南三陸・登米旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東日本大震災からもうすぐ5年。<br />だが、三陸沿岸部の復興にはまだ多くの時間もお金も必要だ。<br />微力ではあるが、少しでも被災地を応援したくて、<br />時々三陸地方に出かけている。

東北復興応援(2016.2) 前編

17いいね!

2016/02/20 - 2016/02/22

66位(同エリア185件中)

7

27

ミータ

ミータさん

東日本大震災からもうすぐ5年。
だが、三陸沿岸部の復興にはまだ多くの時間もお金も必要だ。
微力ではあるが、少しでも被災地を応援したくて、
時々三陸地方に出かけている。

旅行の満足度
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JRローカル

PR

  • 2月20日の夕方、仕事を終えてから東北に向かう。<br />この日は東松島市のフォーシーズン矢本(http://www.fs-yamoto.com/)に宿泊。<br />写真は翌朝撮影したもの。<br /><br />

    2月20日の夕方、仕事を終えてから東北に向かう。
    この日は東松島市のフォーシーズン矢本(http://www.fs-yamoto.com/)に宿泊。
    写真は翌朝撮影したもの。

    OYOホテル フォーシーズン矢本 宿・ホテル

  • このホテルはワンルームマンションを利用していると思われる。<br />復興の工事関係の人たちの利用が中心なのだろう。<br />かなりリーズナブルな料金で泊まれる。

    このホテルはワンルームマンションを利用していると思われる。
    復興の工事関係の人たちの利用が中心なのだろう。
    かなりリーズナブルな料金で泊まれる。

  • トイレとお風呂は別々。

    トイレとお風呂は別々。

  • 化粧水や保湿パックなどのセットまでもらえた。

    化粧水や保湿パックなどのセットまでもらえた。

  • 500円くらい追加すれば、朝食もつけられる。<br />楽天トラベルを通じて予約したのだが、朝食付きで4,500円くらいのプランがあった。

    500円くらい追加すれば、朝食もつけられる。
    楽天トラベルを通じて予約したのだが、朝食付きで4,500円くらいのプランがあった。

  • 翌2月21日、石巻に向かう。<br />石巻といえば、石ノ森章太郎。<br />列車も石ノ森章太郎の漫画のキャラクターがデザインされている。<br />(表紙の写真も同じ列車)

    翌2月21日、石巻に向かう。
    石巻といえば、石ノ森章太郎。
    列車も石ノ森章太郎の漫画のキャラクターがデザインされている。
    (表紙の写真も同じ列車)

    マンガッタンライナー 乗り物

  • 石巻駅のホームからの眺め。<br />ここまで津波が押し寄せたのだ。<br /><br />石巻駅で途中下車しても良いのだが、先を急ぐ。

    石巻駅のホームからの眺め。
    ここまで津波が押し寄せたのだ。

    石巻駅で途中下車しても良いのだが、先を急ぐ。

    石巻駅

  • 前谷地駅で石巻線から気仙沼線に乗り換え。<br />気仙沼線の柳津から気仙沼までの区間は津波で線路が流されてしまい、<br />代わりにBRT(バス高速輸送システム)というバスが走っている。<br />この前谷地駅からもBRTが何本か出ているので、ここからBRTに乗る。

    前谷地駅で石巻線から気仙沼線に乗り換え。
    気仙沼線の柳津から気仙沼までの区間は津波で線路が流されてしまい、
    代わりにBRT(バス高速輸送システム)というバスが走っている。
    この前谷地駅からもBRTが何本か出ているので、ここからBRTに乗る。

  • BRTの車窓から。<br />津波の被害に遭った沿岸部では、土地の嵩上げ工事が行われている。

    BRTの車窓から。
    津波の被害に遭った沿岸部では、土地の嵩上げ工事が行われている。

  • 10:10頃、南三陸町の志津川駅(バス停)に到着。<br />ここには、被災地の仮設商店街としてはかなり大きな「さんさん商店街」がある。<br />(http://www.sansan-minamisanriku.com/)<br />広い駐車場もあるので、復興応援のバスツアーも訪れる。<br /><br />私も復興応援の為にここでお買い物。

    10:10頃、南三陸町の志津川駅(バス停)に到着。
    ここには、被災地の仮設商店街としてはかなり大きな「さんさん商店街」がある。
    http://www.sansan-minamisanriku.com/
    広い駐車場もあるので、復興応援のバスツアーも訪れる。

    私も復興応援の為にここでお買い物。

    南三陸さんさん商店街 市場・商店街

  • 「さんさん商店街」一角には、イースター島から送られたモアイ像がある。<br />1960年のチリ地震津波によって、この志津川でも犠牲者が出た。<br />それから30年後に、その時の被害を忘れないように初代モアイ像が作られた。<br />2011年3月11日の震災で初代モアイ像は流されてしまったが、<br />イースター島の方々のご厚意で、再びモアイ像が志津川に建ったのだ。<br />(発見された初代モアイ像の頭部は、志津川高校の敷地内の移設されているそうだ)

    「さんさん商店街」一角には、イースター島から送られたモアイ像がある。
    1960年のチリ地震津波によって、この志津川でも犠牲者が出た。
    それから30年後に、その時の被害を忘れないように初代モアイ像が作られた。
    2011年3月11日の震災で初代モアイ像は流されてしまったが、
    イースター島の方々のご厚意で、再びモアイ像が志津川に建ったのだ。
    (発見された初代モアイ像の頭部は、志津川高校の敷地内の移設されているそうだ)

  • 木彫りのモアイ像もある。<br />さんさん商店街にはモアイ像関連グッズも売られている。<br /><br />

    木彫りのモアイ像もある。
    さんさん商店街にはモアイ像関連グッズも売られている。

  • あら、さんさん商店街4周年で、限定10食半額キャンペーン。<br />お金を落とすために訪れたのだが、半額では申し訳ないわね。<br />と言いつつ、しっかり10名の中に入ろうと列に並ぶ

    あら、さんさん商店街4周年で、限定10食半額キャンペーン。
    お金を落とすために訪れたのだが、半額では申し訳ないわね。
    と言いつつ、しっかり10名の中に入ろうと列に並ぶ

  • 南三陸町では震災前から、四季折々の素材を使った「キラキラ丼」を提供している。<br />この時期はイクラ丼になる。<br />イクラのほかタコやホタテ、焼き鮭なども乗っている。<br />半額で900円。<br />レジの所に台湾地震支援の募金箱があったので、お釣りはそれに入れる。

    南三陸町では震災前から、四季折々の素材を使った「キラキラ丼」を提供している。
    この時期はイクラ丼になる。
    イクラのほかタコやホタテ、焼き鮭なども乗っている。
    半額で900円。
    レジの所に台湾地震支援の募金箱があったので、お釣りはそれに入れる。

    松原食堂 グルメ・レストラン

  • 「さんさん商店街」に隣接する南三陸ポータルセンター周辺には、<br />「きりこ」が飾られている。

    「さんさん商店街」に隣接する南三陸ポータルセンター周辺には、
    「きりこ」が飾られている。

  • 「きりこ」とは、南三陸の神社が氏子たちのために作る半紙で作る神棚飾りのことだそうだ。

    「きりこ」とは、南三陸の神社が氏子たちのために作る半紙で作る神棚飾りのことだそうだ。

  • その「きりこ」の様式で町の人たちの思いなどを表したものが、これなのだ。<br />以前は津波で流された建物があった場所に建てられていたが、<br />土地の嵩上げ工事の為に、ここに移転された。<br />

    その「きりこ」の様式で町の人たちの思いなどを表したものが、これなのだ。
    以前は津波で流された建物があった場所に建てられていたが、
    土地の嵩上げ工事の為に、ここに移転された。

  • 「里海の恵みと美しい風景を未来へ」<br />

    「里海の恵みと美しい風景を未来へ」

  • この鉄骨は南三陸町防災対策庁舎だった。<br />この建物から避難を呼びかける放送をしていて、津波の犠牲になった方がいる。<br />ここも土地の嵩上げ工事が進んでいる。<br /><br /><br />

    この鉄骨は南三陸町防災対策庁舎だった。
    この建物から避難を呼びかける放送をしていて、津波の犠牲になった方がいる。
    ここも土地の嵩上げ工事が進んでいる。


  • BRT(バス高速輸送システム)で気仙沼に向かう<br />ここは途中の大谷海岸「駅」。<br />津波で流される前、駅のすぐ目の前が海水浴場だったそうだ。<br />震災後、海岸は立ち入り禁止になっているが、道の駅が再開している。<br />ここに立ち寄るつもりだったのだが、ウトウトしていて降り損ねたのだ。<br />何とか写真だけ撮る。<br />

    BRT(バス高速輸送システム)で気仙沼に向かう
    ここは途中の大谷海岸「駅」。
    津波で流される前、駅のすぐ目の前が海水浴場だったそうだ。
    震災後、海岸は立ち入り禁止になっているが、道の駅が再開している。
    ここに立ち寄るつもりだったのだが、ウトウトしていて降り損ねたのだ。
    何とか写真だけ撮る。

    大谷海岸駅

  • 気仙沼でも仮設商店街に立ち寄る。<br />ここは「南町紫市場(http://kesennumafs.com/)」。

    気仙沼でも仮設商店街に立ち寄る。
    ここは「南町紫市場(http://kesennumafs.com/)」。

    気仙沼復興商店街 南町紫市場 市場・商店街

  • 「南町紫市場」の建物には気仙沼の観光PRキャラクター「ホヤぼーや」が描かれている。

    「南町紫市場」の建物には気仙沼の観光PRキャラクター「ホヤぼーや」が描かれている。

  • 「復興屋台村気仙沼横丁(http://www.fukko-yatai.com/)」にも立ち寄る。<br />あるお店の方が「震災から2,3年は復興応援のお客さんがそれなりに来たけど、<br />このところはめっきり減ってきた」と話していた。<br />仮設商店街は5年を目処に解消されるという話も聞いた。<br />だから、いくつかのお店は既に移転している。<br />

    「復興屋台村気仙沼横丁(http://www.fukko-yatai.com/)」にも立ち寄る。
    あるお店の方が「震災から2,3年は復興応援のお客さんがそれなりに来たけど、
    このところはめっきり減ってきた」と話していた。
    仮設商店街は5年を目処に解消されるという話も聞いた。
    だから、いくつかのお店は既に移転している。

    復興屋台村気仙沼横丁 グルメ・レストラン

  • 気仙沼は震災の時、火災も広範囲にわたり広がった。

    気仙沼は震災の時、火災も広範囲にわたり広がった。

  • 仮設商店街ではないが、「お魚いちば」にも立ち寄る。<br />

    仮設商店街ではないが、「お魚いちば」にも立ち寄る。

  • 平和な港町の様に見える。<br />

    平和な港町の様に見える。

  • フェリーに乗って気仙沼大島に向かう。<br /><br /><br />続く

    フェリーに乗って気仙沼大島に向かう。


    続く

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (7)

開く

閉じる

  • ほいみさん 2016/03/11 19:47:31
    3.11
    5年が経ちました。

    大矢海岸道の駅、ちょうど3年前にシフォンと行きました。
    ナビが「目的地付近です」と言うのに何もない。
    通り過ぎて戻った。

    仮設のトイレと自販機が2-3台あった駐車場がそうらしい。
    すぐ後ろが駅だったと思います。

    TVでは陸前高田の嵩上げ工事が終わって、これから街造りだとか。
    時が過ぎれば過ぎる程、災害の大きさを思い知られます。

    朝ごはん、ご飯とみそ汁の湯気でレンズが曇ってしまった臨場感。

    ミータ

    ミータさん からの返信 2016/03/11 21:41:04
    RE: 3.11
    東日本大震災から、今日で丁度丸5年。
    さすがに3月11日前後は震災関係の報道が増えますが、
    普段はすっかり忘れられた感じです。
    風化が進むのは仕方がないことですが、
    まだ多くの人が避難生活を送っていることを忘れてはいけません。

    陸前高田にも寄りました。
    今日、ブログをアップしました。
    街造りは本当にこれからです。

    朝ご飯、レンズが曇ってしまったのは分かっていたのですが、
    そのまま撮影しました。
  • くろねこだりゅんさん 2016/03/10 17:29:30
    お疲れ様です!
    毎回の復興応援旅、いつも頭が下がる思いで読ませて頂いてます。

    仮設商店街の移設の話はニュースでも報道されていましたので知ってはいましたが、嵩上工事がまだ終わらないのにどうしろと言うのでしょう〜
    訪ねる方が減っている…今の時期は比較的報道されますけど風化は恐ろしいですね。
    福島の常磐線はもうすぐ開通予定だそうですけど、気仙沼の辺りはまだ目途が立たないのでしょうか?ひょっとしたらこのままバスになるのか…

    そこで頑張ってらっしゃる方がいる!切子は心に響きました。
    あと5年後は風景が変わってもっと活気が出ているように私も応援していきたいです♪

    ミータ

    ミータさん からの返信 2016/03/10 21:23:41
    RE: お疲れ様です!
    2,3カ月に1回三陸沿岸部に行く程度なので、
    たいしたことはやっていません。
    こういうブログやその他の場で三陸に行った時のことを書いて、
    少しでも多くの人の目に触れれば良いなとは思います。
    JRは気仙沼線、大船渡線、山田線の流された区間を
    復旧する予定はないのでは?
    三陸沿岸部の人口は震災後10何パーセントも減り、
    元々赤字路線だったところで、さらに採算が取れないでしょう。
    そういった意味でも三陸鉄道を応援していきたいのですが、
    釜石も宮古も遠くて、年に1回乗れるかどうか。

  • gontaraさん 2016/03/09 21:06:20
    モアイに会いに
    明後日で5年ですね。
    我々は忘れかけてるけど、ミータさんのような方がいらっしゃるお蔭で、少しでも多くの方に震災を再認識させて頂いてるのですね。
    今回もご苦労様でした。

    さんさん商店街のモアイさんに会いに行かなくっちゃ。

    ミータ

    ミータさん からの返信 2016/03/10 08:30:05
    RE: モアイに会いに
    3月11日が近付くと震災関連の報道も増えますが、
    そうでないとテレビなどではあまり触れられないですよね。
    それでも福島をはじめ多くの方がまだ避難生活を送っています。
    とりあえずブログなどに書くことも、私にできることかと思っています。
    阪神淡路大震災に遭った神戸大学元教授は
    「『忘れていない』というメッセージを送り続けることも大切」と
    言っています。

    「さんさん商店街」はJR東日本のポスターにもなり、
    仮設商店街の中ではかなりにぎわっています。
    そのため、観光客も行き易いです

    ミータ

    ミータさん からの返信 2016/03/10 08:57:48
    RE: RE: モアイに会いに
    神戸大学元教授の名前が抜けていました。
    中井久夫先生です。

ミータさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP