台東旅行記(ブログ) 一覧に戻る
会社を休んで近場の海外旅行に行きたいものの、尖閣や竹島問題で中国や韓国は治安が心配なため台湾に行くことにしました。ただ会社をそんなに休めないので金曜日の夕方出発の4泊5日の台湾一周旅行に決めました。<br />今回の旅程は、<br />10月19日(金) 関空17時15分発のジェットスターで台北に行き、夕食後台中に移動し宿泊。(その1)<br />10月20日(土) 台中の宝覚寺、日月潭の文武廟見学後昼食。その後台南の赤嵌樓、高雄の蓮池潭、寿山公園を見学後六合夜市見学。(その2)<br />10月21日(日) この日は花蓮への移動。その途中、台東の天后宮、三仙台、北回帰線標誌に立ち寄りホテル。(その2、今回)<br />10月22日(月) 太魯閣渓谷見学後、特急電車で七堵駅に移動し、そこからバスで九フン見学後バスで台北の忠烈祠、故宮博物院見学後ホテル。(その3)<br />10月23日(火) 三峡老街と清水祖師廟見学後、台北桃園空港に行き、ジェットスターで関空に行き帰宅。(その4)<br />今回は、阪急交通社のツアーに参加し、基本プランの旅費は39,900円(燃油サーチャージ除く)でしたが、少しぜいたくをして是非とも泊まりたかった台北の圓山ホテルに泊まるべく14,000円追加してランクアッププランで行って来ました。<br />今回は、10月21日の高雄から花蓮までの旅行記を記載します。

台湾一周弾丸旅行(その2、高雄、台東、花蓮)

13いいね!

2012/10/19 - 2012/10/23

221位(同エリア369件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

会社を休んで近場の海外旅行に行きたいものの、尖閣や竹島問題で中国や韓国は治安が心配なため台湾に行くことにしました。ただ会社をそんなに休めないので金曜日の夕方出発の4泊5日の台湾一周旅行に決めました。
今回の旅程は、
10月19日(金) 関空17時15分発のジェットスターで台北に行き、夕食後台中に移動し宿泊。(その1)
10月20日(土) 台中の宝覚寺、日月潭の文武廟見学後昼食。その後台南の赤嵌樓、高雄の蓮池潭、寿山公園を見学後六合夜市見学。(その2)
10月21日(日) この日は花蓮への移動。その途中、台東の天后宮、三仙台、北回帰線標誌に立ち寄りホテル。(その2、今回)
10月22日(月) 太魯閣渓谷見学後、特急電車で七堵駅に移動し、そこからバスで九フン見学後バスで台北の忠烈祠、故宮博物院見学後ホテル。(その3)
10月23日(火) 三峡老街と清水祖師廟見学後、台北桃園空港に行き、ジェットスターで関空に行き帰宅。(その4)
今回は、阪急交通社のツアーに参加し、基本プランの旅費は39,900円(燃油サーチャージ除く)でしたが、少しぜいたくをして是非とも泊まりたかった台北の圓山ホテルに泊まるべく14,000円追加してランクアッププランで行って来ました。
今回は、10月21日の高雄から花蓮までの旅行記を記載します。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
観光バス
航空会社
ジェットスター・アジア航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • ツアー3日目(10月21日)<br />早朝の高雄市内です。昨夜は夜景だった高雄85大楼もはっきり見えます。<br />今回宿泊のホテルは眺望もよく最高のホテルで、ビュッフェスタイルの朝食も種類があり美味しかったです。

    ツアー3日目(10月21日)
    早朝の高雄市内です。昨夜は夜景だった高雄85大楼もはっきり見えます。
    今回宿泊のホテルは眺望もよく最高のホテルで、ビュッフェスタイルの朝食も種類があり美味しかったです。

  • 「寒軒国際大飯店」ホテルのロビーです。

    「寒軒国際大飯店」ホテルのロビーです。

  • 朝食前にホテルの前を散策。<br />台湾の信号は、日本ように黄色信号が無く、青からいきなり赤いろになります。その代わり信号が変わるまでの秒数が表示されています。<br />まだ早朝のため車やスクーターはまだ走っていません。<br />

    朝食前にホテルの前を散策。
    台湾の信号は、日本ように黄色信号が無く、青からいきなり赤いろになります。その代わり信号が変わるまでの秒数が表示されています。
    まだ早朝のため車やスクーターはまだ走っていません。

  • これが今回宿泊した「寒軒国際大飯店」ホテルの外観です。<br />一応五つ星のホテルです。<br />凄くのっぽのホテルで42階建てです。

    これが今回宿泊した「寒軒国際大飯店」ホテルの外観です。
    一応五つ星のホテルです。
    凄くのっぽのホテルで42階建てです。

  • この日は、高雄から楓港経由台東を回って花蓮までの移動。<br />バスで約350kmの移動のため車内でビデオ観賞。<br />このビデオは、日本人にはあまり知られていませんが、台湾人にとっては恩人の八田興一のアニメビデオです。八田興一は、華南平原を豊かな水田にするため烏山頭ダムと用水路の建設、農業指導などで尽力し、今でも台湾人に慕われている人です。日本人としては誇らしい気持ちになります。中国人のように井戸を掘った恩人を忘れる民族とえらい違いです。私もこのような人になりたいものです。(ちょっと無理かな・・・。)

    この日は、高雄から楓港経由台東を回って花蓮までの移動。
    バスで約350kmの移動のため車内でビデオ観賞。
    このビデオは、日本人にはあまり知られていませんが、台湾人にとっては恩人の八田興一のアニメビデオです。八田興一は、華南平原を豊かな水田にするため烏山頭ダムと用水路の建設、農業指導などで尽力し、今でも台湾人に慕われている人です。日本人としては誇らしい気持ちになります。中国人のように井戸を掘った恩人を忘れる民族とえらい違いです。私もこのような人になりたいものです。(ちょっと無理かな・・・。)

  • 高雄から楓港までのバスからの車窓です。<br />この辺は海がきれいなせいか、養殖が盛んに行われています。<br />添乗員さんに聞いても何の養殖かは不明です。看板にも表示が無く、下手に養殖する魚種を表示すると、盗まれるため表示していないそうです。

    高雄から楓港までのバスからの車窓です。
    この辺は海がきれいなせいか、養殖が盛んに行われています。
    添乗員さんに聞いても何の養殖かは不明です。看板にも表示が無く、下手に養殖する魚種を表示すると、盗まれるため表示していないそうです。

  • きれいな海岸線が続きます。<br />海の色が本当にきれいで、南国のリゾート地のようです。

    きれいな海岸線が続きます。
    海の色が本当にきれいで、南国のリゾート地のようです。

  • 楓港近くのドラインでトイレ休憩。<br />

    楓港近くのドラインでトイレ休憩。

  • ドライブインの前の道路です。<br />のどかな田舎道です。<br />この日も天気がよく、気温は30度を超していますがとても気持ち良かったです。ただ、エアコンの効いたバスとの温度差がきつかったです。

    ドライブインの前の道路です。
    のどかな田舎道です。
    この日も天気がよく、気温は30度を超していますがとても気持ち良かったです。ただ、エアコンの効いたバスとの温度差がきつかったです。

  • ドライブインでは新鮮なフルーツを売っており、その場でカットして食べさせてくれます。私は買いませんでしたが、とても美味しかったようです。

    ドライブインでは新鮮なフルーツを売っており、その場でカットして食べさせてくれます。私は買いませんでしたが、とても美味しかったようです。

  • その後もこのような海岸線を通って台東に向かいます。<br />海岸ではそばに車を止めて魚釣りをしていました。<br />私ものんびりと魚釣りをしたいものです。<br />この三色に分かれた海の色がわかりますか?<br />海の深さによって色が変わっているようです。

    その後もこのような海岸線を通って台東に向かいます。
    海岸ではそばに車を止めて魚釣りをしていました。
    私ものんびりと魚釣りをしたいものです。
    この三色に分かれた海の色がわかりますか?
    海の深さによって色が変わっているようです。

  • さらにこのようなきれいな海岸線を進んでいきます。<br />気温が30度を超えていますので、ここでスキューバダイビングをしてみたいものです。<br />この日はすこし風があり、波があったのでサーフィンには最適だと思うのですがここでは見かけませんでした。ただ台東の北部の海岸ではしている人を見かけました。

    さらにこのようなきれいな海岸線を進んでいきます。
    気温が30度を超えていますので、ここでスキューバダイビングをしてみたいものです。
    この日はすこし風があり、波があったのでサーフィンには最適だと思うのですがここでは見かけませんでした。ただ台東の北部の海岸ではしている人を見かけました。

  • 台東市の天后宮の前の通りです。<br />それほど大きな町ではありませんが結構にぎわっていました。

    台東市の天后宮の前の通りです。
    それほど大きな町ではありませんが結構にぎわっていました。

  • 天后宮の門です。<br />結構派手な門で、屋根にはあでやかな龍等の装飾がたくさんあり、とてもきれいです。

    天后宮の門です。
    結構派手な門で、屋根にはあでやかな龍等の装飾がたくさんあり、とてもきれいです。

  • 先ほどの派手な門を入って、こちらが本殿です。<br />こちらの屋根にはさらに賑やかな装飾が施されています。

    先ほどの派手な門を入って、こちらが本殿です。
    こちらの屋根にはさらに賑やかな装飾が施されています。

  • これが屋根のアップです。<br />まるで青空に龍が飛び出してきそうです。

    これが屋根のアップです。
    まるで青空に龍が飛び出してきそうです。

  • 本殿の中の通路の天井にはたくさんの提灯が吊下げられて、台湾に来たという感じになります。

    本殿の中の通路の天井にはたくさんの提灯が吊下げられて、台湾に来たという感じになります。

  • こちらも本殿の写真です。<br />結構気に入った写真の一つです。

    こちらも本殿の写真です。
    結構気に入った写真の一つです。

  • 赤い提灯は、独特の雰囲気があってとてもいいですね。

    赤い提灯は、独特の雰囲気があってとてもいいですね。

  • ここでは、各人の守護神が祀られており、その守護神はその人の干支と年齢でわかるように一覧表があり、それを見て各自の守護神にお祈りするそうです。ちなみにこの写真が私の守護神です。(守護神は、この部屋の中にたくさん祀られていました。)

    ここでは、各人の守護神が祀られており、その守護神はその人の干支と年齢でわかるように一覧表があり、それを見て各自の守護神にお祈りするそうです。ちなみにこの写真が私の守護神です。(守護神は、この部屋の中にたくさん祀られていました。)

  • 郷土料理の昼食後、次に立ち寄ったのがこの写真の三仙台です。<br />この向こうの岩礁の島には昔、呂洞賓、何仙姑、李鐡拐の3人の仙人がここに来たとの言い伝えから名付けられたそうで、島まで8連の橋で渡れます。<br />ただ干潮時には、橋の下を歩いて渡れるそうです。

    郷土料理の昼食後、次に立ち寄ったのがこの写真の三仙台です。
    この向こうの岩礁の島には昔、呂洞賓、何仙姑、李鐡拐の3人の仙人がここに来たとの言い伝えから名付けられたそうで、島まで8連の橋で渡れます。
    ただ干潮時には、橋の下を歩いて渡れるそうです。

  • 橋の上にきれいな女の子がいたので思わず撮影した写真です。<br />岩礁の島もきれいに見えます。

    橋の上にきれいな女の子がいたので思わず撮影した写真です。
    岩礁の島もきれいに見えます。

  • 三仙台から眺めた花蓮方向の海岸線です。<br />このあたりの海は本当にきれいです。<br />ただ気温は30度を超すものの、誰も泳いでいませんでした。

    三仙台から眺めた花蓮方向の海岸線です。
    このあたりの海は本当にきれいです。
    ただ気温は30度を超すものの、誰も泳いでいませんでした。

  • 再度、三仙台のほうを眺めてパチリ。<br />8連の橋がとてもきれいです。

    再度、三仙台のほうを眺めてパチリ。
    8連の橋がとてもきれいです。

  • 三仙台を後にし、花蓮に向かう途中立ち寄った北回帰線標誌です。<br />ここはツアーのコースには入っていなかったのですが、添乗員さんが気を利かせて立ち寄ってくれました。<br />PLフィルターを使って撮影していますので青空がとても際立って見えます。<br />この写真ではわかりませんが、この裏側ではたくさんの中国人が観光に来て、にぎやかに記念撮影していました。

    三仙台を後にし、花蓮に向かう途中立ち寄った北回帰線標誌です。
    ここはツアーのコースには入っていなかったのですが、添乗員さんが気を利かせて立ち寄ってくれました。
    PLフィルターを使って撮影していますので青空がとても際立って見えます。
    この写真ではわかりませんが、この裏側ではたくさんの中国人が観光に来て、にぎやかに記念撮影していました。

  • その傍の海岸線です。<br />ハイビスカスのような花が咲いておりとてもきれいです。<br />この海岸線は、花蓮と台東間のため花東海岸と呼ばれているようです。

    その傍の海岸線です。
    ハイビスカスのような花が咲いておりとてもきれいです。
    この海岸線は、花蓮と台東間のため花東海岸と呼ばれているようです。

  • ここは北回帰線上にありますので熱帯と亜熱帯の境界になるようです。

    ここは北回帰線上にありますので熱帯と亜熱帯の境界になるようです。

  • その後バスで移動し、私は参加しませんでしたが、この日のオプショナルのアミ族の民族舞踊観賞の会場に立ち寄りました。<br />この大きなアミ族の人形は、会場前に置かれていたものです。

    その後バスで移動し、私は参加しませんでしたが、この日のオプショナルのアミ族の民族舞踊観賞の会場に立ち寄りました。
    この大きなアミ族の人形は、会場前に置かれていたものです。

  • こちらが民族舞踊会場です。<br />夕方から日に2回実施されているようで、この日も大型バスなどで観光客が来ていました。

    こちらが民族舞踊会場です。
    夕方から日に2回実施されているようで、この日も大型バスなどで観光客が来ていました。

  • その後花蓮の「花蓮亜土都大飯店」にチェックイン。<br />ここはリゾートホテルで庭には小さなプールがあり、各部屋にはバルコニーがついています。<br />室内は通常のツインルームです。

    その後花蓮の「花蓮亜土都大飯店」にチェックイン。
    ここはリゾートホテルで庭には小さなプールがあり、各部屋にはバルコニーがついています。
    室内は通常のツインルームです。

  • こちらがバスルームです。<br />広さも一般的なホテルと同程度でした。

    こちらがバスルームです。
    広さも一般的なホテルと同程度でした。

  • 部屋のバルコニーからの眺めです。<br />目の前に花蓮港があり、セメント積み出しの船が着岸していました。<br />時間は17時40分ですが、日本と同様この時期外は薄暗くなっています。<br />ちなみに日の出も朝の6時過ぎでほぼ日本と同様の時間です。

    部屋のバルコニーからの眺めです。
    目の前に花蓮港があり、セメント積み出しの船が着岸していました。
    時間は17時40分ですが、日本と同様この時期外は薄暗くなっています。
    ちなみに日の出も朝の6時過ぎでほぼ日本と同様の時間です。

  • こちらは、海岸線の景色です。<br />花蓮は、台湾の東側ですので海に沈む夕日は見られません。<br />その逆に朝陽が見れるかもと期待したのですが、翌日の朝は海岸線に雲が出て眺めることができませんでした。(残念)

    こちらは、海岸線の景色です。
    花蓮は、台湾の東側ですので海に沈む夕日は見られません。
    その逆に朝陽が見れるかもと期待したのですが、翌日の朝は海岸線に雲が出て眺めることができませんでした。(残念)

  • ホテルのロビーです。<br />ロビーには、アミ族の人形や船が飾られています。<br />夕食はこのホテルで広東料理をいただきました。<br />このホテルから歩いて10分程度の所にコンビニのセブンイレブンがあり、夕食前にそこで缶ビールを仕入れて、入浴後美味しく頂きました。<br />ちなみに台湾のコンビニでは買い物袋が有料ですので、日本からビニールの袋を持って行くと重宝します。

    ホテルのロビーです。
    ロビーには、アミ族の人形や船が飾られています。
    夕食はこのホテルで広東料理をいただきました。
    このホテルから歩いて10分程度の所にコンビニのセブンイレブンがあり、夕食前にそこで缶ビールを仕入れて、入浴後美味しく頂きました。
    ちなみに台湾のコンビニでは買い物袋が有料ですので、日本からビニールの袋を持って行くと重宝します。

  • 部屋のバルコニーから撮影した海岸線の夜景です。<br />大きな建物はありませんが、海岸線の街灯が結構きれいでした。

    部屋のバルコニーから撮影した海岸線の夜景です。
    大きな建物はありませんが、海岸線の街灯が結構きれいでした。

  • こちらは、花蓮港の夜景です。<br />翌日は、今回のツアーで最もハードな行程(太魯閣渓谷、九フン、忠烈祠、故宮博物院見学)のため、早く就寝しました。<br />何せホテルを7時に出発です。(阪急交通社のツアーはとてもハードです。)

    こちらは、花蓮港の夜景です。
    翌日は、今回のツアーで最もハードな行程(太魯閣渓谷、九フン、忠烈祠、故宮博物院見学)のため、早く就寝しました。
    何せホテルを7時に出発です。(阪急交通社のツアーはとてもハードです。)

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集