ハイデルベルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
だいぶ間が空いてしまいました(汗。<br /><br />日本人に馴染み深いハイデルベルク。<br />何故だか分からないけど、ドイツに興味を持つ前からハイデルベルクという名前だけは知っていました。<br />3日目はそんな憧れの古城ハイデルベルクを拝みに行きます。<br /><br /><br />【日程】<br />8/10(土) 仙台→成田→フランクフルト フランクフルト泊<br />8/11(日) ライン川クルーズ・ケルン観光 フランクフルト泊<br />8/12(月) フランクフルト→ハイデルベルク<br />       ハイデルベルク観光<br />       ハイデルベルク→ミュンヘン ミュンヘン泊<br />8/13(火) ノイシュヴァンシュタイン城・ヴィース教会観光(みゅうツアー) <br />                                   ミュンヘン泊<br />8/14(水) ミュンヘン→ザルツブルク<br />       ザルツブルク観光<br />       ザルツブルク→ウィーン<br />       ウィーンモーツァルトコンサート ウィーン泊<br />8/15(木) ウィーン→メルク<br />       メルク観光<br />       メルク→ウィーン<br />       シェーンブルン宮殿観光 ウィーン泊<br />8/16(金) ウィーン観光<br />       ウィーン→ミュンヘン→<br />8/17(土) →成田→仙台<br /><br />大まかな旅費<br />航空券:\203,490-(1人当たり・ANAホームページより予約)<br />フランクフルトホテル:\63,600-(ツイン1+ダブル1×2泊・HISで予約)<br />ミュンヘンホテル:\74,100-(トリプル1×2泊・アップルワールドで予約)<br />ウィーンホテル:\69,080-(ツイン1+ダブル1×2泊・アップルワールドで予約)<br />ユーレイルドイツ・オーストリアパス:825ユーロ(3人用5日間1等セーバーパス・Eurail.comで予約)

ドイツ・オーストリア家族旅行2013④☆ハイデルベルクと街歩き編☆

14いいね!

2013/08/10 - 2013/08/17

208位(同エリア794件中)

0

92

snowstorm

snowstormさん

だいぶ間が空いてしまいました(汗。

日本人に馴染み深いハイデルベルク。
何故だか分からないけど、ドイツに興味を持つ前からハイデルベルクという名前だけは知っていました。
3日目はそんな憧れの古城ハイデルベルクを拝みに行きます。


【日程】
8/10(土) 仙台→成田→フランクフルト フランクフルト泊
8/11(日) ライン川クルーズ・ケルン観光 フランクフルト泊
8/12(月) フランクフルト→ハイデルベルク
       ハイデルベルク観光
       ハイデルベルク→ミュンヘン ミュンヘン泊
8/13(火) ノイシュヴァンシュタイン城・ヴィース教会観光(みゅうツアー) 
                                   ミュンヘン泊
8/14(水) ミュンヘン→ザルツブルク
       ザルツブルク観光
       ザルツブルク→ウィーン
       ウィーンモーツァルトコンサート ウィーン泊
8/15(木) ウィーン→メルク
       メルク観光
       メルク→ウィーン
       シェーンブルン宮殿観光 ウィーン泊
8/16(金) ウィーン観光
       ウィーン→ミュンヘン→
8/17(土) →成田→仙台

大まかな旅費
航空券:\203,490-(1人当たり・ANAホームページより予約)
フランクフルトホテル:\63,600-(ツイン1+ダブル1×2泊・HISで予約)
ミュンヘンホテル:\74,100-(トリプル1×2泊・アップルワールドで予約)
ウィーンホテル:\69,080-(ツイン1+ダブル1×2泊・アップルワールドで予約)
ユーレイルドイツ・オーストリアパス:825ユーロ(3人用5日間1等セーバーパス・Eurail.comで予約)

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道
航空会社
ANA オーストリア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • おはようございます。<br />今日も時差ボケで早起きですが、だいぶ眠れたので疲れもとれました。<br /><br />さて、またまた朝からガッツリ食べます(笑)<br />瓶に入ったヨーグルトが濃厚で美味しい!<br />チーズや牛乳も種類が豊富でした。<br />父はここの朝食がいたく気に入った様子。

    おはようございます。
    今日も時差ボケで早起きですが、だいぶ眠れたので疲れもとれました。

    さて、またまた朝からガッツリ食べます(笑)
    瓶に入ったヨーグルトが濃厚で美味しい!
    チーズや牛乳も種類が豊富でした。
    父はここの朝食がいたく気に入った様子。

  • 2泊お世話になったホテルをチェックアウトし、ハイデルベルクへ向かいます。<br />天井のガラス窓から青空がのぞいています。<br />今日もいい天気のようです♪

    2泊お世話になったホテルをチェックアウトし、ハイデルベルクへ向かいます。
    天井のガラス窓から青空がのぞいています。
    今日もいい天気のようです♪

  • 07:53発のICEに乗ります。<br />ホテルからエスカレーターで下るだけでホームに着くので本当に便利です。<br />フランクフルトの街中にも電車で10数分で行けるし、列車移動が多い方なら空港に泊まるのもありだと思いました。

    07:53発のICEに乗ります。
    ホテルからエスカレーターで下るだけでホームに着くので本当に便利です。
    フランクフルトの街中にも電車で10数分で行けるし、列車移動が多い方なら空港に泊まるのもありだと思いました。

  • 座席は事前にコンパートメントを予約しておきました。<br />荷物も置けるし安心です。<br />ちなみにコンパートメントと普通席の指定料金は同じなので、ある程度まとまった人数なら気兼ねなく寛げるコンパートメントがお薦めです。<br />DBのホームページからであればシートマップで座席を選ぶことができます。<br /><br />07:53フランクフルト空港発 08:23マンハイム着 ICE101

    座席は事前にコンパートメントを予約しておきました。
    荷物も置けるし安心です。
    ちなみにコンパートメントと普通席の指定料金は同じなので、ある程度まとまった人数なら気兼ねなく寛げるコンパートメントがお薦めです。
    DBのホームページからであればシートマップで座席を選ぶことができます。

    07:53フランクフルト空港発 08:23マンハイム着 ICE101

  • 車内レストランのメニュー。<br />ドイツの郷土料理を中心に色々揃っています。<br />頼んでみたいけど、今は朝ごはんを食べたばかりなので後で…

    車内レストランのメニュー。
    ドイツの郷土料理を中心に色々揃っています。
    頼んでみたいけど、今は朝ごはんを食べたばかりなので後で…

  • マンハイムで乗り換えです。<br />事前に乗り換え列車のホームまで調べていたのに直前で変更があったらしく、一本乗り遅れました…<br />でもマンハイム→ハイデルベルク間は15分に一本くらいあるのでなんとかなりました^^;

    マンハイムで乗り換えです。
    事前に乗り換え列車のホームまで調べていたのに直前で変更があったらしく、一本乗り遅れました…
    でもマンハイム→ハイデルベルク間は15分に一本くらいあるのでなんとかなりました^^;

  • 09:15頃ハイデルベルクに到着。<br />駅のコインロッカーに荷物を預けます。<br />一番大きいロッカーだとスーツケース大2個+小1個が収まりました。

    09:15頃ハイデルベルクに到着。
    駅のコインロッカーに荷物を預けます。
    一番大きいロッカーだとスーツケース大2個+小1個が収まりました。

  • ハイデルベルク中央駅です。<br /><br />さて、駅を出てバスに乗ろうとウロウロしていたら、地元のご婦人と思われる方が「シュロスに行くの?ならこっちじゃなくてあっちよ!」とバス停の方まで連れて行ってくれました。<br />駅の目の前にあるバス停はハイデルベルク城とは反対方向へ向かうバス停のようです。<br />間違えて反対方向へ行くバスに乗る観光客が多いんだと思われます(笑)。<br />ご親切にありがとうございました。

    ハイデルベルク中央駅です。

    さて、駅を出てバスに乗ろうとウロウロしていたら、地元のご婦人と思われる方が「シュロスに行くの?ならこっちじゃなくてあっちよ!」とバス停の方まで連れて行ってくれました。
    駅の目の前にあるバス停はハイデルベルク城とは反対方向へ向かうバス停のようです。
    間違えて反対方向へ行くバスに乗る観光客が多いんだと思われます(笑)。
    ご親切にありがとうございました。

  • ちょうどハイデルベルク城へ行くバスは出発したばかりのよう。<br />時間ももったいないので、旧市街の入口まで行くトラムに乗ることにしました。

    ちょうどハイデルベルク城へ行くバスは出発したばかりのよう。
    時間ももったいないので、旧市街の入口まで行くトラムに乗ることにしました。

  • トラムはすぐにやってきます。<br />旧市街まで5〜6分程度なので、十分歩ける距離かも。

    トラムはすぐにやってきます。
    旧市街まで5〜6分程度なので、十分歩ける距離かも。

  • 終点で降ります。<br />目の前にはデパートのガレリアカウフホーフ。

    終点で降ります。
    目の前にはデパートのガレリアカウフホーフ。

  • 旧市街を散策しながらハイデルベルク城を目指します。<br /><br />それにしても今日もいい天気!

    旧市街を散策しながらハイデルベルク城を目指します。

    それにしても今日もいい天気!

  • まだ人もまばらな旧市街をのんびり歩きます。

    まだ人もまばらな旧市街をのんびり歩きます。

  • 可愛い時計。

    可愛い時計。

  • 窓辺に花が。<br />ヨーロッパらしい風景ですね。

    窓辺に花が。
    ヨーロッパらしい風景ですね。

  • グリーンの建物。<br />街並みに自然に溶け込んでます。

    グリーンの建物。
    街並みに自然に溶け込んでます。

  • 可愛いお店。<br />中をちょっと覗いてみると…

    可愛いお店。
    中をちょっと覗いてみると…

  • シロップ?お酒?のような瓶がたくさん。<br />何味だったんだろう?

    シロップ?お酒?のような瓶がたくさん。
    何味だったんだろう?

  • 旧市街の入口から歩くこと約20分、中心部のマルクト広場へやってきました。

    旧市街の入口から歩くこと約20分、中心部のマルクト広場へやってきました。

  • マルクト広場に面して建っているZum Ritter(ツム・リッター)。<br />1592年に建てられた「騎士の家」という名前をもつ由緒ある建物です。<br />

    マルクト広場に面して建っているZum Ritter(ツム・リッター)。
    1592年に建てられた「騎士の家」という名前をもつ由緒ある建物です。

  • 聖霊教会。<br />かなり大きな建物です。

    聖霊教会。
    かなり大きな建物です。

  • マルクト広場から少し奥に入ったところにハイデルベルク城行きのケーブルカー乗り場があります。<br />朝の10時前はガラガラでしたが、お昼前には長蛇の列になっていました。<br />見学するなら朝一がよさそうです。

    マルクト広場から少し奥に入ったところにハイデルベルク城行きのケーブルカー乗り場があります。
    朝の10時前はガラガラでしたが、お昼前には長蛇の列になっていました。
    見学するなら朝一がよさそうです。

  • 入口にある券売機でケーブルカーの乗車券兼お城の入場券を購入。<br />大人1人£6でした。<br />券売機はドイツ語オンリーですが、人数・大人か子供かなど単純な選択項目しかでてこないので何とかなります(笑)。

    入口にある券売機でケーブルカーの乗車券兼お城の入場券を購入。
    大人1人£6でした。
    券売機はドイツ語オンリーですが、人数・大人か子供かなど単純な選択項目しかでてこないので何とかなります(笑)。

  • かなりの急勾配をあっという間に登っていきます。<br />下を見下ろすと結構怖いです;;

    かなりの急勾配をあっという間に登っていきます。
    下を見下ろすと結構怖いです;;

  • ケーブルカーを降りてお城の方へ進むと、早くもこんな画が!

    ケーブルカーを降りてお城の方へ進むと、早くもこんな画が!

  • いよいよ入城です。

    いよいよ入城です。

  • おお〜朽ち果ててる!

    おお〜朽ち果ててる!

  • 壁一枚になっても残ってる…!

    壁一枚になっても残ってる…!

  • まさに古城!<br />テンション上がります!

    まさに古城!
    テンション上がります!

  • 日時計ですね。

    日時計ですね。

  • フリードリヒ館という建物です。<br />この建物はハイデルベルク城の中でもかなり保存状態がいい建物のようです。<br />中にも入れます。

    フリードリヒ館という建物です。
    この建物はハイデルベルク城の中でもかなり保存状態がいい建物のようです。
    中にも入れます。

  • フリードリヒ館に入る前にオットーハインリヒ館の中にある薬事博物館を見学。<br />薬の博物館って珍しいですよね。

    フリードリヒ館に入る前にオットーハインリヒ館の中にある薬事博物館を見学。
    薬の博物館って珍しいですよね。

  • 薬を作る機械(?)があったり…

    薬を作る機械(?)があったり…

  • 薬を保存する棚(?)があったり…

    薬を保存する棚(?)があったり…

  • 薬事博物館とは言ってもお洒落な感じです。<br />薬のことは全く分かりませんが、けっこう楽しめました。

    薬事博物館とは言ってもお洒落な感じです。
    薬のことは全く分かりませんが、けっこう楽しめました。

  • そして先ほどのフリードリヒ館の中へ。<br />ここにはワインの大樽があります。<br />この樽も十分大きいですが…

    そして先ほどのフリードリヒ館の中へ。
    ここにはワインの大樽があります。
    この樽も十分大きいですが…

  • このワイン樽、世界最大の大きさだそうです!<br />何リットル入るんだろう?

    このワイン樽、世界最大の大きさだそうです!
    何リットル入るんだろう?

  • 上に登ってみるとこの大きさです。<br />樽の上でうろうろできる位広いです。

    上に登ってみるとこの大きさです。
    樽の上でうろうろできる位広いです。

  • この人物、大酒飲みのペルケオという道化師だそうです。<br />右側にあるのは彼が作ったビックリ箱だそうですが、どんな仕掛けがしてあるのかな?

    この人物、大酒飲みのペルケオという道化師だそうです。
    右側にあるのは彼が作ったビックリ箱だそうですが、どんな仕掛けがしてあるのかな?

  • フリードリヒ館から奥のテラスに出られます。<br />ここから見るハイデルベルクの街並みが素敵です!

    フリードリヒ館から奥のテラスに出られます。
    ここから見るハイデルベルクの街並みが素敵です!

  • ネッカー川と緑が美しいです。<br />こちらの方向に更に奥に進んでいくとネッカー川沿いにたくさんの古城が見られるらしいですが…<br />いつか行ってみたいなあ。

    ネッカー川と緑が美しいです。
    こちらの方向に更に奥に進んでいくとネッカー川沿いにたくさんの古城が見られるらしいですが…
    いつか行ってみたいなあ。

  • 城の周りのお堀。

    城の周りのお堀。

  • お城を外側から眺めてみます。

    お城を外側から眺めてみます。

  • この廃墟感、いいですねえ。

    この廃墟感、いいですねえ。

  • 優雅なお城も好きだけど、何故か朽ち果てた古城に惹かれます。。<br />古城巡りの旅をしてみたい…

    優雅なお城も好きだけど、何故か朽ち果てた古城に惹かれます。。
    古城巡りの旅をしてみたい…

  • 1時間半ほどかけてじっくりお城散策をしてきました。<br />ケーブルカーで降りてくると、マルクト広場にお昼の賑わいが。<br />

    1時間半ほどかけてじっくりお城散策をしてきました。
    ケーブルカーで降りてくると、マルクト広場にお昼の賑わいが。

  • ということでお腹も空いたことだし、ランチにします。<br />旧市街を散策していた時に見つけておいたシーフードのチェーンレストランNORDSEE(ノルトゼー)で。<br />フィッシュ&チップス、シーフードのサラダ、Radler(ラドラー・ビールのレモンソーダ割)。<br />かなり量は多いですが、日本人に馴染みのある味だと思います。<br />ドイツはほぼ内陸国なので、シーフードメニューは貴重です。

    ということでお腹も空いたことだし、ランチにします。
    旧市街を散策していた時に見つけておいたシーフードのチェーンレストランNORDSEE(ノルトゼー)で。
    フィッシュ&チップス、シーフードのサラダ、Radler(ラドラー・ビールのレモンソーダ割)。
    かなり量は多いですが、日本人に馴染みのある味だと思います。
    ドイツはほぼ内陸国なので、シーフードメニューは貴重です。

  • 昼ご飯を食べたら、ハイデルベルクで有名なあの店へ向かいます。

    昼ご飯を食べたら、ハイデルベルクで有名なあの店へ向かいます。

  • ハイデルベルク名物の「学生のキス」で有名なクネーゼルです。<br />カフェの横に小さなお店があるはずですが…

    ハイデルベルク名物の「学生のキス」で有名なクネーゼルです。
    カフェの横に小さなお店があるはずですが…

  • ガーン、休みでした。。。<br />ガイドブックなどには無休となっていますが、(夏場だけ?)月曜日は休業日のようです。<br />夏場に行かれる方はお気を付け下さい…

    ガーン、休みでした。。。
    ガイドブックなどには無休となっていますが、(夏場だけ?)月曜日は休業日のようです。
    夏場に行かれる方はお気を付け下さい…

  • ややテンションが下がりつつ、次の目的地へ向かうためカールテオドール橋を渡ります。<br />この橋はAlte Brucke(アルテ・ブルッケ=古い橋)とも呼ばれ、最初の橋が架けられたのはなんと1284年!という古さだそうです。当時は木の橋で洪水のたびに流されていましたが、1788年に選帝侯カール・テオドールによって堅固な石橋に架け替えられました。

    ややテンションが下がりつつ、次の目的地へ向かうためカールテオドール橋を渡ります。
    この橋はAlte Brucke(アルテ・ブルッケ=古い橋)とも呼ばれ、最初の橋が架けられたのはなんと1284年!という古さだそうです。当時は木の橋で洪水のたびに流されていましたが、1788年に選帝侯カール・テオドールによって堅固な石橋に架け替えられました。

  • この方が選帝侯カール・テオドール氏です。

    この方が選帝侯カール・テオドール氏です。

  • ネッカー川を挟んだ対岸は静かでのんびりした雰囲気です。

    ネッカー川を挟んだ対岸は静かでのんびりした雰囲気です。

  • さて、目的地はこのシュランゲン小道を登ったところにある「哲学者の道」です。<br />細くて急な坂を延々登らなくてはいけないということで、山登りが大の苦手の母を「ちょっとだけ坂上がると絶景が見えるよ〜!」と言ってだまし(?!)つつ上を目指します。

    さて、目的地はこのシュランゲン小道を登ったところにある「哲学者の道」です。
    細くて急な坂を延々登らなくてはいけないということで、山登りが大の苦手の母を「ちょっとだけ坂上がると絶景が見えるよ〜!」と言ってだまし(?!)つつ上を目指します。

  • 実は昨日行ったケルンでもケルン大聖堂の塔に登りたかったのですが、数百段の階段を登らないと行けないと母に言ったところあっさり却下された(涙)ため、そのリベンジということで(笑)。<br /><br />延々と登って、階段を上がり、また登って…を繰り返し…

    実は昨日行ったケルンでもケルン大聖堂の塔に登りたかったのですが、数百段の階段を登らないと行けないと母に言ったところあっさり却下された(涙)ため、そのリベンジということで(笑)。

    延々と登って、階段を上がり、また登って…を繰り返し…

  • 途中で休憩をはさみながら、「まだ〜?」「もうちょっとだよー。」という会話を繰り返しながら…<br />(ちなみに父は結構元気に登っていました。)

    途中で休憩をはさみながら、「まだ〜?」「もうちょっとだよー。」という会話を繰り返しながら…
    (ちなみに父は結構元気に登っていました。)

  • 休み休み登ること約20分。<br />ついに着いたー!<br />期待通りの絶景です!

    休み休み登ること約20分。
    ついに着いたー!
    期待通りの絶景です!

  • ハイデルベルク城もカールテオドール橋も街並みも一望できます。<br />街中を歩くのとはまた違う風景が楽しめます。<br />ちょっと骨は折れますが、登ってくる価値はありますよ!

    ハイデルベルク城もカールテオドール橋も街並みも一望できます。
    街中を歩くのとはまた違う風景が楽しめます。
    ちょっと骨は折れますが、登ってくる価値はありますよ!

  • ちなみに哲学者の道とはこんな感じでした。<br />案外普通。。。<br />京都の哲学の道のほうが風情があります。

    ちなみに哲学者の道とはこんな感じでした。
    案外普通。。。
    京都の哲学の道のほうが風情があります。

  • 午後のいい散歩になりました。<br />ヨーロッパは日本のように湿度が高くないので、暑いけどベタベタしなくて日中も過ごしやすいですね。<br />ただ、すごい勢いで日焼けしました^^;

    午後のいい散歩になりました。
    ヨーロッパは日本のように湿度が高くないので、暑いけどベタベタしなくて日中も過ごしやすいですね。
    ただ、すごい勢いで日焼けしました^^;

  • 行きと同じくトラムでハイデルベルク駅へ戻り、荷物をピックアップ。<br />これからマンハイム経由でミュンヘンへ向かいます。<br />駅のホームで電車を待っていたのですが、またしても直前にホーム変更が。<br />地元の学生らしき若者が「マンハイムに行くの?なら電車はあっちのホームに変わったよ。」と声をかけてくれたおかげで電車に乗り過ごさずに済みました。<br />電光掲示板にも変更の案内はでないし、あのままだったら確実に乗りそびれていたところでした…<br />ドイツの人は本当に旅行者に親切です。(そしてみんな英語が話せる…)

    行きと同じくトラムでハイデルベルク駅へ戻り、荷物をピックアップ。
    これからマンハイム経由でミュンヘンへ向かいます。
    駅のホームで電車を待っていたのですが、またしても直前にホーム変更が。
    地元の学生らしき若者が「マンハイムに行くの?なら電車はあっちのホームに変わったよ。」と声をかけてくれたおかげで電車に乗り過ごさずに済みました。
    電光掲示板にも変更の案内はでないし、あのままだったら確実に乗りそびれていたところでした…
    ドイツの人は本当に旅行者に親切です。(そしてみんな英語が話せる…)

  • 親切な若者のおかげで無事ミュンヘン行きのICEに乗ることができました。<br />またまた個室でのんびりしていきます。<br /><br />15:31マンハイム発 18:27ミュンヘン着 ICE519

    親切な若者のおかげで無事ミュンヘン行きのICEに乗ることができました。
    またまた個室でのんびりしていきます。

    15:31マンハイム発 18:27ミュンヘン着 ICE519

  • 検札にきた車掌さんにもらったハリボーのグミ。

    検札にきた車掌さんにもらったハリボーのグミ。

  • 1等ではレストランカーから席まで食事を運んでくれるサービスがありますが、レストランカーを見てみたかったので直接足を運んでみました。

    1等ではレストランカーから席まで食事を運んでくれるサービスがありますが、レストランカーを見てみたかったので直接足を運んでみました。

  • ラドラーを注文。<br />さっぱりして美味しい!<br />この後しばらくラドラーにはまり、日本に帰ってきてからも自作していました。<br />色々試してみましたが、ビールをCCレモンで割ったのが一番現地の味に近い感じでした。

    ラドラーを注文。
    さっぱりして美味しい!
    この後しばらくラドラーにはまり、日本に帰ってきてからも自作していました。
    色々試してみましたが、ビールをCCレモンで割ったのが一番現地の味に近い感じでした。

  • こんな風景の中を延々と走っていきます。

    こんな風景の中を延々と走っていきます。

  • ヨーロッパの田舎だなぁ…

    ヨーロッパの田舎だなぁ…

  • のんびり…

    のんびり…

  • 3時間の電車の旅はあっという間に終わり。<br />ミュンヘンに到着です。<br />ICEは本当に快適で、何時間でも乗ってられそうです。

    3時間の電車の旅はあっという間に終わり。
    ミュンヘンに到着です。
    ICEは本当に快適で、何時間でも乗ってられそうです。

  • 18:30頃到着しました。<br />通りから見たミュンヘン中央駅。

    18:30頃到着しました。
    通りから見たミュンヘン中央駅。

  • で、そのすぐ向かいが今日から2泊するホテル、メリディアンミュンヘンです。<br />電車移動が多かったので駅近くのホテルを探したところ、価格的に泊まれるのがここか駅を挟んで反対側にあるエデンヴォルフのどちらか…<br />ミュンヘンのホテルは(時期的に?)高かったです(汗。

    で、そのすぐ向かいが今日から2泊するホテル、メリディアンミュンヘンです。
    電車移動が多かったので駅近くのホテルを探したところ、価格的に泊まれるのがここか駅を挟んで反対側にあるエデンヴォルフのどちらか…
    ミュンヘンのホテルは(時期的に?)高かったです(汗。

  • ツインの部屋にエキストラベッドを入れてもらいました。<br />部屋は広いのでベッド3台でも狭さは感じませんでした。<br />私がエキストラベッド使うから、、、と言ったのですが、父が自分がエキストラベッドでいいと。

    ツインの部屋にエキストラベッドを入れてもらいました。
    部屋は広いのでベッド3台でも狭さは感じませんでした。
    私がエキストラベッド使うから、、、と言ったのですが、父が自分がエキストラベッドでいいと。

  • ホテルの案内。<br />一番右側に「COFFE FOR TWO」というクーポンが入っていました。<br />部屋にポットが置いてないためか、1階のロビーで無料でコーヒーが飲める券がついていたようでしたが、残念ながら利用する時間がなく。。。<br /><br />下のカラフルなカードがルームキーです。<br />1枚づつデザインも違ってかわいい♪

    ホテルの案内。
    一番右側に「COFFE FOR TWO」というクーポンが入っていました。
    部屋にポットが置いてないためか、1階のロビーで無料でコーヒーが飲める券がついていたようでしたが、残念ながら利用する時間がなく。。。

    下のカラフルなカードがルームキーです。
    1枚づつデザインも違ってかわいい♪

  • デスク周り。<br />ライトや電話がお洒落です。<br />ここには写っていませんが、無料の水も1本だけ置いてありました。

    デスク周り。
    ライトや電話がお洒落です。
    ここには写っていませんが、無料の水も1本だけ置いてありました。

  • 洗面台とバスタブ。<br />アメニティーはシャンプー・コンディショナー・バスジェル・石鹸。<br />あと、バスロープが1着だけありました。。

    洗面台とバスタブ。
    アメニティーはシャンプー・コンディショナー・バスジェル・石鹸。
    あと、バスロープが1着だけありました。。

  • シャワーブースが独立しています。<br />お湯の量も温度もOKでした。

    シャワーブースが独立しています。
    お湯の量も温度もOKでした。

  • 窓の外は中庭ビュー。<br />通りに面していないので静かでした。

    窓の外は中庭ビュー。
    通りに面していないので静かでした。

  • 荷物を置いたら夕食に出かけます。<br />旧市街の入口にあるカールス広場の噴水。<br />涼しい〜!<br />子供たちも水遊びをしていました。

    荷物を置いたら夕食に出かけます。
    旧市街の入口にあるカールス広場の噴水。
    涼しい〜!
    子供たちも水遊びをしていました。

  • ノイハウザー通りへ向かうカールス門。<br />夏休み期間だからか、平日にも関わらず凄い人出です。

    ノイハウザー通りへ向かうカールス門。
    夏休み期間だからか、平日にも関わらず凄い人出です。

  • ノイハウザー通りに面して建つミヒャエル教会。<br />ファサードにある人物像は歴代のローマ皇帝や聖人だそうです。<br />残念ながら開館時間は終わっていました。。

    ノイハウザー通りに面して建つミヒャエル教会。
    ファサードにある人物像は歴代のローマ皇帝や聖人だそうです。
    残念ながら開館時間は終わっていました。。

  • デパートのヒルマー。<br />三角屋根に窓辺に花が飾ってある可愛らしい外観ですが、紳士服専門のデパートだそうです。

    デパートのヒルマー。
    三角屋根に窓辺に花が飾ってある可愛らしい外観ですが、紳士服専門のデパートだそうです。

  • 玉ねぎのような2本の塔で有名なフラウエン教会。<br />写真から想像していたよりもずっと大きくてびっくり。<br /><br />有名な「悪魔の足跡」なんかも見てみたかったけど、ここも残念ながら閉館後。。

    玉ねぎのような2本の塔で有名なフラウエン教会。
    写真から想像していたよりもずっと大きくてびっくり。

    有名な「悪魔の足跡」なんかも見てみたかったけど、ここも残念ながら閉館後。。

  • 旧市街の中心部、マリエン広場にある新市庁舎に到着。<br />おお〜大きい〜!<br />ゴシック様式の荘厳なたたずまいです。<br />こういういかにも中世のヨーロッパ!な雰囲気の建物が大好きです!<br />(大きすぎて写真が見切れてる…)

    旧市街の中心部、マリエン広場にある新市庁舎に到着。
    おお〜大きい〜!
    ゴシック様式の荘厳なたたずまいです。
    こういういかにも中世のヨーロッパ!な雰囲気の建物が大好きです!
    (大きすぎて写真が見切れてる…)

  • 仕掛け時計のある塔は高さ85m。<br />ここにも登れるそうです。<br />仕掛け時計が動くのも見たかったし、やっぱりミュンヘン観光の時間もとればよかったと後悔。。。

    仕掛け時計のある塔は高さ85m。
    ここにも登れるそうです。
    仕掛け時計が動くのも見たかったし、やっぱりミュンヘン観光の時間もとればよかったと後悔。。。

  • 次回(?)は必ずミュンヘンをじっくり見よう!と1人こっそり決意し、今夜の夕食のレストランへ。<br />市庁舎の地下にあるラーツケラーです。<br />ちなみにラーツケラーは「市庁舎のレストラン」という意味で、ドイツの各地の市庁舎に「ラーツケラー」と呼ばれるレストランが併設されているそうです。

    次回(?)は必ずミュンヘンをじっくり見よう!と1人こっそり決意し、今夜の夕食のレストランへ。
    市庁舎の地下にあるラーツケラーです。
    ちなみにラーツケラーは「市庁舎のレストラン」という意味で、ドイツの各地の市庁舎に「ラーツケラー」と呼ばれるレストランが併設されているそうです。

  • 入口にメニューがあります。<br />写真付きで分かりやすいのが○。

    入口にメニューがあります。
    写真付きで分かりやすいのが○。

  • 通路を潜り、中庭から地下に降りていくとレストランの入口があります。

    通路を潜り、中庭から地下に降りていくとレストランの入口があります。

  • 特に予約はしませんでしたが、すぐに席に案内されました。<br /><br />まずはミュンヘンのビールで乾杯!

    特に予約はしませんでしたが、すぐに席に案内されました。

    まずはミュンヘンのビールで乾杯!

  • まずはミックスサラダ。<br />チコリやミニ人参が入ったオシャレな雰囲気のサラダでした。

    まずはミックスサラダ。
    チコリやミニ人参が入ったオシャレな雰囲気のサラダでした。

  • 正式な名前は忘れてしまったけど、ソーセージをジャガイモのケーキで挟んだもの。<br />このソーセージが独特の味がついていてすごく美味しかったです!<br />ちょっとしょっぱくて懐かしいような味…<br />「何だろうねーこの味。」と言いながら3人で食べていたのですが、ふと思い浮かんだのが「味噌味」。まさに日本の味噌の味でした!(と私は思っています(笑)。)

    正式な名前は忘れてしまったけど、ソーセージをジャガイモのケーキで挟んだもの。
    このソーセージが独特の味がついていてすごく美味しかったです!
    ちょっとしょっぱくて懐かしいような味…
    「何だろうねーこの味。」と言いながら3人で食べていたのですが、ふと思い浮かんだのが「味噌味」。まさに日本の味噌の味でした!(と私は思っています(笑)。)

  • ハンガリー風シチューのグヤーシュ。<br />見た目よりも薄味です。<br />付け合せのショートパスタ的なものが結構好きな味でした。<br /><br />ここの料理は一般的なドイツ料理のレストランのように一品が大きすぎる!ということはなく、ちょうどいい量です。

    ハンガリー風シチューのグヤーシュ。
    見た目よりも薄味です。
    付け合せのショートパスタ的なものが結構好きな味でした。

    ここの料理は一般的なドイツ料理のレストランのように一品が大きすぎる!ということはなく、ちょうどいい量です。

  • 食事を終えて外に出るとさすがに真っ暗。<br />暗闇に浮かぶ市庁舎がホラーな雰囲気を醸し出しています。<br />ホーンテッドマンションの世界のよう。<br /><br />街の中はまだまだ賑わっていましたが、夜も遅いのでホテルまでは地下鉄で帰りました。

    食事を終えて外に出るとさすがに真っ暗。
    暗闇に浮かぶ市庁舎がホラーな雰囲気を醸し出しています。
    ホーンテッドマンションの世界のよう。

    街の中はまだまだ賑わっていましたが、夜も遅いのでホテルまでは地下鉄で帰りました。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集