アマルフィ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
アルベロベッロから車で西側に向かいました。途中までは下道で、途中のポテンツァという街から、高速があったのでまずはそこを目指します。街と街の間はほぼ直線道路で、車も少ないので非常にスムーズに動けたんですが、街に近づくと、一気に道路が複雑になり、さらに車も増えて、街を抜けるのに、時間がかかってしまいました。ノーチ、ジョーイアデル・コッレ、アルタムラなどの街を超えて、なんとか高速道路に到着です。<br />ここからは、スムーズに進むと思ったんですが、さらに途中で工事をしており、高速道路を1区間降りなければなりませんでした。あとから考えると、降りなくても良かったように思えたんですが、どこを進んでよいか分からなかったので、普通に矢印通りに進んで(進んだつもりで)いったら、高速から出てしまいました。ここでも、なんとかGoogleMapを駆使して、次のインターまで行き、そこから再び高速で。ホテルはラヴェッロの少し手前のヴィエトリだったんですが、結局ホテルに到着したのは、9時前でした。。。今回の旅行で一番高いホテルだったので、本当は早めに到着して満喫する予定だったんですが、全く予定通りに進まなかったです。。。<br />

2015南イタリア世界遺産巡り~6.高台から海岸を見渡せる街ラヴェッロ~

20いいね!

2015/09/24 - 2015/09/25

155位(同エリア589件中)

0

113

らいわん

らいわんさん

アルベロベッロから車で西側に向かいました。途中までは下道で、途中のポテンツァという街から、高速があったのでまずはそこを目指します。街と街の間はほぼ直線道路で、車も少ないので非常にスムーズに動けたんですが、街に近づくと、一気に道路が複雑になり、さらに車も増えて、街を抜けるのに、時間がかかってしまいました。ノーチ、ジョーイアデル・コッレ、アルタムラなどの街を超えて、なんとか高速道路に到着です。
ここからは、スムーズに進むと思ったんですが、さらに途中で工事をしており、高速道路を1区間降りなければなりませんでした。あとから考えると、降りなくても良かったように思えたんですが、どこを進んでよいか分からなかったので、普通に矢印通りに進んで(進んだつもりで)いったら、高速から出てしまいました。ここでも、なんとかGoogleMapを駆使して、次のインターまで行き、そこから再び高速で。ホテルはラヴェッロの少し手前のヴィエトリだったんですが、結局ホテルに到着したのは、9時前でした。。。今回の旅行で一番高いホテルだったので、本当は早めに到着して満喫する予定だったんですが、全く予定通りに進まなかったです。。。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.5
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルに到着です。チェックイン中にウェルカムドリンク&フルーツが出てきました。さすがにホスピタリティ高いホテルです。

    ホテルに到着です。チェックイン中にウェルカムドリンク&フルーツが出てきました。さすがにホスピタリティ高いホテルです。

    ルレ パラディソ ホテル ホテル

  • ここは、フロントにあるくつろぎスペースです。

    ここは、フロントにあるくつろぎスペースです。

  • ベッドルーム。清潔で快適です。

    ベッドルーム。清潔で快適です。

  • 当然バスタブ付きですね。

    当然バスタブ付きですね。

  • 部屋の全体像です。奥がかなり広くなっています。

    部屋の全体像です。奥がかなり広くなっています。

  • ベランダからの風景です。夜なので、あまり見えませんが。。。

    ベランダからの風景です。夜なので、あまり見えませんが。。。

  • それぞれの部屋のベランダに足だけつかれるプールとその前にくつろげるビーチソファが置いてありました。

    それぞれの部屋のベランダに足だけつかれるプールとその前にくつろげるビーチソファが置いてありました。

  • 廊下です。狭いですが、おしゃれです。

    廊下です。狭いですが、おしゃれです。

  • 突然、外で花火が始まりました。ホテルのではないのですが、海側で花火をやっていました。

    突然、外で花火が始まりました。ホテルのではないのですが、海側で花火をやっていました。

  • ホテルの入り口にあった看板です。

    ホテルの入り口にあった看板です。

  • 外観はこんな感じ。

    外観はこんな感じ。

  • 食事用のテーブルと、入り口です。

    食事用のテーブルと、入り口です。

  • 廊下に飾ってあった絵です。アマルフィっぽさがあります。

    廊下に飾ってあった絵です。アマルフィっぽさがあります。

  • 時間が遅かったので、ホテルで食事をいただきました。テーブルにおいてあったオブジェ。家にもほしいですね〜。

    時間が遅かったので、ホテルで食事をいただきました。テーブルにおいてあったオブジェ。家にもほしいですね〜。

  • これでもチーズです。これは、めちゃ美味しかった!

    これでもチーズです。これは、めちゃ美味しかった!

  • カルパッチョ。これは普通というか、日本で食べた方が美味しいです。

    カルパッチョ。これは普通というか、日本で食べた方が美味しいです。

  • スープ、いろいろな野菜の出汁が出て、美味しかった!

    スープ、いろいろな野菜の出汁が出て、美味しかった!

  • ヒラメか何かのムニエル。結構ボリュームがありました。味は普通。

    ヒラメか何かのムニエル。結構ボリュームがありました。味は普通。

  • 一夜明けて、朝食です。ビュッフェですが、種類が多く、味も美味しかったです。

    一夜明けて、朝食です。ビュッフェですが、種類が多く、味も美味しかったです。

  • こんな景色を見ながらの朝食です。

    こんな景色を見ながらの朝食です。

  • 部屋に戻り、昨日暗くてあまり見えなかったベランダです。

    部屋に戻り、昨日暗くてあまり見えなかったベランダです。

  • ホテルを出て、今日の最初の目的地ラヴェッロを目指します。海岸沿いの道路を進み、アマルフィの少し手前で山側に入ります。距離は10kmちょっととそんなに遠くないのですが、海岸沿いの道路で、道幅も狭いので、時間がかかります。

    ホテルを出て、今日の最初の目的地ラヴェッロを目指します。海岸沿いの道路を進み、アマルフィの少し手前で山側に入ります。距離は10kmちょっととそんなに遠くないのですが、海岸沿いの道路で、道幅も狭いので、時間がかかります。

  • 途中の街の手前から、ビーチを眺めます。天気が良いともっといい景色になるんですが。。。

    途中の街の手前から、ビーチを眺めます。天気が良いともっといい景色になるんですが。。。

  • ドゥオモのある公園の少し下に公共の駐車場があり、車を停めました。途中の道路にも停めれる場所はあったんですが、ほとんど空きがなく、駐車場があるか心配でしたが、一番奥まで進んだら、駐車場があって良かったです。

    ドゥオモのある公園の少し下に公共の駐車場があり、車を停めました。途中の道路にも停めれる場所はあったんですが、ほとんど空きがなく、駐車場があるか心配でしたが、一番奥まで進んだら、駐車場があって良かったです。

  • ドゥオモです。ここが一番賑やかなところでした。

    ドゥオモです。ここが一番賑やかなところでした。

  • ヴィッラ・ルーフォロ。

    ヴィッラ・ルーフォロ。

  • お土産屋です。やっぱりレモン関連が多いですね。

    お土産屋です。やっぱりレモン関連が多いですね。

  • ラヴェッロと言えば、ヴィッラ・チンプローネなので、まずは、そちらに向かいます。

    ラヴェッロと言えば、ヴィッラ・チンプローネなので、まずは、そちらに向かいます。

  • 番地を示した看板も一つ一つが違うデザインになっていて、おしゃれな感じです。

    番地を示した看板も一つ一つが違うデザインになっていて、おしゃれな感じです。

  • 途中、レモンのリキュール”リモンチェッロ”の工場がありました。

    途中、レモンのリキュール”リモンチェッロ”の工場がありました。

  • ブドウ畑。

    ブドウ畑。

  • 標識などがすべてタイルで作られています。

    標識などがすべてタイルで作られています。

  • 遠くに海が見えてきました。

    遠くに海が見えてきました。

  • あれが、チンブローネの入り口?

    あれが、チンブローネの入り口?

  • 入り口はまだ先のようです。

    入り口はまだ先のようです。

  • 景色最高!天気も良くなってきました。

    景色最高!天気も良くなってきました。

  • なんとなく入り口の雰囲気になってきました。もう少しです。

    なんとなく入り口の雰囲気になってきました。もう少しです。

  • ここが入り口です。チケットを購入して中に入ります。

    ここが入り口です。チケットを購入して中に入ります。

    ホテル ヴィラ チンブローネ ホテル

  • 入り口で地図をもらって、順路にしたがって、進みます。<br />ここは、Cloisterというところです。

    入り口で地図をもらって、順路にしたがって、進みます。
    ここは、Cloisterというところです。

  • Crypt。

    Crypt。

  • Cloisterの裏側。

    Cloisterの裏側。

  • 海側に向かって進みます。木のトンネルになっていて、気分高揚!

    海側に向かって進みます。木のトンネルになっていて、気分高揚!

  • 真ん中の通路から左側に入れるようになっていて、いろいろな木が植えられています。

    真ん中の通路から左側に入れるようになっていて、いろいろな木が植えられています。

  • 方向的には、アマルフィの逆側、ヴィエトリ方面になります。

    方向的には、アマルフィの逆側、ヴィエトリ方面になります。

  • 大きな木。それもおしゃれ!

    大きな木。それもおしゃれ!

  • 農業の神様、ギリシャ神話のケレスの銅像です。これを越えると、海が見える!

    農業の神様、ギリシャ神話のケレスの銅像です。これを越えると、海が見える!

  • 一番奥にやってきました。崖になっていて、真下に街とその先に、青い海が広がっています。

    一番奥にやってきました。崖になっていて、真下に街とその先に、青い海が広がっています。

  • 展望台です。

    展望台です。

  • イチオシ

  • ぐるーっと回って戻ります。

    ぐるーっと回って戻ります。

  • 途中、いろいろな花が植えられています。

    途中、いろいろな花が植えられています。

  • ヴィッラ・チンブローネはこれで終了、次は、今夜泊まるホテルにチェックインしに向かいます。

    ヴィッラ・チンブローネはこれで終了、次は、今夜泊まるホテルにチェックインしに向かいます。

  • イチオシ

この旅行記のタグ

関連タグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集