南紀白浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
家族旅行で白浜へ行ってきました。<br />私はおそらく約15年ぶり、夫と息子は初の和歌山県という事で、ベタベタな白浜観光を。<br />アドベンチャーワールド、三段壁、千畳敷…<br />いずれも南紀白浜でメジャーな観光名所ですが、冬季の平日、さすがにガラガラ。<br />ゆったり満喫してきました。<br /><br />

子連れで冬の白浜(3歳)

16いいね!

2015/12/21 - 2015/12/22

588位(同エリア1736件中)

3

65

keihan

keihanさん

家族旅行で白浜へ行ってきました。
私はおそらく約15年ぶり、夫と息子は初の和歌山県という事で、ベタベタな白浜観光を。
アドベンチャーワールド、三段壁、千畳敷…
いずれも南紀白浜でメジャーな観光名所ですが、冬季の平日、さすがにガラガラ。
ゆったり満喫してきました。

PR

  • 和歌山と言えば梅、と言う事で、梅干し工場へ。

    和歌山と言えば梅、と言う事で、梅干し工場へ。

    紀州梅干館 グルメ・レストラン

  • 売店も併設されており、ウェルカム梅茶を頂く。<br />梅干しの他、梅風味のせんべいなども試食あり。<br />まだ和歌山に来て間もないのに、おみやげ大量購入。

    売店も併設されており、ウェルカム梅茶を頂く。
    梅干しの他、梅風味のせんべいなども試食あり。
    まだ和歌山に来て間もないのに、おみやげ大量購入。

  • しかし、この工場には買い物に来たのではなく、梅ジュースを作りに来たのだ。<br />冷凍された南高梅と、同量の氷砂糖を容器に交互に詰めていく。

    しかし、この工場には買い物に来たのではなく、梅ジュースを作りに来たのだ。
    冷凍された南高梅と、同量の氷砂糖を容器に交互に詰めていく。

  • あっと言う間に完成。<br />10日ほどで、氷砂糖が溶けて飲み頃になるそう。

    あっと言う間に完成。
    10日ほどで、氷砂糖が溶けて飲み頃になるそう。

  • ちなみに5日後の梅ジュース。

    ちなみに5日後の梅ジュース。

  • その後、梅干し工場の見学へ。<br />見れたのは梅干しをパックする所だけで、梅干しを作る所は見れなかった。

    その後、梅干し工場の見学へ。
    見れたのは梅干しをパックする所だけで、梅干しを作る所は見れなかった。

  • “カフェ・ド・マンマ”でランチ。<br />景色を楽しめるカウンター席に通してもらえたけど、立派な曇天…!

    “カフェ・ド・マンマ”でランチ。
    景色を楽しめるカウンター席に通してもらえたけど、立派な曇天…!

    カフェ・ド・マンマ グルメ・レストラン

  • 私のオムライス。

    私のオムライス。

  • 夫の日替わりパスタ。

    夫の日替わりパスタ。

  • 息子に紀州鶏と梅干しのピザ。<br />和歌山らしいメニュー。<br /><br />お子様メニューにパスタがあったが、エプロンを持ってくるのを忘れた為、パスタは断念。<br />パスタはいつも惨事になってしまうので…。

    息子に紀州鶏と梅干しのピザ。
    和歌山らしいメニュー。

    お子様メニューにパスタがあったが、エプロンを持ってくるのを忘れた為、パスタは断念。
    パスタはいつも惨事になってしまうので…。

  • 白浜到着。<br />名勝・三段壁へ。<br />相変わらず天気が悪い。

    白浜到着。
    名勝・三段壁へ。
    相変わらず天気が悪い。

    三段壁 自然・景勝地

  • 少し楽しみにしていた足湯も悪天候のせいで入れず。

    少し楽しみにしていた足湯も悪天候のせいで入れず。

  • 三段壁から見える千畳敷。

    三段壁から見える千畳敷。

  • 釣り人。<br />三段壁の展望台は「この釣り人はどのようにして、ここまで降りたのか」という話題で持ちきり。

    釣り人。
    三段壁の展望台は「この釣り人はどのようにして、ここまで降りたのか」という話題で持ちきり。

  • この建物の中にあるエレベーターで三段壁洞窟へ降りる。<br />ひとり1300円という強気の値段設定。<br />そのせいか洞窟内はほぼ誰もおらず、貸切状態。

    この建物の中にあるエレベーターで三段壁洞窟へ降りる。
    ひとり1300円という強気の値段設定。
    そのせいか洞窟内はほぼ誰もおらず、貸切状態。

    三段壁洞窟 自然・景勝地

  • 海面まで降りてきた。

    海面まで降りてきた。

  • 洞窟内には“牟婁大辯才天 十六童子”がおられるので、さっそく拝みに。<br />その前に手を洗ったのだが、この手を洗う水、温かい。

    洞窟内には“牟婁大辯才天 十六童子”がおられるので、さっそく拝みに。
    その前に手を洗ったのだが、この手を洗う水、温かい。

  • 温泉だそう。<br />この季節に地味にうれしい。

    温泉だそう。
    この季節に地味にうれしい。

  • 仏様エリアの後は、最低限の明かりしか無く、怖い。<br />他に観光客はいないし、息子もかなり怯えている。<br />案内書きはほぼ読まずに、逃げるように素通り。

    仏様エリアの後は、最低限の明かりしか無く、怖い。
    他に観光客はいないし、息子もかなり怯えている。
    案内書きはほぼ読まずに、逃げるように素通り。

  • 元熊野水軍の隠れ家っぽい洞窟の入り口。

    元熊野水軍の隠れ家っぽい洞窟の入り口。

  • ザッバーン。<br />この写真を撮っている間に夫と息子は出口へ。<br />ひどい。

    ザッバーン。
    この写真を撮っている間に夫と息子は出口へ。
    ひどい。

  • その後千畳敷へ。<br />遊歩道で歩いて20分とのことだったが、車があるので、仕方なく車移動。

    その後千畳敷へ。
    遊歩道で歩いて20分とのことだったが、車があるので、仕方なく車移動。

    千畳敷(和歌山県白浜町) 自然・景勝地

  • こちらは入場料タダと良心的。

    こちらは入場料タダと良心的。

  • 日本じゃないみたい。

    日本じゃないみたい。

  • 3歳の息子にとっては、登り降りがちょっと大変。

    3歳の息子にとっては、登り降りがちょっと大変。

  • 大変なわりにはチョロチョロとどこかへ行く。<br />息子は息子なりにこの足場を楽しんだ模様。

    大変なわりにはチョロチョロとどこかへ行く。
    息子は息子なりにこの足場を楽しんだ模様。

  • チェックインできる時間になったので、宿泊先である“海舟”へ。

    チェックインできる時間になったので、宿泊先である“海舟”へ。

    白浜温泉 浜千鳥の湯 海舟 宿・ホテル

    2名1室合計 23,400円~

  • 平日なので空いていたが、中国人が日本人よりも多い。<br />関西は中国人観光客が多いと聞いていたが、ここまでとは。

    平日なので空いていたが、中国人が日本人よりも多い。
    関西は中国人観光客が多いと聞いていたが、ここまでとは。

  • 作務衣に着替えてゴロゴロ…。

    作務衣に着替えてゴロゴロ…。

  • お茶菓子はやっぱり梅干し。<br />ロビーで頂けるドリンクも梅ジュースと、梅押し。

    お茶菓子はやっぱり梅干し。
    ロビーで頂けるドリンクも梅ジュースと、梅押し。

  • 明るいうちに屋外のお風呂へ。<br />3つある家族風呂はいつも貸切中で、使用できず。<br />(空いていれば自由に使用できるシステム)<br /><br />階段を降り、海の前にある混浴露天風呂へ。<br />この階段は地味に長く、草履をはいた息子を連れての登り降りは結構大変だった。

    明るいうちに屋外のお風呂へ。
    3つある家族風呂はいつも貸切中で、使用できず。
    (空いていれば自由に使用できるシステム)

    階段を降り、海の前にある混浴露天風呂へ。
    この階段は地味に長く、草履をはいた息子を連れての登り降りは結構大変だった。

  • 混浴なので湯あみを着ての入浴になるが、この湯あみ、着るのが非常に難しい。<br />説明の絵のようにできず、胸の前で固結びする。

    混浴なので湯あみを着ての入浴になるが、この湯あみ、着るのが非常に難しい。
    説明の絵のようにできず、胸の前で固結びする。

  • 温泉を楽しんだら、もう夕食の時間。<br /><br />息子の夕食。<br />何日分かというボリューム。<br />おそらく小学生向け。

    温泉を楽しんだら、もう夕食の時間。

    息子の夕食。
    何日分かというボリューム。
    おそらく小学生向け。

  • ご当地ビールのナギサビール。

    ご当地ビールのナギサビール。

  • 大人の舟盛。<br />クジラがあったりと、和歌山っぽい内容。<br />こどもメニューと同じく、かなりのボリューム。<br />今回も22時からの夜鳴きそばは食べれそうにない…。<br />(今年5月に宿泊した“箱根・水の音”も同じ系列で、夜泣きそばのサービスがあったが、満腹で食べれずだった)

    大人の舟盛。
    クジラがあったりと、和歌山っぽい内容。
    こどもメニューと同じく、かなりのボリューム。
    今回も22時からの夜鳴きそばは食べれそうにない…。
    (今年5月に宿泊した“箱根・水の音”も同じ系列で、夜泣きそばのサービスがあったが、満腹で食べれずだった)

  • だがしかし、夫は違った。<br />私と息子が就寝後、夫がひとりで夜鳴きそばを食べに行ったらしい。<br />普段は小食なのに、旅行に来ると急に大食いになる。

    だがしかし、夫は違った。
    私と息子が就寝後、夫がひとりで夜鳴きそばを食べに行ったらしい。
    普段は小食なのに、旅行に来ると急に大食いになる。

  • 2日目。<br />この日は快晴。<br />海はやはり晴れていないと。

    2日目。
    この日は快晴。
    海はやはり晴れていないと。

  • 息子の朝食。<br />安定のボリューム。

    息子の朝食。
    安定のボリューム。

  • 私の朝食。<br />和食か洋食か選べる。

    私の朝食。
    和食か洋食か選べる。

  • チェックアウト後は、この旅のメインである、アドベンチャーワールドへ。<br />この日は10時オープンとゆっくりスタートだったが、旅館でゆったりしすぎて、10:20ごろ到着。<br />にも関わらず、駐車場はガラガラ…。<br />同じく園内もガラガラ…。

    チェックアウト後は、この旅のメインである、アドベンチャーワールドへ。
    この日は10時オープンとゆっくりスタートだったが、旅館でゆったりしすぎて、10:20ごろ到着。
    にも関わらず、駐車場はガラガラ…。
    同じく園内もガラガラ…。

    アドベンチャーワールド テーマパーク

  • 入園し、まずはイルカフィーディングのチケットを取る。<br />ひとり700円。<br />3歳の息子は無料。

    入園し、まずはイルカフィーディングのチケットを取る。
    ひとり700円。
    3歳の息子は無料。

  • それからパンダのストローラーをレンタル。<br />園内は広く、借りて正解だった。

    それからパンダのストローラーをレンタル。
    園内は広く、借りて正解だった。

  • 記念撮影。<br />パンダのかぶり物を貸してくれる。<br />密かにこういうの大好き。

    記念撮影。
    パンダのかぶり物を貸してくれる。
    密かにこういうの大好き。

  • イルカショー。

    イルカショー。

  • イルカたくさん出演の豪華なショーだった。<br />おなじみの曲「always together 」ではなかったが、この曲系のおそらくオリジナル曲に合わせて、芸をする、と言うよりも“踊る”パートにはうっとりさせられた。<br />イルカの調教師になりたい!といい歳して思ってしまう程に。

    イルカたくさん出演の豪華なショーだった。
    おなじみの曲「always together 」ではなかったが、この曲系のおそらくオリジナル曲に合わせて、芸をする、と言うよりも“踊る”パートにはうっとりさせられた。
    イルカの調教師になりたい!といい歳して思ってしまう程に。

  • ショーの後は近くでイルカを観察。<br />客が少ないので、じっくり観察できた。<br />ここぞとばかりに調教師のお姉さんに質問をする。<br />より一層調教師への憧れが強くなる。<br />近くで見てもかっこいいんだよなぁ。<br />美人だったし。

    ショーの後は近くでイルカを観察。
    客が少ないので、じっくり観察できた。
    ここぞとばかりに調教師のお姉さんに質問をする。
    より一層調教師への憧れが強くなる。
    近くで見てもかっこいいんだよなぁ。
    美人だったし。

  • その後はパンダを観察。<br />ここは大人のパンダしかいないエリア。<br />私のイメージではパンダは寝てるか食べてるかで、ほぼ動かないイメージだったが、意外と活動的だった。

    その後はパンダを観察。
    ここは大人のパンダしかいないエリア。
    私のイメージではパンダは寝てるか食べてるかで、ほぼ動かないイメージだったが、意外と活動的だった。

  • やはりアドベンチャーワールドの主役なだけあり、すごく可愛い。

    やはりアドベンチャーワールドの主役なだけあり、すごく可愛い。

  • 屋内にいたのはイメージ通りの延々と食べ続けるパンダ。<br />食べる姿勢がパンダらしくて良い。

    屋内にいたのはイメージ通りの延々と食べ続けるパンダ。
    食べる姿勢がパンダらしくて良い。

  • その後はケニア号に乗り、サファリへ。<br />私が子供だった頃は、このケニア号がアドベンチャーワールドのメインだった気がする。<br />時の経過を感じる。<br />そう言えばあの「always together」も園内では全く聞かなかった。<br />こちらも世代交代したのだろうか。

    その後はケニア号に乗り、サファリへ。
    私が子供だった頃は、このケニア号がアドベンチャーワールドのメインだった気がする。
    時の経過を感じる。
    そう言えばあの「always together」も園内では全く聞かなかった。
    こちらも世代交代したのだろうか。

  • 本当は自転車でサファリ内を回りたかったけど、年齢制限&時間の都合で諦める。

    本当は自転車でサファリ内を回りたかったけど、年齢制限&時間の都合で諦める。

  • 動物ふれあいエリア。<br />息子の持つエサを目指し、集まってくるアヒルたち。

    動物ふれあいエリア。
    息子の持つエサを目指し、集まってくるアヒルたち。

  • エサの入ったカップを突かれ、落としてしまい、呆然となる息子。<br />100円で購入したエサが一瞬で無くなってしまった。

    エサの入ったカップを突かれ、落としてしまい、呆然となる息子。
    100円で購入したエサが一瞬で無くなってしまった。

  • さっきアヒルにあげたエサは、本当はこの子達にあげるものだった様だ。<br />エサを持ってないのに、寄ってきてくれて、申し訳なく思う。

    さっきアヒルにあげたエサは、本当はこの子達にあげるものだった様だ。
    エサを持ってないのに、寄ってきてくれて、申し訳なく思う。

  • このエリアの動物達は非常に人慣れしている。<br />息子のストローラーにリスザルが相乗り。<br />息子は大パニック、親もどうしていいやらアワアワ。<br />結局、息子の叫び&泣き声にリスザルが驚き逃げて行った。<br />息子はリスザルに食べられてしまうと思ったらしく、このあと動物と少し距離をとるように…。

    このエリアの動物達は非常に人慣れしている。
    息子のストローラーにリスザルが相乗り。
    息子は大パニック、親もどうしていいやらアワアワ。
    結局、息子の叫び&泣き声にリスザルが驚き逃げて行った。
    息子はリスザルに食べられてしまうと思ったらしく、このあと動物と少し距離をとるように…。

  • 気を取り直し、ランチへ。<br />昨日から満腹状態が続いていたため、軽めに園内のカフェで。<br /><br />写真は夫のチキンの何か。<br />クロワッサンはゾウ。

    気を取り直し、ランチへ。
    昨日から満腹状態が続いていたため、軽めに園内のカフェで。

    写真は夫のチキンの何か。
    クロワッサンはゾウ。

  • 私のパンダベーグル。

    私のパンダベーグル。

  • 息子にはふたごのパンダパン。<br />息子もお腹が空いていないのか、1匹分しか食べれず…。

    息子にはふたごのパンダパン。
    息子もお腹が空いていないのか、1匹分しか食べれず…。

  • ふたごパンダを見にいく途中、たまたまパレードに出くわす。

    ふたごパンダを見にいく途中、たまたまパレードに出くわす。

  • ペンギンもフロートに乗ってパレードに参加。<br />閑散期な事もあり、動物と客との距離が非常に近い。<br />

    ペンギンもフロートに乗ってパレードに参加。
    閑散期な事もあり、動物と客との距離が非常に近い。

  • 最後尾はまさかのゾウ!

    最後尾はまさかのゾウ!

  • やっとふたごパンダエリアへ来た。<br />が、肝心の赤ちゃんパンダは、まさかの位置で動かず。<br />すごく見づらい…。<br />結局1匹しか見えず、もう1匹は壁の陰。

    やっとふたごパンダエリアへ来た。
    が、肝心の赤ちゃんパンダは、まさかの位置で動かず。
    すごく見づらい…。
    結局1匹しか見えず、もう1匹は壁の陰。

  • 拡大。<br />この子達を見にアドベンチャーワールドにきたのに、この態度は…。

    拡大。
    この子達を見にアドベンチャーワールドにきたのに、この態度は…。

  • 最後はイルカフィーディング。<br />午前中のイルカショーでイルカの虜になっていたので、感激もひとしお。<br />お腹ナデナデ、えさやり、サインを出してアクションをしてくれたりと、大人にとっても貴重な経験。<br />最後にバイバイをしたら、それをサインと勘違いしたのか、どこかへ泳いで行ってしまう所も愛らしい。<br /><br />時間の都合でアドベンチャーワールドの全てを見ることはできなかった。<br />次回は活動的なふたごパンダが見たい。<br />出来れば赤ちゃんパンダが良いので、ママパンダに頑張ってもらいたいと思う。

    最後はイルカフィーディング。
    午前中のイルカショーでイルカの虜になっていたので、感激もひとしお。
    お腹ナデナデ、えさやり、サインを出してアクションをしてくれたりと、大人にとっても貴重な経験。
    最後にバイバイをしたら、それをサインと勘違いしたのか、どこかへ泳いで行ってしまう所も愛らしい。

    時間の都合でアドベンチャーワールドの全てを見ることはできなかった。
    次回は活動的なふたごパンダが見たい。
    出来れば赤ちゃんパンダが良いので、ママパンダに頑張ってもらいたいと思う。

この旅行記のタグ

関連タグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • リリーさん 2017/08/14 12:23:16
    初めまして
    私の拙い旅行記にいいねを下さり、ありがとうございます(^o^)。

    一年半前に娘たちを連れて白浜に行ったことを思い出しました。二日間かけてじっくりまわりましたが、私は象やキリンの餌やりのためにひたすら並び、娘たちはその間、イルカショー等を楽しんでいました。春休みでしたので人はいましたが、関東に比べるとどこへ行っても空いているように見えてしまうのは私だけかしら(^^;。
    そうそう、関西はなぜか中国の観光客が多いですよ。私も六年前に千葉から引っ越して来たとき驚きました(^^)。お店の店員さんも簡単な中国語が出来る人が多いです。

    また関西に遊びにいらして下さいね(⌒▽⌒)。

    keihan

    keihanさん からの返信 2017/08/14 20:16:23
    RE: 初めまして
    リリーさま

    はじめまして(^^)
    こちらこそ、いいね&コメントありがとうございます。

    春休みでも空いているんですね。ビックリです。
    関西の友人のFacebookなんかではよく見る定番スポットだったので(^^;;
    和歌山で温暖と言えど、冬はさすがに寒かったような記憶があるので、行くなら春ですね〜。
    次男に物心がついたら、また行きたいと思っています。
    見逃してしまったショーもあるので…。
    リリーさんは2日かけて行かれたんですね。
    確かにそれくらい見どころ満載ですよね。

    確かに関東は人が多いですね…。
    人混みに躊躇してしまって、都会に遊びに行くことはおろか、電車にも何年も乗っていないと言う仙人のような生活をしています(でも旅行には行くという…笑)

    話がちょっと脱線してしまいましたが汗、今度ともよろしくお願い致します。

    keihan

  • リリーさん 2017/08/14 12:22:14
    初めまして
    私の拙い旅行記にいいねを下さり、ありがとうございます(^o^)。

    一年半前に娘たちを連れて白浜に行ったことを思い出しました。二日間かけてじっくりまわりましたが、私は象やキリンの餌やりのためにひたすら並び、娘たちはその間、イルカショー等を楽しんでいました。春休みでしたので人はいましたが、関東に比べるとどこへ行っても空いているように見えてしまうのは私だけかしら(^^;。
    そうそう、関西はなぜか中国の観光客が多いですよ。私も六年前に千葉から引っ越して来たとき驚きました(^^)。お店の店員さんも簡単な中国語が出来る人が多いです。

    また関西に遊びにいらして下さいね(⌒▽⌒)。

keihanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

南紀白浜の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集