イタリア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
◎◎◎2017年6月の情報です。変更になっている可能性はありますので、ご了承ください◎◎◎<br /><br />2度目のイタリア!今回はクルーズで、イタリア・マルタ・スペインを巡ります。<br /><br />【新造船MSCメラビリア】<br />2017年6月就航の新造船。カジュアル船。<br />重量 171,598トン<br />客室 2,250室<br />乗客定員 5,714名<br />全長 315.3m<br />全幅 43m<br />高さ 65m<br /><br />シルク・ド・ソレイユの上演が話題ですが、今回は見れませんでした…。<br /><br />★★★3日目 乗船★★★<br />・乗船について<br />・クルーズカードについて<br />・避難訓練について<br />・客室について<br />・船内施設について<br /><br /><br />1日目 夜 出国<br /><br />2日目 経由地ドバイ 昼過ぎミラノ着<br /><br />★3日目 ミラノ観光 ジェノバよりクルーズ出航<br /><br />4日目 昼過ぎ ナポリ寄港 青の洞窟観光 夕方出航<br /><br />5日目 シチリア島寄港 タオルミーナ観光 夕方出航<br /><br />6日目 マルタ島寄港 ヴァレッタ観光 夕方出航<br /><br />7日目 終日航海<br /><br />8日目 バルセロナ下船 観光 夕方帰国のため出発 ドバイ経由<br /><br />9日目 夕方 帰国

【新造船MSCメラビリア】地中海周遊クルーズ9日間 3日目乗船

8いいね!

2017/06/09 - 2017/06/17

18163位(同エリア38694件中)

0

22

ルフラン

ルフランさん

◎◎◎2017年6月の情報です。変更になっている可能性はありますので、ご了承ください◎◎◎

2度目のイタリア!今回はクルーズで、イタリア・マルタ・スペインを巡ります。

【新造船MSCメラビリア】
2017年6月就航の新造船。カジュアル船。
重量 171,598トン
客室 2,250室
乗客定員 5,714名
全長 315.3m
全幅 43m
高さ 65m

シルク・ド・ソレイユの上演が話題ですが、今回は見れませんでした…。

★★★3日目 乗船★★★
・乗船について
・クルーズカードについて
・避難訓練について
・客室について
・船内施設について


1日目 夜 出国

2日目 経由地ドバイ 昼過ぎミラノ着

★3日目 ミラノ観光 ジェノバよりクルーズ出航

4日目 昼過ぎ ナポリ寄港 青の洞窟観光 夕方出航

5日目 シチリア島寄港 タオルミーナ観光 夕方出航

6日目 マルタ島寄港 ヴァレッタ観光 夕方出航

7日目 終日航海

8日目 バルセロナ下船 観光 夕方帰国のため出発 ドバイ経由

9日目 夕方 帰国

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • バスから撮影したメラビリア号。<br /><br />ジェノバ港よりいよいよ乗船です。<br /><br />スーツケースは、ツアーのバスから直接船に載せます。<br />荷物タグが必要ですが、今回は添乗員さんが朝ホテルで全員分の荷物に付けてくれました。<br /><br />バスを降りて部屋に入るまで2時間ぐらいだったのでしょうか。<br />相当待たないといけないと聞いていたのですが、案外早く客室(キャビン)に入れたようです。<br /><br />まずはターミナルに入って順番を待ちます。十分な個数があるわけでないですが、椅子に座れます。<br /><br />順番が来ると、チェックインカウンターへ移動。<br />乗船券とパスポートを見せてチェックイン。航空機に乗るときと同じ感じ。乗船券は回収されます。パスポートは船に預けるとネットで見たことがありましたが、今回は返却されました。預ける場合に備えて、コピーを取っておくといいそうです。<br /><br />記念撮影。撮ってくれるのはいいけど、手荷物提げて、パスポートを手にもってという状態だから…。ここで、「これがクルーズカード?!」って感じのカード渡されますが違います。翌日カードを端末にかざすと、写真が見れて、購入もできます。<br /><br />次にセキュリティチェック。ちなみに、アルコールは乗船時に預け、下船前日に客室に届けられるそうです。<br /><br /><br />乗船直前に顔写真を撮影。これがクルーズカードに登録されます。<br />クルーズカードは、客室の鍵、身分証明、船内の支払いに使います。顔写真はシッカリ撮ってもらったほうがいいですよ。<br /><br />やっと乗船!<br /><br />スーツケースは、夕食前後に客室前に届けられます。

    バスから撮影したメラビリア号。

    ジェノバ港よりいよいよ乗船です。

    スーツケースは、ツアーのバスから直接船に載せます。
    荷物タグが必要ですが、今回は添乗員さんが朝ホテルで全員分の荷物に付けてくれました。

    バスを降りて部屋に入るまで2時間ぐらいだったのでしょうか。
    相当待たないといけないと聞いていたのですが、案外早く客室(キャビン)に入れたようです。

    まずはターミナルに入って順番を待ちます。十分な個数があるわけでないですが、椅子に座れます。

    順番が来ると、チェックインカウンターへ移動。
    乗船券とパスポートを見せてチェックイン。航空機に乗るときと同じ感じ。乗船券は回収されます。パスポートは船に預けるとネットで見たことがありましたが、今回は返却されました。預ける場合に備えて、コピーを取っておくといいそうです。

    記念撮影。撮ってくれるのはいいけど、手荷物提げて、パスポートを手にもってという状態だから…。ここで、「これがクルーズカード?!」って感じのカード渡されますが違います。翌日カードを端末にかざすと、写真が見れて、購入もできます。

    次にセキュリティチェック。ちなみに、アルコールは乗船時に預け、下船前日に客室に届けられるそうです。


    乗船直前に顔写真を撮影。これがクルーズカードに登録されます。
    クルーズカードは、客室の鍵、身分証明、船内の支払いに使います。顔写真はシッカリ撮ってもらったほうがいいですよ。

    やっと乗船!

    スーツケースは、夕食前後に客室前に届けられます。

  • 常に人が並んでいたレセプション(フロント)前。<br /><br />添乗員さんから注意事項を聞いて、客室へ行きます。<br /><br />まずは避難訓練を受ける必要があります。<br />その避難訓練に必要なのが、クルーズカード。<br /><br />クルーズカードは、出来上がったらそれぞれの部屋に置いてあるとか。<br /><br />部屋に行ってみると、カード置いてありました。<br /><br />カードが部屋の鍵になるので、最初に入るときは鍵は持ってないわけで。なので部屋の鍵は開いていて。扉がどういう状態になっていたのかは忘れてしまいました。<br /><br />「警備上どうなの?」って思いますが、大丈夫なのでしょう。<br /><br />

    常に人が並んでいたレセプション(フロント)前。

    添乗員さんから注意事項を聞いて、客室へ行きます。

    まずは避難訓練を受ける必要があります。
    その避難訓練に必要なのが、クルーズカード。

    クルーズカードは、出来上がったらそれぞれの部屋に置いてあるとか。

    部屋に行ってみると、カード置いてありました。

    カードが部屋の鍵になるので、最初に入るときは鍵は持ってないわけで。なので部屋の鍵は開いていて。扉がどういう状態になっていたのかは忘れてしまいました。

    「警備上どうなの?」って思いますが、大丈夫なのでしょう。

  • 「クルーズカード」<br /><br />入館証などを入れて、首から下げるものを持っていくと便利です。<br /><br />名前、部屋番号、夕食のレストラン名、夕食時間、テーブル番号、避難場所などが記載されています。<br /><br />下船するとき、乗船するときには、身分証明書になります。<br /><br />バーコードを「ピッ」とすると、パソコンに顔写真が出て、チェックを受けます。<br /><br />レストランの支払いやショップの支払いもクルーズカードで行いますが、事前にクレジットカード情報を登録することで、下船時の精算がサインのみでできます。端末はレセプション付近にあります。日本語表示ができます。

    「クルーズカード」

    入館証などを入れて、首から下げるものを持っていくと便利です。

    名前、部屋番号、夕食のレストラン名、夕食時間、テーブル番号、避難場所などが記載されています。

    下船するとき、乗船するときには、身分証明書になります。

    バーコードを「ピッ」とすると、パソコンに顔写真が出て、チェックを受けます。

    レストランの支払いやショップの支払いもクルーズカードで行いますが、事前にクレジットカード情報を登録することで、下船時の精算がサインのみでできます。端末はレセプション付近にあります。日本語表示ができます。

  • 客室扉裏に貼ってある避難場所について。客室の位置によって、避難場所は違います。<br /><br />避難訓練の前に。クルーズ通して感じたこと。<br /><br />この時の「メラビリア」は就航したばかりで、スタッフが慣れていなく、人によって言うことが違う(らしい)。重ねて、他のMSCのクルーズ船と違っていることが多く、添乗員さんも初めて乗るので、添乗員さんが言ってることも違う事も。<br /><br />その一つが、ライフジャケット。避難訓練の際に持っていく必要があり、客室にあるということでしたが、どこを探してもありません。「ないよな~」と思いながら、なんとなくテレビ(日本語放送はありませんが、船内イベントの内容がわかったりします)をチェックしていると、避難場所で渡されることが判明。<br /><br />避難訓練の時間はあらかじめ添乗員さんが教えてくれたので、その時間を待ちます。<br /><br />時間になる少し前、放送が入りました。ここで改めて気が付いたのですが、言葉が分からない。<br /><br />早目に行っても大丈夫だろうと、部屋を出て表示通りに進みました。しかし、違う階段を降りてしまったようで、時間が早いのと合わせて他に誰もいない状態。一応、途中で表示を持ったスタッフが立っており、「どこに行くの」って感じで声を掛けられたが、「避難場所」の言葉が分からない。結局、たどり着いた場所がたまたま「避難場所」でした。<br /><br />「本当に事故があったら…」、と心配になりました。<br /><br />ちなみに「避難場所」はAssembly station、アッセンブリーステーションです。<br /><br />それと、クルーズカードを忘れないように。避難場所に行った時に、クルーズカードのバーコードを「ピッ」としてもらい、避難訓練終了の証明になります。避難訓練は全員が受けないといけないので、事前にしっかり、扉裏の説明を見ておくことをお勧めします。<br /><br />その後集まって、ライフジャケットの説明を受けますが、着用することもなく、おまけに説明は日本語ではないので全く分からなかった。

    客室扉裏に貼ってある避難場所について。客室の位置によって、避難場所は違います。

    避難訓練の前に。クルーズ通して感じたこと。

    この時の「メラビリア」は就航したばかりで、スタッフが慣れていなく、人によって言うことが違う(らしい)。重ねて、他のMSCのクルーズ船と違っていることが多く、添乗員さんも初めて乗るので、添乗員さんが言ってることも違う事も。

    その一つが、ライフジャケット。避難訓練の際に持っていく必要があり、客室にあるということでしたが、どこを探してもありません。「ないよな~」と思いながら、なんとなくテレビ(日本語放送はありませんが、船内イベントの内容がわかったりします)をチェックしていると、避難場所で渡されることが判明。

    避難訓練の時間はあらかじめ添乗員さんが教えてくれたので、その時間を待ちます。

    時間になる少し前、放送が入りました。ここで改めて気が付いたのですが、言葉が分からない。

    早目に行っても大丈夫だろうと、部屋を出て表示通りに進みました。しかし、違う階段を降りてしまったようで、時間が早いのと合わせて他に誰もいない状態。一応、途中で表示を持ったスタッフが立っており、「どこに行くの」って感じで声を掛けられたが、「避難場所」の言葉が分からない。結局、たどり着いた場所がたまたま「避難場所」でした。

    「本当に事故があったら…」、と心配になりました。

    ちなみに「避難場所」はAssembly station、アッセンブリーステーションです。

    それと、クルーズカードを忘れないように。避難場所に行った時に、クルーズカードのバーコードを「ピッ」としてもらい、避難訓練終了の証明になります。避難訓練は全員が受けないといけないので、事前にしっかり、扉裏の説明を見ておくことをお勧めします。

    その後集まって、ライフジャケットの説明を受けますが、着用することもなく、おまけに説明は日本語ではないので全く分からなかった。

  • 客室のベッド。<br /><br />部屋は内側だったので、当然海は見れません。内側でも、十分楽しめました。部屋は寝るためだけでしたからね。<br /><br />ダウンライトのみなので少し暗いです。<br /><br />

    客室のベッド。

    部屋は内側だったので、当然海は見れません。内側でも、十分楽しめました。部屋は寝るためだけでしたからね。

    ダウンライトのみなので少し暗いです。

  • シャワーブースとトイレ、洗面台。<br /><br />シャワーブースの中に、引っ張り出すタイプの物干しひもがあります。<br />シャンプーとシャワージェルはありますが、歯ブラシ等はありません。<br /><br />明るいので、化粧はここでしてました。<br /><br />タオルは交換してほしい時は、床に置いておきましょう。(英語の説明あり)

    シャワーブースとトイレ、洗面台。

    シャワーブースの中に、引っ張り出すタイプの物干しひもがあります。
    シャンプーとシャワージェルはありますが、歯ブラシ等はありません。

    明るいので、化粧はここでしてました。

    タオルは交換してほしい時は、床に置いておきましょう。(英語の説明あり)

  • コンセント。日本のタイプのが2つついてました。

    コンセント。日本のタイプのが2つついてました。

  • イタリアのタイプも二つ。USB型もあります。<br /><br />コンセントはベッドから離れています。延長コード付きの変換プラグを持っていってたので、スマホ充電しながら、使っていました。<br /><br />有料ですが、船内wifiもあります。<br />

    イタリアのタイプも二つ。USB型もあります。

    コンセントはベッドから離れています。延長コード付きの変換プラグを持っていってたので、スマホ充電しながら、使っていました。

    有料ですが、船内wifiもあります。

  • クローゼット。<br /><br />ベッドの横にも棚がありますが、もう少し広いとよかったな。<br />

    クローゼット。

    ベッドの横にも棚がありますが、もう少し広いとよかったな。

  • DAILY PROGRAM(帰国後撮影)<br /><br />日本人乗務員が乗船しているときは、日本語のプログラムが配布されます。ドレスコードやイベント情報が載っています。<br /><br />私たちのツアーでは、添乗員さんがこのプログラムを見て、ツアー独自の新聞を作成して配布していただけたので、あまり見ることはなかった。<br /><br />ドレスコードについては、別の旅行記でふれます。<br />

    DAILY PROGRAM(帰国後撮影)

    日本人乗務員が乗船しているときは、日本語のプログラムが配布されます。ドレスコードやイベント情報が載っています。

    私たちのツアーでは、添乗員さんがこのプログラムを見て、ツアー独自の新聞を作成して配布していただけたので、あまり見ることはなかった。

    ドレスコードについては、別の旅行記でふれます。

  • 部屋を出て、船内を。<br /><br />「ガレッリア・メラビリア」<br />ショッピングモール。天井がLEDスクリーンになっています。

    部屋を出て、船内を。

    「ガレッリア・メラビリア」
    ショッピングモール。天井がLEDスクリーンになっています。

  • マーケットプレイス・ビュッフェ<br />朝、6時過ぎ。<br /><br />営業時間は、DAILY PROGRAMを確認。<br />深夜はわかりませんが、常に解放されているのだと思います。食べるものがあるかどうかは不明。<br /><br />マーケットプレイス・ビュッフェ無料の飲み物(2017年6月時)<br />朝食:水、お湯、コーヒー、紅茶(ティバッグ)、ジュース類<br />昼食時:水、お湯(紅茶のティバッグはありました)<br />夕食時:水、お湯、コーヒー、(紅茶のティバッグがあったかどうかは不明)<br /><br />ここのコーヒーは美味しくない。ミルクのポーションはなく、牛乳のようでした。<br />海外の水はやめたほうがいいといいますが、私はここの水は大丈夫でした。<br /><br />日本からポットを持って行って、お湯を客室に持っていければよかったな。<br />

    マーケットプレイス・ビュッフェ
    朝、6時過ぎ。

    営業時間は、DAILY PROGRAMを確認。
    深夜はわかりませんが、常に解放されているのだと思います。食べるものがあるかどうかは不明。

    マーケットプレイス・ビュッフェ無料の飲み物(2017年6月時)
    朝食:水、お湯、コーヒー、紅茶(ティバッグ)、ジュース類
    昼食時:水、お湯(紅茶のティバッグはありました)
    夕食時:水、お湯、コーヒー、(紅茶のティバッグがあったかどうかは不明)

    ここのコーヒーは美味しくない。ミルクのポーションはなく、牛乳のようでした。
    海外の水はやめたほうがいいといいますが、私はここの水は大丈夫でした。

    日本からポットを持って行って、お湯を客室に持っていければよかったな。

  • カジノ。<br /><br />ツアーの集合場所になっていました。<br /><br />一度夜に行ってみましたが、人はあまりいませんでしたね。

    カジノ。

    ツアーの集合場所になっていました。

    一度夜に行ってみましたが、人はあまりいませんでしたね。

  • レセプション前のアトリウム。<br /><br />ピアノが置かれ、夜には演奏が行われていました。

    レセプション前のアトリウム。

    ピアノが置かれ、夜には演奏が行われていました。

  • 「ブロードウェイ・シアター」<br /><br />夜3回シアターショーが行われていました。<br /><br />ダンスショーというのでしょうか、2日間見に行きましたが、面白かったです。<br /><br />時間にして、30~40分。無料ですが、予約が必要です。

    「ブロードウェイ・シアター」

    夜3回シアターショーが行われていました。

    ダンスショーというのでしょうか、2日間見に行きましたが、面白かったです。

    時間にして、30~40分。無料ですが、予約が必要です。

  • 有料レストラン「カイト寿司バー」<br />

    有料レストラン「カイト寿司バー」

  • 避難訓練の避難場所に指定されたところ。<br /><br />船内地図を見ると「TV Studio &amp; Bar」となってた。<br />何をするところなのか、全くわからず。<br /><br />

    避難訓練の避難場所に指定されたところ。

    船内地図を見ると「TV Studio & Bar」となってた。
    何をするところなのか、全くわからず。

  • プールエリア!<br /><br />客室に置いてあるタオル(プール専用タオル。ベージュでした)を持って行って使用します。客室にないと時は、清掃係員にお願いします。使用したら、客室へ持ち帰らないと料金を取られるそうです。<br /><br />プールはそんなに広くありません。泳ぐというより、日光浴をしている人が多い。デッキチェアが大量に置かれますが、終日航海の日は早めに取らないとなくなります。タオルを置いて場所取りしていました。

    プールエリア!

    客室に置いてあるタオル(プール専用タオル。ベージュでした)を持って行って使用します。客室にないと時は、清掃係員にお願いします。使用したら、客室へ持ち帰らないと料金を取られるそうです。

    プールはそんなに広くありません。泳ぐというより、日光浴をしている人が多い。デッキチェアが大量に置かれますが、終日航海の日は早めに取らないとなくなります。タオルを置いて場所取りしていました。

  • ウォータースライダー。<br /><br />3本あり、2本は巨大な浮き輪を使って滑ります。<br /><br /><br />7日目の終日航海の日に利用しましたが、そこまで並びませんでした。合計で4本滑りました。

    ウォータースライダー。

    3本あり、2本は巨大な浮き輪を使って滑ります。


    7日目の終日航海の日に利用しましたが、そこまで並びませんでした。合計で4本滑りました。

  • ウォータースライダーとヒマラヤンブリッジ(アスレチック?)は、この青いバンドをもらって利用します。<br /><br />バンドをもらうには、「事故があっても自己責任です」的な書類にサインする必要があります。私たちは、添乗員さんと一緒にサインしに行きました。<br /><br />サインする書類がある場所は、デッキ16のスポーツエリアにありました。ウォータースライダーはデッキ19にあります。<br /><br />たくさん施設はありますが、色々こういうところが親切ではなく。聞けば分かるのでしょうが、看板見ただけでは無料・有料さえもよくわからない。<br /><br />ウォータースライダーとヒマラヤンブリッジは無料です。<br /><br /><br /><br /><br />

    ウォータースライダーとヒマラヤンブリッジ(アスレチック?)は、この青いバンドをもらって利用します。

    バンドをもらうには、「事故があっても自己責任です」的な書類にサインする必要があります。私たちは、添乗員さんと一緒にサインしに行きました。

    サインする書類がある場所は、デッキ16のスポーツエリアにありました。ウォータースライダーはデッキ19にあります。

    たくさん施設はありますが、色々こういうところが親切ではなく。聞けば分かるのでしょうが、看板見ただけでは無料・有料さえもよくわからない。

    ウォータースライダーとヒマラヤンブリッジは無料です。




  • 夕食のデザート「リンゴのコンポート」<br /><br />主人が、一番美味しかったと言ってました。<br /><br />メラビリア1日目の夕食は、メインレストランで。<br /><br /><br />アラカルトで、前菜・メイン・デザートからそれぞれ選びます。<br /><br /><br /><br />夕食後は船内をいろいろ回り、早々に就寝。<br />

    夕食のデザート「リンゴのコンポート」

    主人が、一番美味しかったと言ってました。

    メラビリア1日目の夕食は、メインレストランで。


    アラカルトで、前菜・メイン・デザートからそれぞれ選びます。



    夕食後は船内をいろいろ回り、早々に就寝。

この旅行記のタグ

関連タグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集