アルベロベッロ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2012新年旅行6日目。<br />1月9日の月曜日の午後。<br /><br />アルバニアからイタリアのバーリに到着し、昼はバーリ市内をぶらぶら。<br />そして、午後は世界遺産のアルベロベッロへ日帰り観光。<br />可能なんですね。<br /><br />三角屋根は、まるでおとぎの国のよう。トゥッルリ、トゥルリラ~。

新年バルカン・アドリア横断旅行2012イタリア編2 ~デロデロ、ヘトヘト、アルベロベッロ~

17いいね!

2012/01/04 - 2012/01/12

105位(同エリア513件中)

0

56

DJ tama

DJ tamaさん

2012新年旅行6日目。
1月9日の月曜日の午後。

アルバニアからイタリアのバーリに到着し、昼はバーリ市内をぶらぶら。
そして、午後は世界遺産のアルベロベッロへ日帰り観光。
可能なんですね。

三角屋根は、まるでおとぎの国のよう。トゥッルリ、トゥルリラ~。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ショッピング
4.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道

PR

  • バーリ中央駅の南口。<br /><br />北口に比べると、簡素。<br />メインじゃないからかな。<br />でも、利用している人は多いんだけどね。

    バーリ中央駅の南口。

    北口に比べると、簡素。
    メインじゃないからかな。
    でも、利用している人は多いんだけどね。

  • で、バーリ中央駅南口の前にあったバールで、<br />腹ごしらえ。<br /><br />生ハムピッツァ。1.5ユーロ。<br /><br />しかし、店員が無愛想だった。

    で、バーリ中央駅南口の前にあったバールで、
    腹ごしらえ。

    生ハムピッツァ。1.5ユーロ。

    しかし、店員が無愛想だった。

  • MARTINA FRANCA行きの列車に乗ります。

    MARTINA FRANCA行きの列車に乗ります。

  • SUD-EST線は、バーリ中央駅の一番南側。<br />チケットも、SUD-EST線ホームにある建物で購入。<br /><br />

    SUD-EST線は、バーリ中央駅の一番南側。
    チケットも、SUD-EST線ホームにある建物で購入。

  • 途中、MUNGIVACCA駅に止まりました。<br /><br />こちらは、

    途中、MUNGIVACCA駅に止まりました。

    こちらは、

  • IKEAの最寄り駅でもあります。

    IKEAの最寄り駅でもあります。

  • のどかな風景を切り抜けて。

    のどかな風景を切り抜けて。

  • アルベロベッロ駅に到着。<br /><br />1時間半ちょっと。

    アルベロベッロ駅に到着。

    1時間半ちょっと。

  • 世界遺産の最寄り駅ながら、<br />こじんまりとした駅舎です。

    世界遺産の最寄り駅ながら、
    こじんまりとした駅舎です。

  • 駅を出て、最初の選択。<br /><br />右へ行くか、<br />左へ行くか。

    駅を出て、最初の選択。

    右へ行くか、
    左へ行くか。

  • 選んだのは右のマルゲリータ通り。

    選んだのは右のマルゲリータ通り。

  • そして、ヴィットーリオ・エマヌエーレ通りに出て、右に曲がると、<br />目の前に見えたのは、<br />聖コスマ・エ・ダミアノ教会。<br /><br />しかしながら、中に入れず。<br />なぜだ。

    そして、ヴィットーリオ・エマヌエーレ通りに出て、右に曲がると、
    目の前に見えたのは、
    聖コスマ・エ・ダミアノ教会。

    しかしながら、中に入れず。
    なぜだ。

  • 仕方なく教会の奥へ。<br />すると、2階建てのトゥルッロ・ソヴラーノを発見。<br /><br />しかし、こちらも中に入れず。<br />なぜだ。

    仕方なく教会の奥へ。
    すると、2階建てのトゥルッロ・ソヴラーノを発見。

    しかし、こちらも中に入れず。
    なぜだ。

  • その前にもトゥルッリが。<br /><br />トゥルリラ、トゥルリラ〜。

    その前にもトゥルッリが。

    トゥルリラ、トゥルリラ〜。

  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ通りを進んで、<br />ポポロ広場に。

    ヴィットーリオ・エマヌエーレ通りを進んで、
    ポポロ広場に。

  • 何ゆえ、オベリスク。

    何ゆえ、オベリスク。

  • こちらの教会は中に入れました。

    こちらの教会は中に入れました。

  • こじんまり。

    こじんまり。

  • でもって、高台になっているから見晴らしがよい。<br /><br />モンティ地区を臨む。

    でもって、高台になっているから見晴らしがよい。

    モンティ地区を臨む。

  • 高台を降りて、ラルゴ・マルテロッタ通り。<br /><br />アイア・ピッコラ地区とモンティ地区の境になりますかね。

    高台を降りて、ラルゴ・マルテロッタ通り。

    アイア・ピッコラ地区とモンティ地区の境になりますかね。

  • 観光地化されているモンティ地区を早速観光。

    観光地化されているモンティ地区を早速観光。

  • いきなり、長友のお出迎え。

    いきなり、長友のお出迎え。

  • お土産屋がいっぱい。<br /><br />日本語で話しかけてくるし、<br />日本人経営のお店もあります。

    お土産屋がいっぱい。

    日本語で話しかけてくるし、
    日本人経営のお店もあります。

  • とにかく、三角の屋根がいっぱい。

    とにかく、三角の屋根がいっぱい。

  • トゥルッリの形をしたサン・アントニオ教会にやってきたものの、<br />ミサっぽいことをやっていて、<br />人がたくさん。<br /><br />中に入れなかったので、あとで訪れることに。

    トゥルッリの形をしたサン・アントニオ教会にやってきたものの、
    ミサっぽいことをやっていて、
    人がたくさん。

    中に入れなかったので、あとで訪れることに。

  • 三角屋根と同時に、<br />壺もよく目に付きました。

    三角屋根と同時に、
    壺もよく目に付きました。

  • 彷徨いながらの観光。<br /><br />もう、ここがどの地区かも忘れた。

    彷徨いながらの観光。

    もう、ここがどの地区かも忘れた。

  • 奥へ進みすぎて、<br />アルベロベッロの町境を越えていた。<br /><br />そして、犬に吼えられ、追いかけられそうになったので、戻る。

    奥へ進みすぎて、
    アルベロベッロの町境を越えていた。

    そして、犬に吼えられ、追いかけられそうになったので、戻る。

  • V.Monte S. Gabriele通りを下る。

    V.Monte S. Gabriele通りを下る。

  • モンティ地区に戻っても、<br /><br />彷徨いまくりです。

    モンティ地区に戻っても、

    彷徨いまくりです。

  • 高台からアイア・ピッコラ地区を臨む。

    高台からアイア・ピッコラ地区を臨む。

  • で、気づいたら夕方。<br />

    で、気づいたら夕方。

  • もう一度、<br />サン・アントニオ教会へ。

    もう一度、
    サン・アントニオ教会へ。

  • 意外とこじんまりな教会です。

    意外とこじんまりな教会です。

  • ポポロ広場の高台から、モンティ地区を臨む。<br /><br />これで午後5時過ぎごろだったかな。<br />もうほぼ夜。<br />観光客もほとんどいませんよ。

    ポポロ広場の高台から、モンティ地区を臨む。

    これで午後5時過ぎごろだったかな。
    もうほぼ夜。
    観光客もほとんどいませんよ。

  • 夜のアルベロベッロもまた、幻想的なんでね。

    夜のアルベロベッロもまた、幻想的なんでね。

  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ通り。<br /><br />イタリアン親父がいい味を出しているね。

    ヴィットーリオ・エマヌエーレ通り。

    イタリアン親父がいい味を出しているね。

  • もう一度、聖コスマ・エ・ダミアノ教会へ。<br /><br />夜の雰囲気がまた素敵。

    もう一度、聖コスマ・エ・ダミアノ教会へ。

    夜の雰囲気がまた素敵。

  • 今度は中に入れた。<br /><br />意外とシンプルというか、すっきりとした様子で。

    今度は中に入れた。

    意外とシンプルというか、すっきりとした様子で。

  • ここにもクリスマスの人形が飾ってありました。

    ここにもクリスマスの人形が飾ってありました。

  • もう一度、トゥルッロ・ソヴラーノへ行ったら、<br />今度は入れたよ。<br /><br />さっきは昼休みだったのかな?1.5ユーロ。

    もう一度、トゥルッロ・ソヴラーノへ行ったら、
    今度は入れたよ。

    さっきは昼休みだったのかな?1.5ユーロ。

  • トゥルッリの家はどんなものなのかを見せてくれる建物です。<br /><br />こじんまりとしたベッドルーム。

    トゥルッリの家はどんなものなのかを見せてくれる建物です。

    こじんまりとしたベッドルーム。

  • キッチン。だったかな。

    キッチン。だったかな。

  • 2階からの眺め。<br /><br />窓の汚れだよね。

    2階からの眺め。

    窓の汚れだよね。

  • やっぱり壺は必需品?

    やっぱり壺は必需品?

  • すっかり夜。<br />とはいっても、午後6時半ごろの列車に乗って、バーリへ戻る。

    すっかり夜。
    とはいっても、午後6時半ごろの列車に乗って、バーリへ戻る。

  • SUD-EST線は綺麗な車両だし、トイレも付いているし。<br /><br />で、思わず車内で眠ってしまい、起きたらバーリに着いていた。

    SUD-EST線は綺麗な車両だし、トイレも付いているし。

    で、思わず車内で眠ってしまい、起きたらバーリに着いていた。

  • 午後8時ごろのスパラーノ・ダ・バーリ通り。<br /><br />まだまだにぎわっています。

    午後8時ごろのスパラーノ・ダ・バーリ通り。

    まだまだにぎわっています。

  • サン・フェルディナンド教会。<br /><br />外観は、教会っぽくない。

    サン・フェルディナンド教会。

    外観は、教会っぽくない。

  • 中に入れたので見学を。<br />広々としているね。

    中に入れたので見学を。
    広々としているね。

  • で、宿のオーナー、アンドレアのおすすめの食事どころを探して、<br /><br />旧市街を彷徨い歩く。<br /><br />はっきり言って、ちょっとびくびくしていたけれども、<br />特にトラブルもなく。<br />ただ、狭い路地、人もいないし、怖い雰囲気は漂う。<br /><br />そして、その探している場所も見つからず、がっかり。

    で、宿のオーナー、アンドレアのおすすめの食事どころを探して、

    旧市街を彷徨い歩く。

    はっきり言って、ちょっとびくびくしていたけれども、
    特にトラブルもなく。
    ただ、狭い路地、人もいないし、怖い雰囲気は漂う。

    そして、その探している場所も見つからず、がっかり。

  • 今日の夕食は、<br />泣く泣くジェラテリアでジェラートを。<br />場所は、<br />ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通りに面しています。

    今日の夕食は、
    泣く泣くジェラテリアでジェラートを。
    場所は、
    ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通りに面しています。

  • で、選んだのはリモーネ。レモンです。<br /><br />酸味と甘みのまろやかなハーモニー。<br />ビスケットつき。<br />2ユーロでした。<br /><br />まぁ、カップやコーンによって、値段が違いまして。

    で、選んだのはリモーネ。レモンです。

    酸味と甘みのまろやかなハーモニー。
    ビスケットつき。
    2ユーロでした。

    まぁ、カップやコーンによって、値段が違いまして。

  • ジェラートをなめながら、<br />海岸通を歩き、B&Bへ戻る。

    ジェラートをなめながら、
    海岸通を歩き、B&Bへ戻る。

  • 県立絵画館がイタリアンカラーにライトアップ。<br /><br />おしゃれですな。

    県立絵画館がイタリアンカラーにライトアップ。

    おしゃれですな。

  • B&amp;Bのある、夜のSPALATO通り。<br /><br />明りはあるものの、やはり人通りは少ない。<br /><br />治安は悪くはないけれども、<br />これが怖さの原因かも。

    B&Bのある、夜のSPALATO通り。

    明りはあるものの、やはり人通りは少ない。

    治安は悪くはないけれども、
    これが怖さの原因かも。

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集