中野 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
JR東中野駅北進約15分、萬昌院功運寺(まんしょういんこううんじ)には赤穂浪士討入りで殺された吉良上野介らの墓、戦国時代に桶狭間で殺害された今川義元の息子らの墓等があります。<br /><br />遡ること昭和23年までは久實山萬昌院と竜谷功運寺という別々の寺院でした。<br /><br />久實山萬昌院は駿河守護今川義元の三男今川(一月)長得(いまがわちょうどく、生没不詳)が天正2年(1574)に沸照圓鑑禅師を招いて半蔵門に開かれ、その後幾度か移転して大正3年(1914)に牛込から中野に移転します。<br /><br />他方竜谷山功運寺は、慶長3年(1598)に永井尚政が父尚勝や祖父重元のため、黙室芳蘭禅師を招いて桜田門外に開き、幾度か移転を繰り返し大正11年(1922)に三田から現在の中野に移転します。

武蔵中野 吉良上野介墓所・功運寺散歩

6いいね!

2013/04/20 - 2013/04/20

54位(同エリア111件中)

0

23

JR東中野駅北進約15分、萬昌院功運寺(まんしょういんこううんじ)には赤穂浪士討入りで殺された吉良上野介らの墓、戦国時代に桶狭間で殺害された今川義元の息子らの墓等があります。

遡ること昭和23年までは久實山萬昌院と竜谷功運寺という別々の寺院でした。

久實山萬昌院は駿河守護今川義元の三男今川(一月)長得(いまがわちょうどく、生没不詳)が天正2年(1574)に沸照圓鑑禅師を招いて半蔵門に開かれ、その後幾度か移転して大正3年(1914)に牛込から中野に移転します。

他方竜谷山功運寺は、慶長3年(1598)に永井尚政が父尚勝や祖父重元のため、黙室芳蘭禅師を招いて桜田門外に開き、幾度か移転を繰り返し大正11年(1922)に三田から現在の中野に移転します。

交通手段
JRローカル 徒歩

PR

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集