ケアンズ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨夜のカンガルーの肉にやられたものの今日はミコマスケイツアーが待ってます<br />今日も集合7:00なので朝早くから支度・・・<br /><br />とは言うものの二人とも結構披露してます<br />と、言うか日焼け跡が痛くて思うように用意出来ないのです><<br /><br />半乾きの水着を着込み昨日と同じようにGパンとTシャツ、ラッシュガードで出発<br /><br />今日も7:00出発です<br />少々疲れも出てきてますがミコマスケイは珊瑚がとてもきれいと聞き急遽行って見たくなったところ<br />期待大です!!<br /><br />ツアーも人気なのか続々と乗車するツアー客<br />ヨットハーバーに着くころにはマイクロバスいっぱいになっていました<br /><br />チケット売り場でのやりとりは慣れたものです<br />すんなりチケットをもらい、書かれている内容も大体把握できました^^<br /><br />グリーン島へ行く船よりも大きなヨットに乗り込み彼がどうしても先端がいいというのでそこに席をとりました<br /><br />めっちゃ炎天下です><<br />ヨットとはいうものの帆は出されてないし空は快晴 しかも遮るものが無い<br /><br />出航まで朝食サービスをいただき、船の大きさにオドオドしていると・・・周りの乗客たちはさっさと服を脱ぎ水着姿の状態で甲板で寝そべりだしたのには驚きました<br /><br />と、言うのも、私がよくわかってない状態でして><<br /><br />写真撮影とかに勤しんでいるのは日本人っぽい団体さんくらいでした<br />外人さんは出航前からビーチにいるような状態<br /><br />う~~ん どうしたものか。。。と、うろうろしていたら出発のアナウンスが流れいざミコマスケイへ!!<br /><br />スピードが上がると甲板は風がきつく、足元は網の鉄板になっているのですがそこから海面が見えちょっと怖い(実は高所恐怖症ですw)<br /><br />前日のグリーン島感覚でいると 全く違う様子<br />移動時間長いですもんね<br /><br />日本人スタッフさんも何人かいますし、日本語のわかる外人スタッフさんも数名いたので安心でした<br /><br />しばらくすると各国人に分かれてツアーの説明があるとかで日本人は船内に集まるように指示され行って来ました<br /><br />わ!こんなにいたのか!?日本人!!!<br />30人弱ほどの人が集まっていました<br /><br />これからのスケジュールとミコマスケイでの過ごし方についての説明を受けました<br /><br />日本人スタッフの人がダイビングの事にも少し触れ、昨日シュノーケリングしたし、次はダイビングも!?って思い彼に相談したら いいよ。って言うのでその場で申し込み参加する事にしました<br /><br />もちろんやったことなんてないですが 「ニモ」が見れる場所にも案内してくれるというので心が揺れ動き・・・<br />今回のオプションはライセンスをとるものではなく体験版ですのでお試しに丁度いいですよってスタッフさんにも言われかる~く考えてました<br /><br />お試しで体験して海の中の世界が気に入ったらライセンスの取り方とかも教えますね♪と、言われ この時はすでにライセンスを取る気満々でした<br />それくらい海中の世界好きなんです<br /><br />ミコマスケイ付近にヨットは止まりそこから小さなシャトルボートでビーチまで行きます<br /><br />ここは鳥の特別保護地区になっており柵の向こう側には入れません<br />しかも鳥だらけw<br />鳥嫌いな人には厳しいところかもです<br /><br />ビーチには何も無く、ヨットからの荷物も最小限に指定されてた意味がわかりました<br /><br />日よけも荷物置き場もほんと何も無いのでひたすら海に潜る<br /><br />!!!!!<br />ほんとすっごくきれいです!!!<br /><br />グリーン島も驚きましたがここは珊瑚の色が色鮮やか<br />魚の種類も多いかも(魚の名前とかはあまりよくわからないです)<br /><br />シュノーケリングしてても珊瑚の美しさは全然違って見えました<br />ここでもウミガメに遭遇できさあいよいよダイビング!<br /><br />所定の場所に集まり 指示された装置をつけまずは浅瀬で練習<br />水が入ってきたときの対処方法や 危機時の合図とか。。。<br /><br /><br />ドキドキ ドキドキ<br /><br />お願いしたものの 大丈夫かしらwww<br />説明はわかるんだけどいざそうなったときに出来るのか心配になってきたww<br /><br />とは言うものの呼吸はシュノーケリングより断然楽な気がしました<br /><br />一連の説明が終わっていよいよダイビング開始<br /><br />言われるように潜って行きます<br /><br /><br /><br />が、途中彼のグラスにどうしても水が入るのです<br />何度か浮上してグラスを交換したりもしたのですが、水が入るww<br /><br />何とか再度潜ったら・・・・<br /><br /><br />今度は私の耳がキ~~~~ン!!!!!<br />耳抜き一生懸命しました<br />でも、キ~~~~~~~~~~~ンが酷くて><<br />つい緊急合図を送っちゃいました<br /><br />浮上してインストラクターさんが<br />「どうしました?何がありました?」ってちょっと怒り気味!?<br />「ス すみません 耳が痛くて。。。。。」<br />「耳抜き 教えましたよね?」<br />「はい。 解ってるんですが。。。痛くて。。。。」と ションボリw<br /><br />「大丈夫ですか?」<br />ここでやめるわけにもいかず<br />「大丈夫です」と、答え 頑張って潜ったものの深いところが怖くてニモどころじゃなかったです<br /><br />大きな貝や魚には遭遇しましたがそれよりも耳が気になり 彼のグラスの水も気になり・・・で、あまり深くは潜れずにタイムアウト<br /><br />でも、やってよかったです!<br />私には不向きだという事がわかっただけでも よかったと思います!!!!<br /><br />今度からはダイビングしたい!!!って言わないです<br /><br /><br />船上に上がるとちょうどランチタイム終わりかけw<br />急いで食事を取ろうと船内に入ったら <br />ウエットスーツ着た状態では入室不可!!!でした<br /><br />慌てて脱ぎ捨て船内へ<br />めっちゃクーラーきいてて寒い<br /><br />そそと手当たり次第お皿に盛り付け外のベンチデスクへ<br /><br />ガツガツと食べます<br /><br />この時既に13:20<br />最終のシャトルボート出発が13:30<br /><br />いそげ~~~~~<br /><br />かき入れましたwお味はおいしかったけど 味わう時間は無く<br /><br />最終便に間に合ったのでラストタイムまでビーチで過ごそう!シュノーケリングだ!!!って最後の力を振り絞っていたのですが、彼は既にリタイア気味<br />ビーチでひなたぼっこしとくわ~って言ってたのですが、ミコマスケイは何も無い島<br />木とかもないのです<br /><br />海にぽっかり浮かぶ島<br /><br />この日は風もあり 日は当たっているものの風がきつく寒かったようです<br /><br />私も海の中にいると感じないけど 上がると風が寒くちょっと遊んですぐに船へ戻りました<br /><br />戻るとタイミングよくドリンクとフルーツサービス<br />寒いのでありがたいホットコーヒーでした<br /><br />フルーツはすいか、メロン、キウイ、パインがありましたがキウイが甘くておいしかったです<br /><br />ヨットの先端がいいって言ってたけど体が冷えて行く気になれず後方で縮こまってました(船内はクーラーですっごく冷えてますw)<br /><br />この時に役に立ったのがラッシュガードフード付<br />頭からフード被って居眠りタイムです<br /><br />小一時間程うたた寝したころ シャンパンサービスがありました<br /><br />これは是非飲んでみたかった!!<br /><br />そんなに飲めるほうじゃないので1杯で十分でしたが、何度もおかわりされてる方もいました<br />飲めない方やお子様には「ここでしか飲めないジュース!」と、称しふるまわれた赤色に輝く一杯<br /><br />何ともいえない味でした<br />確かにここでしか飲めないかなww<br />いちごのカキ氷シロップを水で薄めたような砂糖水<br /><br />口の中に塩分があるのでおいしく感じるらしい・・・(感じませんでしたw)<br /><br />そうこうしている内にヨットは港に無事到着<br /><br />バスに乗り込んでホテルへ移動<br />沢山の人を乗せていたのであちこち回って、アラマンダに着いたのは18:00過ぎ<br /><br />部屋に戻り とにかく寒いので温かいシャワーを浴び小休止<br /><br />二人とも結構疲れてて シャワー後も準備が進まない<br /><br />そこで今日のダイビングの話が出て、珊瑚が綺麗だったとか、魚と一緒に泳げた!!って喜んでいた私に 彼が言った言葉が衝撃的だった><<br /><br />「実は海の中に全く興味ないんだよな~」<br /><br />「????」<br /><br />耳を疑ったw<br />私はすっごく感動して 感激して 楽しんでたんだけど彼は全然楽しくなかったようですwww<br /><br />船に乗るのは楽しいらしいけどビーチで潜ったり・・・というのは 何がおもしろいのかわからないwって言われました<br /><br />今回は私のはじめてのケアンズ旅行だから全て私のやりたい事に賛同してくれてたようです<br /><br />次回からはシュノーケリングはともかくダイビングしたかったら一人で行ってきていいよって言われちゃいました<br /><br />私も耳が痛くなるからダイビングはしないだろうけど・・・ちょっと寂しく思いました<br /><br />ま~個々の意思は尊重しないとね<br />お互いが妥協できる点を探しつつこれからの二人の生活を営んでいかないと・・・と大きな課題をいただきました<br /><br />ようやく外出できる用意が出来たのが19時前<br /><br />疲れているので近くのスーパーで何か買って食べようか?と、レンタカーを走らせましたがこの辺閉店時間早いのか(今まで何度かスーパー行ってたけど閉店時間はノーチェックでした)<br /><br />こうなったら仕方ない シティーまで行こうか?と走り出しました<br /><br />今夜は最後のケアンズ<br /><br />いっぱい遊んだし 貴重な体験もできた<br /><br />思い残す事と言えば レストランでおいしい生牡蠣を食べる事!<br /><br />でも、言語の壁と昔彼がよく行ってたおいしい蛎料理店が今ではすっかりさびれてて 値打ちがなくなってるという情報もあり行けなかったのだ<br /><br />しかも、彼は貝類は全く食べれないのであまり強くも言えなかったのですが、最後の夜くらいスーパーやテイクアウトフードじゃないものが食べたい!!<br /><br />でも、シティーに行っても入りたいお店が無く いつもの如くウロウロして結局フードコートやテイクアウトになるんだったらケアンズシティーに行くまでのレストランを見つけて入ろう!って事になった<br /><br />空港近くで一軒 レストラン発見<br /><br />中に入ると やはり日本語メニューは無かったww<br /><br />席に案内されじっくりメニューを眺める<br />彼も真剣<br /><br />ステーキとピザのお店でした<br />けど、ここに「OYSTER」の文字発見!!<br /><br />これは 蛎の事ですよね!?<br /><br />半セルフのお店のようで注文カウンターに行き無事 生カキとピザ、グラスワインとコーラーを注文できました<br /><br />写真が無く申し訳ないのですが(この時携帯持ち歩いてませんでした)大満足の味でした!!<br />価格もリーズナブル<br />観光客相手のお店じゃないのでうれしいお店でした<br /><br />おいしいものを食べると疲れも吹っ飛びますよね<br />気分を良くしてホテルに戻り 明日の準備をして日焼けでヒリヒリする体を冷たいシーツに投げ出しました<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

オーストラリア(ケアンズ)の旅日記5日目

19いいね!

2016/10/17 - 2016/10/23

296位(同エリア2509件中)

3

19

昨夜のカンガルーの肉にやられたものの今日はミコマスケイツアーが待ってます
今日も集合7:00なので朝早くから支度・・・

とは言うものの二人とも結構披露してます
と、言うか日焼け跡が痛くて思うように用意出来ないのです><

半乾きの水着を着込み昨日と同じようにGパンとTシャツ、ラッシュガードで出発

今日も7:00出発です
少々疲れも出てきてますがミコマスケイは珊瑚がとてもきれいと聞き急遽行って見たくなったところ
期待大です!!

ツアーも人気なのか続々と乗車するツアー客
ヨットハーバーに着くころにはマイクロバスいっぱいになっていました

チケット売り場でのやりとりは慣れたものです
すんなりチケットをもらい、書かれている内容も大体把握できました^^

グリーン島へ行く船よりも大きなヨットに乗り込み彼がどうしても先端がいいというのでそこに席をとりました

めっちゃ炎天下です><
ヨットとはいうものの帆は出されてないし空は快晴 しかも遮るものが無い

出航まで朝食サービスをいただき、船の大きさにオドオドしていると・・・周りの乗客たちはさっさと服を脱ぎ水着姿の状態で甲板で寝そべりだしたのには驚きました

と、言うのも、私がよくわかってない状態でして><

写真撮影とかに勤しんでいるのは日本人っぽい団体さんくらいでした
外人さんは出航前からビーチにいるような状態

う~~ん どうしたものか。。。と、うろうろしていたら出発のアナウンスが流れいざミコマスケイへ!!

スピードが上がると甲板は風がきつく、足元は網の鉄板になっているのですがそこから海面が見えちょっと怖い(実は高所恐怖症ですw)

前日のグリーン島感覚でいると 全く違う様子
移動時間長いですもんね

日本人スタッフさんも何人かいますし、日本語のわかる外人スタッフさんも数名いたので安心でした

しばらくすると各国人に分かれてツアーの説明があるとかで日本人は船内に集まるように指示され行って来ました

わ!こんなにいたのか!?日本人!!!
30人弱ほどの人が集まっていました

これからのスケジュールとミコマスケイでの過ごし方についての説明を受けました

日本人スタッフの人がダイビングの事にも少し触れ、昨日シュノーケリングしたし、次はダイビングも!?って思い彼に相談したら いいよ。って言うのでその場で申し込み参加する事にしました

もちろんやったことなんてないですが 「ニモ」が見れる場所にも案内してくれるというので心が揺れ動き・・・
今回のオプションはライセンスをとるものではなく体験版ですのでお試しに丁度いいですよってスタッフさんにも言われかる~く考えてました

お試しで体験して海の中の世界が気に入ったらライセンスの取り方とかも教えますね♪と、言われ この時はすでにライセンスを取る気満々でした
それくらい海中の世界好きなんです

ミコマスケイ付近にヨットは止まりそこから小さなシャトルボートでビーチまで行きます

ここは鳥の特別保護地区になっており柵の向こう側には入れません
しかも鳥だらけw
鳥嫌いな人には厳しいところかもです

ビーチには何も無く、ヨットからの荷物も最小限に指定されてた意味がわかりました

日よけも荷物置き場もほんと何も無いのでひたすら海に潜る

!!!!!
ほんとすっごくきれいです!!!

グリーン島も驚きましたがここは珊瑚の色が色鮮やか
魚の種類も多いかも(魚の名前とかはあまりよくわからないです)

シュノーケリングしてても珊瑚の美しさは全然違って見えました
ここでもウミガメに遭遇できさあいよいよダイビング!

所定の場所に集まり 指示された装置をつけまずは浅瀬で練習
水が入ってきたときの対処方法や 危機時の合図とか。。。


ドキドキ ドキドキ

お願いしたものの 大丈夫かしらwww
説明はわかるんだけどいざそうなったときに出来るのか心配になってきたww

とは言うものの呼吸はシュノーケリングより断然楽な気がしました

一連の説明が終わっていよいよダイビング開始

言われるように潜って行きます



が、途中彼のグラスにどうしても水が入るのです
何度か浮上してグラスを交換したりもしたのですが、水が入るww

何とか再度潜ったら・・・・


今度は私の耳がキ~~~~ン!!!!!
耳抜き一生懸命しました
でも、キ~~~~~~~~~~~ンが酷くて><
つい緊急合図を送っちゃいました

浮上してインストラクターさんが
「どうしました?何がありました?」ってちょっと怒り気味!?
「ス すみません 耳が痛くて。。。。。」
「耳抜き 教えましたよね?」
「はい。 解ってるんですが。。。痛くて。。。。」と ションボリw

「大丈夫ですか?」
ここでやめるわけにもいかず
「大丈夫です」と、答え 頑張って潜ったものの深いところが怖くてニモどころじゃなかったです

大きな貝や魚には遭遇しましたがそれよりも耳が気になり 彼のグラスの水も気になり・・・で、あまり深くは潜れずにタイムアウト

でも、やってよかったです!
私には不向きだという事がわかっただけでも よかったと思います!!!!

今度からはダイビングしたい!!!って言わないです


船上に上がるとちょうどランチタイム終わりかけw
急いで食事を取ろうと船内に入ったら 
ウエットスーツ着た状態では入室不可!!!でした

慌てて脱ぎ捨て船内へ
めっちゃクーラーきいてて寒い

そそと手当たり次第お皿に盛り付け外のベンチデスクへ

ガツガツと食べます

この時既に13:20
最終のシャトルボート出発が13:30

いそげ~~~~~

かき入れましたwお味はおいしかったけど 味わう時間は無く

最終便に間に合ったのでラストタイムまでビーチで過ごそう!シュノーケリングだ!!!って最後の力を振り絞っていたのですが、彼は既にリタイア気味
ビーチでひなたぼっこしとくわ~って言ってたのですが、ミコマスケイは何も無い島
木とかもないのです

海にぽっかり浮かぶ島

この日は風もあり 日は当たっているものの風がきつく寒かったようです

私も海の中にいると感じないけど 上がると風が寒くちょっと遊んですぐに船へ戻りました

戻るとタイミングよくドリンクとフルーツサービス
寒いのでありがたいホットコーヒーでした

フルーツはすいか、メロン、キウイ、パインがありましたがキウイが甘くておいしかったです

ヨットの先端がいいって言ってたけど体が冷えて行く気になれず後方で縮こまってました(船内はクーラーですっごく冷えてますw)

この時に役に立ったのがラッシュガードフード付
頭からフード被って居眠りタイムです

小一時間程うたた寝したころ シャンパンサービスがありました

これは是非飲んでみたかった!!

そんなに飲めるほうじゃないので1杯で十分でしたが、何度もおかわりされてる方もいました
飲めない方やお子様には「ここでしか飲めないジュース!」と、称しふるまわれた赤色に輝く一杯

何ともいえない味でした
確かにここでしか飲めないかなww
いちごのカキ氷シロップを水で薄めたような砂糖水

口の中に塩分があるのでおいしく感じるらしい・・・(感じませんでしたw)

そうこうしている内にヨットは港に無事到着

バスに乗り込んでホテルへ移動
沢山の人を乗せていたのであちこち回って、アラマンダに着いたのは18:00過ぎ

部屋に戻り とにかく寒いので温かいシャワーを浴び小休止

二人とも結構疲れてて シャワー後も準備が進まない

そこで今日のダイビングの話が出て、珊瑚が綺麗だったとか、魚と一緒に泳げた!!って喜んでいた私に 彼が言った言葉が衝撃的だった><

「実は海の中に全く興味ないんだよな~」

「????」

耳を疑ったw
私はすっごく感動して 感激して 楽しんでたんだけど彼は全然楽しくなかったようですwww

船に乗るのは楽しいらしいけどビーチで潜ったり・・・というのは 何がおもしろいのかわからないwって言われました

今回は私のはじめてのケアンズ旅行だから全て私のやりたい事に賛同してくれてたようです

次回からはシュノーケリングはともかくダイビングしたかったら一人で行ってきていいよって言われちゃいました

私も耳が痛くなるからダイビングはしないだろうけど・・・ちょっと寂しく思いました

ま~個々の意思は尊重しないとね
お互いが妥協できる点を探しつつこれからの二人の生活を営んでいかないと・・・と大きな課題をいただきました

ようやく外出できる用意が出来たのが19時前

疲れているので近くのスーパーで何か買って食べようか?と、レンタカーを走らせましたがこの辺閉店時間早いのか(今まで何度かスーパー行ってたけど閉店時間はノーチェックでした)

こうなったら仕方ない シティーまで行こうか?と走り出しました

今夜は最後のケアンズ

いっぱい遊んだし 貴重な体験もできた

思い残す事と言えば レストランでおいしい生牡蠣を食べる事!

でも、言語の壁と昔彼がよく行ってたおいしい蛎料理店が今ではすっかりさびれてて 値打ちがなくなってるという情報もあり行けなかったのだ

しかも、彼は貝類は全く食べれないのであまり強くも言えなかったのですが、最後の夜くらいスーパーやテイクアウトフードじゃないものが食べたい!!

でも、シティーに行っても入りたいお店が無く いつもの如くウロウロして結局フードコートやテイクアウトになるんだったらケアンズシティーに行くまでのレストランを見つけて入ろう!って事になった

空港近くで一軒 レストラン発見

中に入ると やはり日本語メニューは無かったww

席に案内されじっくりメニューを眺める
彼も真剣

ステーキとピザのお店でした
けど、ここに「OYSTER」の文字発見!!

これは 蛎の事ですよね!?

半セルフのお店のようで注文カウンターに行き無事 生カキとピザ、グラスワインとコーラーを注文できました

写真が無く申し訳ないのですが(この時携帯持ち歩いてませんでした)大満足の味でした!!
価格もリーズナブル
観光客相手のお店じゃないのでうれしいお店でした

おいしいものを食べると疲れも吹っ飛びますよね
気分を良くしてホテルに戻り 明日の準備をして日焼けでヒリヒリする体を冷たいシーツに投げ出しました












旅行の満足度
5.0
観光
5.0

PR

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • Sting boyさん 2016/11/06 18:21:21
    最高ですよ
    こんにちは〜! 行きたく なりました〜

    momo

    momoさん からの返信 2016/11/06 22:29:53
    Re:最高ですよ
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    とても素敵な所でした!
    機会あれば是非是非行ってみて下さい(^ ^)

    Sting boy

    Sting boyさん からの返信 2016/11/06 22:38:12
    Re:最高ですよ
    行っちゃいます〜!

momoさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 140円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集