットが取れずに四苦八苦。<br />だったらもう予約不要のTERでのんびりっていうのもありかな、と思い、日本の青春18きっぷの旅、ならぬフランスレイルパスの旅ってことにしました。<br /><br />日本だったらいくらでも・・・という旅でも、いざ海外となると、なかなかスリリングな旅となってしまい。<br />それでもなんとか無事に戻ってくることができて本当によかった。<br />ほとんどフランス語は話せないし、英語だってままなりませんが、それでもこれだけ出来る、っていう見本のような旅でした(笑)<br /><br />1日目 成田→(JL415)→シャルル・ド・ゴール→パリ<br />2日目 パリ→ブロワ城→アンボワーズ城→(トゥール)→シュノンソー城→ヌヴェール<br />3日目 ヌヴェール→リヨン→アヌシー→シャモニー<br />4日目 シャモニー(エギュイユ・デュ・ミディ)<br />5日目 シャモニー→アヌシー→ベルガルド→パリ<br />6日目 パリ(サント・シャペル、ノートルダム大聖堂)→シャルル・ド・ゴール→(AF1118)→フランクフルト→(JL408)→<br />7日目 成田<br /><br />ちょっとアップに時間が空いてしまいましたが、今回は2日目のシュノンソーから3日目のシャモニーまでの移動です。

フランスSNCFで行くロワールの古城とシャモニーモンブラン(Jour 2③・3)

13いいね!

2016/09/16 - 2016/09/22

97位(同エリア758件中)

0

31

Bondi blue

Bondi blueさん

2016年の夏休み。
今年の海外旅行はどこに・・・と思っていたところにテレビでロワールの古城を特集している番組が。
そうそう、前回のフランスでTGV乗って、今度は鉄道旅行もいいな、と思っていたし、以前からアルプスの山々は見てみたかったし、今回はフランス鉄道旅行で決まり!

ところが、いざプランニングをすると、なかなかTGVのチケットが取れずに四苦八苦。
だったらもう予約不要のTERでのんびりっていうのもありかな、と思い、日本の青春18きっぷの旅、ならぬフランスレイルパスの旅ってことにしました。

日本だったらいくらでも・・・という旅でも、いざ海外となると、なかなかスリリングな旅となってしまい。
それでもなんとか無事に戻ってくることができて本当によかった。
ほとんどフランス語は話せないし、英語だってままなりませんが、それでもこれだけ出来る、っていう見本のような旅でした(笑)

1日目 成田→(JL415)→シャルル・ド・ゴール→パリ
2日目 パリ→ブロワ城→アンボワーズ城→(トゥール)→シュノンソー城→ヌヴェール
3日目 ヌヴェール→リヨン→アヌシー→シャモニー
4日目 シャモニー(エギュイユ・デュ・ミディ)
5日目 シャモニー→アヌシー→ベルガルド→パリ
6日目 パリ(サント・シャペル、ノートルダム大聖堂)→シャルル・ド・ゴール→(AF1118)→フランクフルト→(JL408)→
7日目 成田

ちょっとアップに時間が空いてしまいましたが、今回は2日目のシュノンソーから3日目のシャモニーまでの移動です。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • シュノンソー城の見学を終え、駅まで戻ってきました。

    シュノンソー城の見学を終え、駅まで戻ってきました。

    SNCF シュノンソー駅

  • 今日の宿泊地であるNever行きの列車は19:26発。<br />この時点でまだ1時間以上ありました。<br />本当は1回パリに戻って、翌日、TGVとかでシャモニーに行く方が、よっぽど効率的で何の問題もないわけですけど、それではフランス鉄道旅行というには物足りない・・・ということで、引き続き予約の不要なTERでシャモニーまで移動します。<br /><br />まぁ、のんびり駅で列車を待つのも、また一興です。

    今日の宿泊地であるNever行きの列車は19:26発。
    この時点でまだ1時間以上ありました。
    本当は1回パリに戻って、翌日、TGVとかでシャモニーに行く方が、よっぽど効率的で何の問題もないわけですけど、それではフランス鉄道旅行というには物足りない・・・ということで、引き続き予約の不要なTERでシャモニーまで移動します。

    まぁ、のんびり駅で列車を待つのも、また一興です。

  • それにしても、やっぱり駅の周りにはシュノンソー城以外何もありません。<br /><br />お城の見学が終わる時間帯で、周囲に数件あるお店もほとんどクローズ。<br />そう言えばお昼らしいお昼もここまで食べていないので、と思っても、シュノンソー城の売店ももうクローズ。<br /><br />本当にホームで延々列車が来るのを待ちます。

    それにしても、やっぱり駅の周りにはシュノンソー城以外何もありません。

    お城の見学が終わる時間帯で、周囲に数件あるお店もほとんどクローズ。
    そう言えばお昼らしいお昼もここまで食べていないので、と思っても、シュノンソー城の売店ももうクローズ。

    本当にホームで延々列車が来るのを待ちます。

  • 日も暮れてきました。

    日も暮れてきました。

  • ぼーっと周りを見ていると、シュノンソー城の駐車場には、キャンピングカーで泊まる用意をしている人であったり、空を見上げると気球が飛んでいたり、と、なんかのんびりした空気が流れています。<br /><br />日本にいると感じることのできない、ゆったりとした時間が過ぎていきます。<br />久しぶりに時間が過ぎるのがおそいなぁ、と感じました。

    ぼーっと周りを見ていると、シュノンソー城の駐車場には、キャンピングカーで泊まる用意をしている人であったり、空を見上げると気球が飛んでいたり、と、なんかのんびりした空気が流れています。

    日本にいると感じることのできない、ゆったりとした時間が過ぎていきます。
    久しぶりに時間が過ぎるのがおそいなぁ、と感じました。

  • ほぼ2時間近く待って、やっと来た列車に乗車。<br />しかも、車両は2等席しかなく、仕事終わりの人たちなのか、大勢の人が乗車していたので、列車はかなりの満員状態。<br />しばらくは、立ったままで移動です。<br /><br />途中のBourgesという街で多くの人が下車して、やっと席にもつくことができ、あと40分ほどで目的地のNeversに到着・・・<br /><br />ところが、1つ前のSaincaizeという駅で列車は停車。<br />しばらく動く気配もなく、何だ・・・?と思っていると、車掌さんがやってきて、お前はフランス語が分かるか?と聞いてくる。<br />そんなの英語だってよく分からないのに・・・と思い、英語が少しだけ、というと、自分よりは数段できる英語で状況を話してくれた。<br />その内容というのが、この先、別の列車がトラブルで停車していてこの列車は動くことができない。ここはNeversの1つ前の駅で、街まではタクシーで15分ほどで行くことができる。ここで降りてタクシーにするか、それともここで待つか、どうするか。というもの。<br /><br />もう、呆然。<br />しかも、もう21時も回って、辺りは真っ暗。<br />駅といったって、なんか薄暗い感じで、本当にタクシーなんてあるの?って感じ。<br /><br />とにかく、この後列車が動くのが聞いてみたところ、動くとは言う。<br />それならここで来るかどうかわからないタクシーを待つより、動くのを待つ、と言って、待つことに。<br /><br />車内には他にお客さんがいる気配もなく、その間にも隣のホームに同じ行き先の列車が入ってきたり、と不安要素があったりしたけど、さっきの車掌さんが待っていろ、というので、それを信じて待っていたら、列車が動き出し、どうなるのか・・・とドキドキすること5分。<br />列車は終着のNeversに無事到着。<br /><br />予定では21:27には着いているところ、もう22時を回る時間になっていて、ホテルの予約がキャンセルになっていないか、という不安もあり、ホテルを目指して人通りの少ない道を一目散に歩いて行きます。

    ほぼ2時間近く待って、やっと来た列車に乗車。
    しかも、車両は2等席しかなく、仕事終わりの人たちなのか、大勢の人が乗車していたので、列車はかなりの満員状態。
    しばらくは、立ったままで移動です。

    途中のBourgesという街で多くの人が下車して、やっと席にもつくことができ、あと40分ほどで目的地のNeversに到着・・・

    ところが、1つ前のSaincaizeという駅で列車は停車。
    しばらく動く気配もなく、何だ・・・?と思っていると、車掌さんがやってきて、お前はフランス語が分かるか?と聞いてくる。
    そんなの英語だってよく分からないのに・・・と思い、英語が少しだけ、というと、自分よりは数段できる英語で状況を話してくれた。
    その内容というのが、この先、別の列車がトラブルで停車していてこの列車は動くことができない。ここはNeversの1つ前の駅で、街まではタクシーで15分ほどで行くことができる。ここで降りてタクシーにするか、それともここで待つか、どうするか。というもの。

    もう、呆然。
    しかも、もう21時も回って、辺りは真っ暗。
    駅といったって、なんか薄暗い感じで、本当にタクシーなんてあるの?って感じ。

    とにかく、この後列車が動くのが聞いてみたところ、動くとは言う。
    それならここで来るかどうかわからないタクシーを待つより、動くのを待つ、と言って、待つことに。

    車内には他にお客さんがいる気配もなく、その間にも隣のホームに同じ行き先の列車が入ってきたり、と不安要素があったりしたけど、さっきの車掌さんが待っていろ、というので、それを信じて待っていたら、列車が動き出し、どうなるのか・・・とドキドキすること5分。
    列車は終着のNeversに無事到着。

    予定では21:27には着いているところ、もう22時を回る時間になっていて、ホテルの予約がキャンセルになっていないか、という不安もあり、ホテルを目指して人通りの少ない道を一目散に歩いて行きます。

  • この日のホテルは、Best Western De Diane<br />日本でもよく知られているBest Westernなので、安心ではあるものの、予約はどうなっているのか。<br />ホテルに着いて、チェックインをお願いしたいと言ったら、すぐに自分の名前が言われ、無事にチェックイン終了。<br />ようやく、ホッと落ち着くことができました。<br /><br />部屋はこんな感じ。<br />もう、ここまでのことを考えると、部屋がどうの、と言ってられません。

    この日のホテルは、Best Western De Diane
    日本でもよく知られているBest Westernなので、安心ではあるものの、予約はどうなっているのか。
    ホテルに着いて、チェックインをお願いしたいと言ったら、すぐに自分の名前が言われ、無事にチェックイン終了。
    ようやく、ホッと落ち着くことができました。

    部屋はこんな感じ。
    もう、ここまでのことを考えると、部屋がどうの、と言ってられません。

  • そして、その日の夕食。<br />ホテルのレストランはもう閉店の時間。<br />フロントに行って、この辺りにお店がないか、と聞いたところ、あるけど21:00には閉まっているよ。と。<br />地図でお店の場所とかも教えてもらえて、お礼を言って外に出たものの、どうしよう、と、とりあえず駅の方に。<br />途中、ケバブのレストランとかがやっているのを見つつ、駅まで戻ったものの、駅も当然閉まっていて、中には入れず。<br /><br />こうなったら、さっきのケバブのレストランか・・・と思ってまだ大丈夫かと聞くと、いいよ、との返事。<br />しかも、持ち帰りもできるというので、ちょっとスパイシーなケバブを注文。<br />間もなく出来上がって、ホテルに戻って、やっと遅い夕食。<br />もう疲れがひどかったので、その後はすぐ休みました。

    そして、その日の夕食。
    ホテルのレストランはもう閉店の時間。
    フロントに行って、この辺りにお店がないか、と聞いたところ、あるけど21:00には閉まっているよ。と。
    地図でお店の場所とかも教えてもらえて、お礼を言って外に出たものの、どうしよう、と、とりあえず駅の方に。
    途中、ケバブのレストランとかがやっているのを見つつ、駅まで戻ったものの、駅も当然閉まっていて、中には入れず。

    こうなったら、さっきのケバブのレストランか・・・と思ってまだ大丈夫かと聞くと、いいよ、との返事。
    しかも、持ち帰りもできるというので、ちょっとスパイシーなケバブを注文。
    間もなく出来上がって、ホテルに戻って、やっと遅い夕食。
    もう疲れがひどかったので、その後はすぐ休みました。

  • 翌朝。<br />今日は1日シャモニーまでの移動。<br />朝早くから行動開始です。<br /><br />これが泊まった、Best Western De Dianeの外観。<br />寝るだけであれば全く問題ありませんでした。<br />シャワーというか、水回りは多少難あり、という感じです。

    翌朝。
    今日は1日シャモニーまでの移動。
    朝早くから行動開始です。

    これが泊まった、Best Western De Dianeの外観。
    寝るだけであれば全く問題ありませんでした。
    シャワーというか、水回りは多少難あり、という感じです。

  • これが前日のケバブ屋さん。<br />朝は閉まっていましたが、前日は本当に助かりました。<br />24:00までの営業だったようです。

    これが前日のケバブ屋さん。
    朝は閉まっていましたが、前日は本当に助かりました。
    24:00までの営業だったようです。

  • 駅に向かう途中、なにやら頻繁に車の止まっているお店を発見。<br />なんだろう?と思っていると、パティスリー兼ブーランジェリーみたいなお店。<br />覗いてみると、美味しそうなパンが並んでいたので、クロワッサンとパン・オ・ショコラを購入。<br />後で列車の中で食べたけど、バターたっぷり、焼きたてで本当に美味しかった!<br /><br />こういう出会いはうれしいです。

    駅に向かう途中、なにやら頻繁に車の止まっているお店を発見。
    なんだろう?と思っていると、パティスリー兼ブーランジェリーみたいなお店。
    覗いてみると、美味しそうなパンが並んでいたので、クロワッサンとパン・オ・ショコラを購入。
    後で列車の中で食べたけど、バターたっぷり、焼きたてで本当に美味しかった!

    こういう出会いはうれしいです。

  • そしてこれが駅。<br />前日は暗くてよく分からなかったんですが、どうやら、画像のさらに奥の方が駅舎のようです。

    そしてこれが駅。
    前日は暗くてよく分からなかったんですが、どうやら、画像のさらに奥の方が駅舎のようです。

  • 3日目はまずローヌアルプ地方のLyonを目指します。<br />美食で有名な街です。<br />到着予定は11:52で3:30ほどの旅。

    3日目はまずローヌアルプ地方のLyonを目指します。
    美食で有名な街です。
    到着予定は11:52で3:30ほどの旅。

  • これが車両<br />側面にはローヌアルプと大きく記載されていて、いよいよロワールから離れるんだな、という感じです。

    これが車両
    側面にはローヌアルプと大きく記載されていて、いよいよロワールから離れるんだな、という感じです。

  • 1等車の座席。<br />前日までと変わりません。(笑)<br />これがあるだけでなんとなく安心します。

    1等車の座席。
    前日までと変わりません。(笑)
    これがあるだけでなんとなく安心します。

  • 列車は出発して、前日のSaincaize駅、そしていくつかの駅を通過していきます。<br />この駅はMoulins駅。

    列車は出発して、前日のSaincaize駅、そしていくつかの駅を通過していきます。
    この駅はMoulins駅。

  • ここを過ぎると、だんだんと山間に入っていきます。<br />なんとなく牧歌的な風景が広がります。<br />前日の夜は全くよくわからなかったんですが。(笑)<br /><br />この日はどこもあいにくの空模様。<br />この後どうなるのか・・・

    ここを過ぎると、だんだんと山間に入っていきます。
    なんとなく牧歌的な風景が広がります。
    前日の夜は全くよくわからなかったんですが。(笑)

    この日はどこもあいにくの空模様。
    この後どうなるのか・・・

  • 3時間も乗っていれば、当然眠気も。<br />本当はこういう旅行の場合はよくないんですけど。<br />まぁ、バッグもしっかり抱えていましたし。(かえって危ない?)<br />ウトウトしながらLyonに到着です。

    3時間も乗っていれば、当然眠気も。
    本当はこういう旅行の場合はよくないんですけど。
    まぁ、バッグもしっかり抱えていましたし。(かえって危ない?)
    ウトウトしながらLyonに到着です。

    リヨン パールデュー駅

  • ここLyonはローヌアルプ地方でも大きい街のようで、駅もとても大きいです。<br />ただ、この日は雨模様で、写真を撮るのも一苦労。<br />それと、駅にはなぜか軍人さんが多数。テロ警戒ってことなのか・・。<br /><br />次の列車までは2時間ちょっとあるので、駅周辺をちょっとチェックして、お昼を食べます。

    ここLyonはローヌアルプ地方でも大きい街のようで、駅もとても大きいです。
    ただ、この日は雨模様で、写真を撮るのも一苦労。
    それと、駅にはなぜか軍人さんが多数。テロ警戒ってことなのか・・。

    次の列車までは2時間ちょっとあるので、駅周辺をちょっとチェックして、お昼を食べます。

  • 駅前では電気バスが走っていました。<br />環境保全の趣旨でしょうか。<br />日本にはあまりないので、久しぶりに見た気がします。<br /><br />この後お昼を食べましたが、可もなく、不可もなく、といったステーキ。<br />入口にはランチメニューがあったものの、日曜なのでランチメニューはお休み。<br />だったら、それは出さないでよ・・・。

    駅前では電気バスが走っていました。
    環境保全の趣旨でしょうか。
    日本にはあまりないので、久しぶりに見た気がします。

    この後お昼を食べましたが、可もなく、不可もなく、といったステーキ。
    入口にはランチメニューがあったものの、日曜なのでランチメニューはお休み。
    だったら、それは出さないでよ・・・。

  • ご飯も食べてLyon駅を14:08に出発。<br />次の乗り換え駅はAnnecy。<br />2時間ほどの乗車です。<br /><br />車窓にブルジェ湖が広がります。<br /><br />

    ご飯も食べてLyon駅を14:08に出発。
    次の乗り換え駅はAnnecy。
    2時間ほどの乗車です。

    車窓にブルジェ湖が広がります。

  • 途中の停車駅。Aix Les Bains。<br />有名な温泉保養地らしいです。

    途中の停車駅。Aix Les Bains。
    有名な温泉保養地らしいです。

  • そしてAnnecy駅到着。

    そしてAnnecy駅到着。

  • 次の乗り換えは、St Gervais駅。<br />ここが最後の乗り換え駅になるんですが、そこまでの列車の待ち時間がまた1:20。<br />晴れていたら結構見所のある街なので散策でも、と思ったんですが、雨脚は強くなっていて、仕方なく駅で待つことに。

    次の乗り換えは、St Gervais駅。
    ここが最後の乗り換え駅になるんですが、そこまでの列車の待ち時間がまた1:20。
    晴れていたら結構見所のある街なので散策でも、と思ったんですが、雨脚は強くなっていて、仕方なく駅で待つことに。

  • 天気さえよければねぇ・・・と思いつつ、こればかりは仕方ない。<br />こういう旅を選択したのも自分だし。<br /><br />待つのは退屈だけど、ちょっとそんな時間も楽しい感じ。<br />パリからのTGVなんかを見て過ごします。

    天気さえよければねぇ・・・と思いつつ、こればかりは仕方ない。
    こういう旅を選択したのも自分だし。

    待つのは退屈だけど、ちょっとそんな時間も楽しい感じ。
    パリからのTGVなんかを見て過ごします。

  • いよいよ列車に乗って、最後の乗り換え駅を目指します。<br />ここまでくると、本当に山間の風景、という感じです。<br />列車もウンウンうなりながら進む感じ。<br /><br />天気も悪いところに、もう時間も時間。<br />St Gervais駅に到着したのは18:58。<br />ここからはシャモニーまで山間列車になるはずなんですが・・・<br />列車がどこにもない。<br /><br />駅の案内を見ると、バスのマーク。<br /><br />乗り換え時間は10分もなく、急がないと!<br />3年前のEpernayと同じことになると必死です。(笑)

    いよいよ列車に乗って、最後の乗り換え駅を目指します。
    ここまでくると、本当に山間の風景、という感じです。
    列車もウンウンうなりながら進む感じ。

    天気も悪いところに、もう時間も時間。
    St Gervais駅に到着したのは18:58。
    ここからはシャモニーまで山間列車になるはずなんですが・・・
    列車がどこにもない。

    駅の案内を見ると、バスのマーク。

    乗り換え時間は10分もなく、急がないと!
    3年前のEpernayと同じことになると必死です。(笑)

  • (写真は翌日に撮ったもの。)<br />どうやら列車は保線作業のため、しばらく運休とのこと。<br />バスはすぐ見つかって、乗車とともに出発です。<br />ここからは約1時間。<br /><br />いよいよシャモニーに到着します。<br />ただ、やはり日没後は辺りがよく分からない・・・・<br /><br />そろそろ、着いてもいいころかな・・って思ったころにシャモニーのバス停に到着です。<br />バス停は2カ所あるんですが、よくわからないので、駅の方まで行くことにしています。(荷物もトランクに預けてしまっているので・・・)<br /><br />駅から降りて今日のホテル、H&#244;tel l&#39;H&#233;liopicを目指します。<br /><br />ただ、この頃も霧雨みたいな雨が降っていて、しかももう時間は20時前後。そんな状況下、またもや人影がない街をうろつくことに。<br />Googleマップでこっちが近道か、と思った道を行くものの、それは近道でもなんでもなく、結局20分近く歩いてホテルに到着。<br /><br />本当にまた疲れました。(笑)

    (写真は翌日に撮ったもの。)
    どうやら列車は保線作業のため、しばらく運休とのこと。
    バスはすぐ見つかって、乗車とともに出発です。
    ここからは約1時間。

    いよいよシャモニーに到着します。
    ただ、やはり日没後は辺りがよく分からない・・・・

    そろそろ、着いてもいいころかな・・って思ったころにシャモニーのバス停に到着です。
    バス停は2カ所あるんですが、よくわからないので、駅の方まで行くことにしています。(荷物もトランクに預けてしまっているので・・・)

    駅から降りて今日のホテル、Hôtel l'Héliopicを目指します。

    ただ、この頃も霧雨みたいな雨が降っていて、しかももう時間は20時前後。そんな状況下、またもや人影がない街をうろつくことに。
    Googleマップでこっちが近道か、と思った道を行くものの、それは近道でもなんでもなく、結局20分近く歩いてホテルに到着。

    本当にまた疲れました。(笑)

    シャモニーモンブラン駅 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • (写真は翌日撮ったもの。)<br />ホテルの部屋はこんな感じ。<br />Aiguille du Midiに行くロープウェーに最も近いホテルってことと、オープンして間もなくでもあり、きれいそうということで選んだホテル。<br /><br />部屋もきれいで、本当によかったです。

    (写真は翌日撮ったもの。)
    ホテルの部屋はこんな感じ。
    Aiguille du Midiに行くロープウェーに最も近いホテルってことと、オープンして間もなくでもあり、きれいそうということで選んだホテル。

    部屋もきれいで、本当によかったです。

  • ただ、バスはこんな感じ。<br />立ってシャワーがきついですね。

    ただ、バスはこんな感じ。
    立ってシャワーがきついですね。

  • この日はまた時間もないので、ホテルで夕食。<br />これはサーモンのタルタルみたいな感じの食事で、コースで35ユーロ。<br />美味しかったです。

    この日はまた時間もないので、ホテルで夕食。
    これはサーモンのタルタルみたいな感じの食事で、コースで35ユーロ。
    美味しかったです。

  • 最後はデザート。<br />フランスに来たのに、そう言えばデザートで終わる食事をしたのはこの時だけだったような気がします。www<br /><br />これで3日目は終了。<br />いよいよ、翌日はAiguille du Midiからのシャモニーモンブラン。<br />晴れるといいんですが・・・。

    最後はデザート。
    フランスに来たのに、そう言えばデザートで終わる食事をしたのはこの時だけだったような気がします。www

    これで3日目は終了。
    いよいよ、翌日はAiguille du Midiからのシャモニーモンブラン。
    晴れるといいんですが・・・。

この旅行記のタグ

関連タグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集