北京 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今は、まさに、8月、真夏! こんな時には、冬のことを思い出すに限ると思い、この1月に行った北京のマイナーな観光地を2つ。<br />北京大学は、日本で言えば、東京大学。ただし、そのキャンパスには円明園の一部を含み、広大なキャンパスである。そのたてものも、中華風なものを西洋風なものが混在している。<br />北京神玉芸術館は、ある意味「会員制のクラブ」。2万元、5万元、10万元と収める会費によって、できることが差別化されている。内容は、さまざまな玉製品の展示とレストラン。玉製品は、古いものから新しいものまでいろいろであるが、出土地などが明確になっていないものも多く、どのように入手したのか、興味深い。<br />

北京のマイナーな観光地2つ~北京大学と北京神玉芸術館~

6いいね!

2016/01/10 - 2016/01/13

1599位(同エリア4777件中)

今は、まさに、8月、真夏! こんな時には、冬のことを思い出すに限ると思い、この1月に行った北京のマイナーな観光地を2つ。
北京大学は、日本で言えば、東京大学。ただし、そのキャンパスには円明園の一部を含み、広大なキャンパスである。そのたてものも、中華風なものを西洋風なものが混在している。
北京神玉芸術館は、ある意味「会員制のクラブ」。2万元、5万元、10万元と収める会費によって、できることが差別化されている。内容は、さまざまな玉製品の展示とレストラン。玉製品は、古いものから新しいものまでいろいろであるが、出土地などが明確になっていないものも多く、どのように入手したのか、興味深い。

同行者
その他
交通手段
レンタカー
航空会社
JAL
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
3.5
観光
3.0
ホテル
3.0

PR

  • 朝焼けの中を起床。<br />冬の北京には珍しい晴天。

    朝焼けの中を起床。
    冬の北京には珍しい晴天。

  • 早朝の北京の街

    早朝の北京の街

  • そんな中を北京大学のキャンパスに入っていく。<br />池には、まだ、雪が残る。

    そんな中を北京大学のキャンパスに入っていく。
    池には、まだ、雪が残る。

  • キャンパスの中には、こんな中国風の建物も。何に使っているのかは分からない。。。

    キャンパスの中には、こんな中国風の建物も。何に使っているのかは分からない。。。

  • そんな中の北京の晴天。

    そんな中の北京の晴天。

  • こんな建物も。中は、普通の会議室。

    こんな建物も。中は、普通の会議室。

  • 中国ならではのお茶。

    中国ならではのお茶。

  • さらに、こんな凍った川と石橋も。

    さらに、こんな凍った川と石橋も。

  • ある建物をよっ〜く見てみると、西洋風な建物が書かれている。これは、アメリカのスタンフォード大学の有名な塔(フーバータワー)。どんな建物かと思ったら、「北京大学スタンフォードセンター」だと。

    ある建物をよっ〜く見てみると、西洋風な建物が書かれている。これは、アメリカのスタンフォード大学の有名な塔(フーバータワー)。どんな建物かと思ったら、「北京大学スタンフォードセンター」だと。

  • 「北京大学スタンフォードセンター」内部。こんなバブリーで、近代的な作り。

    「北京大学スタンフォードセンター」内部。こんなバブリーで、近代的な作り。

  • 内部のカフェエリア。

    内部のカフェエリア。

  • その門。こうしてみると完全な中華風。

    その門。こうしてみると完全な中華風。

  • 大学のシンボルである博雅塔。この密檐式塔は外観上千年近く前の塔に見えるが、実は配水塔であり近代式建造物。でも、今は使用されていないとのこと。

    大学のシンボルである博雅塔。この密檐式塔は外観上千年近く前の塔に見えるが、実は配水塔であり近代式建造物。でも、今は使用されていないとのこと。

  • 1952年、北京大学の前身である燕京大学が乾隆帝の花園・淑春園内に建設された。この手前の池は、淑春園一部の未名湖。この一帯は公園として残されている。人影は、スケートをしている人たち。

    1952年、北京大学の前身である燕京大学が乾隆帝の花園・淑春園内に建設された。この手前の池は、淑春園一部の未名湖。この一帯は公園として残されている。人影は、スケートをしている人たち。

  • 圓明園から引っ越してきた湖に浮かぶ魚の石像「翻尾石魚」。<br />通常は、遠くから見るだけなのに、池が凍っているので、近くまでいくことができる。

    圓明園から引っ越してきた湖に浮かぶ魚の石像「翻尾石魚」。
    通常は、遠くから見るだけなのに、池が凍っているので、近くまでいくことができる。

  • 別な角度からの博雅塔

    別な角度からの博雅塔

  • ライトアップされたオリンピック施設を見ながら、北京神玉芸術館へ。

    ライトアップされたオリンピック施設を見ながら、北京神玉芸術館へ。

  • ここからは、北京神玉芸術館で陳列されているもの。<br />これが入口に鎮座。

    ここからは、北京神玉芸術館で陳列されているもの。
    これが入口に鎮座。

  • その一部。精密!

    その一部。精密!

  • 翡翠の虎。よ〜っく見ると3本足で立っている。

    翡翠の虎。よ〜っく見ると3本足で立っている。

  • カボチャ

    カボチャ

  • 上に、カマキリが2匹見えますか?

    上に、カマキリが2匹見えますか?

  • 山水画みたいな景色。<br />どこのどんな場面か分かりますか?

    山水画みたいな景色。
    どこのどんな場面か分かりますか?

  • 苑一部を拡大したところ、「呉」の文字が。<br />そうです、三国志の赤壁の戦いの一部。

    苑一部を拡大したところ、「呉」の文字が。
    そうです、三国志の赤壁の戦いの一部。

  • 立ち並ぶ各種の仏像

    立ち並ぶ各種の仏像

  • そして、こんなところで、食事。

    そして、こんなところで、食事。

  • その料理の一部です。<br />Googleで調べても、この「北京神玉芸術館」についての記事が日本語ではほとんど見当たりません。超穴場だと思いました。

    その料理の一部です。
    Googleで調べても、この「北京神玉芸術館」についての記事が日本語ではほとんど見当たりません。超穴場だと思いました。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

北京(中国) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集