白樺湖・蓼科・車山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 八ヶ岳大好きの私たちは、今年も10月、八ヶ岳にやってきました。10月の八ヶ岳登山は、もう20年も続いている私たち夫婦の年中行事です。<br /> 昔は、車で夜走りしてきて、そのまま山に登っていましたが、ここ何年か、1日早く来て、白樺湖畔で紅葉と天然温泉を楽しんで、八ヶ岳へは翌日のんびりと登っています。<br /> 2012年も白樺湖の紅葉を愛で、天然温泉の宿・山幸閣に1泊、温泉を堪能しました。

秋色に染まる白樺湖散策と白樺湖畔の天然温泉に泊まる旅

4いいね!

2012/10/26 - 2012/10/27

763位(同エリア1201件中)

0

37

 八ヶ岳大好きの私たちは、今年も10月、八ヶ岳にやってきました。10月の八ヶ岳登山は、もう20年も続いている私たち夫婦の年中行事です。
 昔は、車で夜走りしてきて、そのまま山に登っていましたが、ここ何年か、1日早く来て、白樺湖畔で紅葉と天然温泉を楽しんで、八ヶ岳へは翌日のんびりと登っています。
 2012年も白樺湖の紅葉を愛で、天然温泉の宿・山幸閣に1泊、温泉を堪能しました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車

PR

  •  中央自動車道の恵那山トンネルを抜け長野県に入ると、いつも「ああ、信州に来たな!」という気がします。<br /> 長野県でまず足を止めるのが、中央アルプスの眺望が楽しめる駒ヶ岳サービスエリアです。

     中央自動車道の恵那山トンネルを抜け長野県に入ると、いつも「ああ、信州に来たな!」という気がします。
     長野県でまず足を止めるのが、中央アルプスの眺望が楽しめる駒ヶ岳サービスエリアです。

  •  ここは峠の釜めし「おうぎや」諏訪店です。<br /> 中央自動車道を諏訪インターチェンジで下りた私たちが、次に立ち寄ったのがこの店です。

     ここは峠の釜めし「おうぎや」諏訪店です。
     中央自動車道を諏訪インターチェンジで下りた私たちが、次に立ち寄ったのがこの店です。

  •  峠の釜めし「おうぎや」諏訪店は、中央自動車道の諏訪インターチェンジ近く、国道20号線沿いにあります。ドライブインになっていて、釜めしを入手できるだけでなく、ここに寄れば、このあたりの信州の土産がたいがい揃います。

     峠の釜めし「おうぎや」諏訪店は、中央自動車道の諏訪インターチェンジ近く、国道20号線沿いにあります。ドライブインになっていて、釜めしを入手できるだけでなく、ここに寄れば、このあたりの信州の土産がたいがい揃います。

  •  私たちは以前から峠の釜めしのフアンで、横川駅には釜めしを買うためだけによく行っていましたし、横川駅が売り切れの時など、峠の店まで買いに行っていたものです。<br /> 今は、殆どここで買っています。

     私たちは以前から峠の釜めしのフアンで、横川駅には釜めしを買うためだけによく行っていましたし、横川駅が売り切れの時など、峠の店まで買いに行っていたものです。
     今は、殆どここで買っています。

  •  今回もおうぎやの「峠の釜めし」を2個ゲット!です。

     今回もおうぎやの「峠の釜めし」を2個ゲット!です。

  •  見てください!この中身!美味しそうでしょう!<br />これが「おうぎや」の「峠の釜めし」です。

     見てください!この中身!美味しそうでしょう!
    これが「おうぎや」の「峠の釜めし」です。

  •   今回は少し大回りして、奥蓼科方面をドライブして行きます。<br /> これは奥蓼科明治温泉近くにある4番千手観音です。

      今回は少し大回りして、奥蓼科方面をドライブして行きます。
     これは奥蓼科明治温泉近くにある4番千手観音です。

  •  これは馬頭観世音です。

     これは馬頭観世音です。

  •   ここは奥蓼科方面と麦草峠(国道29号線)方面との分岐です。この辺りは紅葉にはまだ少し早いようです。

      ここは奥蓼科方面と麦草峠(国道29号線)方面との分岐です。この辺りは紅葉にはまだ少し早いようです。

  •  国道152号線でヘヤピンカーブの道をどんどん上ってくると、だんだん木々は色つきを鮮やかにし、秋の深まりを感じさせます。<br /> 紅葉を楽しみながら白樺湖までやってきました。白樺湖は湖面標高1416m、周囲3・8kmの池です。<br /> 

     国道152号線でヘヤピンカーブの道をどんどん上ってくると、だんだん木々は色つきを鮮やかにし、秋の深まりを感じさせます。
     紅葉を楽しみながら白樺湖までやってきました。白樺湖は湖面標高1416m、周囲3・8kmの池です。
     

  •  毎年秋にはやってきているけれど、秋色に染まった白樺湖、きれいで大好きです。蓼科山とのコラボレーションがまた素敵です。

     毎年秋にはやってきているけれど、秋色に染まった白樺湖、きれいで大好きです。蓼科山とのコラボレーションがまた素敵です。

  •  白樺湖に突き出た場所には白樺と紅葉、その間に見えるのは標柱と説明板と大きな石碑です。標柱には「史跡 古屋敷」と書かれています。

     白樺湖に突き出た場所には白樺と紅葉、その間に見えるのは標柱と説明板と大きな石碑です。標柱には「史跡 古屋敷」と書かれています。

  •  古屋敷跡の説明板です。この地は古くから交通の要として栄えていたことがわかります。

     古屋敷跡の説明板です。この地は古くから交通の要として栄えていたことがわかります。

  • これが白樺湖の出島?に立つ石碑です。

    これが白樺湖の出島?に立つ石碑です。

  •  白樺湖の向こうに聳えるのは、日本百名山の蓼科山2530mです。蓼科山には、私たちも2度登っていますが、蓼科山は登っても見てもいい山です。

     白樺湖の向こうに聳えるのは、日本百名山の蓼科山2530mです。蓼科山には、私たちも2度登っていますが、蓼科山は登っても見てもいい山です。

  •  これも蓼科山と秋色に染まる白樺湖です。美しい絵画のようです。日本て、美しい!と嬉しくなります。

     これも蓼科山と秋色に染まる白樺湖です。美しい絵画のようです。日本て、美しい!と嬉しくなります。

  •  ぐるりーと白樺湖を巡ってみます。

     ぐるりーと白樺湖を巡ってみます。

  •  白樺湖はどこから見ても絵になります。

     白樺湖はどこから見ても絵になります。

  •  白樺湖のすずらんの湯近くには、「八臣(やおみ)の雫」と呼ばれる天然水が湧き出ています。地下200mから湧き出ている体に優しい弱アルカリの超軟水です。

     白樺湖のすずらんの湯近くには、「八臣(やおみ)の雫」と呼ばれる天然水が湧き出ています。地下200mから湧き出ている体に優しい弱アルカリの超軟水です。

  •  これが白樺湖の名水、「八臣(やおみ)の雫」です。美味しい水です。

     これが白樺湖の名水、「八臣(やおみ)の雫」です。美味しい水です。

  •  白樺湖畔に祀られた道祖神や祠です。自然の中に神を見出す信州らしい光景です。

     白樺湖畔に祀られた道祖神や祠です。自然の中に神を見出す信州らしい光景です。

  •  白樺湖の中に立つ噴水ですが、この日は水は出ていませんでした。

     白樺湖の中に立つ噴水ですが、この日は水は出ていませんでした。

  •  白樺湖で見つけた紅葉です。

     白樺湖で見つけた紅葉です。

  •  私たちはこの日、白樺湖を巡った後、予約してあったレイクサイドホテル「三幸閣」に向かいます。レイクサイドホテル「三幸閣」は、以前泊まった「水源荘」、「パイプのけむり」、「まほろば」に続き、私たちが白樺湖畔で泊まる4軒目の宿です。<br /> これは対岸から見たレイクサイドホテル「三幸閣」です。

     私たちはこの日、白樺湖を巡った後、予約してあったレイクサイドホテル「三幸閣」に向かいます。レイクサイドホテル「三幸閣」は、以前泊まった「水源荘」、「パイプのけむり」、「まほろば」に続き、私たちが白樺湖畔で泊まる4軒目の宿です。
     これは対岸から見たレイクサイドホテル「三幸閣」です。

  •  15時になるのを待って、レイクサイドホテル「三幸閣」にやってきました。<br />

     15時になるのを待って、レイクサイドホテル「三幸閣」にやってきました。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」が、この日の私たちの宿です。

     レイクサイドホテル「三幸閣」が、この日の私たちの宿です。

  • レイクサイドホテル「三幸閣」の玄関です。

    レイクサイドホテル「三幸閣」の玄関です。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」は、天然温泉の宿です。私たちがこの宿を選んだのも、天然温泉があるからです。<br />

     レイクサイドホテル「三幸閣」は、天然温泉の宿です。私たちがこの宿を選んだのも、天然温泉があるからです。

  • レイクサイドホテル「三幸閣」のロビーです。

    レイクサイドホテル「三幸閣」のロビーです。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」のロビーには、東海道53次の版画が飾ってありました。

     レイクサイドホテル「三幸閣」のロビーには、東海道53次の版画が飾ってありました。

  •  これはレイクサイドホテル「三幸閣」で、私たちが泊まった部屋です。窓からの眺めはよく、白樺湖や蓼科山がよく見えました。

     これはレイクサイドホテル「三幸閣」で、私たちが泊まった部屋です。窓からの眺めはよく、白樺湖や蓼科山がよく見えました。

  •  これは、レイクサイドホテル「三幸閣」での夕食風景です。

     これは、レイクサイドホテル「三幸閣」での夕食風景です。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」は、天然温泉の宿です。ここの湯は、アルカリ性単純温泉で、34・8度の温泉が湧き出ています。この温泉は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進などに効くそうです。

     レイクサイドホテル「三幸閣」は、天然温泉の宿です。ここの湯は、アルカリ性単純温泉で、34・8度の温泉が湧き出ています。この温泉は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進などに効くそうです。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」には、麦飯石粉(ヘルストン♯500)を使った泥湯もあります。<br /> 私たちの部屋からは温泉がすぐだったので、真夜中、人のいなくなった時間に写した写真です。

     レイクサイドホテル「三幸閣」には、麦飯石粉(ヘルストン♯500)を使った泥湯もあります。
     私たちの部屋からは温泉がすぐだったので、真夜中、人のいなくなった時間に写した写真です。

  • ここは室内から見える中庭です。

    ここは室内から見える中庭です。

  •  レイクサイドホテル「三幸閣」での朝食です。

     レイクサイドホテル「三幸閣」での朝食です。

  •  午前8時20分、レイクサイドホテル「三幸閣」と白樺湖を後にします。<br />来年も秋には必ず来ようと誓いながら!

     午前8時20分、レイクサイドホテル「三幸閣」と白樺湖を後にします。
    来年も秋には必ず来ようと誓いながら!

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集