ヴェール=ポン=デュ=ガル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「その5」はサン・レミのあとに訪れた<br />ポン・デュ・ガール(水道橋)観光に<br />ついてです。

南フランス・プロバンス地方ひとりドライブの旅 その5 ポン・デュ・ガール(水道橋)観光

41いいね!

2013/05/13 - 2013/05/19

3位(同エリア10件中)

0

35

Molly

Mollyさん

「その5」はサン・レミのあとに訪れた
ポン・デュ・ガール(水道橋)観光に
ついてです。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
レンタカー
航空会社
エールフランス KLMオランダ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • タラスコンの街の旧市街を<br />注意して抜け、ローヌ川に沿って<br />北上します。街を抜けると気持ちの良い<br />川べりドライブです。<br /><br />川は前夜、そして今日もお昼頃に<br />雨が降っていますので<br />水量が豊かです。<br />そして川を渡りポン・デュ・ガールを一路、目指します。<br /><br /><br />

    タラスコンの街の旧市街を
    注意して抜け、ローヌ川に沿って
    北上します。街を抜けると気持ちの良い
    川べりドライブです。

    川は前夜、そして今日もお昼頃に
    雨が降っていますので
    水量が豊かです。
    そして川を渡りポン・デュ・ガールを一路、目指します。


  • そして右岸の駐車場に到着。<br />あれ、こんな車の数なの、<br />と思うほど少ない。<br /><br />みなさん、左岸のほうへ<br />行ってしまっているんでしょうか。<br />

    そして右岸の駐車場に到着。
    あれ、こんな車の数なの、
    と思うほど少ない。

    みなさん、左岸のほうへ
    行ってしまっているんでしょうか。

  • ここも並木が気持ち良い。<br />左にVisitor Centerがあります。<br />パンフでももらいますか。<br /><br />あらかじめ、トイレはここで<br />すませておいたほうがよいです。<br />

    ここも並木が気持ち良い。
    左にVisitor Centerがあります。
    パンフでももらいますか。

    あらかじめ、トイレはここで
    すませておいたほうがよいです。

  • お昼の雨もあがり、ようやく<br />ご対面できました。<br /><br /><br />

    お昼の雨もあがり、ようやく
    ご対面できました。


  • まずは渡ってみますか。

    まずは渡ってみますか。

  • ガルドン川とその岸の眺め。<br />真夏のヴァカンスの季節になれば<br />川べりで遊ぶ子供たちの声も<br />聞こえるんでしょうが...。

    ガルドン川とその岸の眺め。
    真夏のヴァカンスの季節になれば
    川べりで遊ぶ子供たちの声も
    聞こえるんでしょうが...。

  • う〜む、これが2000年以上も前の<br />ローマ遺跡。<br />

    う〜む、これが2000年以上も前の
    ローマ遺跡。

  • 家で前もって見てきたテレビ番組では<br />積み上げてある石は、ほぼ同じ大きさの<br />ものを使ったとありましたが<br />どうでしょう。

    家で前もって見てきたテレビ番組では
    積み上げてある石は、ほぼ同じ大きさの
    ものを使ったとありましたが
    どうでしょう。

  • つなぎ目はこんな風なのか。

    つなぎ目はこんな風なのか。

  • 左岸に渡ると高校生と思える一団が<br />専門家から解説を聞いていました。<br />こらこら、よそ見をしてはいけません。

    左岸に渡ると高校生と思える一団が
    専門家から解説を聞いていました。
    こらこら、よそ見をしてはいけません。

  • 川に映る逆さ富士じゃなくて<br />逆さポン・デュ・ガール。<br />この後すぐ、風が吹いてきて<br />消えてしまいました。<br />

    川に映る逆さ富士じゃなくて
    逆さポン・デュ・ガール。
    この後すぐ、風が吹いてきて
    消えてしまいました。

  • 再び、右岸に戻ります。

    再び、右岸に戻ります。

  • 帰る途中で崖に登る小道への<br />入口がありましたので<br />行ってみることとします。

    帰る途中で崖に登る小道への
    入口がありましたので
    行ってみることとします。

  • ビュー・ポイント入口のようです。

    ビュー・ポイント入口のようです。

  • ハイヒールでは行けません。

    ハイヒールでは行けません。

  • ひゃー、靴がよごれてしまう。<br />あらかじめ運動靴にはきかえては<br />おきましたが...。

    ひゃー、靴がよごれてしまう。
    あらかじめ運動靴にはきかえては
    おきましたが...。

  • ガルドン川が見えてきました。

    ガルドン川が見えてきました。

  • これはカレンダーなどで<br />良く見る風景ですね。<br />ここから撮ったのか。

    これはカレンダーなどで
    良く見る風景ですね。
    ここから撮ったのか。

  • 対岸には川べりに降りようとして<br />いる人たちがいます。<br />私がさきほどに「逆さ富士」ならぬ<br />「逆さポン・デュ・ガール」<br />を撮った場所です。

    対岸には川べりに降りようとして
    いる人たちがいます。
    私がさきほどに「逆さ富士」ならぬ
    「逆さポン・デュ・ガール」
    を撮った場所です。

  • 望遠で撮ってみます。

    望遠で撮ってみます。

  • あれは何の建物かな。

    あれは何の建物かな。

  • 水道橋の最上階に来ました。<br />予約のある団体さんだと<br />ここから先も行けるのかな。<br /><br />ここを水が流れて<br />ニームに水を供給したのか、などと<br />思いをはせてしまいます。<br /><br />それにしてもオッチャン、邪魔だよ。<br />早く降りてくれないかな。<br /><br />

    水道橋の最上階に来ました。
    予約のある団体さんだと
    ここから先も行けるのかな。

    ここを水が流れて
    ニームに水を供給したのか、などと
    思いをはせてしまいます。

    それにしてもオッチャン、邪魔だよ。
    早く降りてくれないかな。

  • 水を流すための傾斜はどうして計算したのか、<br />奴隷たちがムチ打たれて作業したのかなどと<br />いろいろ考えてしまいました。

    水を流すための傾斜はどうして計算したのか、
    奴隷たちがムチ打たれて作業したのかなどと
    いろいろ考えてしまいました。

  • 時間があるので川べりに<br />降りてみます。

    時間があるので川べりに
    降りてみます。

  • これも良いショットとなりました。

    イチオシ

    これも良いショットとなりました。

  • さて午後3時も回ってきましたので<br />そろそろ帰り支度を始めましょう。<br />

    さて午後3時も回ってきましたので
    そろそろ帰り支度を始めましょう。

  • ここは解説板によると旧石器時代の<br />洞窟でフランスの考古学遺跡だとのこと。<br />ここに当時の人たちは住居を構え、<br />生活をしていたとの記述があります。<br /><br />まあ水道橋のほうがはるかに有名ですので<br />ひっそりとしています。

    ここは解説板によると旧石器時代の
    洞窟でフランスの考古学遺跡だとのこと。
    ここに当時の人たちは住居を構え、
    生活をしていたとの記述があります。

    まあ水道橋のほうがはるかに有名ですので
    ひっそりとしています。

  • 駐車料金は高いですよ。<br />18ユーロです。<br />(2013年5月現在)<br />一人より数名での訪問がお得ですね。

    駐車料金は高いですよ。
    18ユーロです。
    (2013年5月現在)
    一人より数名での訪問がお得ですね。

  • D986〜D90〜D15とよく整備された道を<br />走って行きます。<br />道標もわかりやすいです。<br />とにかくArlesの標示方向へ進みます。<br />まあ、カーナビ君の指示通りです。<br /><br />写真はBeaucaire付近を走る鉄道が<br />道路と交差しているところ。<br />石造りの橋と言うところが<br />良いですねえ。<br />さすがフランスです。<br />

    D986〜D90〜D15とよく整備された道を
    走って行きます。
    道標もわかりやすいです。
    とにかくArlesの標示方向へ進みます。
    まあ、カーナビ君の指示通りです。

    写真はBeaucaire付近を走る鉄道が
    道路と交差しているところ。
    石造りの橋と言うところが
    良いですねえ。
    さすがフランスです。

  • まあ、特に何もない田舎道を進みます。<br /><br />ところでBeaucaireは小説の「岩窟王」の中で<br />悪党のカドルッス夫妻が宿屋を経営していたところ。<br />実は私は今、読んでいるのです。

    まあ、特に何もない田舎道を進みます。

    ところでBeaucaireは小説の「岩窟王」の中で
    悪党のカドルッス夫妻が宿屋を経営していたところ。
    実は私は今、読んでいるのです。

  • やはりアルル近くになると交通量も<br />増えてきます。<br />どこの街も旧市街に<br />入らないように迂回して行きます。

    やはりアルル近くになると交通量も
    増えてきます。
    どこの街も旧市街に
    入らないように迂回して行きます。

この旅行記のタグ

41いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集