サンタクララ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
キューバの首都から280?西に離れたサンタ・クララにタクシーをチャーターして日帰り旅行をしました。サンタ・クララの街は、この地でゲバラが率いる革命軍が政府軍を攻撃し、ここでの政府軍に対する勝利で当時の政府が動揺、その直後の大統領亡命に至り、キューバ革命の決定打となった街です。<br />そしてボリビアで政府軍に捕まり処刑されたゲバラの遺体を持ち帰り、この地に霊廟を造り仲間たちと祀られている場所でもあります。<br />現地ガイドさんにタクシーでチャーターしたらいくらですかと尋ねると、電話で確認してくれて「2人」で330兌換ペソ(4万円)との返答で行くことを決定。日本国内のJTBのパンフレットには1人5万円と書かれていましたから大喜びです。でも・・・いろいろ事件が起きました。

チェ・ゲバラの霊廟があるサンタ・クララへ(その二)

139いいね!

2015/06/04 - 2015/06/04

2位(同エリア17件中)

4

54

てくてく

てくてくさん

キューバの首都から280?西に離れたサンタ・クララにタクシーをチャーターして日帰り旅行をしました。サンタ・クララの街は、この地でゲバラが率いる革命軍が政府軍を攻撃し、ここでの政府軍に対する勝利で当時の政府が動揺、その直後の大統領亡命に至り、キューバ革命の決定打となった街です。
そしてボリビアで政府軍に捕まり処刑されたゲバラの遺体を持ち帰り、この地に霊廟を造り仲間たちと祀られている場所でもあります。
現地ガイドさんにタクシーでチャーターしたらいくらですかと尋ねると、電話で確認してくれて「2人」で330兌換ペソ(4万円)との返答で行くことを決定。日本国内のJTBのパンフレットには1人5万円と書かれていましたから大喜びです。でも・・・いろいろ事件が起きました。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
タクシー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ゲバラ率いる革命軍の先方が装甲列車を襲撃した場所に到着

    ゲバラ率いる革命軍の先方が装甲列車を襲撃した場所に到着

  • ブルトーザーで線路を破壊したようです

    ブルトーザーで線路を破壊したようです

  • 装甲列車、単なる貨物車両のように見えますが、鉄板を強化して弾丸を防ぐ加工をしていました

    装甲列車、単なる貨物車両のように見えますが、鉄板を強化して弾丸を防ぐ加工をしていました

  • 公園のようになっています

    公園のようになっています

  • 中は展示施設

    中は展示施設

  • すぐそばに現役の線路

    すぐそばに現役の線路

  • まっすぐ線路が延びています

    まっすぐ線路が延びています

  • 革命軍の戦士の写真

    革命軍の戦士の写真

  • 捕獲した兵器

    捕獲した兵器

  • キューバ風の火炎瓶、コカコーラ瓶などを使用

    キューバ風の火炎瓶、コカコーラ瓶などを使用

  • サンタクララを空爆する政府軍機

    サンタクララを空爆する政府軍機

  • 銃痕

    銃痕

  • ここに兵士が積載されたんでしょう

    ここに兵士が積載されたんでしょう

  • さらに奥へ

    さらに奥へ

  • 武器

    武器

  • 戸が閉まっていても下から降りられるようになっている

    戸が閉まっていても下から降りられるようになっている

  • バズーガ砲

    バズーガ砲

  • 汽笛が聞こえた気がしたので再び線路へ、

    汽笛が聞こえた気がしたので再び線路へ、

  • 見えません、気のせいだったのか。ここでごろごろしている施設公務員にガイドさnが聞くと、列車が通るのは2時間後だってさ

    見えません、気のせいだったのか。ここでごろごろしている施設公務員にガイドさnが聞くと、列車が通るのは2時間後だってさ

  • 馬車も現役です

    馬車も現役です

  • じゃ仕方がないとまた戻ろうとしたら

    じゃ仕方がないとまた戻ろうとしたら

  • 来ました。

    来ました。

  • ディーゼル車のようです

    ディーゼル車のようです

  • かなり迫力あります

    かなり迫力あります

  • 乗ってみたかった

    乗ってみたかった

  • かなり人が乗っています

    かなり人が乗っています

  • ゆっくりと走っていきます

    ゆっくりと走っていきます

  • 乗客と目が合います

    乗客と目が合います

  • とび乗れそうな速度で進んでいきます

    とび乗れそうな速度で進んでいきます

  • 行ってしまいました

    行ってしまいました

  • 車で500mくらい走り共産党本部みたいな所へ、子どもを抱えたゲバラ像

    車で500mくらい走り共産党本部みたいな所へ、子どもを抱えたゲバラ像

  • 銅像の脇には革命の仲間や

    銅像の脇には革命の仲間や

  • オートバイ

    オートバイ

  • 少女

    少女

  • 登山するゲバラと仲間

    登山するゲバラと仲間

  • ヒツジに乗った少年、などと凝った造り

    ヒツジに乗った少年、などと凝った造り

  • 最後に、政府軍が立てこもった丘に

    最後に、政府軍が立てこもった丘に

  • 公園になっています

    公園になっています

  • そんなにきつくはありません

    そんなにきつくはありません

  • サンタクララの街、下に見えるのは体育大学とのこと

    サンタクララの街、下に見えるのは体育大学とのこと

  • 運転手さんも登ってきました

    運転手さんも登ってきました

  • 記念塔

    記念塔

  • 車があるところまで戻りました

    車があるところまで戻りました

  • 周囲は低所得者の住宅地だそうで

    周囲は低所得者の住宅地だそうで

  • ちょっと殺伐としています

    ちょっと殺伐としています

  • あまり人影がありません

    あまり人影がありません

  • 上半身裸のおじさん

    上半身裸のおじさん

  • 住宅

    住宅

  • 歩く住民

    歩く住民

  • さて、帰路に着きます

    さて、帰路に着きます

  • 高速道路を走りますが

    高速道路を走りますが

  • 中央分離帯に物売りがいます。現地の名産である果物やチーズを売っているとのこと

    中央分離帯に物売りがいます。現地の名産である果物やチーズを売っているとのこと

  • 行きと同じく飛ばしています。

    行きと同じく飛ばしています。

  • 3時間後ホテルに到着し、準備してあった330兌換ペソをガイドさんに渡すと・・・ガイドさんは確かに330兌換ペソはありますが、それは1人のお値段で、倍のはず・・・と返答。我々そんな馬鹿なと、口から胃が飛び足しそうな状態・・・<br />本日のガイドさんが、携帯電話で昨日までのガイドのルイスさんに確認し、5分後旅行ガイドのオペレーターが言い間違えたことで決着。<br />無事330兌換ペソでOKでした。<br />8万円なんでいくらなんでも払えませんでしたよ。無事解決で助かりました。

    3時間後ホテルに到着し、準備してあった330兌換ペソをガイドさんに渡すと・・・ガイドさんは確かに330兌換ペソはありますが、それは1人のお値段で、倍のはず・・・と返答。我々そんな馬鹿なと、口から胃が飛び足しそうな状態・・・
    本日のガイドさんが、携帯電話で昨日までのガイドのルイスさんに確認し、5分後旅行ガイドのオペレーターが言い間違えたことで決着。
    無事330兌換ペソでOKでした。
    8万円なんでいくらなんでも払えませんでしたよ。無事解決で助かりました。

    ホテル サラトガ ホテル

    クラシカルなホテル by てくてくさん

この旅行記のタグ

139いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • しどにぃさん 2015/07/01 13:05:36
    キューバから
    てくてくさん

    昨日、カナダ経由でキューバから戻ってきました。
    日程が短かったのでハバナのみでしたが、また機会があればこういうところも行ってみたいですね。

    しかし行ってみて改めて、キューバは交通費が高くつくと思いました。
    CUCもレート上がっていて、USD以上ですし。
    旅行記は相変わらずのろのろなので、更新は秋ぐらいかなと思ってます。
    いろいろと参考にさせてもらいました。
    ありがとうございます。

    しどにぃ

    てくてく

    てくてくさん からの返信 2015/07/01 21:10:14
    RE: キューバから
    しどにぃさま

    お帰りなさいご主人さま。
    私はサンタクラに強引に行きましたが、
    ハバナ市内だけだったのですね。
    お互いに、兌換ペソというもので、
    物価高に泣かされましたね。
    直行便が再開したら、またいつか行って見たいです。

    てくてく
  • herzlichさん 2015/06/29 00:18:32
    銃痕や武器
    てくてくさん、こんばんは!
    銃痕や武器の写真を見ると、革命や戦いが実際に起こっていたんだなと
    実感します。

    やはり平和な日本に産まれて感謝をするとともに、世界でこういう事が起こっていた事はちゃんと知らないといけないな、と思いました。

    チェ・ゲバラの銅像に人がくっついているのはそれだけ彼が人々から慕われていたという事なんでしょうね。

    運転手さんが切符を切られたのにはビビりました(;´∀`)

    てくてく

    てくてくさん からの返信 2015/07/01 08:09:08
    Re: 銃痕や武器
    Herzlichさま

    おはようございます。
    コメントいただいた通り、つくずくそう思います。
    ゲバラは人気ありましたが、カストロは?でした。伝説の英雄になってしまったところが、下駄を履いているのは否めませんがね。
    てくてく

てくてくさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集