エルサレム 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

今日、5日は午後の3時ごろから雷を伴う強い雨となっている。それでアパートホテルに戻り、この旅行記を書いている。<br /><br />エルサレムにはバスで移動した。中央バス駅はエルサレムの新市街にあるが、バス駅の目の前が市電の乗り場となっており、便利である。料金は6.9S(210円)で、どうも1回のみの乗車券のようだ(普通は60分有効とかだが)。<br />乗り場に行ったら、ダマスカス・ゲート(旧市街方面)まで行きたいといえば、行くトラムを教えてくれる。そうしないとどちらが、旧市街方向かは解らない。<br /><br />宿はこの市電沿いが便利で、Jaffa Centerから旧市街側なら徒歩で、旧市街まで行ける。<br />旧市街は迷路のようになっており、最初は戸惑うが、なれれば簡単である。旧市街では荷物チェックを受ける場所があるのと狭い通路を多くの人が歩くので、大きな荷物を持っては入れません。<br /><br />まず、市電のCity Hoallから歩いてJaffa Gateから旧市街に入る。NewGateからだと分かり難いので勧めない。Jゲートから入り、真っすぐに進み、スークの中に入る。そのまま、進むと左方向への通路があり、頭の上方向に聖墳墓教会という案内表示がある。この旧市街には頭上方向に案内表示が丁寧に出ているので、注意して見ること。<br />この左方向の通路を少し進めば右方向に入り口へ向かう通路がある。<br />案内盤に従って行けば、迷うことはないが、どうしてもこの案内盤を見逃してしまう。<br /><br />聖墳墓教会は大変込み合うので、朝の早い時間に行けば空いている。<br /><br />聖墳墓教会を観たら、また、元の道を引き返し、最初に左に曲がった所まで戻る。そして、またその道を直進してT字路まで進み、そこを右に回り、直ぐに今度は左に曲がり、直進する。少し進んだ先を右側に入ると、嘆きの壁に入る、入り口となる。そこで荷物チェックを受ける。<br /><br />Jaffaゲートから入れば、簡単に聖墳墓教会と嘆きの壁までたどり着く。<br />なお、荷物チェックがあるので、大きな荷物を持っては入れないと思って下さい。<br />また、現在はイスラムの聖地である「岩のドーム」にはイスラム教徒以外は敷地にも入ることができません。入り口に警察官がいてチェックしています。<br /><br />次に、エルサレムから40分ほどバスで行くベツレヘムです。ここはお奨めですので、是非訪れて下さい。なお、エルサレルに戻る時に検問所を通るのでパスポートと入国カードを必ず持っていってください。さもないと大トラブルになります。<br />行くときは検問がないのでパスポートは必要ないですが、帰りは絶対に必要です。<br /><br />このバスはまず、観光客は利用していないと思って下さい。<br /><br />ダマスカス門の近くにバス駅があります。ここで21番(乗り場には21番と表示)のバスに乗る。ただし、バス番号は231番とか表示されている。料金は8S。終点がベツレヘムの中心に近い場所で、地球の歩き方に載っているバス停です。<br />帰りも同じバス停から出ますので、簡単です。<br /><br />バス停を進行方向に直進し、左に上る道があるので、そこを上って行けば中心のメジャー広場まで辿り着きます。20分程度歩く感覚です。この道はスークの中の道で両側が商店街となっています。<br /><br />エルサレムとは全く違う、アラブの街の雰囲気であり、歩いていて楽しいです。また、食事なども安いと思います。<br />バス停の前にレストランがあり、そこで昼食を取りましたが、コーラを入れて17Sとエルサレムの半分の値段でした(もしかしたら間違いかも)。<br /><br />道の途中に教会(聖マリア教会)があり、これが半分程度来た目印です。<br /><br />1人でベツレヘムに行くのは、他に観光客がいないため、不安ですが、この21番、231番のバスに乗れば終点ですので、簡単に行けます。

イスラエル旅行ー5:エルサレムとベツレヘム

7いいね!

2015/10/24 - 2015/11/05

186位(同エリア378件中)

    25

    今日、5日は午後の3時ごろから雷を伴う強い雨となっている。それでアパートホテルに戻り、この旅行記を書いている。

    エルサレムにはバスで移動した。中央バス駅はエルサレムの新市街にあるが、バス駅の目の前が市電の乗り場となっており、便利である。料金は6.9S(210円)で、どうも1回のみの乗車券のようだ(普通は60分有効とかだが)。
    乗り場に行ったら、ダマスカス・ゲート(旧市街方面)まで行きたいといえば、行くトラムを教えてくれる。そうしないとどちらが、旧市街方向かは解らない。

    宿はこの市電沿いが便利で、Jaffa Centerから旧市街側なら徒歩で、旧市街まで行ける。
    旧市街は迷路のようになっており、最初は戸惑うが、なれれば簡単である。旧市街では荷物チェックを受ける場所があるのと狭い通路を多くの人が歩くので、大きな荷物を持っては入れません。

    まず、市電のCity Hoallから歩いてJaffa Gateから旧市街に入る。NewGateからだと分かり難いので勧めない。Jゲートから入り、真っすぐに進み、スークの中に入る。そのまま、進むと左方向への通路があり、頭の上方向に聖墳墓教会という案内表示がある。この旧市街には頭上方向に案内表示が丁寧に出ているので、注意して見ること。
    この左方向の通路を少し進めば右方向に入り口へ向かう通路がある。
    案内盤に従って行けば、迷うことはないが、どうしてもこの案内盤を見逃してしまう。

    聖墳墓教会は大変込み合うので、朝の早い時間に行けば空いている。

    聖墳墓教会を観たら、また、元の道を引き返し、最初に左に曲がった所まで戻る。そして、またその道を直進してT字路まで進み、そこを右に回り、直ぐに今度は左に曲がり、直進する。少し進んだ先を右側に入ると、嘆きの壁に入る、入り口となる。そこで荷物チェックを受ける。

    Jaffaゲートから入れば、簡単に聖墳墓教会と嘆きの壁までたどり着く。
    なお、荷物チェックがあるので、大きな荷物を持っては入れないと思って下さい。
    また、現在はイスラムの聖地である「岩のドーム」にはイスラム教徒以外は敷地にも入ることができません。入り口に警察官がいてチェックしています。

    次に、エルサレムから40分ほどバスで行くベツレヘムです。ここはお奨めですので、是非訪れて下さい。なお、エルサレルに戻る時に検問所を通るのでパスポートと入国カードを必ず持っていってください。さもないと大トラブルになります。
    行くときは検問がないのでパスポートは必要ないですが、帰りは絶対に必要です。

    このバスはまず、観光客は利用していないと思って下さい。

    ダマスカス門の近くにバス駅があります。ここで21番(乗り場には21番と表示)のバスに乗る。ただし、バス番号は231番とか表示されている。料金は8S。終点がベツレヘムの中心に近い場所で、地球の歩き方に載っているバス停です。
    帰りも同じバス停から出ますので、簡単です。

    バス停を進行方向に直進し、左に上る道があるので、そこを上って行けば中心のメジャー広場まで辿り着きます。20分程度歩く感覚です。この道はスークの中の道で両側が商店街となっています。

    エルサレムとは全く違う、アラブの街の雰囲気であり、歩いていて楽しいです。また、食事なども安いと思います。
    バス停の前にレストランがあり、そこで昼食を取りましたが、コーラを入れて17Sとエルサレムの半分の値段でした(もしかしたら間違いかも)。

    道の途中に教会(聖マリア教会)があり、これが半分程度来た目印です。

    1人でベツレヘムに行くのは、他に観光客がいないため、不安ですが、この21番、231番のバスに乗れば終点ですので、簡単に行けます。

    PR

    • 市電のシティホールからJaffaゲートに向かう道

      市電のシティホールからJaffaゲートに向かう道

    • Jゲートを入った所、直進しスークの中の通路へと進む

      Jゲートを入った所、直進しスークの中の通路へと進む

    • スーク内

      スーク内

    • 聖墳墓教会

      聖墳墓教会

    • 教会内部。この建物内側(狭い場所)で御祈りをする。そのため長打の列となる。<br />ここに並ばなければ待つことはない。

      教会内部。この建物内側(狭い場所)で御祈りをする。そのため長打の列となる。
      ここに並ばなければ待つことはない。

    • 教会の天井部分がすごく美しい

      教会の天井部分がすごく美しい

    • 旧市街内の風景

      旧市街内の風景

    • スーク内

      スーク内

    • 旧市街、ユダヤ地区にある遺跡

      旧市街、ユダヤ地区にある遺跡

    • 遺跡の直ぐ横にあるユダヤの商店通り

      遺跡の直ぐ横にあるユダヤの商店通り

    • 嘆きの壁

      嘆きの壁

    • 右側に映っている木の橋が閉鎖されているので、岩のドームには行けない

      右側に映っている木の橋が閉鎖されているので、岩のドームには行けない

    • 右の奥がパレスチナ自治区

      右の奥がパレスチナ自治区

    • 嘆きの壁と岩のドーム(金色の建物)

      嘆きの壁と岩のドーム(金色の建物)

    1件目~20件目を表示(全25件中)

    この旅行記のタグ

      7いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      エルサレム(イスラエル) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集