ニューヨーク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ご覧いただき、ありがとうございます。<br /><br />本レポートは、パート3です。ドッグキャンプの開催地である「フルムーンリゾート」の様子をまとめました。アーティストに関する写真は控えますが、美しい風景、伝統的な建物、豪華な食事などをご覧いただけたらと思います。<br /><br />ドッグキャンプとは、米ロックバンド「The Winery Dogs」が主催する合宿型のミュージック・キャンプです。開催地は、アメリカ・ニューヨーク州のフルムーン・リゾートという場所でした。マンハッタンからハドソン川沿いに300kmほど北上したキャッツキル山地の中にあります。ここで、約1週間にわたって、バンドメンバーや世界各国から集まった参加者たちと楽しく交流することができました。今年が2回目の開催で、日本人参加者は僕を含めて3名でした。<br /><br />僕自身は、渡航経験わずかに2回、海外一人旅は初めて、アメリカも初めて、旅行代理店を通さない完全個人旅行も初めて、しかもガイドブックにも載っていない山の中に行くという初めて尽くしの旅で、僕にとっては人生最大のチャレンジでした。<br /><br />渡航前の2か月間、「ドッグキャンプへの道」というメルマガを立ち上げて、僕が調べた内容や検討したことを配信しました。<br /><br />この旅行記は、そのメルマガの内容をもとに、実際に出発から現地に到着するまで、そして現地から帰国するまでの道のりを振り返るための実践レポートとなっています。このため、やたらと細かい記述が多いですがご了承ください。また、少しですがマンハッタンを散策できましたので、それも書いていきます。<br /><br />キャンプ中の詳細については、僕のブログ「ビリーシーンスタイルの探求」の方で紹介していますので、ご興味のある方はそちらもご覧ください。<br /><br />参考になれば嬉しいです。(´▽`*)

【ドッグキャンプへの道】実践編 Part.3 フルムーンリゾート・・・美しく深い自然に囲まれた別天地

7いいね!

2015/07/25 - 2015/08/03

4877位(同エリア8664件中)

0

55

ぢゃっく

ぢゃっくさん

ご覧いただき、ありがとうございます。

本レポートは、パート3です。ドッグキャンプの開催地である「フルムーンリゾート」の様子をまとめました。アーティストに関する写真は控えますが、美しい風景、伝統的な建物、豪華な食事などをご覧いただけたらと思います。

ドッグキャンプとは、米ロックバンド「The Winery Dogs」が主催する合宿型のミュージック・キャンプです。開催地は、アメリカ・ニューヨーク州のフルムーン・リゾートという場所でした。マンハッタンからハドソン川沿いに300kmほど北上したキャッツキル山地の中にあります。ここで、約1週間にわたって、バンドメンバーや世界各国から集まった参加者たちと楽しく交流することができました。今年が2回目の開催で、日本人参加者は僕を含めて3名でした。

僕自身は、渡航経験わずかに2回、海外一人旅は初めて、アメリカも初めて、旅行代理店を通さない完全個人旅行も初めて、しかもガイドブックにも載っていない山の中に行くという初めて尽くしの旅で、僕にとっては人生最大のチャレンジでした。

渡航前の2か月間、「ドッグキャンプへの道」というメルマガを立ち上げて、僕が調べた内容や検討したことを配信しました。

この旅行記は、そのメルマガの内容をもとに、実際に出発から現地に到着するまで、そして現地から帰国するまでの道のりを振り返るための実践レポートとなっています。このため、やたらと細かい記述が多いですがご了承ください。また、少しですがマンハッタンを散策できましたので、それも書いていきます。

キャンプ中の詳細については、僕のブログ「ビリーシーンスタイルの探求」の方で紹介していますので、ご興味のある方はそちらもご覧ください。

参考になれば嬉しいです。(´▽`*)

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
キャセイパシフィック航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • チェックイン時にもらったフルムーンリゾートの全体地図。広大な敷地です。結局、上半分だけで過ごしました。小川の方とか散策に行ってみればよかったと後悔しています。

    チェックイン時にもらったフルムーンリゾートの全体地図。広大な敷地です。結局、上半分だけで過ごしました。小川の方とか散策に行ってみればよかったと後悔しています。

  • 主に過ごした上半分の拡大地図です。

    主に過ごした上半分の拡大地図です。

  • 受付フロントがある「バレイビューハウス(The Valley View House)」という建物です。上階には宿泊する部屋もあり、地下には「カフェ(The CAFE)」というジャム・セッションができる場所があります。

    受付フロントがある「バレイビューハウス(The Valley View House)」という建物です。上階には宿泊する部屋もあり、地下には「カフェ(The CAFE)」というジャム・セッションができる場所があります。

  • 「バレイビューハウス」の向こうに見えるのが、食事をする「テント(The Reception Tent)」です。

    「バレイビューハウス」の向こうに見えるのが、食事をする「テント(The Reception Tent)」です。

  • 食事は、朝昼晩と3食ついていて、この「テント」と呼ばれる建物でいただきます。入ってすぐの右手におかずが並んでいます。名前だけでなく、作りも本当にテントです。隙間が空いているので、虫もけっこう入ってきていました。

    食事は、朝昼晩と3食ついていて、この「テント」と呼ばれる建物でいただきます。入ってすぐの右手におかずが並んでいます。名前だけでなく、作りも本当にテントです。隙間が空いているので、虫もけっこう入ってきていました。

  • テントの内部はかなり広く、丸テーブルがたくさん置いてあり、自由に座ることができます。食事の時間は、どの回も2時間ほど取られていましたので、好きなときに来て、のんびりと食事をすることができます。<br /><br />特筆すべきは、アーティストも同じ時間帯に同じ場所で一緒に食事をするということです。憧れのアーティストの食事シーンというのは、とても興味深かったです。

    テントの内部はかなり広く、丸テーブルがたくさん置いてあり、自由に座ることができます。食事の時間は、どの回も2時間ほど取られていましたので、好きなときに来て、のんびりと食事をすることができます。

    特筆すべきは、アーティストも同じ時間帯に同じ場所で一緒に食事をするということです。憧れのアーティストの食事シーンというのは、とても興味深かったです。

  • ディナーの時は、テント内にアルコールを購入できるテーブルも登場します。これは参加費に含まれていないので、全て自己負担です。買い方は「キャッシュ・オン・デリバリー」という方式で、銘柄を告げて、商品を受け取ったら、現金+チップ(1ドル札)を渡す、という手順です。<br /><br />バーテンさんに「オススメは?」と聞いて教えてもらった地ビール「オールド・キャピタル」。この小瓶で6ドルもするのですが、本当に美味しかったです。気に入って、キャンプ中はほとんどこればかり飲んでいました。

    ディナーの時は、テント内にアルコールを購入できるテーブルも登場します。これは参加費に含まれていないので、全て自己負担です。買い方は「キャッシュ・オン・デリバリー」という方式で、銘柄を告げて、商品を受け取ったら、現金+チップ(1ドル札)を渡す、という手順です。

    バーテンさんに「オススメは?」と聞いて教えてもらった地ビール「オールド・キャピタル」。この小瓶で6ドルもするのですが、本当に美味しかったです。気に入って、キャンプ中はほとんどこればかり飲んでいました。

  • チェックインしたときに、手首にこのような丈夫な紙バンドをつけられました。外国人だから?と思ったのですが、実は「アルコールOK」を示すものでした。これを付けていないと、バーでお酒を注文できない仕組みです。<br /><br />後ほど、マンハッタンに戻って、コンビニみたいな店でビールを買ったときも毎回パスポートの提示を求められましたので、年齢チェックが厳密なんだなあと感じました。日本のように「年齢確認のボタン」を押すだけでは許してくれないのですね。

    チェックインしたときに、手首にこのような丈夫な紙バンドをつけられました。外国人だから?と思ったのですが、実は「アルコールOK」を示すものでした。これを付けていないと、バーでお酒を注文できない仕組みです。

    後ほど、マンハッタンに戻って、コンビニみたいな店でビールを買ったときも毎回パスポートの提示を求められましたので、年齢チェックが厳密なんだなあと感じました。日本のように「年齢確認のボタン」を押すだけでは許してくれないのですね。

  • よく整備された芝生が広がっています。奥に見えるのが、僕が宿泊していたロッジです。

    よく整備された芝生が広がっています。奥に見えるのが、僕が宿泊していたロッジです。

  • ロッジ「ノーザン・ライツ(The Northern Lights)」という建物に宿泊しました。

    ロッジ「ノーザン・ライツ(The Northern Lights)」という建物に宿泊しました。

  • 「ノーザン・ライツ」の外観。奥に見える白い階段の左奥が僕の部屋でした。ウッドデッキがあって、部屋から直接外に出ることができて便利でした。

    「ノーザン・ライツ」の外観。奥に見える白い階段の左奥が僕の部屋でした。ウッドデッキがあって、部屋から直接外に出ることができて便利でした。

  • ロッジ「ノーザン・ライツ」の入口付近です。アメリカの伝統的な建物という感じがしますね。

    ロッジ「ノーザン・ライツ」の入口付近です。アメリカの伝統的な建物という感じがしますね。

  • 「ノーザン・ライツ」の入口を入ったところに置いてあるソファ。

    「ノーザン・ライツ」の入口を入ったところに置いてあるソファ。

  • ロッジ「ノーザン・ライツ」の中のホール(?)です。このホールに面して、いくつかの部屋のドアがありました。

    ロッジ「ノーザン・ライツ」の中のホール(?)です。このホールに面して、いくつかの部屋のドアがありました。

  • 本棚も古そうな洋書が並んでいるだけで、なんだかオシャレ。

    本棚も古そうな洋書が並んでいるだけで、なんだかオシャレ。

  • これはカホンという打楽器で、旅行用の薄いタイプのものです。「The Winery Dogs」のメンバー全員(リッチー・コッツェン、マイク・ポートノイ、ビリー・シーン)のサインをもらえました。やはり白ペンだと見やすいです(^^;)。

    これはカホンという打楽器で、旅行用の薄いタイプのものです。「The Winery Dogs」のメンバー全員(リッチー・コッツェン、マイク・ポートノイ、ビリー・シーン)のサインをもらえました。やはり白ペンだと見やすいです(^^;)。

  • 「ノーザン・ライツ」のホールには、共用の冷蔵庫が置いてありました。僕しか使っていないようでしたが(笑)。中身は、日本からお土産に持ってきた「きのこの山」「たけのこの里」です。最終日の夜に開催されたナイト・パーティで仲良くなった人達に配りました(^^*)。

    「ノーザン・ライツ」のホールには、共用の冷蔵庫が置いてありました。僕しか使っていないようでしたが(笑)。中身は、日本からお土産に持ってきた「きのこの山」「たけのこの里」です。最終日の夜に開催されたナイト・パーティで仲良くなった人達に配りました(^^*)。

  • 部屋は、白を基調にしていて、シンプルでこざっぱりとした印象でした。お世辞にも広いとはいえませんので、もっぱらベッドの上が荷物置き場でした(^^;)。<br /><br />ドッグキャンプの宿泊プランはいくつかあるのですが、一番安い「相部屋・バストイレ共同」というプランにしました。ルームメイトは、英国から来た気さくなナイスガイでした。同じベース・プレイヤーでしたので、楽器の話など楽しめました。

    部屋は、白を基調にしていて、シンプルでこざっぱりとした印象でした。お世辞にも広いとはいえませんので、もっぱらベッドの上が荷物置き場でした(^^;)。

    ドッグキャンプの宿泊プランはいくつかあるのですが、一番安い「相部屋・バストイレ共同」というプランにしました。ルームメイトは、英国から来た気さくなナイスガイでした。同じベース・プレイヤーでしたので、楽器の話など楽しめました。

  • 部屋にはエアコンはなく、小さな扇風機が置かれていました。真夏ですが、さすがリゾートというだけあって、湿度も低く、涼しかったです。テレビもありません。バスタオルはありました。シーツの交換は1回だけあると聞いていましたが、変わっていなかったような・・・。基本的に、朝早くから深夜まで遊んでいますので、部屋には寝るために帰ってくるだけでした(笑)。

    部屋にはエアコンはなく、小さな扇風機が置かれていました。真夏ですが、さすがリゾートというだけあって、湿度も低く、涼しかったです。テレビもありません。バスタオルはありました。シーツの交換は1回だけあると聞いていましたが、変わっていなかったような・・・。基本的に、朝早くから深夜まで遊んでいますので、部屋には寝るために帰ってくるだけでした(笑)。

  • 部屋の入口からホールに続く廊下をみたところです。この左手に、共同のバスルームがあり、中にはトイレとシャワールームがありました。

    部屋の入口からホールに続く廊下をみたところです。この左手に、共同のバスルームがあり、中にはトイレとシャワールームがありました。

  • 奥にあるのが「バーン(The Barn)」という建物。ここでマスタークラスと呼ばれる講義が行われたり、参加者同士のジャム・セッションを楽しむことができました。<br /><br />手前は駐車場になっています。場所が場所だけに、ほとんどの人は車で来ていたようです。

    奥にあるのが「バーン(The Barn)」という建物。ここでマスタークラスと呼ばれる講義が行われたり、参加者同士のジャム・セッションを楽しむことができました。

    手前は駐車場になっています。場所が場所だけに、ほとんどの人は車で来ていたようです。

  • 「ロードハウス(The Roardhouse)」という建物です。ここで、毎晩アーティストのライヴ・コンサートが行われます。<br /><br />どの建物にも共通して言えることは、「防音設備が一切ない」ということです。音は敷地内に漏れまくっていました。人里離れた山の中だからできることですね(笑)。

    「ロードハウス(The Roardhouse)」という建物です。ここで、毎晩アーティストのライヴ・コンサートが行われます。

    どの建物にも共通して言えることは、「防音設備が一切ない」ということです。音は敷地内に漏れまくっていました。人里離れた山の中だからできることですね(笑)。

  • 「ロードハウス」の内部です。ライヴ時にはオールスタンディングになり、キャパは多くて200名くらいでしょうか。実際には、参加者が70名ほどしかいないので、余裕で最前列をゲットすることができました(^o^*)。

    「ロードハウス」の内部です。ライヴ時にはオールスタンディングになり、キャパは多くて200名くらいでしょうか。実際には、参加者が70名ほどしかいないので、余裕で最前列をゲットすることができました(^o^*)。

  • 「ロードハウス」の中は、バーが併設されていて、お酒を飲みながら音楽を楽しむことができます。アーティストの方もここに飲みにきますので、時間の許す限り、間近でおしゃべりをすることができます。<br /><br />ここもディナーの時と同様、アルコールは自己負担で、支払いは現金のみです。ちなみに、キャンプ中に現金が必要だったのは、アルコールを買うときのみでした。

    「ロードハウス」の中は、バーが併設されていて、お酒を飲みながら音楽を楽しむことができます。アーティストの方もここに飲みにきますので、時間の許す限り、間近でおしゃべりをすることができます。

    ここもディナーの時と同様、アルコールは自己負担で、支払いは現金のみです。ちなみに、キャンプ中に現金が必要だったのは、アルコールを買うときのみでした。

  • 2日目の早朝、まだ誰もいない敷地内に愛器を置いて、写真をたくさん撮りました。キャンプ期間中のどこかでできたらいいなと思っていたことだったので良かったです(笑)。やはり、日本の風景とは、雰囲気が全然違いますね(^^*)。

    2日目の早朝、まだ誰もいない敷地内に愛器を置いて、写真をたくさん撮りました。キャンプ期間中のどこかでできたらいいなと思っていたことだったので良かったです(笑)。やはり、日本の風景とは、雰囲気が全然違いますね(^^*)。

  • 憧れのビリー・シーンにサインをもらえました。でも白いペンにすべきでしたね。白と青を持参していたのですが、タイミング悪く、青色になってしまいました。

    憧れのビリー・シーンにサインをもらえました。でも白いペンにすべきでしたね。白と青を持参していたのですが、タイミング悪く、青色になってしまいました。

  • ロッジ「ノーザン・ライツ」をバックに。

    ロッジ「ノーザン・ライツ」をバックに。

  • 芝生広場は、かなり広かったです。

    芝生広場は、かなり広かったです。

  • 「バレイビューハウス」前にて。沢山の花が美しく植えられていました。

    「バレイビューハウス」前にて。沢山の花が美しく植えられていました。

  • 「バレイビューハウス」の入り口前の椅子にて。

    「バレイビューハウス」の入り口前の椅子にて。

  • お気に入りの一枚です。

    お気に入りの一枚です。

  • 「バレイビューハウス」から「テント」を臨む。

    「バレイビューハウス」から「テント」を臨む。

  • 「ノーザン・ライツ」の僕らの部屋の外にあるウッドデッキにて。

    「ノーザン・ライツ」の僕らの部屋の外にあるウッドデッキにて。

  • 初日のディナー。フルムーンリゾートでの初めての食事です。ブッフェ形式なので、ワンプレートに好きなだけ乗せることができます。このときはまだ勝手がわからず、量が控えめです(笑)。

    初日のディナー。フルムーンリゾートでの初めての食事です。ブッフェ形式なので、ワンプレートに好きなだけ乗せることができます。このときはまだ勝手がわからず、量が控えめです(笑)。

  • 2日目の朝食ブッフェ。

    2日目の朝食ブッフェ。

  • ソースやドレッシングはたくさんの種類が置いてありました。

    ソースやドレッシングはたくさんの種類が置いてありました。

  • オレンジジュースなどのソフトドリンクは自由に飲めます。ヨーグルトやケーキなどのデザートやオートミールもありました。

    オレンジジュースなどのソフトドリンクは自由に飲めます。ヨーグルトやケーキなどのデザートやオートミールもありました。

  • コーヒーサーバーもあります。これとソフトドリンクのコーナーは常設してあり、食事の時間帯でなくても飲むことができました。コーヒーはフルムーンリゾートのオリジナル・ブレンドが2種類で、どちらもとても美味しかったです。

    コーヒーサーバーもあります。これとソフトドリンクのコーナーは常設してあり、食事の時間帯でなくても飲むことができました。コーヒーはフルムーンリゾートのオリジナル・ブレンドが2種類で、どちらもとても美味しかったです。

  • ソフトドリンクやデザートなどのコーナー。

    ソフトドリンクやデザートなどのコーナー。

  • 2日目のランチ。昼はこういうサンドイッチ形式でした。乗せ方がぐちゃぐちゃですが。

    2日目のランチ。昼はこういうサンドイッチ形式でした。乗せ方がぐちゃぐちゃですが。

  • 2日目のディナー。ジューシーなステーキが美味しかったです。

    2日目のディナー。ジューシーなステーキが美味しかったです。

  • 3日目の朝食。

    3日目の朝食。

  • 3日目のランチ。

    3日目のランチ。

  • 3日目のディナー。

    3日目のディナー。

  • 4日目の朝食はベーグルでした。

    4日目の朝食はベーグルでした。

  • トースターです。上の網の部分が動いていて、パンを乗せると中に運ばれて行って、しばらくすると焼かれて下に落ちてくるという仕組みです。焼く時間は調整できないのかな?(笑)

    トースターです。上の網の部分が動いていて、パンを乗せると中に運ばれて行って、しばらくすると焼かれて下に落ちてくるという仕組みです。焼く時間は調整できないのかな?(笑)

  • ここでもブルーベリーとシナモン風味のベーグルが美味しかったです。

    ここでもブルーベリーとシナモン風味のベーグルが美味しかったです。

  • 4日目のランチ。左下のはドレッシングです。顔が書いてあって面白かったです。

    4日目のランチ。左下のはドレッシングです。顔が書いてあって面白かったです。

  • 4日目のディナー。さすが最終日だけあって、とても豪勢でした。

    4日目のディナー。さすが最終日だけあって、とても豪勢でした。

  • エビは身が大きくて歯ごたえもあり、美味しかったです。

    エビは身が大きくて歯ごたえもあり、美味しかったです。

  • 「バレイビューハウス」には、こんな可愛らしいウェルカムボードがありました。最終日に気づきました。

    「バレイビューハウス」には、こんな可愛らしいウェルカムボードがありました。最終日に気づきました。

  • フルムーンリゾート入口にあった郵便受け。まだまだ現役のようです。

    フルムーンリゾート入口にあった郵便受け。まだまだ現役のようです。

  • 日の入り。夕方の時間帯は、特に色合いが美しかったです。

    日の入り。夕方の時間帯は、特に色合いが美しかったです。

  • フルムーンリゾートの入口に掲げられた看板。

    フルムーンリゾートの入口に掲げられた看板。

  • フルムーンリゾートの看板と本物の月。このときは、「ブルームーン」と呼ばれる珍しい満月が間近に迫っていたので、まさにピッタリのシチュエーションでした。<br /><br />Part.4では、フルムーンリゾートを出発して、マンハッタンに戻るまでを書きますね。

    フルムーンリゾートの看板と本物の月。このときは、「ブルームーン」と呼ばれる珍しい満月が間近に迫っていたので、まさにピッタリのシチュエーションでした。

    Part.4では、フルムーンリゾートを出発して、マンハッタンに戻るまでを書きますね。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 224円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP