堺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
堺市西区にある家原寺(えばらじ)は、知恵の文殊さまがご本尊です。<br /><br />そのためか、合格祈願の寺として有名で、かつてはその祈願をお堂に直接書き込んでいたので、落書き寺として名が通っていました。<br /><br />そんな家原寺ですが、行基さまが誕生された生家を、聖武天皇より勅願をうけて寺としたという、由緒のあるお寺なのです。<br /><br />‘家’は生家を、‘原’は母君のお腹をさして、家原寺としたということで、ご本尊の文殊菩薩(秘仏)は、行基さまの作となっています。<br /><br />仁徳天皇陵 → 百舌鳥八幡宮 → 家原寺の順に廻ることにします。<br /><br />【写真は、家原寺本堂にはられた、合格御礼のハンカチです。】

行基菩薩生誕の寺、堺の家原寺へ

12いいね!

2010/07/27 - 2010/07/27

243位(同エリア507件中)

0

25

のーとくん

のーとくんさん

堺市西区にある家原寺(えばらじ)は、知恵の文殊さまがご本尊です。

そのためか、合格祈願の寺として有名で、かつてはその祈願をお堂に直接書き込んでいたので、落書き寺として名が通っていました。

そんな家原寺ですが、行基さまが誕生された生家を、聖武天皇より勅願をうけて寺としたという、由緒のあるお寺なのです。

‘家’は生家を、‘原’は母君のお腹をさして、家原寺としたということで、ご本尊の文殊菩薩(秘仏)は、行基さまの作となっています。

仁徳天皇陵 → 百舌鳥八幡宮 → 家原寺の順に廻ることにします。

【写真は、家原寺本堂にはられた、合格御礼のハンカチです。】

交通手段
自家用車

PR

  • 仁徳天皇陵の拝所です。<br />さすが最大の前方後円墳、小山みたいにでかいですね。<br />その大きさから大仙陵と呼ばれ、正式には百舌鳥耳原中陵(もずみみはらなかのみささぎ)といいます。

    仁徳天皇陵の拝所です。
    さすが最大の前方後円墳、小山みたいにでかいですね。
    その大きさから大仙陵と呼ばれ、正式には百舌鳥耳原中陵(もずみみはらなかのみささぎ)といいます。

  • 仁徳天皇陵の拝所、違った角度からです。

    仁徳天皇陵の拝所、違った角度からです。

  • 仁徳天皇陵の鳥居のアップです。

    仁徳天皇陵の鳥居のアップです。

  • 仁徳天皇陵の前方部の、三重の濠の一番外側の濠です。

    仁徳天皇陵の前方部の、三重の濠の一番外側の濠です。

  • 近くには陪塚をも含んだ、立体模型があります。<br />実物の仁徳天皇陵も、こんな風に見てみたいものです。<br />手前の小さな前方後円分は、次の写真、陪塚の孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)です。

    近くには陪塚をも含んだ、立体模型があります。
    実物の仁徳天皇陵も、こんな風に見てみたいものです。
    手前の小さな前方後円分は、次の写真、陪塚の孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)です。

  • 仁徳天皇陵の陪塚の孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)です。<br />仁徳天皇陵の拝所の向かいにあります。<br />これも前方後円墳で、長さ56mもあり、ちょっとわかりにくいですが、濠もあります。

    仁徳天皇陵の陪塚の孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)です。
    仁徳天皇陵の拝所の向かいにあります。
    これも前方後円墳で、長さ56mもあり、ちょっとわかりにくいですが、濠もあります。

  • 仁徳天皇陵の向かいの公園にあった、あの有名な仁徳天皇の御歌の碑です。

    仁徳天皇陵の向かいの公園にあった、あの有名な仁徳天皇の御歌の碑です。

  • 仁徳天皇陵の南西角近くにある、陪塚の狐山古墳(きつねやまこふん)です。<br />径23mの円墳で、高さ4m周濠の有無は不明とのことです。

    仁徳天皇陵の南西角近くにある、陪塚の狐山古墳(きつねやまこふん)です。
    径23mの円墳で、高さ4m周濠の有無は不明とのことです。

  • 堺市立中央図書館にある、与謝野晶子の歌碑です。<br />‘堺の津南蛮船の行き交へば春秋いかに入りまじりけむ’です。<br />狐山古墳(きつねやまこふん)近くにあります。

    堺市立中央図書館にある、与謝野晶子の歌碑です。
    ‘堺の津南蛮船の行き交へば春秋いかに入りまじりけむ’です。
    狐山古墳(きつねやまこふん)近くにあります。

  • 仁徳天皇陵の周囲をを車で走っていると、履仲天皇陵の陪塚と思えるようなものが。<br />七観山跡のようで、上れるようになっています。<br />経験からこういうところの天辺は、不思議な現象が・・・。(神戸のパワースポット:五色塚古墳と明石城周辺:http://4travel.jp/traveler/geru0201/album/10431342/,摂津国一之宮,でかい鬼のあるお宮,いくたまさん,そして・・・:http://4travel.jp/traveler/geru0201/album/10431955/をご覧ください。)<br />やはり中心で、音の響くところがあります。

    仁徳天皇陵の周囲をを車で走っていると、履仲天皇陵の陪塚と思えるようなものが。
    七観山跡のようで、上れるようになっています。
    経験からこういうところの天辺は、不思議な現象が・・・。(神戸のパワースポット:五色塚古墳と明石城周辺:http://4travel.jp/traveler/geru0201/album/10431342/,摂津国一之宮,でかい鬼のあるお宮,いくたまさん,そして・・・:http://4travel.jp/traveler/geru0201/album/10431955/をご覧ください。)
    やはり中心で、音の響くところがあります。

  • 七観山跡の天辺から撮った、履中天皇陵です。<br />後円方向から見ています。

    七観山跡の天辺から撮った、履中天皇陵です。
    後円方向から見ています。

  • 車で、百舌鳥八幡宮にやってきました。<br />神功皇后が外征の帰途、この地において幾万代までの天下太平を祈願し、この地を万代(もず)と称し、ここに斎きまつらしたとあります。

    車で、百舌鳥八幡宮にやってきました。
    神功皇后が外征の帰途、この地において幾万代までの天下太平を祈願し、この地を万代(もず)と称し、ここに斎きまつらしたとあります。

  • 百舌鳥八幡宮の拝殿です。

    百舌鳥八幡宮の拝殿です。

  • 百舌鳥八幡宮の拝殿と本殿です。

    百舌鳥八幡宮の拝殿と本殿です。

  • 百舌鳥八幡宮の楠です。<br />これから、いよいよ家原寺に車で向かいます。

    百舌鳥八幡宮の楠です。
    これから、いよいよ家原寺に車で向かいます。

  • 家原寺で一番古い南大門です。<br />かつて安置されていた仁王さまは、運慶快慶の作と伝えられいるが、廃仏毀釈の後外国に売却されてしまったとのことです。<br />残念ですねぇ!!

    家原寺で一番古い南大門です。
    かつて安置されていた仁王さまは、運慶快慶の作と伝えられいるが、廃仏毀釈の後外国に売却されてしまったとのことです。
    残念ですねぇ!!

  • 家原寺の護摩堂です。<br />一願不動明王が祀られています。

    家原寺の護摩堂です。
    一願不動明王が祀られています。

  • 家原寺の境内をさらに進んで行きます。

    家原寺の境内をさらに進んで行きます。

  • 家原寺の地蔵堂です。<br />水掛地蔵が安置されています。

    家原寺の地蔵堂です。
    水掛地蔵が安置されています。

  • 家原寺の行基菩薩誕生塚です。

    家原寺の行基菩薩誕生塚です。

  • 家原寺の開山堂です。<br />家原寺をひらいた行基菩薩が祀られています。

    家原寺の開山堂です。
    家原寺をひらいた行基菩薩が祀られています。

  • 家原寺の本堂です。<br />白いハンカチのようなものが、いっぱいはられています。

    家原寺の本堂です。
    白いハンカチのようなものが、いっぱいはられています。

  • ほとんどが合格御礼のハンカチです。<br />合格祈願したその成果の御礼なのでしょうね。

    ほとんどが合格御礼のハンカチです。
    合格祈願したその成果の御礼なのでしょうね。

  • 本堂の中には、五角形の合格絵馬がたくさんつるされています。

    本堂の中には、五角形の合格絵馬がたくさんつるされています。

  • 家原寺の平成元年完成の三重塔です。<br />これからも受験生を見守ってくれることでしょうね。<br /><br />(おしまい)

    家原寺の平成元年完成の三重塔です。
    これからも受験生を見守ってくれることでしょうね。

    (おしまい)

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

堺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集