ミンスク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ベラルーシと聞くと・・・<br />前米大統領ブッシュが北朝鮮とイラクと並んで、<br />『悪の枢軸』と非難した国。<br />でも一方では『美人の国』とも言われている。<br /><br />一体どんな国なのか?とても興味津々・・・<br /><br /><br />ベラルーシを旅するには、一番面倒なビザが必要。<br />東京にあるベラルーシ大使館で48時間のビザを申請した。<br />1300円を振り込み、そのコピーと申請書等を郵送。<br />すぐに、ビザを発行してくれ、ホッとする。<br /><br /><br />ミンスク駅前に降り立った時、<br />街は明るく、人々の表情も活き活きして、<br />悪いイメージなんか吹っ飛んじゃった。<br /><br /><br />今日はお祭りなのか???<br />民族衣装をまとった女性が、踊ったり、歌ったり・・・<br /><br />このおばあちゃんは糸を紡いでいた。<br />おばあちゃんだけど、カラフルな衣装で可愛かった。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

2009年・・・北・東・中欧の旅(1)ベラルーシ・・・ミンスク

7いいね!

2009/05/18 - 2009/06/18

112位(同エリア151件中)

0

23

気楽トンボ

気楽トンボさん

ベラルーシと聞くと・・・
前米大統領ブッシュが北朝鮮とイラクと並んで、
『悪の枢軸』と非難した国。
でも一方では『美人の国』とも言われている。

一体どんな国なのか?とても興味津々・・・


ベラルーシを旅するには、一番面倒なビザが必要。
東京にあるベラルーシ大使館で48時間のビザを申請した。
1300円を振り込み、そのコピーと申請書等を郵送。
すぐに、ビザを発行してくれ、ホッとする。


ミンスク駅前に降り立った時、
街は明るく、人々の表情も活き活きして、
悪いイメージなんか吹っ飛んじゃった。


今日はお祭りなのか???
民族衣装をまとった女性が、踊ったり、歌ったり・・・

このおばあちゃんは糸を紡いでいた。
おばあちゃんだけど、カラフルな衣装で可愛かった。







旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
3.5
ショッピング
3.5
交通
4.0
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
フィンランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ベラルーシはトランジットビザを取得していた。<br />トランジットビザは2日間・・・実質48時間しかない。<br /><br />ビリニュス駅にあるベラルーシ・ビザ取扱の窓口で、<br />チケットを購入!<br />列車にチケットは2枚。<br />5月22日 ビリニュス6:37〜ミンスク10:40着<br />5月23日 ミンスク 20:50〜キエフ9:00着。<br /><br />列車に乗ると、ベラルーシの入国カードを配ってくれた。<br />リトアニアの出国手続きはいとも簡単。<br /><br />ベラルーシの入国手続きはなんと大袈裟か!!!<br />6〜7人の係員が一緒に来て、<br />パスポートを宝石鑑定の時に使うルーペのようなもので、<br />パスポートに穴が開くほど、念入りにチェック。<br />ロシアの名残か・・・カーキ色でツバの大きな帽子を被り、<br />もちろん制服もカーキ色で、見るからに高圧的。<br /><br />ベラルーシに入ると、美しい田園風景が続きホッとした。<br /><br />ミンスク駅はでっかいぃぃぃ(*^_^*)<br />たった2日間・・・楽しもうっと。<br /><br /><br />

    ベラルーシはトランジットビザを取得していた。
    トランジットビザは2日間・・・実質48時間しかない。

    ビリニュス駅にあるベラルーシ・ビザ取扱の窓口で、
    チケットを購入!
    列車にチケットは2枚。
    5月22日 ビリニュス6:37〜ミンスク10:40着
    5月23日 ミンスク 20:50〜キエフ9:00着。

    列車に乗ると、ベラルーシの入国カードを配ってくれた。
    リトアニアの出国手続きはいとも簡単。

    ベラルーシの入国手続きはなんと大袈裟か!!!
    6〜7人の係員が一緒に来て、
    パスポートを宝石鑑定の時に使うルーペのようなもので、
    パスポートに穴が開くほど、念入りにチェック。
    ロシアの名残か・・・カーキ色でツバの大きな帽子を被り、
    もちろん制服もカーキ色で、見るからに高圧的。

    ベラルーシに入ると、美しい田園風景が続きホッとした。

    ミンスク駅はでっかいぃぃぃ(*^_^*)
    たった2日間・・・楽しもうっと。


  • 旧ソ連連邦らしく、建物はでっかく、<br />道路や歩道は無駄に感じるくらい広かった。<br /><br />小雨が降り、肌寒かった・・・

    旧ソ連連邦らしく、建物はでっかく、
    道路や歩道は無駄に感じるくらい広かった。

    小雨が降り、肌寒かった・・・

  • 狭い道路に車が渋滞・・・なんても嫌だけど、<br />こんなに広いと、寒々しく感じる。<br /><br />冬は大変だろうなぁ〜<br /><br />

    狭い道路に車が渋滞・・・なんても嫌だけど、
    こんなに広いと、寒々しく感じる。

    冬は大変だろうなぁ〜

  • 車道が広いので、地下道が整備され、<br />広場の下には、広い地下街があり寒くても大丈夫。<br /><br />地上の風景から想像できないくらいだった。<br />ボルシチが美味しかった。

    車道が広いので、地下道が整備され、
    広場の下には、広い地下街があり寒くても大丈夫。

    地上の風景から想像できないくらいだった。
    ボルシチが美味しかった。

  • まずはホテルだ!!!<br /><br />「地球の歩き方」でホテル探しをする。<br />地下鉄を乗り継ぎ、『ニャーミガ』で下車。<br />地下道を歩き、地上に出ると・・・<br />白亜の教会が目に入った。<br />『聖霊大聖堂』・・・<br />二つの塔の間には黄金の聖母のモザイクが描かれていた。<br />黄金色が白を強調して、とても美しかった。<br /><br />見とれてちゃアカン!<br />雨も強くなり、ホテルを探さなきゃ((+_+))<br /><br />地図では近いのに、道路や歩道があまりにも広いので、<br />歩く距離が半端じゃない!!!<br />幾ら心の広い私でも、ムカムカ腹が立ち、<br />『旧ソ連の悪いところやぁ!』と文句が〜〜〜〜

    まずはホテルだ!!!

    「地球の歩き方」でホテル探しをする。
    地下鉄を乗り継ぎ、『ニャーミガ』で下車。
    地下道を歩き、地上に出ると・・・
    白亜の教会が目に入った。
    『聖霊大聖堂』・・・
    二つの塔の間には黄金の聖母のモザイクが描かれていた。
    黄金色が白を強調して、とても美しかった。

    見とれてちゃアカン!
    雨も強くなり、ホテルを探さなきゃ((+_+))

    地図では近いのに、道路や歩道があまりにも広いので、
    歩く距離が半端じゃない!!!
    幾ら心の広い私でも、ムカムカ腹が立ち、
    『旧ソ連の悪いところやぁ!』と文句が〜〜〜〜

  • 探したホテルのフロント嬢・・・<br />&quot;Cheap or expensive?&quot;と聞くじゃないの!!!<br /><br />&quot;Very cheap&quot;と答えたら、7000円をすすめた。<br />1泊なので・・・安易にOKを出してしまった(苦笑)<br /><br />早速町へ・・・<br />広場ではお祭りがあり、民族衣装を着た人々で賑わっていた。<br /><br />ご自慢の歌を披露・・・おばさんコーラスガンバレ!!!

    探したホテルのフロント嬢・・・
    "Cheap or expensive?"と聞くじゃないの!!!

    "Very cheap"と答えたら、7000円をすすめた。
    1泊なので・・・安易にOKを出してしまった(苦笑)

    早速町へ・・・
    広場ではお祭りがあり、民族衣装を着た人々で賑わっていた。

    ご自慢の歌を披露・・・おばさんコーラスガンバレ!!!

  • 民族衣装も様々・・・<br /><br />なんのお祭りか全く解らず・・・<br />多分聞いてもロシア語なので、解らないと思うけど(^_-)<br /><br />

    民族衣装も様々・・・

    なんのお祭りか全く解らず・・・
    多分聞いてもロシア語なので、解らないと思うけど(^_-)

  • どこの国でも、子供は可愛い!<br />  どこの国でも 女の子は大人顔負けにおませさん!<br />    どこの国でも、自分の子供が一番!<br /><br />

    どこの国でも、子供は可愛い!
      どこの国でも 女の子は大人顔負けにおませさん!
        どこの国でも、自分の子供が一番!

  • 中年のおばさんは、どこの国でも貫禄たっぷり(笑)<br /><br />堂々たる腰にお尻・・・<br /><br />手作りの籠を売っていた。

    中年のおばさんは、どこの国でも貫禄たっぷり(笑)

    堂々たる腰にお尻・・・

    手作りの籠を売っていた。

  • テントが多く設営され、お料理やお酒が並べてあった。<br />きっと、自分の村?町?の特産品だったのかな?<br /><br />誰にでも無料で振舞われていた。<br />もちろん、遠慮なくいただきました。<br /><br />ワイン、チーズ、パン、酢漬け、<br />クッキー、カナッペ、サーモン・・・<br />美味しかったで〜す。

    テントが多く設営され、お料理やお酒が並べてあった。
    きっと、自分の村?町?の特産品だったのかな?

    誰にでも無料で振舞われていた。
    もちろん、遠慮なくいただきました。

    ワイン、チーズ、パン、酢漬け、
    クッキー、カナッペ、サーモン・・・
    美味しかったで〜す。

  • 雨が止むと・・・あちこちから地元の人がやって来た。<br /><br />みんな、明るく、楽しそう♪<br />舞台の歌に合わせ踊る人もいた。<br />イキイキ、ウキウキ、ワクワクが一番で〜す<br /><br />

    雨が止むと・・・あちこちから地元の人がやって来た。

    みんな、明るく、楽しそう♪
    舞台の歌に合わせ踊る人もいた。
    イキイキ、ウキウキ、ワクワクが一番で〜す

  • 『聖シモン・聖エレーナ教会』<br />別名「赤い教会」と呼ばれている。<br /><br />ゴシック様式とロマネスク様式が混在!<br />外観はかなり複雑というか・・・<br />ややこしい造り(^_-)

    『聖シモン・聖エレーナ教会』
    別名「赤い教会」と呼ばれている。

    ゴシック様式とロマネスク様式が混在!
    外観はかなり複雑というか・・・
    ややこしい造り(^_-)

  • 『聖シモン・聖エレーナ教会』には、<br />長崎から贈られた鐘が記念碑として飾られていた。<br /><br />♪あぁ〜長崎〜の鐘が鳴ぁる♪(古ッ(@_@;)<br />きっと素敵な鐘の音だと思う

    『聖シモン・聖エレーナ教会』には、
    長崎から贈られた鐘が記念碑として飾られていた。

    ♪あぁ〜長崎〜の鐘が鳴ぁる♪(古ッ(@_@;)
    きっと素敵な鐘の音だと思う

  • 夜行列車の出発まで、丸1日になった。<br /><br />朝食はホテル代に込み!<br />バイキングで豪華(*^^)v<br />ランチ分もこっそりリュックの中へ・・・<br /><br />世界遺産に登録された『ミール城』へ行くことにした。<br />メトロ、バスを利用して東ターミナルへ行く。<br />ミール城行きを聞くが、ロシア語なのでチンプンカンプン。<br />解って欲しいと思うのか、更にペラペラと捲し立てる。<br />有り難いけれど・・・単語だけでいいんだけど・・・<br /><br />やっとバスが解りホッと・・・<br /><br />

    夜行列車の出発まで、丸1日になった。

    朝食はホテル代に込み!
    バイキングで豪華(*^^)v
    ランチ分もこっそりリュックの中へ・・・

    世界遺産に登録された『ミール城』へ行くことにした。
    メトロ、バスを利用して東ターミナルへ行く。
    ミール城行きを聞くが、ロシア語なのでチンプンカンプン。
    解って欲しいと思うのか、更にペラペラと捲し立てる。
    有り難いけれど・・・単語だけでいいんだけど・・・

    やっとバスが解りホッと・・・

  • 『ミール城』までは、100km、1時間半ほど・・・<br />バス代は380円。<br /><br />郊外は長閑な田園風景。<br />菜の花は咲き、黄色い絨毯が続く。<br />

    『ミール城』までは、100km、1時間半ほど・・・
    バス代は380円。

    郊外は長閑な田園風景。
    菜の花は咲き、黄色い絨毯が続く。

  • 静かな、静かな、光景・・・<br />時折、雲が空を覆い、黄色い絨毯を暗くする

    静かな、静かな、光景・・・
    時折、雲が空を覆い、黄色い絨毯を暗くする

  • 広大は土地にポツンと建つ『ミール城』<br />2000年に世界遺産に登録。<br /><br />16世紀前半に、地元の有力者によって築かれたお城。<br />5つに塔と城壁をもつゴシック様式だったが、<br />所有者が変わり、ルネッサンス様を交えた改築が行われた。<br /><br />お城の周りは、目下工事中。<br /><br />

    広大は土地にポツンと建つ『ミール城』
    2000年に世界遺産に登録。

    16世紀前半に、地元の有力者によって築かれたお城。
    5つに塔と城壁をもつゴシック様式だったが、
    所有者が変わり、ルネッサンス様を交えた改築が行われた。

    お城の周りは、目下工事中。

  • 人工湖に囲まれた『ミール城』<br /><br />自然の長閑な景色が広がっていた。<br /><br />こっそりいただいたランチを食べていると、<br />鳥さんが寄ってくる。<br />「お裾分けだよ」

    人工湖に囲まれた『ミール城』

    自然の長閑な景色が広がっていた。

    こっそりいただいたランチを食べていると、
    鳥さんが寄ってくる。
    「お裾分けだよ」

  • お城の内部は簡素。<br /><br />窓を額に・・・パチリ

    お城の内部は簡素。

    窓を額に・・・パチリ

  • 高さ13m、厚さ3mあった城壁は、<br />改築の時に、3階建ての宮殿の外壁に吸収されたとか・・・<br /><br />赤い煉瓦の『ミール城』は、とても美しいたたずまいでした

    高さ13m、厚さ3mあった城壁は、
    改築の時に、3階建ての宮殿の外壁に吸収されたとか・・・

    赤い煉瓦の『ミール城』は、とても美しいたたずまいでした

  • ミールの町自体も観光地としての整備が進められていた。<br /><br />ここは子供達の遠足の場所。<br />お城の横の広場には、子供目当てのお店が3軒ほどあった。<br />子供達は、興味津々でお店の中へ・・・<br /><br />

    ミールの町自体も観光地としての整備が進められていた。

    ここは子供達の遠足の場所。
    お城の横の広場には、子供目当てのお店が3軒ほどあった。
    子供達は、興味津々でお店の中へ・・・

  • 振りかえると・・・空が綺麗・・・<br /><br />真っ白い雲が、まさに飛び立とうと羽根を広げたようだった。

    振りかえると・・・空が綺麗・・・

    真っ白い雲が、まさに飛び立とうと羽根を広げたようだった。

  • 大きな木に隠れる『ミール城』<br />なんかシャイやぁ〜(=^−^=)ふふ<br /><br />そろそろミンスクに帰らないと・・・<br />バス停に行くと、おじさんが倒れていた。<br />びっくりして傍によると・・・酒臭い!!!<br />なんと酔っ払いのおじさんだった。<br />介抱するおじさんも酔っ払い(苦笑)<br />

    大きな木に隠れる『ミール城』
    なんかシャイやぁ〜(=^−^=)ふふ

    そろそろミンスクに帰らないと・・・
    バス停に行くと、おじさんが倒れていた。
    びっくりして傍によると・・・酒臭い!!!
    なんと酔っ払いのおじさんだった。
    介抱するおじさんも酔っ払い(苦笑)

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベラルーシで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベラルーシ最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベラルーシの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集