台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
会社を休んで近場の海外旅行に行きたいものの、尖閣や竹島問題で中国や韓国は治安が心配なため台湾に行くことにしました。ただ会社をそんなに休めないので金曜日の夕方出発の4泊5日の台湾一周旅行に決めました。<br />今回の旅程は、<br />10月19日(金) 関空17時15分発のジェットスターで台北に行き、夕食後台中に移動し宿泊。(その1)<br />10月20日(土) 台中の宝覚寺、日月潭の文武廟見学後昼食。その後台南の赤嵌樓、高雄の蓮池潭、寿山公園を見学後六合夜市見学。(その1)<br />10月21日(日) この日は花蓮への移動。その途中、台東の天后宮、三仙台、北回帰線標誌に立ち寄りホテル。(その2)<br />10月22日(月) 太魯閣渓谷見学後、特急電車で七堵駅に移動し、そこからバスで九フン見学後バスで台北の忠烈祠、故宮博物院見学後ホテル。(その3)<br />10月23日(火) 三峡老街と清水祖師廟見学後、台北桃園空港に行き、ジェットスターで関空に行き帰宅。(その4、今回)<br />今回は、阪急交通社のツアーに参加し、基本プランの旅費は39,900円(燃油サーチャージ除く)でしたが、少しぜいたくをして是非とも泊まりたかった台北の圓山ホテルに泊まるべく14,000円追加してランクアッププランで行って来ました。<br />今回は旅行の最終日の三峡の古い街並み見学です。

台湾一周弾丸旅行(その4、台北、三峡)

7いいね!

2012/10/19 - 2012/10/23

20193位(同エリア26685件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

会社を休んで近場の海外旅行に行きたいものの、尖閣や竹島問題で中国や韓国は治安が心配なため台湾に行くことにしました。ただ会社をそんなに休めないので金曜日の夕方出発の4泊5日の台湾一周旅行に決めました。
今回の旅程は、
10月19日(金) 関空17時15分発のジェットスターで台北に行き、夕食後台中に移動し宿泊。(その1)
10月20日(土) 台中の宝覚寺、日月潭の文武廟見学後昼食。その後台南の赤嵌樓、高雄の蓮池潭、寿山公園を見学後六合夜市見学。(その1)
10月21日(日) この日は花蓮への移動。その途中、台東の天后宮、三仙台、北回帰線標誌に立ち寄りホテル。(その2)
10月22日(月) 太魯閣渓谷見学後、特急電車で七堵駅に移動し、そこからバスで九フン見学後バスで台北の忠烈祠、故宮博物院見学後ホテル。(その3)
10月23日(火) 三峡老街と清水祖師廟見学後、台北桃園空港に行き、ジェットスターで関空に行き帰宅。(その4、今回)
今回は、阪急交通社のツアーに参加し、基本プランの旅費は39,900円(燃油サーチャージ除く)でしたが、少しぜいたくをして是非とも泊まりたかった台北の圓山ホテルに泊まるべく14,000円追加してランクアッププランで行って来ました。
今回は旅行の最終日の三峡の古い街並み見学です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
観光バス
航空会社
ジェットスター・アジア航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • ツアー5日目(10月23日)最終日<br />この日はホテルを7時55分出発のため比較的朝はゆっくりできるものの、せっかく圓山ホテルに泊ったので周辺を散策しようと5時30分に起床。<br />まずは部屋のベランダから外を眺めるとまだ薄暗く、台北市内も眠っているようです。

    ツアー5日目(10月23日)最終日
    この日はホテルを7時55分出発のため比較的朝はゆっくりできるものの、せっかく圓山ホテルに泊ったので周辺を散策しようと5時30分に起床。
    まずは部屋のベランダから外を眺めるとまだ薄暗く、台北市内も眠っているようです。

  • この写真は、ホテルの各部屋のベランダです。<br />ベランダは結構広く、ゆったりと市内を眺めることができます。

    この写真は、ホテルの各部屋のベランダです。
    ベランダは結構広く、ゆったりと市内を眺めることができます。

  • 朝食を食べようとしてロビーに降りると、朝早く誰もいないのでロビーの中央部を撮影。凄く豪華に見えます。<br />圓山ホテルは築後60年を経過して建物は結構老朽化しているようですが、内部の家具や装飾はとても豪華です。さすが昔迎賓館として使われていただけあります。

    朝食を食べようとしてロビーに降りると、朝早く誰もいないのでロビーの中央部を撮影。凄く豪華に見えます。
    圓山ホテルは築後60年を経過して建物は結構老朽化しているようですが、内部の家具や装飾はとても豪華です。さすが昔迎賓館として使われていただけあります。

  • ホテルの朝食は、ビュッフェスタイルで種類も豊富で味付けも台湾独特の香辛料も使われておらずとても美味しかったです。<br />このオムレツは、注文して焼いてもらったものですが、チーズが入ってとても美味しかったです。また、チャーハンもとても美味しかったです。<br />この日は、日本のテレビ局の取材でホテルの部屋や朝食の内容をレポーターが紹介し、カメラで撮影していました。

    ホテルの朝食は、ビュッフェスタイルで種類も豊富で味付けも台湾独特の香辛料も使われておらずとても美味しかったです。
    このオムレツは、注文して焼いてもらったものですが、チーズが入ってとても美味しかったです。また、チャーハンもとても美味しかったです。
    この日は、日本のテレビ局の取材でホテルの部屋や朝食の内容をレポーターが紹介し、カメラで撮影していました。

  • これは、1階の朝食のレストランです。<br />座席数も多くたくさんの人が食事をとれるようになっています。

    これは、1階の朝食のレストランです。
    座席数も多くたくさんの人が食事をとれるようになっています。

  • 朝食後ホテル周辺を散策。<br />まずは、ホテルを出て外から建物を撮影。<br />私たちが泊ったのはこの正面中央の4階部分です。

    朝食後ホテル周辺を散策。
    まずは、ホテルを出て外から建物を撮影。
    私たちが泊ったのはこの正面中央の4階部分です。

  • この写真は、昨晩小籠包を食べた圓山ホテル内にあるレストラン圓苑(ユェンイェン)です。<br />ホテルのフロントのそばにこの店はあります。

    この写真は、昨晩小籠包を食べた圓山ホテル内にあるレストラン圓苑(ユェンイェン)です。
    ホテルのフロントのそばにこの店はあります。

  • 圓山ホテルのフロントです。<br />フロントの係員は全員日本語がしゃべれるため不自由を感じません。

    圓山ホテルのフロントです。
    フロントの係員は全員日本語がしゃべれるため不自由を感じません。

  • 再度荷づくりのため部屋に戻った際、再度ベランダから撮影した台北市内です。

    再度荷づくりのため部屋に戻った際、再度ベランダから撮影した台北市内です。

  • こちらは台北101方面です。<br />101の塔の下が霞んでいます。

    こちらは台北101方面です。
    101の塔の下が霞んでいます。

  • これが今回宿泊した424号室のカギです。<br />この鍵は、ドアを解錠後すぐ横のホルダーに差し込むと部屋の電源が入るようになっています。

    これが今回宿泊した424号室のカギです。
    この鍵は、ドアを解錠後すぐ横のホルダーに差し込むと部屋の電源が入るようになっています。

  • その後、フロントでチェックアウトし、出発には時間があるためフロントに荷物を預けてホテル内を探検しました。<br />この写真は1階ロビーで、たぶん高価な花瓶などがケースに入れられて展示されています。

    その後、フロントでチェックアウトし、出発には時間があるためフロントに荷物を預けてホテル内を探検しました。
    この写真は1階ロビーで、たぶん高価な花瓶などがケースに入れられて展示されています。

  • 次に2階に上がってロビーを撮影。<br />ロビーには真っ赤な柱がたくさんあり、天井も高くものすごく豪華に見えます。

    次に2階に上がってロビーを撮影。
    ロビーには真っ赤な柱がたくさんあり、天井も高くものすごく豪華に見えます。

  • これは、2回の喫煙室です。<br />台湾のホテルでは館内全面禁煙ですが、ここには喫煙室がありました。<br />ちなみに台湾ではほとんどの場所が禁煙で、これを破ると罰金だそうです。<br />(愛煙家はますます居場所がなくなっていきます。ちなみに私はタバコをやめましたので関係ないです。)

    これは、2回の喫煙室です。
    台湾のホテルでは館内全面禁煙ですが、ここには喫煙室がありました。
    ちなみに台湾ではほとんどの場所が禁煙で、これを破ると罰金だそうです。
    (愛煙家はますます居場所がなくなっていきます。ちなみに私はタバコをやめましたので関係ないです。)

  • ここも2回の廊下です。<br />廊下はとても広く、この左側の部屋は貴賓室になっていました。

    ここも2回の廊下です。
    廊下はとても広く、この左側の部屋は貴賓室になっていました。

  • 7時55分にバスがホテルに到着し、それに乗り込んで台湾旅行の最後の観光地の三峡に向かいました。<br />この日は平日のため高速道は結構込んでおり何度か渋滞し9時過ぎの三峡老街に到着。<br />この写真は、三峡老街に行く長福橋です。橋脚部には写真のような屋根つきの休憩所があります。

    7時55分にバスがホテルに到着し、それに乗り込んで台湾旅行の最後の観光地の三峡に向かいました。
    この日は平日のため高速道は結構込んでおり何度か渋滞し9時過ぎの三峡老街に到着。
    この写真は、三峡老街に行く長福橋です。橋脚部には写真のような屋根つきの休憩所があります。

  • 先ほどの橋を渡ってすぐの所に清水祖師廟があり、そこの観光は後回しにして、まずはレンガ作りの古い街並みが続く三峡老街に向かいました。<br />この写真がそれで、結構レトロ感あってとても良かったです。

    先ほどの橋を渡ってすぐの所に清水祖師廟があり、そこの観光は後回しにして、まずはレンガ作りの古い街並みが続く三峡老街に向かいました。
    この写真がそれで、結構レトロ感あってとても良かったです。

  • 古い街並みには今でもこのような店があり、この店は三峡老街でも有名な店のようです。

    古い街並みには今でもこのような店があり、この店は三峡老街でも有名な店のようです。

  • 通りの両側にはこのようなレンガ作りの歩道が続いており、何十年か前にタイムスリップした気分に浸れます。

    通りの両側にはこのようなレンガ作りの歩道が続いており、何十年か前にタイムスリップした気分に浸れます。

  • 次に長福橋のたもとにある清水祖師廟を見学。<br />ここは、1769年に創建され台湾で最も美しい彫刻を誇る祖師廟だそうです。ただ、1899年の抗日の戦いと1947年の火災で破壊され、李梅樹によって修復されたそうです。

    次に長福橋のたもとにある清水祖師廟を見学。
    ここは、1769年に創建され台湾で最も美しい彫刻を誇る祖師廟だそうです。ただ、1899年の抗日の戦いと1947年の火災で破壊され、李梅樹によって修復されたそうです。

  • 屋根にはこの写真のように凄く精緻な飾り付けがされています。

    屋根にはこの写真のように凄く精緻な飾り付けがされています。

  • 柱の彫刻もものすごく豪華です。

    柱の彫刻もものすごく豪華です。

  • 本殿もこの写真のようにものすごく豪華な造りになっています。<br />特に柱の彫刻がすばらしいです。

    本殿もこの写真のようにものすごく豪華な造りになっています。
    特に柱の彫刻がすばらしいです。

  • 柱の彫刻の拡大写真です。<br />立体的な彫刻が施され、素晴らしいとしか言いようがありません。

    柱の彫刻の拡大写真です。
    立体的な彫刻が施され、素晴らしいとしか言いようがありません。

  • これは先ほど渡った長福橋です。

    これは先ほど渡った長福橋です。

  • これも長福橋で、入口門があり大型車は入れないようになっています。<br />屋根つきの休憩所もありますので市民の憩いの場になっているようです。

    これも長福橋で、入口門があり大型車は入れないようになっています。
    屋根つきの休憩所もありますので市民の憩いの場になっているようです。

  • 三峡見学後、帰国のため一路台北の桃園空港へ移バスで移動。<br />帰りはジェットスター3K721便のため出発の2時間前の10時30分に空港到着。<br />この頃になって小雨が降り始めました。今回のツアーでは天気に恵まれ、この雨も移動のため全く観光に影響しませんでした。<br />空港でチェックインし、搭乗するまで時間があるため空港のレストランで昼食。(ジェットスターは機内食が有料のため)<br />この写真はかみさんが注文したワンタン麺。(値段は160元程度だったと思います)私も少し食べましたがスープが今一かな。

    三峡見学後、帰国のため一路台北の桃園空港へ移バスで移動。
    帰りはジェットスター3K721便のため出発の2時間前の10時30分に空港到着。
    この頃になって小雨が降り始めました。今回のツアーでは天気に恵まれ、この雨も移動のため全く観光に影響しませんでした。
    空港でチェックインし、搭乗するまで時間があるため空港のレストランで昼食。(ジェットスターは機内食が有料のため)
    この写真はかみさんが注文したワンタン麺。(値段は160元程度だったと思います)私も少し食べましたがスープが今一かな。

  • こちらが私が注文した牛肉麺です。(値段は180元程度でした)<br />中には軟らかい牛筋がたくさん入っており、とても美味しかったです。<br />このレストランではキリンの一番搾りをいただきました。<br />やはり日本のビールが美味しい。

    こちらが私が注文した牛肉麺です。(値段は180元程度でした)
    中には軟らかい牛筋がたくさん入っており、とても美味しかったです。
    このレストランではキリンの一番搾りをいただきました。
    やはり日本のビールが美味しい。

  • この飛行機が3K721便です。<br />帰りの飛行機は、平日のせいか結構空いていました。

    この飛行機が3K721便です。
    帰りの飛行機は、平日のせいか結構空いていました。

  • これが桃園空港の搭乗ターミナルです。<br />LCCの飛行機ですが通常の搭乗口からの搭乗です。

    これが桃園空港の搭乗ターミナルです。
    LCCの飛行機ですが通常の搭乗口からの搭乗です。

  • 飛行機は定刻より5分早く出発。<br />この写真が機内食のメニューです。<br />日本円でも食事は購入できますが、おつりはシンガポールドルで返ってきます。何れの弁当も12シンガポールドルです。

    飛行機は定刻より5分早く出発。
    この写真が機内食のメニューです。
    日本円でも食事は購入できますが、おつりはシンガポールドルで返ってきます。何れの弁当も12シンガポールドルです。

  • 飲み物ももちろん有料でコーラやジュースが4シンガポールドル、コーヒーが5シンガポールドル、缶ビールが6シンガポールドルでした。

    飲み物ももちろん有料でコーラやジュースが4シンガポールドル、コーヒーが5シンガポールドル、缶ビールが6シンガポールドルでした。

  • 機内はこんな感じで、座席間隔が普通の飛行機より狭く、私のように大きい人は、これに座れるのは3時間が限度だと思います。<br />座席は行きのものは、シートが破れていましたが、今回のものはまだきれいでした。

    機内はこんな感じで、座席間隔が普通の飛行機より狭く、私のように大きい人は、これに座れるのは3時間が限度だと思います。
    座席は行きのものは、シートが破れていましたが、今回のものはまだきれいでした。

  • 機内から撮影した、日本の陸地です。鹿児島か高知の岬だと思います。<br />その後ほぼ定刻通り関空に到着し、19時に無事に帰宅することができました。<br />今回の台湾旅行は、結構ハードでしたが、天気にも恵まれとても楽しいものになりました。特に台湾人は日本人に対してとても親切で、八田興一さんのように台湾に対して貢献した人を今でも祀ってくれています。自分たち党のために国民に対し偏った教育をしている中国や韓国と大きな違いを感じます。台湾は気候もいいし食べ物も美味しいのでまたいつか行きたいものです。特に九フンには夜に行ってみたいものです。

    機内から撮影した、日本の陸地です。鹿児島か高知の岬だと思います。
    その後ほぼ定刻通り関空に到着し、19時に無事に帰宅することができました。
    今回の台湾旅行は、結構ハードでしたが、天気にも恵まれとても楽しいものになりました。特に台湾人は日本人に対してとても親切で、八田興一さんのように台湾に対して貢献した人を今でも祀ってくれています。自分たち党のために国民に対し偏った教育をしている中国や韓国と大きな違いを感じます。台湾は気候もいいし食べ物も美味しいのでまたいつか行きたいものです。特に九フンには夜に行ってみたいものです。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集