シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />2015年2月8日 4 復興著しいシェムリアップ郊外で歴史を想う<br /><br />午後訪ねたバンテアイスレイは、アンコールワットより古い、宗教遺跡。<br />シェリムアップからバスの移動だったが、初めて見るカンボジアの田舎が興味深かった。<br /><br />カンボジアは、ベトナム戦争の末期アメリカの爆撃に会い、投下された爆弾は第二次世界大戦で日本が被った3倍と言われている。<br />またその後の内戦で殺された人数は、数百万人のオーダー、総人口の10%を遙かに超える数。<br /><br />地雷は至る所に埋められ、四肢を失う人が続出する。<br />そうした経緯で農地は荒らされ、コメの生産量は数十分の一に縮小した。<br /><br />こんなに荒らされた風土が、どれほど回復しているだろうか。<br />「平和は戻って、最近十年ほどで地雷は撤去され、電気や水道などのライフライン工事が進んでいる」<br />現地のガイドさんの話を、自分の目で確かめたい。<br /><br /><br />シェムリアップの以前からの街並みを出たあたりから、道路が立派になり、左右に大きな建築現場が目立ち始める。<br /><br />新しい街づくりの一環で、市役所の建物も出来上がりつつある。<br />いくつかのホテルが、竣工後の妍を競うように、建てられつつある。<br /><br />「最近この新開地に街灯が明るく灯るようになって、近くの人々がその下で、日本の花見のように騒ぐのが目立つ」<br /><br />ガイドさんはこの話を繰り返し、この街の復興ぶりや、そのスピードを誇る。<br />この街の平和さを知ってもらい、「もっと見に来てほしい」と、我々に訴えているのだ。<br /><br /><br />もう少し町から遠ざかると、静かな田舎の風景が広がった。<br />あばら骨が目立つほどやせた牛が放たれ、道や周辺の荒地をうろついている。<br />とても珍しい風景で、見つけるたびにバスの人たちが指差していたが、やがて見慣れた。<br /><br />貧しそうに見える集落が点在するが、ガイドさんは「ここの人たちは、貧しい中にも不自由を感じず、幸せです」<br />気候に恵まれていて、生きる上での不安がないという。<br /><br />そうならば、アンコールワット以前から、なぜ人々は争ったのだろうか。<br />これが私の素朴な疑問だった。<br /><br /><br />その答えのヒントは、富ではなかったろうか。<br />大地の生産性が高く、生きるために必要な以上の富を生んだのかも・・・。<br />あるいは海のシルクロード上にあって中継基地となり、豊かさをもたらせたのかも・・・。<br /><br />インドとシナ、二大文明の狭間にあって、この地区は想像を絶する反射光を放ったかも知れない。<br /><br />山間地に少数民族がそれぞれの文化を競っい合ったことも、見逃せないだろう。<br />それらを統一、統率できる力が足りなかった可能性もある。<br /><br /><br />バンテアイスレイは、詳しく見たわけではないが、人間の楽観性のシンボルのように感じた。<br />観光中聞こえ続けた美しく涼やかな奏では、クメール音楽。<br />遺跡背後の木陰に、10人余りの演奏者が奏でてくれている。<br /><br />私はその一群に近づき、お礼の気持ちを含め、少額の寄付とともにCDを一枚買った。<br />立ち去る私に対する、真剣な感謝のまなざしが印象に残る。<br /><br />CDの裏を見ると「地雷被害者楽団」と書いてあった。<br /><br />2015.2.24片瀬貴文記<br />

2015年2月8日 4 バンテアイスレイに行く

11いいね!

2015/02/07 - 2015/02/13

3105位(同エリア8238件中)

0

17

ソフィ

ソフィさん


2015年2月8日 4 復興著しいシェムリアップ郊外で歴史を想う

午後訪ねたバンテアイスレイは、アンコールワットより古い、宗教遺跡。
シェリムアップからバスの移動だったが、初めて見るカンボジアの田舎が興味深かった。

カンボジアは、ベトナム戦争の末期アメリカの爆撃に会い、投下された爆弾は第二次世界大戦で日本が被った3倍と言われている。
またその後の内戦で殺された人数は、数百万人のオーダー、総人口の10%を遙かに超える数。

地雷は至る所に埋められ、四肢を失う人が続出する。
そうした経緯で農地は荒らされ、コメの生産量は数十分の一に縮小した。

こんなに荒らされた風土が、どれほど回復しているだろうか。
「平和は戻って、最近十年ほどで地雷は撤去され、電気や水道などのライフライン工事が進んでいる」
現地のガイドさんの話を、自分の目で確かめたい。


シェムリアップの以前からの街並みを出たあたりから、道路が立派になり、左右に大きな建築現場が目立ち始める。

新しい街づくりの一環で、市役所の建物も出来上がりつつある。
いくつかのホテルが、竣工後の妍を競うように、建てられつつある。

「最近この新開地に街灯が明るく灯るようになって、近くの人々がその下で、日本の花見のように騒ぐのが目立つ」

ガイドさんはこの話を繰り返し、この街の復興ぶりや、そのスピードを誇る。
この街の平和さを知ってもらい、「もっと見に来てほしい」と、我々に訴えているのだ。


もう少し町から遠ざかると、静かな田舎の風景が広がった。
あばら骨が目立つほどやせた牛が放たれ、道や周辺の荒地をうろついている。
とても珍しい風景で、見つけるたびにバスの人たちが指差していたが、やがて見慣れた。

貧しそうに見える集落が点在するが、ガイドさんは「ここの人たちは、貧しい中にも不自由を感じず、幸せです」
気候に恵まれていて、生きる上での不安がないという。

そうならば、アンコールワット以前から、なぜ人々は争ったのだろうか。
これが私の素朴な疑問だった。


その答えのヒントは、富ではなかったろうか。
大地の生産性が高く、生きるために必要な以上の富を生んだのかも・・・。
あるいは海のシルクロード上にあって中継基地となり、豊かさをもたらせたのかも・・・。

インドとシナ、二大文明の狭間にあって、この地区は想像を絶する反射光を放ったかも知れない。

山間地に少数民族がそれぞれの文化を競っい合ったことも、見逃せないだろう。
それらを統一、統率できる力が足りなかった可能性もある。


バンテアイスレイは、詳しく見たわけではないが、人間の楽観性のシンボルのように感じた。
観光中聞こえ続けた美しく涼やかな奏では、クメール音楽。
遺跡背後の木陰に、10人余りの演奏者が奏でてくれている。

私はその一群に近づき、お礼の気持ちを含め、少額の寄付とともにCDを一枚買った。
立ち去る私に対する、真剣な感謝のまなざしが印象に残る。

CDの裏を見ると「地雷被害者楽団」と書いてあった。

2015.2.24片瀬貴文記

旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

  • シェムリアップ郊外

    シェムリアップ郊外

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ<br />門

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ<br />門

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    イチオシ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ

  • 地雷被害者楽団による<br />クメール伝統音楽演奏

    地雷被害者楽団による
    クメール伝統音楽演奏

  • クメール伝統音楽

    クメール伝統音楽

  • バンテアイスレイ付近

    バンテアイスレイ付近

  • 沿道風景

    沿道風景

  • ホテルのプールに<br />映る夕日

    ホテルのプールに
    映る夕日

この旅行記のタグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集