銀山温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市にある温泉。<br />NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。<br /><br />銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並ぶ。多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている。川には橋が多くかかり、また歩道にはガス灯が並んでいる。<br />銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である。この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められている。<br />温泉街には古くからの「大湯」近年できた「しろがね湯」2軒の共同浴場が存在する。温泉街の遊歩道には足湯もある。<br />1968年11月19日、国民保養温泉地に指定。<br />(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)<br /><br />銀山温泉については・・<br />http://www.ginzanonsen.jp/<br />http://www.notoyaryokan.com/<br />http://www.fujiya-ginzan.com/<br />http://www.ginzanso.jp/<br />

銀山温泉 雪降る街 大正ロマン漂う光景 ☆共同浴場が2軒

6いいね!

2013/02/16 - 2013/02/16

138位(同エリア183件中)

0

70

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市にある温泉。
NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。

銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並ぶ。多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている。川には橋が多くかかり、また歩道にはガス灯が並んでいる。
銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である。この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められている。
温泉街には古くからの「大湯」近年できた「しろがね湯」2軒の共同浴場が存在する。温泉街の遊歩道には足湯もある。
1968年11月19日、国民保養温泉地に指定。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

銀山温泉については・・
http://www.ginzanonsen.jp/
http://www.notoyaryokan.com/
http://www.fujiya-ginzan.com/
http://www.ginzanso.jp/

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
観光バス 新幹線
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集