コンウィ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2008年5月31日は、チェスターを出発してウエールズ地方に向かい、コンウィとカナーボンの観光でした。<br /><br />コンウィはコンウィ川が海とつながる岬の突端にある、城壁に囲まれた小さな町で、イングランド王エドワード1世が、北ウエールズ征服のために1283~1289年という短期間に立てた「コンウィ城」があります。<br /><br />またコンウィには、ナショナル・トラストに寄付された庭として2番目に古い「ボドナント・ガーデン」があります。1949年に第2代アバーコンウエィ男爵ヘンリー・マクラーレンによって寄贈され、現在もその子孫によって管理されています。<br /><br />写真は、塔の上から見下ろしたコンウイ城です。<br /><br /><br />

イギリス縦断⑦(コンウィ)ボドナント・ガーデン、コンウイ城、イギリスで一番小さな家

20いいね!

2008/05/26 - 2008/06/07

5位(同エリア26件中)

0

30

元カニ族

元カニ族さん

2008年5月31日は、チェスターを出発してウエールズ地方に向かい、コンウィとカナーボンの観光でした。

コンウィはコンウィ川が海とつながる岬の突端にある、城壁に囲まれた小さな町で、イングランド王エドワード1世が、北ウエールズ征服のために1283~1289年という短期間に立てた「コンウィ城」があります。

またコンウィには、ナショナル・トラストに寄付された庭として2番目に古い「ボドナント・ガーデン」があります。1949年に第2代アバーコンウエィ男爵ヘンリー・マクラーレンによって寄贈され、現在もその子孫によって管理されています。

写真は、塔の上から見下ろしたコンウイ城です。


同行者
一人旅
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • チェスターを出発すると、すぐにウエールズです。出発前の予備知識で期したように、13世紀にイングランドに統合されています。<br />チェスター、コンウイ、カナーボンの位置関係です。

    チェスターを出発すると、すぐにウエールズです。出発前の予備知識で期したように、13世紀にイングランドに統合されています。
    チェスター、コンウイ、カナーボンの位置関係です。

  • 私たちは、コンウィに着くとまず、「ボドナント・ガーデン」を訪れました。

    私たちは、コンウィに着くとまず、「ボドナント・ガーデン」を訪れました。

    ボドナント ガーデン テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • ボドナント・ガーデンで最も有名なのは下写真のキングサリのトンネル&quot;Laburnum Walk&quot;です。1874年にボドナンドの館と周辺の農場を買い取ったヘンリー・ポーチンが計画したもので、 太い木は100年以上経っているといわれています

    ボドナント・ガーデンで最も有名なのは下写真のキングサリのトンネル"Laburnum Walk"です。1874年にボドナンドの館と周辺の農場を買い取ったヘンリー・ポーチンが計画したもので、 太い木は100年以上経っているといわれています

    ボドナント ガーデン テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • 黄色の垂れ下がったキングサリは見事です。

    黄色の垂れ下がったキングサリは見事です。

  • キングサリのトンネルです。

    キングサリのトンネルです。

  • ボドナントの館を背に記念撮影。

    ボドナントの館を背に記念撮影。

  • 館の周りには、花が咲き乱れていました。

    館の周りには、花が咲き乱れていました。

  • 円を描くヴィクトリア調の重厚で豪華なパーゴラには蔓バラが絡み、スフィンクスが階段の上にありました。

    円を描くヴィクトリア調の重厚で豪華なパーゴラには蔓バラが絡み、スフィンクスが階段の上にありました。

  • 階段を降りて、池のある方に移動しました。

    階段を降りて、池のある方に移動しました。

  • ここは「カナル・テラス」と呼ばれていて細長い池にスイレンが浮かび、その奥に瀟洒な建物がありました。この建物は「ピン・ミル」と呼ばれ、コッツウォルズ地方の古い針工場を移築したものです

    ここは「カナル・テラス」と呼ばれていて細長い池にスイレンが浮かび、その奥に瀟洒な建物がありました。この建物は「ピン・ミル」と呼ばれ、コッツウォルズ地方の古い針工場を移築したものです

  • 自然のままの渓谷も残されていました。

    自然のままの渓谷も残されていました。

  • その後「コンウィ城」に向かいました。下写真はその模型です。

    その後「コンウィ城」に向かいました。下写真はその模型です。

    コンウィ城 城・宮殿

  • バスから降りて城に近づくと、城壁と塔が見えてきました。

    バスから降りて城に近づくと、城壁と塔が見えてきました。

    コンウィ城 城・宮殿

  • 城壁は、急峻な崖の上にありました。

    城壁は、急峻な崖の上にありました。

  • 崖の下を見ると、道路が城壁を貫き通っていました。

    崖の下を見ると、道路が城壁を貫き通っていました。

  • 城の中に入りました。

    城の中に入りました。

  • 城の中です。

    城の中です。

  • 城の中の案内図です。城は大きく二つに仕切られています。

    城の中の案内図です。城は大きく二つに仕切られています。

  • 城の中の仕切りです。

    城の中の仕切りです。

  • 仕切りを超えて、次のスペースです。

    仕切りを超えて、次のスペースです。

  • 塔に登りました。塔から見た城にかかる橋です。

    塔に登りました。塔から見た城にかかる橋です。

  • 塔から見下ろした、城の内部です。

    塔から見下ろした、城の内部です。

  • 塔から見下ろした、城の内部です。

    塔から見下ろした、城の内部です。

  • 塔の上で記念撮影。

    塔の上で記念撮影。

  • 塔から見た、城と、城外の町です。

    塔から見た、城と、城外の町です。

  • 塔から見た、城の外の町です。写真の右に、町を取り囲む城壁が見えます。

    塔から見た、城の外の町です。写真の右に、町を取り囲む城壁が見えます。

  • 城の外に出ました。写真は海岸に残る城壁です。

    城の外に出ました。写真は海岸に残る城壁です。

  • 写真は、コンウィの海岸にある「イギリスで一番小さな家」で、ギネスブックにも登録されています。

    写真は、コンウィの海岸にある「イギリスで一番小さな家」で、ギネスブックにも登録されています。

    スモーレスト・ハウス 建造物

  • 「The Smallest House in Great Britain」と書かれ、案内の人が立っていました。<br /><br /><br />

    「The Smallest House in Great Britain」と書かれ、案内の人が立っていました。


    スモーレスト・ハウス 建造物

  • 海岸には、多くの人々がたむろしていました。私たちはバスで、カナーボンに向かいました。

    海岸には、多くの人々がたむろしていました。私たちはバスで、カナーボンに向かいました。

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 277円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP