飛騨高山 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
和蝋燭(わろうそく)は灯具である蝋燭の一種。<br />櫨の実から搾り取った木蝋を加熱して熔かしたものを、和紙およびイグサから作った芯(灯心)の周りに手でかけ、乾燥させてを繰り返して作る。完成した蝋燭は、断面が年輪状になる。 ハゼの蝋のみで作った蝋燭が最も高級とされる。<br /><br />洋蝋燭に比べ光が強く、長時間もつと言われている。 また、芯の状態によって炎の揺らぎ方が異なり、その燃え方の表情の変化を好む人もいる。洋蝋燭より作成に手間がかかるため高価であり、一般には仏具専門店にて販売される。<br />(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)<br /><br />三嶋和蝋燭店<br />江戸時代から続く和ろうそくの老舗で、現在の主人は7代目。和紙と灯芯と真綿で作った芯に、ハゼの実からできた蝋を掛けながら形を整える、生掛和ろうそく。これを全て手作りする全国でも数少ない店のひとつ。色は朱色、白色、ツートンカラーの3種類あり、1本150円〜。<br />( http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/spot/s21903.html より引用)<br /><br />飛騨古川については・・<br />http://www.hida-kankou.jp/model/1000000146/<br />http://washimo-web.jp/Trip/Furukawa/furukawa.htm<br /><br />

飛騨古川2/3 三嶋和蝋燭店:手作りの技を公開 ☆朱色ろうそくは祝いの灯火

5いいね!

2015/01/26 - 2015/01/26

858位(同エリア1453件中)

和蝋燭(わろうそく)は灯具である蝋燭の一種。
櫨の実から搾り取った木蝋を加熱して熔かしたものを、和紙およびイグサから作った芯(灯心)の周りに手でかけ、乾燥させてを繰り返して作る。完成した蝋燭は、断面が年輪状になる。 ハゼの蝋のみで作った蝋燭が最も高級とされる。

洋蝋燭に比べ光が強く、長時間もつと言われている。 また、芯の状態によって炎の揺らぎ方が異なり、その燃え方の表情の変化を好む人もいる。洋蝋燭より作成に手間がかかるため高価であり、一般には仏具専門店にて販売される。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

三嶋和蝋燭店
江戸時代から続く和ろうそくの老舗で、現在の主人は7代目。和紙と灯芯と真綿で作った芯に、ハゼの実からできた蝋を掛けながら形を整える、生掛和ろうそく。これを全て手作りする全国でも数少ない店のひとつ。色は朱色、白色、ツートンカラーの3種類あり、1本150円〜。
( http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/spot/s21903.html より引用)

飛騨古川については・・
http://www.hida-kankou.jp/model/1000000146/
http://washimo-web.jp/Trip/Furukawa/furukawa.htm

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
観光バス 新幹線 JR特急
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)
旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

飛騨高山(岐阜) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集