ブエノスアイレス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
定年記念旅行に、ファーストクラスで世界一周旅行に行ってきました。<br /><br />今回は旅行の途中で、ブエノスアイレスでタンゴとボカ地区探索時の報告を致します。<br /><br />ボカ地区は、昔からのブエノスアイレスの港町。ヨーロッパから多くの生活物資が運ばれてきて、アルゼンチンの最初の到着地がここボカ地区。あらくれの船乗り達の楽しみが女たちとのタンゴ。ここが、タンゴの発祥地である。今は、芸術家たちの楽しい邑になっている。<br /><br />ホテルのフロントに、ボカ地区への行き方を聞いた時、「バスは危ないので、タクシーで行くこと。また明るいうちに帰ってくること!」と脅かされた。でも、昼間は観光地なので治安は全く問題なかった。<br /><br />夜は、ダウンタウンの豪華なタンゴ劇場へ行った。男と女が足を絡ませながら、妖艶に踊るタンゴは、まさに芸術である。感動しました。<br /><br />なお、世界一周の詳細については、↓にもまとめてあります。<br /><br />http://tnplan.net/T3-2-Travel.html<br /><br />日本から見ると、地球の反対側にある世界遺産のここも、遠かったけど、行く価値は大ありです。<br /><br />

ファーストクラスで世界一周の途中、ブエノスアイレスのタンゴとボカ地区を楽しみました。

47いいね!

2010/02/10 - 2010/02/12

74位(同エリア665件中)

3

15

定年記念旅行に、ファーストクラスで世界一周旅行に行ってきました。

今回は旅行の途中で、ブエノスアイレスでタンゴとボカ地区探索時の報告を致します。

ボカ地区は、昔からのブエノスアイレスの港町。ヨーロッパから多くの生活物資が運ばれてきて、アルゼンチンの最初の到着地がここボカ地区。あらくれの船乗り達の楽しみが女たちとのタンゴ。ここが、タンゴの発祥地である。今は、芸術家たちの楽しい邑になっている。

ホテルのフロントに、ボカ地区への行き方を聞いた時、「バスは危ないので、タクシーで行くこと。また明るいうちに帰ってくること!」と脅かされた。でも、昼間は観光地なので治安は全く問題なかった。

夜は、ダウンタウンの豪華なタンゴ劇場へ行った。男と女が足を絡ませながら、妖艶に踊るタンゴは、まさに芸術である。感動しました。

なお、世界一周の詳細については、↓にもまとめてあります。

http://tnplan.net/T3-2-Travel.html

日本から見ると、地球の反対側にある世界遺産のここも、遠かったけど、行く価値は大ありです。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
タクシー 飛行機
航空会社
エアカナダ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ボカ地区。街のあちこちでタンゴを踊っている。チップを出せば、ダンサーと一緒に記念写真もOK 

    ボカ地区。街のあちこちでタンゴを踊っている。チップを出せば、ダンサーと一緒に記念写真もOK 

  • カラフルな壁塗りの色彩。3階には等身大のお人形。これも芸術か。

    カラフルな壁塗りの色彩。3階には等身大のお人形。これも芸術か。

  • 別の角度から

    別の角度から

  • 何気なく、品のよい芸術作品が、街のあちこちに。

    何気なく、品のよい芸術作品が、街のあちこちに。

  • これも芸術

    これも芸術

  • さすが、情熱の国、アルゼンチン。お店のデコレーションも直球。

    さすが、情熱の国、アルゼンチン。お店のデコレーションも直球。

  • 2階の夫婦は人形。楽しい街である。

    2階の夫婦は人形。楽しい街である。

  • ビールも絵になる街かどである。

    ビールも絵になる街かどである。

  • 場所は変わって、タンゴの劇場。踊りが始まる前に、ディナーです。

    場所は変わって、タンゴの劇場。踊りが始まる前に、ディナーです。

  • アンデスビーフを頼みました。厚さ3センチ、幅25センチ。見かけよりとても、柔らかくて、ジューシーでとてもおいしかったです。

    アンデスビーフを頼みました。厚さ3センチ、幅25センチ。見かけよりとても、柔らかくて、ジューシーでとてもおいしかったです。

  • 情熱的ダンス・ダンス・ダンス

    情熱的ダンス・ダンス・ダンス

  • 華やかな舞台・軽やかな踊り・乗りのよい音楽

    華やかな舞台・軽やかな踊り・乗りのよい音楽

  • 息のぴったり合った、妖艶な踊り

    息のぴったり合った、妖艶な踊り

  • 魅せます

    魅せます

この旅行記のタグ

47いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • Masakatsu Yoshidaさん 2022/04/15 17:30:18
    私の妻はタンゴ大好き人間です。
    TKさんへ:私の家内はタンゴが大好きで、この数年間はほぼ毎年アルゼンチンに滞在しています。アルゼンチンは日本から見て地球の反対側にある遠い国ですので、私は同行したことはありません。前回は、コロナの大流行のため、帰国のフライトがキャンセルの連続で、1年半も帰国できませんでした。コロナのため今では自宅にいますが、毎日の様にアルゼンチンの話題が絶えません。ーMasakatsu

    TK

    TKさん からの返信 2022/04/16 16:45:24
    Re: 私の妻はタンゴ大好き人間です。
    Masakatsu Yoshidaさん

    コメントありがとうございます。

    奥様が、タンゴファンで、毎年アルゼンチンへタンゴ堪能の旅に行っていらっしゃるとのこと、うらやましい限りです。あの妖艶な、タンゴの調べと、男女ダンサーの脚の絡みつくようでも、絶対に絡まらない踊りにはいつも感動いたします。私のような素人でも、魅せられてしまいます。

    昔、遠く南米の港町、ブエノスアイレスまで来た船乗りたちを待ち換えているのは、情熱に満ちた港の女達の妖艶な踊り。今では、芸術の極みまで上り詰めたタンゴ。生で見るタンゴ迫力は、男と女のバトルそのものの迫力を感じます。

    Masakatsu Yoshidaさんも、ぜひ奥様と同行して、本場アルゼンチンタンゴの迫力を堪能してください。その後は毎年ご夫婦で、アルゼンチン詣でに、はまってしまうのではないでしょうか?

    南米には、イグアスの滝・マチュピチュ・イースター島・アマゾンリバー・リオのカーニバルなど、見どころ満載です!

    今後ともどうぞよろしくお願いします。   
    TK

    PS:奥様はコロナでブエノスアイレスに1年半も、トラップされたとのこと。大変でしたね。びっくりされたことと存じます。でも、無事帰国おめでとうございます。


    Masakatsu Yoshida

    Masakatsu Yoshidaさん からの返信 2022/04/16 19:43:21
    Re: 私の妻はタンゴ大好き人間です。
    TKさんへ:私は、家内が訪れたイグアスの滝、アンデス山脈、アマゾン川の源流、パタゴニアには関心がありますが、余りにも遠いので同行は諦めています。でも、家内が撮った写真を見ながら、現地の様子を観賞しています。ーMasakatsu

TKさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アルゼンチンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アルゼンチン最安 760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アルゼンチンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集