伏見 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
平安京の昔から、春になると貴族たちは酒や肴を携えて花を愛でながら歌を詠みました。往時の花見の定番は桜ではなく桃や梅でしたが、いずれにせよ庶民には縁も所縁もないものでした。そんな花見を庶民が知る所とし、大衆化するきっかけとなったのが、天下人 豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」でした。そしてその「醍醐の桜」の子孫が今を盛りにと咲き誇るのが、真言宗醍醐派の総本山となる笠取山(醍醐山)一帯に広がる「深雪山醍醐寺」です。<br />しかし、醍醐寺は元々桜の名所だったわけではありません。秀吉が気まぐれにこの地で花見がしたいと言い出し、わずか1ヶ月の突貫工事で約700本の桜を近江や山城、河内、大和から移植し、花見に間に合わせたのです。まさしく天下人らしい発想と荒技で花見を完遂させたこの醍醐寺は、現在も1000本もの桜が咲き乱れる名所と称えられています。<br />1598年3月15日、秀吉は、醍醐寺に嫡子 秀頼や正室の北政所「ねね」、側室「淀」、配下の武将とその家族など総勢1300人を招き、日本史上に残る空前の宴を催しました。その際、花見に合わせて建造されたのが、三宝院唐門と表書院の2棟の国宝です。三宝院は、再建の際に公家の寝殿造と武家の書院造とを折衷した桃山時代の住宅建築として名を馳せています。<br />そして秀吉は花見の宴の5ヶ月後に世を去りました。死期が近いことを悟っての最期の我が儘だったのか、あるいは極楽浄土へ行くための善意の証としたかったのか…。<br />こうして秀吉への思いを馳せながら桜花の下をのんびりと散策するのも趣があるものです。昔々の「醍醐の花見」の雰囲気を肌で感じられるのは、文字通り「醍醐味」です。 <br />下醍醐と言っても広いので、3編に分けてレポさせていただきます。今回は、アクセスの途中で立ち寄った「祇園白川」界隈と醍醐寺 三宝院の「大紅しだれ桜」や「憲深林苑」の桜にスポットを当ててお届けいたします。

芳葩爛漫 桜紀行 醍醐寺①三宝院

978いいね!

2015/03/31 - 2015/03/31

3位(同エリア1078件中)

    38

    montsaintmichel

    montsaintmichelさん

    平安京の昔から、春になると貴族たちは酒や肴を携えて花を愛でながら歌を詠みました。往時の花見の定番は桜ではなく桃や梅でしたが、いずれにせよ庶民には縁も所縁もないものでした。そんな花見を庶民が知る所とし、大衆化するきっかけとなったのが、天下人 豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」でした。そしてその「醍醐の桜」の子孫が今を盛りにと咲き誇るのが、真言宗醍醐派の総本山となる笠取山(醍醐山)一帯に広がる「深雪山醍醐寺」です。
    しかし、醍醐寺は元々桜の名所だったわけではありません。秀吉が気まぐれにこの地で花見がしたいと言い出し、わずか1ヶ月の突貫工事で約700本の桜を近江や山城、河内、大和から移植し、花見に間に合わせたのです。まさしく天下人らしい発想と荒技で花見を完遂させたこの醍醐寺は、現在も1000本もの桜が咲き乱れる名所と称えられています。
    1598年3月15日、秀吉は、醍醐寺に嫡子 秀頼や正室の北政所「ねね」、側室「淀」、配下の武将とその家族など総勢1300人を招き、日本史上に残る空前の宴を催しました。その際、花見に合わせて建造されたのが、三宝院唐門と表書院の2棟の国宝です。三宝院は、再建の際に公家の寝殿造と武家の書院造とを折衷した桃山時代の住宅建築として名を馳せています。
    そして秀吉は花見の宴の5ヶ月後に世を去りました。死期が近いことを悟っての最期の我が儘だったのか、あるいは極楽浄土へ行くための善意の証としたかったのか…。
    こうして秀吉への思いを馳せながら桜花の下をのんびりと散策するのも趣があるものです。昔々の「醍醐の花見」の雰囲気を肌で感じられるのは、文字通り「醍醐味」です。
    下醍醐と言っても広いので、3編に分けてレポさせていただきます。今回は、アクセスの途中で立ち寄った「祇園白川」界隈と醍醐寺 三宝院の「大紅しだれ桜」や「憲深林苑」の桜にスポットを当ててお届けいたします。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    私鉄
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • 四条大橋<br />四条大橋から鴨川河川敷を見渡すと、咲き誇る「枝垂桜」や「ソメイヨシノ」などの桜並木が春爛漫を演出しています。淡い紅色の桜花のグラデーションが、上品な京情緒に彩りを添えています。<br />鴨川河川敷には、一味違った風物詩があります。この様子は、帰途のエピローグで紹介いたします。

      四条大橋
      四条大橋から鴨川河川敷を見渡すと、咲き誇る「枝垂桜」や「ソメイヨシノ」などの桜並木が春爛漫を演出しています。淡い紅色の桜花のグラデーションが、上品な京情緒に彩りを添えています。
      鴨川河川敷には、一味違った風物詩があります。この様子は、帰途のエピローグで紹介いたします。

    • 祇園白川<br />白川沿いに格子戸のあるお茶屋が連なり、白い石畳の道が伸びています。時には舞妓さんの姿を見ることもあり、京都情緒を愉しむには絶好のスポットです。<br />夜桜のライトアップも素晴らしく、桜の本数は40本程で決して多くはないのですが、清い白川の流れや町屋の佇まい、辰巳大明神、巽橋と変化に富み、京都の春を存分に愉しめるスポットです。<br />

      祇園白川
      白川沿いに格子戸のあるお茶屋が連なり、白い石畳の道が伸びています。時には舞妓さんの姿を見ることもあり、京都情緒を愉しむには絶好のスポットです。
      夜桜のライトアップも素晴らしく、桜の本数は40本程で決して多くはないのですが、清い白川の流れや町屋の佇まい、辰巳大明神、巽橋と変化に富み、京都の春を存分に愉しめるスポットです。

    • 祇園白川<br />祇園白川はクランク状に流れているため、東大路通と花見小路通間を東西に流れる白川沿いの通りが白川北通、巽橋から縄手通までを白川南通と称しています。特に白川南通の巽橋から大和大路通(縄手通)までの区間の大部分は、北側の新橋通と共に、町並保存地区に指定されており、昔ながらの祇園がそのまま残されています。

      祇園白川
      祇園白川はクランク状に流れているため、東大路通と花見小路通間を東西に流れる白川沿いの通りが白川北通、巽橋から縄手通までを白川南通と称しています。特に白川南通の巽橋から大和大路通(縄手通)までの区間の大部分は、北側の新橋通と共に、町並保存地区に指定されており、昔ながらの祇園がそのまま残されています。

    • 祇園白川<br />祇園を愛した歌人 吉井勇の「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕の下を 水のながるる」の歌碑が建てられています。<br />清涼な白川のせせらぎに沿って立ち並ぶ桜と柳の絶妙なコントラストが目に鮮やかな、200mほどの情緒豊かな石畳の道を散策します。<br />平安時代には桜と柳を混ぜて植えるのが主流だったそうです。<br />ここは夜桜もいいですが、誰もいない早朝の景観は絶品だそうです。

      祇園白川
      祇園を愛した歌人 吉井勇の「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕の下を 水のながるる」の歌碑が建てられています。
      清涼な白川のせせらぎに沿って立ち並ぶ桜と柳の絶妙なコントラストが目に鮮やかな、200mほどの情緒豊かな石畳の道を散策します。
      平安時代には桜と柳を混ぜて植えるのが主流だったそうです。
      ここは夜桜もいいですが、誰もいない早朝の景観は絶品だそうです。

    • 祇園白川<br />道を挟んで左に柳、右に桜が立ち並んでいます。<br />結婚写真の前撮りでしょうか、数組のカップルがカラフルな蛇の目傘を差して写真に納まっていました。<br />

      祇園白川
      道を挟んで左に柳、右に桜が立ち並んでいます。
      結婚写真の前撮りでしょうか、数組のカップルがカラフルな蛇の目傘を差して写真に納まっていました。

    • 醍醐駅<br />地下鉄東西線「三条京阪」駅から「醍醐」駅までの所要時間は20分ほどです。醍醐寺方面へ向かうには2番出口を目指します。<br />「醍醐」と言う耳に優しい響きから、漠然と桃山時代の歴史と自然に恵まれた清閑な街をイメージしていたのですが、あえなく崩れ去りました。<br />駅の上部はこのような「パセオダイゴロー」と呼ばれるターミナルビルになっており、公共施設とショッピングセンターを併せ持つ街のキーステーションとなっています。

      醍醐駅
      地下鉄東西線「三条京阪」駅から「醍醐」駅までの所要時間は20分ほどです。醍醐寺方面へ向かうには2番出口を目指します。
      「醍醐」と言う耳に優しい響きから、漠然と桃山時代の歴史と自然に恵まれた清閑な街をイメージしていたのですが、あえなく崩れ去りました。
      駅の上部はこのような「パセオダイゴロー」と呼ばれるターミナルビルになっており、公共施設とショッピングセンターを併せ持つ街のキーステーションとなっています。

    • 醍醐駅<br />2番出口の所に「アルプラザ」と言うショッピングセンターがあります。そこに入って直ぐの所にあるエスカレータで2階まで上がり、その先から戸外に出ると「パセオダイゴロー」の中央を東西に伸びる立派な歩行者用通路が延々と伸びています。<br />左手は緩やかな上り坂となり、その先には柔らかな稜線を見せる醍醐山が聳えますので、方向を間違えることはほぼ皆無と思います。

      醍醐駅
      2番出口の所に「アルプラザ」と言うショッピングセンターがあります。そこに入って直ぐの所にあるエスカレータで2階まで上がり、その先から戸外に出ると「パセオダイゴロー」の中央を東西に伸びる立派な歩行者用通路が延々と伸びています。
      左手は緩やかな上り坂となり、その先には柔らかな稜線を見せる醍醐山が聳えますので、方向を間違えることはほぼ皆無と思います。

    • 醍醐寺 総門<br />醍醐駅から徒歩10分ほどで総門に到着します。因みに、コミュニティーバスも出ています。<br />総門の回りは黒山の人だかりで進むのが憚られますが、左側にできている長蛇の列が三宝院で拝観チケットを購入するためのものです。総門まで列の最後尾が伸びているので、ほぼ50mほどと思われます。それでもチケット購入の待ち時間は、20分ほどでした。テーマパークに比べれば微々たるものです。<br />後から知ったことですが、三宝院と伽藍へ入られる方が多いため、霊宝館のチケット売り場は比較的すいているそうです。三宝院と霊宝館との間の距離は50mほどですので臨機応変に対応すれば時間の節約になります。<br />尚、チケット購入後、三宝院へ入るためにまた並ぶことになりますので、相方がいれば適当なところで列に並んでもらうことをお勧めします。また、チケットは、三宝院、伽藍、霊宝館のうちの2箇所、3箇所の共通券もありますので、共通券を購入すれば時間とお金の節約になります。<br />詳しくは、醍醐寺のHPでご確認ください。<br />https://www.daigoji.or.jp/guide_fee.html

      醍醐寺 総門
      醍醐駅から徒歩10分ほどで総門に到着します。因みに、コミュニティーバスも出ています。
      総門の回りは黒山の人だかりで進むのが憚られますが、左側にできている長蛇の列が三宝院で拝観チケットを購入するためのものです。総門まで列の最後尾が伸びているので、ほぼ50mほどと思われます。それでもチケット購入の待ち時間は、20分ほどでした。テーマパークに比べれば微々たるものです。
      後から知ったことですが、三宝院と伽藍へ入られる方が多いため、霊宝館のチケット売り場は比較的すいているそうです。三宝院と霊宝館との間の距離は50mほどですので臨機応変に対応すれば時間の節約になります。
      尚、チケット購入後、三宝院へ入るためにまた並ぶことになりますので、相方がいれば適当なところで列に並んでもらうことをお勧めします。また、チケットは、三宝院、伽藍、霊宝館のうちの2箇所、3箇所の共通券もありますので、共通券を購入すれば時間とお金の節約になります。
      詳しくは、醍醐寺のHPでご確認ください。
      https://www.daigoji.or.jp/guide_fee.html

    • 醍醐寺 総門<br />総門の前ではプロローグ的存在となる早咲きの枝垂桜が見頃を迎えています。<br />醍醐寺の枝垂桜は京都屈指の巨木揃いですので、初めて訪れる方はそのスケールに圧倒されること間違いなしです。

      醍醐寺 総門
      総門の前ではプロローグ的存在となる早咲きの枝垂桜が見頃を迎えています。
      醍醐寺の枝垂桜は京都屈指の巨木揃いですので、初めて訪れる方はそのスケールに圧倒されること間違いなしです。

    • 醍醐寺 総門<br />上醍醐も含め、醍醐寺の境内入口となるのがこの総門です。<br />それなりの風格はあるものの、寺の規模から察するに小ぶりで控え目な感じのする門です。

      醍醐寺 総門
      上醍醐も含め、醍醐寺の境内入口となるのがこの総門です。
      それなりの風格はあるものの、寺の規模から察するに小ぶりで控え目な感じのする門です。

    • 醍醐寺 総門<br />総門を潜って振り返ると、絵に描いたような枝垂桜が見送ってくれています。<br /><br />醍醐寺のHPでは、3月下旬から桜の開花情報を提供されています。枝垂桜は、京都の中では早咲きで有名です。三宝院の「太閤しだれ桜」や霊宝館の「醍醐深雪桜」、伽藍の代表的な桜の写真がディーリーで更新されますので要チェックです。<br />見頃を見極めて訪問されることをお勧めします。<br />醍醐寺のHPです。境内の案内図もあります。<br />https://www.daigoji.or.jp/

      醍醐寺 総門
      総門を潜って振り返ると、絵に描いたような枝垂桜が見送ってくれています。

      醍醐寺のHPでは、3月下旬から桜の開花情報を提供されています。枝垂桜は、京都の中では早咲きで有名です。三宝院の「太閤しだれ桜」や霊宝館の「醍醐深雪桜」、伽藍の代表的な桜の写真がディーリーで更新されますので要チェックです。
      見頃を見極めて訪問されることをお勧めします。
      醍醐寺のHPです。境内の案内図もあります。
      https://www.daigoji.or.jp/

    • 醍醐寺 桜の馬場<br />総門から西大門(仁王門)までの間を「桜の馬場」と言い、春には参道の両脇に植えられた桜並木が行きかう人に迫るように咲き誇ります。<br />桜並木の本数も別格ですが、人の頭の数の多さも半端ではありません。

      醍醐寺 桜の馬場
      総門から西大門(仁王門)までの間を「桜の馬場」と言い、春には参道の両脇に植えられた桜並木が行きかう人に迫るように咲き誇ります。
      桜並木の本数も別格ですが、人の頭の数の多さも半端ではありません。

    • 醍醐寺 <br />白い築地塀に映える薄紅色の桜花。<br />目線を落とせば、そこに広がるのは碧の苔の海。<br />これぞコントラストの妙!<br />因みに、築地塀には門跡を示す5本の横線「定規筋」が施されています。

      醍醐寺
      白い築地塀に映える薄紅色の桜花。
      目線を落とせば、そこに広がるのは碧の苔の海。
      これぞコントラストの妙!
      因みに、築地塀には門跡を示す5本の横線「定規筋」が施されています。

    • 醍醐寺 三宝院(さんぼういん)<br />三宝院は、1115年に醍醐寺第14世座主 勝覚僧正が創建し、当初は密教儀式殿院「灌頂院(かんじょういん)」と呼ばれましたが、後に仏教の三宝に因んで「三宝院」に改名されました。歴代の座主を輩出する五門跡のひとつとして栄え、1428年以降は座主の職を独占して一山を支配していました。しかし、応仁の乱で焼失し、廃寺同然となりました。この荒廃した醍醐寺を立て直したのが、義演准后(ぎえんじゅご う)です。往時、義演は「金剛輪院」を改修し、そこに居住していました。秀吉の庇護を受けて醍醐寺を再興し、金剛輪院の建 物や庭を座主の居住するに相応しい風格のものに造り替えました。その結果、金剛輪院は「三宝院」の名を受け継ぎ、今に至っています。

      醍醐寺 三宝院(さんぼういん)
      三宝院は、1115年に醍醐寺第14世座主 勝覚僧正が創建し、当初は密教儀式殿院「灌頂院(かんじょういん)」と呼ばれましたが、後に仏教の三宝に因んで「三宝院」に改名されました。歴代の座主を輩出する五門跡のひとつとして栄え、1428年以降は座主の職を独占して一山を支配していました。しかし、応仁の乱で焼失し、廃寺同然となりました。この荒廃した醍醐寺を立て直したのが、義演准后(ぎえんじゅご う)です。往時、義演は「金剛輪院」を改修し、そこに居住していました。秀吉の庇護を受けて醍醐寺を再興し、金剛輪院の建 物や庭を座主の居住するに相応しい風格のものに造り替えました。その結果、金剛輪院は「三宝院」の名を受け継ぎ、今に至っています。

    • 醍醐寺 三宝院 正門<br />正門の先には樹齢160年の「大紅しだれ桜」とその子孫に当たるクローン桜「太閤千代しだれ桜」が対峙し、互いの美しさを讃えあっているようで微笑ましく思えます。<br />そして正面には、大玄関前の立派な松の植込みが桜とのコントラストを強調し見事です。<br /><br />衰退しつつある醍醐寺の復興に我が身を捧げ、秀吉と共に「醍醐の花見」を実現させたのが三宝院門跡義演准后です。義演は、次々と伽藍を復興していきました。では何故、義演がこのような復興を遂げられたのでしょうか?<br />秀吉は関白職の座を手にしましたが、実はその地位は前任の関白 二条昭実から譲られたものでした。そして二条昭実こそ義演の兄だったのです。つまり二条家は関白の座を譲って秀吉に恩を売ったわけです。こうして秀吉からの潤沢な援助を受け、伽藍をあっという間に復興させました。またそれだけではなく、太閤検地の折りには、醍醐寺の困窮を訴えて替地を獲得したのでした。

      醍醐寺 三宝院 正門
      正門の先には樹齢160年の「大紅しだれ桜」とその子孫に当たるクローン桜「太閤千代しだれ桜」が対峙し、互いの美しさを讃えあっているようで微笑ましく思えます。
      そして正面には、大玄関前の立派な松の植込みが桜とのコントラストを強調し見事です。

      衰退しつつある醍醐寺の復興に我が身を捧げ、秀吉と共に「醍醐の花見」を実現させたのが三宝院門跡義演准后です。義演は、次々と伽藍を復興していきました。では何故、義演がこのような復興を遂げられたのでしょうか?
      秀吉は関白職の座を手にしましたが、実はその地位は前任の関白 二条昭実から譲られたものでした。そして二条昭実こそ義演の兄だったのです。つまり二条家は関白の座を譲って秀吉に恩を売ったわけです。こうして秀吉からの潤沢な援助を受け、伽藍をあっという間に復興させました。またそれだけではなく、太閤検地の折りには、醍醐寺の困窮を訴えて替地を獲得したのでした。

    • 醍醐寺 三宝院 太閤しだれ桜<br />「三宝院門跡」と書かれた門を潜ると、目の前には「太閤しだれ桜」の大樹群、その先には三宝院表書院への拝観入口となる、三宝院大玄関(重文)の唐破風の車寄が桃山様式の構えを惜しみなく見せています。<br />いつか満開の桜花が彩る季節にここを訪れ、太閤秀吉の栄華を偲んでみたいと思っていましたが、その夢を漸く果すことが叶いました。<br />

      醍醐寺 三宝院 太閤しだれ桜
      「三宝院門跡」と書かれた門を潜ると、目の前には「太閤しだれ桜」の大樹群、その先には三宝院表書院への拝観入口となる、三宝院大玄関(重文)の唐破風の車寄が桃山様式の構えを惜しみなく見せています。
      いつか満開の桜花が彩る季節にここを訪れ、太閤秀吉の栄華を偲んでみたいと思っていましたが、その夢を漸く果すことが叶いました。

    • 醍醐寺 三宝院 太閤しだれ桜<br />三宝院に入って直ぐの左手にある桜の群れ(3本)は「太閤しだれ桜」と呼ばれています。その中でも日本画家 奥村土牛が1972年に描いた代表作『醍醐』のモチーフとなった幹が2本に分かれた特徴的な「大紅しだれ桜」は、通称「土牛の桜」と称されて親しまれています。大きさもさることながら、形や枝ぶりも美しく、画家が筆を取りたくなるのも頷ける魅力的な桜です。<br />土牛の『醍醐』はどちらかと言うと、幹部を主体とした構図で力強く描かれた作品ですが、この太く力強い幹が透明感のある艶やかな桜の花びらをより強調しています。<br />『醍醐』は渋谷区にある山種美術館に所蔵されています。この絵は切手にもなりました。<br />切手についてはこのサイトをご覧ください。<br />http://kininaruart.com/artist/nihonga/stamp/togyu_st.html<br />山種美術館にある『醍醐』の絵はこちらを参照ください。<br />http://www.yamatane-museum.jp/collection/collection.html

      醍醐寺 三宝院 太閤しだれ桜
      三宝院に入って直ぐの左手にある桜の群れ(3本)は「太閤しだれ桜」と呼ばれています。その中でも日本画家 奥村土牛が1972年に描いた代表作『醍醐』のモチーフとなった幹が2本に分かれた特徴的な「大紅しだれ桜」は、通称「土牛の桜」と称されて親しまれています。大きさもさることながら、形や枝ぶりも美しく、画家が筆を取りたくなるのも頷ける魅力的な桜です。
      土牛の『醍醐』はどちらかと言うと、幹部を主体とした構図で力強く描かれた作品ですが、この太く力強い幹が透明感のある艶やかな桜の花びらをより強調しています。
      『醍醐』は渋谷区にある山種美術館に所蔵されています。この絵は切手にもなりました。
      切手についてはこのサイトをご覧ください。
      http://kininaruart.com/artist/nihonga/stamp/togyu_st.html
      山種美術館にある『醍醐』の絵はこちらを参照ください。
      http://www.yamatane-museum.jp/collection/collection.html

    • 醍醐寺 三宝院 大紅しだれ桜<br />豊臣秀吉が醍醐の地へ移植させた桜の子孫とされる推定樹齢160年の「大紅しだれ桜」です。JR東海のCMに使われた桜で、通称「土牛の桜」と呼ばれ、まるで流れ落ちる滝のように枝垂れて淡いピンク色の花を付け、春爛漫の様相を浮かべています。<br />枝を支える添え木の数の多さが桜の巨大さを黙して語りかけてくれます。

      醍醐寺 三宝院 大紅しだれ桜
      豊臣秀吉が醍醐の地へ移植させた桜の子孫とされる推定樹齢160年の「大紅しだれ桜」です。JR東海のCMに使われた桜で、通称「土牛の桜」と呼ばれ、まるで流れ落ちる滝のように枝垂れて淡いピンク色の花を付け、春爛漫の様相を浮かべています。
      枝を支える添え木の数の多さが桜の巨大さを黙して語りかけてくれます。

    • 醍醐寺 三宝院 大紅しだれ桜と大玄関<br />醍醐の花見の表向きの目的は「北政所のストレス解消」でしたが、実際は慶長の役で朝鮮出兵の失策が豊臣家にもたらした暗澹たるムードを払拭したいと秀吉自ら望んだイベントでした。他に類を見ない盛大な花見だった一方、秀吉一行が夢見心地なひと時を楽しんでいた最中、朝鮮半島では激しい戦闘が続いていました。<br />死期を悟った秀吉が、最愛の嫡子 秀頼や北政所、淀などの妻妾を喜ばせたいという側面もあったことでしょう。秀吉最期のビックイベントとしてこの花見が後世に語り継がれ、庶民の間に花見が定着する契機となったそうです。なにはともあれ、こうして花見ができることの喜びを秀吉に感謝しなくてはなりませんね!<br />そして醍醐の花見から5ヶ月後に秀吉は没します。最期の栄華を見せつけた醍醐の花見は、一見貴族趣味の花見にも映りますが、桜を肴に酒宴に興じた点では庶民的な花見の原点と言えます。恐らく、秀吉でなければ花見を空前のイベントにするなどのアイデアは生まれなかったでしょう。現在の花見が騒々しいのは、「そこに秀吉のDNAが埋め込まれているから」と言ったら充分な言い訳になりそうです。

      醍醐寺 三宝院 大紅しだれ桜と大玄関
      醍醐の花見の表向きの目的は「北政所のストレス解消」でしたが、実際は慶長の役で朝鮮出兵の失策が豊臣家にもたらした暗澹たるムードを払拭したいと秀吉自ら望んだイベントでした。他に類を見ない盛大な花見だった一方、秀吉一行が夢見心地なひと時を楽しんでいた最中、朝鮮半島では激しい戦闘が続いていました。
      死期を悟った秀吉が、最愛の嫡子 秀頼や北政所、淀などの妻妾を喜ばせたいという側面もあったことでしょう。秀吉最期のビックイベントとしてこの花見が後世に語り継がれ、庶民の間に花見が定着する契機となったそうです。なにはともあれ、こうして花見ができることの喜びを秀吉に感謝しなくてはなりませんね!
      そして醍醐の花見から5ヶ月後に秀吉は没します。最期の栄華を見せつけた醍醐の花見は、一見貴族趣味の花見にも映りますが、桜を肴に酒宴に興じた点では庶民的な花見の原点と言えます。恐らく、秀吉でなければ花見を空前のイベントにするなどのアイデアは生まれなかったでしょう。現在の花見が騒々しいのは、「そこに秀吉のDNAが埋め込まれているから」と言ったら充分な言い訳になりそうです。

    • 醍醐寺 三宝院 <br />大紅しだれ桜と青空を借景にした純白のモクレンです。<br /><br />秀吉時世の句「露と落ち 露と消えにしわが身かな なにわのことは夢のまた夢」。<br />「早朝、葉の上につく露は、太陽が昇れば瞬く間に蒸発し、どこに露があったのか跡形も残らない。天下を統一し、関白にもなった。大坂城を造り、栄華を極める聚楽第も築いた。今から思えば、朝露が消えるような、アッという間の一生だった。夢の中で夢を見ているような、儚いものであったことよ」と心境を詠んでいます。この秀吉の辞世の句は、はからずも自分の死の17年後に滅びゆく豊臣家の運命を見透かしているようにも思えます。

      醍醐寺 三宝院
      大紅しだれ桜と青空を借景にした純白のモクレンです。

      秀吉時世の句「露と落ち 露と消えにしわが身かな なにわのことは夢のまた夢」。
      「早朝、葉の上につく露は、太陽が昇れば瞬く間に蒸発し、どこに露があったのか跡形も残らない。天下を統一し、関白にもなった。大坂城を造り、栄華を極める聚楽第も築いた。今から思えば、朝露が消えるような、アッという間の一生だった。夢の中で夢を見ているような、儚いものであったことよ」と心境を詠んでいます。この秀吉の辞世の句は、はからずも自分の死の17年後に滅びゆく豊臣家の運命を見透かしているようにも思えます。

    1件目~20件目を表示(全38件中)

    この旅行記のタグ

      978いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      伏見(京都) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集