モスクワ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2016年の夏は、ずっと行きたかったキジ島の木造教会を見に、ロシアに行ってきました。<br /><br />その4は、トレチャコフ美術館とモスクワ川クルーズ。トレチャコフ美術館は2時間強かけて、じっくり鑑賞しました。ロシア美術の宝庫で、特にルブリョフのイコンが感動的でした。<br /><br />・バスでトレチャコフ美術館へ<br />・肖像画いろいろ<br />・「見知らぬ女」で有名なクラムスコイ<br />・情念がせまってくるヴルーベリ<br />・イコンいろいろ、特にルブリョフが素敵<br />・バスでレストランへ(ホワイトハウスやらスターリン建築やら)<br />・レストランでロシア料理を堪能<br />・愛の橋<br />・モスクワ川クルーズ(クレムリンを外からじっくり)<br />・夕食はレストラン・トゥーランドットで<br /><br />表紙写真は、モスクワ川クルーズの様子。クレムリンの直ぐそばを通りました。

2016夏ロシアその4 ~トレチャコフ美術館とモスクワ川クルーズ

8いいね!

2016/08/14 - 2016/08/14

711位(同エリア1325件中)

    75

    2016年の夏は、ずっと行きたかったキジ島の木造教会を見に、ロシアに行ってきました。

    その4は、トレチャコフ美術館とモスクワ川クルーズ。トレチャコフ美術館は2時間強かけて、じっくり鑑賞しました。ロシア美術の宝庫で、特にルブリョフのイコンが感動的でした。

    ・バスでトレチャコフ美術館へ
    ・肖像画いろいろ
    ・「見知らぬ女」で有名なクラムスコイ
    ・情念がせまってくるヴルーベリ
    ・イコンいろいろ、特にルブリョフが素敵
    ・バスでレストランへ(ホワイトハウスやらスターリン建築やら)
    ・レストランでロシア料理を堪能
    ・愛の橋
    ・モスクワ川クルーズ(クレムリンを外からじっくり)
    ・夕食はレストラン・トゥーランドットで

    表紙写真は、モスクワ川クルーズの様子。クレムリンの直ぐそばを通りました。

    交通手段
    観光バス 徒歩
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    グルメ
    3.5

    PR

    • バスでホテルを出発。途中、プーシキンとその妻の彫像が。<br /><br />若くして亡くなったプーシキンはとても人気があるようです。あちこちに彫像がたっていました。

      バスでホテルを出発。途中、プーシキンとその妻の彫像が。

      若くして亡くなったプーシキンはとても人気があるようです。あちこちに彫像がたっていました。

    • こちらはゴーゴリ。

      こちらはゴーゴリ。

    • きれいな青空。モスクワ川と救世主キリスト聖堂です。

      きれいな青空。モスクワ川と救世主キリスト聖堂です。

    • 大通りに建つアパートは「未来の家」と呼ばれ、かつて政府の高官が居を構えたとのこと。住んだことのある有名人?のレリーフがかかっていました。

      大通りに建つアパートは「未来の家」と呼ばれ、かつて政府の高官が居を構えたとのこと。住んだことのある有名人?のレリーフがかかっていました。

    • なんだか変なモニュメントが。後ほど、じっくり?見ることになります。

      なんだか変なモニュメントが。後ほど、じっくり?見ることになります。

    • はあと型のアーチがかわいいこの橋は、「愛の橋」と呼ばれているとのこと。こちらも後ほどじっくり。

      はあと型のアーチがかわいいこの橋は、「愛の橋」と呼ばれているとのこと。こちらも後ほどじっくり。

    • トレチャコフ美術館に向かう遊歩道には、いろんなオブジェが。<br />これは、ファベルジェのタンポポを模したものかな。

      トレチャコフ美術館に向かう遊歩道には、いろんなオブジェが。
      これは、ファベルジェのタンポポを模したものかな。

    • トレチャコフ美術館です。まだ閉まっています。

      トレチャコフ美術館です。まだ閉まっています。

      トレチャコフ美術館(本館) 博物館・美術館・ギャラリー

    • すでに行列が出来ています。<br /><br />持ち物チェックを受けて、中に入ります。

      すでに行列が出来ています。

      持ち物チェックを受けて、中に入ります。

    • ロシアの絵画は肖像画から始まったのだそう。<br /><br />初期の作品で人気なのは、ポロヴィコフスキーの「ロブヒナの肖像」でしょうか。18世紀終盤の作です。

      ロシアの絵画は肖像画から始まったのだそう。

      初期の作品で人気なのは、ポロヴィコフスキーの「ロブヒナの肖像」でしょうか。18世紀終盤の作です。

    • 続いては、キブレンスキーの「プーシキンの肖像」。<br />プーシキンはアラブの血を引いていたとのこと。

      続いては、キブレンスキーの「プーシキンの肖像」。
      プーシキンはアラブの血を引いていたとのこと。

    • 肖像画いっぱい。<br /><br />一つずつ見ていたら、どれだけ時間があっても足りません。

      肖像画いっぱい。

      一つずつ見ていたら、どれだけ時間があっても足りません。

    • ガイドのエレナさん。詳しく説明してくださいます。<br /><br />下の肖像画は、ブリューロフの「自画像」。上の絵が、彼の手になる「バテシバ」です。随分大胆な表現になりました。

      ガイドのエレナさん。詳しく説明してくださいます。

      下の肖像画は、ブリューロフの「自画像」。上の絵が、彼の手になる「バテシバ」です。随分大胆な表現になりました。

    • これも有名な作品。イワーノフの「民衆の前に現れるキリスト」です。<br />なかなか買い手が見つからなかったそうですが。

      これも有名な作品。イワーノフの「民衆の前に現れるキリスト」です。
      なかなか買い手が見つからなかったそうですが。

    • ペーロフの「ドストエーフスキイの肖像」。

      ペーロフの「ドストエーフスキイの肖像」。

    • 日本では、トレチャコフ美術館といえばこの絵でしょうか。クラムスコイの「見知らぬ女」。1883年の作品。<br /><br />かつて日本で展覧会があったときに、かなり長くポスターがかかっていたとのことです。

      イチオシ

      日本では、トレチャコフ美術館といえばこの絵でしょうか。クラムスコイの「見知らぬ女」。1883年の作品。

      かつて日本で展覧会があったときに、かなり長くポスターがかかっていたとのことです。

    • そして、クラムスコイの「自画像」。

      そして、クラムスコイの「自画像」。

    • クラムスコイの「トルストイの肖像」。

      クラムスコイの「トルストイの肖像」。

    • 彫刻作品は少ないですが、アントコルスキーの「イワン雷帝像」。<br /><br />眩しいほどの白い大理石に、精巧に彫られています。皇帝の性格まで伝わってきそうですね。

      彫刻作品は少ないですが、アントコルスキーの「イワン雷帝像」。

      眩しいほどの白い大理石に、精巧に彫られています。皇帝の性格まで伝わってきそうですね。

    • ヴルーベリの壁画です。メトローポルホテルのためのデザイン。

      ヴルーベリの壁画です。メトローポルホテルのためのデザイン。

    1件目~20件目を表示(全75件中)

    この旅行記のタグ

      8いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      モスクワ(ロシア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集