トゥルム遺跡周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
②トゥルム遺跡 後編<br /><br />05/13/09 ~ 05/14/09<br /><br />遺跡の敷地内には、ビーチもあり、遺跡見学に疲れたらビーチでのんびりすることも出来て、本当に最高♪ ビーチで3時間程マッタリして、遺跡が閉まる17時ギリギリまでビーチ&遺跡を堪能した。<br /><br />帰りのコレクティーボでは、10ペソ渡し、5ペソ足りない、とは言われず、まともなドライバーで安心した。貧しいからしょうがないのかもしれないけど、少しでも観光客から金を巻き上げようとする気持ちが本当に悲しいと思う。<br /><br />今夜は、ホステルでディナーをすることに。「ENFRIGOLADAS」だけのディナーだったけど、結構お腹がふくれた。<br /><br />ホステルのカバーニャは、暗いし外から見えるし、虫も多いからイマイチだけど、またホステルを探すのが面倒だから今夜もここにステイしようと思う・・・。<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・・<br /><br />今朝の朝食は、メキシコ風目玉焼き「HUEVOS RANCHEROS」とパンケーキ。玉子の黄身の甘みとサルサかなんかの辛味が、イイカンジにミックスされ、なかなか美味しかった♪ <br /><br />今日もルイスにライドを貰い、セントロへと向かった。ビックリしたのは、ホステルにまだ名前が付いていないこと。まだオープンして間もないらしく、候補はあるもののまだ名前を決めていないというルイス。ここで大分前に土地を購入し、カバーニャを建ててから、しばらく放置していたらしい。その間に空き巣に遭った為、トイレのドアがないと言う・・・。<br /><br />昨日と同じようにセントロからコレクティーボでビーチへ向かった。ビーチといってもコレクティーボを降りた場所は、昨日と同じ遺跡の側。ここから遺跡まで歩き、更にそこから15分程歩くことに。ビーチに辿り着いたときには、汗だくだった。<br /><br />11:30というのに、ビーチには殆ど人がいなく、美しいビーチを独り占め状態♪ 天気はいいし、ビーチはキレイで水温もちょうどよく、最高の気分だった。13時を過ぎると、ちらほらと人がやって来たものの、本当にガラガラなビーチ。豚インフルエンザの影響なのだろう・・・。<br /><br />周りの人がビールを美味しそうに飲んでいるのを見て、どうしても飲みたくなってしまったなみお。きっとビーチだからものすごい高いのかなぁと思いきや、普通のレストランと同じぐらいの料金20ペソ(135円相当)だったから、ホッとした。やっぱり、暑い所でキンキンに冷えたビールは、本当にウマイ!! あっという間に飲み終えてしまった。<br /><br />15時頃、トゥルムのビーチを出発して、一旦ホステルに荷物を取りに戻ったなみお。たまたまルイスがいたので、またセントロまで送って貰った。カンクン行きのバスを待っていると、どっかの街からトゥルムに到着したばかりのジョアンがバスから降りて来た。昨日トゥルムに来るのかと思っていたけど、予定を変更したようだった。<br /><br />トゥルムからカンクンまでは、2時間半ぐらい掛かった。ここから更にイスラ・ムヘーレスまでは、船で30分ぐらい掛かるのだ。当初の予定では、カンクンのセントロの安宿にステイしようと思っていたけど、せっかくカリブ海のすぐ側にいるのに、ビーチから遠い所に泊まるのは、もったいない気がした。でもカンクンのホテルゾーンは、高すぎるし、手頃なカンクン沖11キロに浮かぶ島、イスラ・ムヘーレスにステイしようと思ったのだ。<br /><br />バスターミナルから港がある「プエルト・ファレス」までは、コレクティーボを使うことに。このコレクティーボがなかなか捉まらなく、予想以上に時間が掛かった。重い荷物をしょいながらウロウロしたせいで、やっとコレクティーボに乗ったときには、ヘトヘトになっていた。<br /><br />コレクティーボの中で、ダンディなオジサマがと目が合ったので「ブエナス・タルデス!!(こんにちは)」と言うと、オジサマは、ニッコリして挨拶を返してくれた。どうやらオジサマもこれからイスラ・ムヘーレスに向かうらしく、荷物を半分持ってくれ、「こっちだよ」と案内してくれた。<br /><br />なみお達が乗った高速船が、これまたカッコよかった。イエローのボディに下の部分がブルー。夜は、このブルーの部分が光るらしく、暗くなったカリブ海をブルーに照らしていてなんかイイカンジ♪ デッキもあって、夜の涼しい風が心地よかった。<br /><br />オジサマの名前は、ベルナビさん。真黒に日焼けしていて、白いシャツと短パンにサングラス姿がよく似合っていた。ベルナビさんは、60歳となみおパパと歳が近く、親近感があった。メキシコシティ出身の元弁護士で、現在はリタイアして、イスラ・ムヘーレスでのんびり暮らしていると言う。<br /><br />ベルナビさんにフォードのかっこいいワゴンでホステルまで送って貰い、明日一緒に食事をする約束をして別れた。実は、「POCHA HOSTEL」は、パーティホステル。それを知らずに、豚インフルエンザの影響で人も少ないだろうと思っていたら大間違い。1番安い部屋は、満室だし、沢山の若者がいて朝までどんちゃん騒ぎ。失敗したと思った・・・。

なみお&みすたぁのなんちゃって世界一周旅行 メキシコ・トゥルム遺跡②

1いいね!

2009/04/23 - 2009/05/16

73位(同エリア83件中)

0

23

みすたぁ

みすたぁさん

②トゥルム遺跡 後編

05/13/09 ~ 05/14/09

遺跡の敷地内には、ビーチもあり、遺跡見学に疲れたらビーチでのんびりすることも出来て、本当に最高♪ ビーチで3時間程マッタリして、遺跡が閉まる17時ギリギリまでビーチ&遺跡を堪能した。

帰りのコレクティーボでは、10ペソ渡し、5ペソ足りない、とは言われず、まともなドライバーで安心した。貧しいからしょうがないのかもしれないけど、少しでも観光客から金を巻き上げようとする気持ちが本当に悲しいと思う。

今夜は、ホステルでディナーをすることに。「ENFRIGOLADAS」だけのディナーだったけど、結構お腹がふくれた。

ホステルのカバーニャは、暗いし外から見えるし、虫も多いからイマイチだけど、またホステルを探すのが面倒だから今夜もここにステイしようと思う・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

今朝の朝食は、メキシコ風目玉焼き「HUEVOS RANCHEROS」とパンケーキ。玉子の黄身の甘みとサルサかなんかの辛味が、イイカンジにミックスされ、なかなか美味しかった♪ 

今日もルイスにライドを貰い、セントロへと向かった。ビックリしたのは、ホステルにまだ名前が付いていないこと。まだオープンして間もないらしく、候補はあるもののまだ名前を決めていないというルイス。ここで大分前に土地を購入し、カバーニャを建ててから、しばらく放置していたらしい。その間に空き巣に遭った為、トイレのドアがないと言う・・・。

昨日と同じようにセントロからコレクティーボでビーチへ向かった。ビーチといってもコレクティーボを降りた場所は、昨日と同じ遺跡の側。ここから遺跡まで歩き、更にそこから15分程歩くことに。ビーチに辿り着いたときには、汗だくだった。

11:30というのに、ビーチには殆ど人がいなく、美しいビーチを独り占め状態♪ 天気はいいし、ビーチはキレイで水温もちょうどよく、最高の気分だった。13時を過ぎると、ちらほらと人がやって来たものの、本当にガラガラなビーチ。豚インフルエンザの影響なのだろう・・・。

周りの人がビールを美味しそうに飲んでいるのを見て、どうしても飲みたくなってしまったなみお。きっとビーチだからものすごい高いのかなぁと思いきや、普通のレストランと同じぐらいの料金20ペソ(135円相当)だったから、ホッとした。やっぱり、暑い所でキンキンに冷えたビールは、本当にウマイ!! あっという間に飲み終えてしまった。

15時頃、トゥルムのビーチを出発して、一旦ホステルに荷物を取りに戻ったなみお。たまたまルイスがいたので、またセントロまで送って貰った。カンクン行きのバスを待っていると、どっかの街からトゥルムに到着したばかりのジョアンがバスから降りて来た。昨日トゥルムに来るのかと思っていたけど、予定を変更したようだった。

トゥルムからカンクンまでは、2時間半ぐらい掛かった。ここから更にイスラ・ムヘーレスまでは、船で30分ぐらい掛かるのだ。当初の予定では、カンクンのセントロの安宿にステイしようと思っていたけど、せっかくカリブ海のすぐ側にいるのに、ビーチから遠い所に泊まるのは、もったいない気がした。でもカンクンのホテルゾーンは、高すぎるし、手頃なカンクン沖11キロに浮かぶ島、イスラ・ムヘーレスにステイしようと思ったのだ。

バスターミナルから港がある「プエルト・ファレス」までは、コレクティーボを使うことに。このコレクティーボがなかなか捉まらなく、予想以上に時間が掛かった。重い荷物をしょいながらウロウロしたせいで、やっとコレクティーボに乗ったときには、ヘトヘトになっていた。

コレクティーボの中で、ダンディなオジサマがと目が合ったので「ブエナス・タルデス!!(こんにちは)」と言うと、オジサマは、ニッコリして挨拶を返してくれた。どうやらオジサマもこれからイスラ・ムヘーレスに向かうらしく、荷物を半分持ってくれ、「こっちだよ」と案内してくれた。

なみお達が乗った高速船が、これまたカッコよかった。イエローのボディに下の部分がブルー。夜は、このブルーの部分が光るらしく、暗くなったカリブ海をブルーに照らしていてなんかイイカンジ♪ デッキもあって、夜の涼しい風が心地よかった。

オジサマの名前は、ベルナビさん。真黒に日焼けしていて、白いシャツと短パンにサングラス姿がよく似合っていた。ベルナビさんは、60歳となみおパパと歳が近く、親近感があった。メキシコシティ出身の元弁護士で、現在はリタイアして、イスラ・ムヘーレスでのんびり暮らしていると言う。

ベルナビさんにフォードのかっこいいワゴンでホステルまで送って貰い、明日一緒に食事をする約束をして別れた。実は、「POCHA HOSTEL」は、パーティホステル。それを知らずに、豚インフルエンザの影響で人も少ないだろうと思っていたら大間違い。1番安い部屋は、満室だし、沢山の若者がいて朝までどんちゃん騒ぎ。失敗したと思った・・・。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
2.0
グルメ
4.0
ショッピング
2.0
交通
2.5
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ENFRIGOLADAS

    ENFRIGOLADAS

  • メキシコ風目玉焼き「HUEVOS RANCHEROS」

    メキシコ風目玉焼き「HUEVOS RANCHEROS」

  • やっと到着!!

    やっと到着!!

  • 本当に美しいトゥルムビーチ♪

    本当に美しいトゥルムビーチ♪

  • カンクンから高速船でイスラ・ムヘーレスへ。

    カンクンから高速船でイスラ・ムヘーレスへ。

この旅行記のタグ

関連タグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

メキシコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
メキシコ最安 630円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

メキシコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集