シェムリアップ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2013年のGWにシェムリアップへ行ってきました。<br /><br />今日は1日目と2日目。<br />1日目は、ホーチミン経由でシェムリアップへ。<br />2日目は、アンコールトムと小回りの遺跡、プノンバケンの夕日鑑賞に行ってきました。<br /><br />2日目のコースは、<br />(午前)<br />バンテアイ・クデイ ⇒ スラ・スラン ⇒ タ・プローム ⇒ タ・ケオ(正面から撮影のみ)<br /><br />(午後)<br />アンコール・トム(バイヨン⇒パブーオン⇒ピミアナカス) ⇒ プノン・バケン<br /><br />といった感じです。<br /><br />楽しみにしていたプノン・バケンの夕日は、空が雲に覆われ見事に失敗でした。<br />それでも、プノン・バケンの頂上からは見事なアンコールワットを望むことができました。<br />

アンコールトムと小回りツアー

19いいね!

2013/05/02 - 2013/05/07

1109位(同エリア7184件中)

    90

    2013年のGWにシェムリアップへ行ってきました。

    今日は1日目と2日目。
    1日目は、ホーチミン経由でシェムリアップへ。
    2日目は、アンコールトムと小回りの遺跡、プノンバケンの夕日鑑賞に行ってきました。

    2日目のコースは、
    (午前)
    バンテアイ・クデイ ⇒ スラ・スラン ⇒ タ・プローム ⇒ タ・ケオ(正面から撮影のみ)

    (午後)
    アンコール・トム(バイヨン⇒パブーオン⇒ピミアナカス) ⇒ プノン・バケン

    といった感じです。

    楽しみにしていたプノン・バケンの夕日は、空が雲に覆われ見事に失敗でした。
    それでも、プノン・バケンの頂上からは見事なアンコールワットを望むことができました。

    同行者
    カップル・夫婦
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    航空会社
    ベトナム航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    5.0
    グルメ
    5.0

    PR

    • 早朝9:30に成田を出てホーチミンへ。<br /><br />ホーチミンのタンソンニャット国際空港で乗り換え、ベトナム航空815便でシェムリアップへ。<br /><br />シェムリアップ空港は小さく、タラップを降りたら到着ロビーへは自分の足で歩いで移動します。

      早朝9:30に成田を出てホーチミンへ。

      ホーチミンのタンソンニャット国際空港で乗り換え、ベトナム航空815便でシェムリアップへ。

      シェムリアップ空港は小さく、タラップを降りたら到着ロビーへは自分の足で歩いで移動します。

    • シェムリアップ空港の到着ロビーは飛行機を降りてすぐ正面。<br /><br />入口はいると、すぐ左側にビザ申請のデスクがありました。

      シェムリアップ空港の到着ロビーは飛行機を降りてすぐ正面。

      入口はいると、すぐ左側にビザ申請のデスクがありました。

    • 空港に入るとこのような像があります。<br /><br />ビザ申請は観光客が多かった割に、書類への記入と申請を含めて20分程度で完了。特に審査をしている様子もなく、流れ仕事でビザが用意されました。<br /><br />入国手続きも、かなりあっさり。

      空港に入るとこのような像があります。

      ビザ申請は観光客が多かった割に、書類への記入と申請を含めて20分程度で完了。特に審査をしている様子もなく、流れ仕事でビザが用意されました。

      入国手続きも、かなりあっさり。

    • 入国手続きを済ませ、税関は税関申告の書類は係員に渡すわけでもなく、透明のプラスチックの箱に投げ入れるだけで終了。<br /><br />小さい空港なので、あっという間に外へ。<br /><br />出口には、たくさんのガイドなど迎えがたむろしていました。<br /><br /><br />ここで、ガイドのワン・タックさんと合流し市内へ。<br /><br />

      入国手続きを済ませ、税関は税関申告の書類は係員に渡すわけでもなく、透明のプラスチックの箱に投げ入れるだけで終了。

      小さい空港なので、あっという間に外へ。

      出口には、たくさんのガイドなど迎えがたむろしていました。


      ここで、ガイドのワン・タックさんと合流し市内へ。

    • 宿泊したのはタラ・アンコールホテルです。<br /><br />ナイトマーケットやパブストリートからは離れていますが、徒歩圏内のすぐ近所に、カフェプカプカとアンコールクッキーの店がありました。<br /><br />アンコール遺跡群へのチケットを買うチェックポイントには、車で5分くらいでいけるので、史跡エリアに最も近いホテルの一つかもしれません。<br /><br />アンコールワットにも、10分〜15分程度で行けたと思います。

      宿泊したのはタラ・アンコールホテルです。

      ナイトマーケットやパブストリートからは離れていますが、徒歩圏内のすぐ近所に、カフェプカプカとアンコールクッキーの店がありました。

      アンコール遺跡群へのチケットを買うチェックポイントには、車で5分くらいでいけるので、史跡エリアに最も近いホテルの一つかもしれません。

      アンコールワットにも、10分〜15分程度で行けたと思います。

    • これが、アンコール遺跡群に入るためのチケットを買うチェックポイント。<br /><br />アンコール遺跡群に入るとき、全ての観光客は、毎朝ここで係員にチケットをみせ、入場した日の欄にパンチを入れてもらう必要があります。

      これが、アンコール遺跡群に入るためのチケットを買うチェックポイント。

      アンコール遺跡群に入るとき、全ての観光客は、毎朝ここで係員にチケットをみせ、入場した日の欄にパンチを入れてもらう必要があります。

    • チェックポイントを通過し、シャルル・ドゴール通りを進むこと5分ほどで、アンコールワットの環濠が見えてきました。<br /><br /><br />今日は、アンコールワットにはいきません。<br /><br />しかし、かなり巨大な環濠には、かなりわくわくしてきました。

      チェックポイントを通過し、シャルル・ドゴール通りを進むこと5分ほどで、アンコールワットの環濠が見えてきました。


      今日は、アンコールワットにはいきません。

      しかし、かなり巨大な環濠には、かなりわくわくしてきました。

    • いよいよ最初の見学地点、バンテアイ・クデイに到着。<br /><br />石造りの門、門の上に彫られた仏の顔<br /><br /><br />わくわくしてきました。<br /><br />この寺院は、12世紀にジャヤヴァルマン7世により作られた寺院だそうです。

      いよいよ最初の見学地点、バンテアイ・クデイに到着。

      石造りの門、門の上に彫られた仏の顔


      わくわくしてきました。

      この寺院は、12世紀にジャヤヴァルマン7世により作られた寺院だそうです。

    • これが仏像の顔ですが、多くの寺院に同様にいろんな顔の仏が彫られていました。

      これが仏像の顔ですが、多くの寺院に同様にいろんな顔の仏が彫られていました。

    • ここで、上智大学の修復チームが2001年に274体の仏像を発掘しました。<br /><br />地下に眠る仏像たち。<br /><br />ジャヤヴァルマン7世は、多くの仏教寺院を作り、ヒンドゥーとの共存を図りましたが、ジャヤヴァルマン7世の死後は廃仏毀釈が起こり、ジャヤヴァルマン7世が作った仏像ははかなくも破壊されていったそうです。<br /><br />しかし、ここには破壊されていない、きれいな状態の仏像が274体も地下に保存されていました。当時の村人たちは仏を守るために隠したものではないか、などといわれているそうです。

      ここで、上智大学の修復チームが2001年に274体の仏像を発掘しました。

      地下に眠る仏像たち。

      ジャヤヴァルマン7世は、多くの仏教寺院を作り、ヒンドゥーとの共存を図りましたが、ジャヤヴァルマン7世の死後は廃仏毀釈が起こり、ジャヤヴァルマン7世が作った仏像ははかなくも破壊されていったそうです。

      しかし、ここには破壊されていない、きれいな状態の仏像が274体も地下に保存されていました。当時の村人たちは仏を守るために隠したものではないか、などといわれているそうです。

    • いよいよ寺院中心部に入ります。

      いよいよ寺院中心部に入ります。

    • このナーガが格好良かった

      このナーガが格好良かった

    • 中央塔へ向けて進みます。

      中央塔へ向けて進みます。

    • 途中見かけたアプサラの像がきれい<br /><br />

      途中見かけたアプサラの像がきれい

    • 入口の門番<br /><br />この手の像は、かなり破壊が進んでいるケースが多いのですが、結構きれいに残っています。

      入口の門番

      この手の像は、かなり破壊が進んでいるケースが多いのですが、結構きれいに残っています。

    • 建物内部に入ります。<br /><br />頭頂部を望むと、なんとなく構造が見えてきます。

      建物内部に入ります。

      頭頂部を望むと、なんとなく構造が見えてきます。

    • 破壊された仏像

      破壊された仏像

    • 中央祠堂を抜けるとこんな感じ。

      中央祠堂を抜けるとこんな感じ。

    • 裏口を出ます

      裏口を出ます

    • 3つの塔をきれいに見ることができます。

      3つの塔をきれいに見ることができます。

    1件目~20件目を表示(全90件中)

    この旅行記のタグ

      19いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      カンボジア最安 290円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      カンボジアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      シェムリアップ(カンボジア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集