メンフィス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ハイリさんのタクシーに戻り1時間ほど走らせると、また別のピラミッドの前に到着。<br />こうピラミッドが多いと安売りのバーゲンセールのように思えてくるのはあちきだけだろうか。<br />到着したピラミッドは、赤のピラミッドと呼ばれている。<br /><br />あちきとノブラは、カメラだけ持ってピラミッドに向かった。<br />内部に続く階段の手前に馬に跨った警官が2名パトロールしている。<br /><br />すでに暑さで頭がやられているのか、警官に先に挨拶した。<br />「やくーざ」<br /><br />警官は満足そうに馬の上からあちきらを見下ろすと入り口を指差して教えてくれる。<br />その指先には、ピラミッドの斜面に作られた出入り口の穴があり、先に来ている観光客の姿が数名あった。<br /><br />ピラミッドの入り口へと続く石の段差で作られた階段を上る。<br />ときおり風は吹くが温風だった。<br />そんな温風が腹の中にまで染み渡る。<br /><br />「暑すぎんだよ」<br /><br />ノブラもまったくですねと相槌を打つ。<br /><br />ようやく入り口に近づくと先に来ている観光客のグループと目が合った。<br />どうやら日本人の若者のグループらしい。<br /><br />「こんにちは」<br />と日本語で挨拶すると、同じく日本語で返してくれた。<br />まだ中に数名いるらしく、外で待っていると一人の女の子と目が合った。<br /><br />え?<br /><br />向こうもあちきに見覚えがありそうな表情をする。<br /><br />ロバっ子?<br /><br />に、似ている。<br /><br />話しかけるべきかと暑さで熔けそうになった脳細胞をフルに使う前に、そのグループのリーダ格らしい男子が、ロバっ子(推定)に話しかけて遮られてしまった。<br /><br />まあそんな都合よく三度も出会えるなんてネタじゃないですかと言われそうなので、あちきは黙ってピラミッド内部に入ることにした。<br />このピラミッド内部は、わりと広く十分なスペースが確保されている。<br />内部の見学よりもロバっ子(推定)が気になってしまって、ピラミッド内部のことはどうでもよくなっていた。<br /><br />再び外に出ると、先に着ていた日本人の若者達の姿はどこにもなかった。<br /><br />ハイリさんのタクシーに乗り込む。<br />時計を見ると正午を回っていた。<br />ハイリさんは、今まで通った道を戻っている。<br />これで終わりかと思ったらもう一箇所メンフィスに寄ってくれた。<br /><br />メンフィスは、遺跡というよりは遺跡のあった跡地に建物を立てて巨大な石造を寝かして安置している。<br />二階部分からその巨大な石造を見下ろすと、その大きさに感動を覚える。<br /><br />こんな巨像が実際にはちゃんと立てられていたわけだ。<br />それも一体や二体の話ではない。<br />映画に出てきそうなワンシーンを思い浮かべる。<br /><br />うーむ・・・さすがエジプトの代官も悪よのぉ~と想像は止まらなかった。<br />建物の外にもいくつか彫像が置かれている。<br />一通り見て周りハイリさんのタクシーに戻った。<br /><br />しばらくタクシーに揺られていると街道沿いのツーリスティックなレストランの前に停まった。<br /><br />「ランチ」<br /><br />ハイリさんは、そう一言だけ言う。<br />どうやらレストランに連れて来られてしまったみたいだな。<br /><br />うーむ・・・。<br />基本的に店を勧められるのは好きじゃないんだが。<br />あちきの気持ちをノブラも読み取ったらしい。<br /><br />「大丈夫ですかね?」<br />「微妙だな」<br /><br />まあここで食事するとハイリさんにも少しマージンが入るのだろう。<br />観光とかで生計を立てているなら当然の行いである。<br /><br />とりあえずレストランに入ってみる。<br />テーブルはかなりの数があり、団体客向けのレストランだとすぐにわかる。<br />ウェイターに勧められたテーブルに座りメニューを見る。<br /><br />なんかおもしろくないんだよな。<br />怒りとかじゃなくて、旅に来た楽しみが味わえない気持ちから出た感想である。<br /><br />あちきは見ていたメニューをパタンと閉じた。<br /><br />「行こ」<br /><br />ノブラにそう言うと、彼もあちきの行動を読んでいたみたいだった。<br />席を立つとウェイターが慌ててやってくる。<br /><br />「食べてかないのか?」<br />「ごめんね」<br /><br />他にウエイターが何か言ったがよくわかんなかったので、そのまま流してハイリさんのところに戻る。<br /><br />一番驚いていたのは、ここに連れて来たハイリさんのようだった。<br />彼もあまりの早さに戻ってきたあちきらに心配そうな目を向けている。<br /><br />彼になんと言おうか考えたが、どう説明するか悩む。<br />言葉がわからないのでジェスチャーで両手を挙げて首をかしげて作り笑顔を浮かべた。<br /><br />再びハイリさんの車に乗り込む。<br />彼も何か言いたいのだろうが英語もできないから、心配そうにルームミラーであちきらを何度も見ている。<br /><br />しばらく走ってもらい、タイミングを見てあちきがガイドブックをハイリさんに見せた。<br />もうこれで観光は終わりだろう。<br />でも、まだ午後の始まり程度の時間でもったいない。<br />そこでシタデルに行きたいとガイドブックを見せる。<br />ハイリさんは笑顔で了承してくれた。<br /><br />「いくら?」<br /><br />と英語で聞くと、彼はいらないよと笑顔で首を振ってくれた。<br /><br />再び喧騒のカイロ市内に戻ってくる。<br />シタデル地区の高台に立つガーマ・ムハンマド・アリが見えてきたところで、ハイリさんはタクシーの方向を変えた。<br /><br />ずいぶんローカルな商業地区でタクシーは停まった。<br />ハイリさんが先に降りると手招きをする。<br />あちきとノブラも貴重品を持ってついて行く。<br />彼に従って一軒の食堂に案内された。<br /><br />「ハングリー?」<br /><br />ハイリさんが自分のお腹をさすった。<br /><br />ノブラがお得意の英語で答えた。<br /><br />「ミートゥ」<br /><br />ハイリさんは日差しの強い通り側ではなく、涼しい店の奥のテーブルを勧めてくれた。<br />どうやらハイリさんが日常的に利用している食堂らしい。<br />店のスタッフとも楽しそうに談笑している。<br /><br />席に着くとメニューなんて気のきいたものはないらしい。<br />再びガイドブックを取り出して、写真付の食べ物を指差してみる。<br />店のスタッフも写真から想像したものをいろいろとチョイスしてくれる。<br /><br />中でもあちきは食べたいものがあったので、料理の写真を見せてみる。<br />意外にもスタッフの反応が一番良い料理を選んだみたいだった。<br /><br />「何選んだんですか?」<br /><br />ノブラが聞いてきた。<br /><br />「ふっ、今にわかる」<br /><br />あちきは勝ち誇ったように答えた。<br />ハイリさんは気をきかして別の離れたテーブルに座っている。<br />目が合うと彼は笑顔で何度かうなづいた。<br /><br />頼んだ料理が運ばれてきた。<br /><br />いつも付いてくるアエーシから始まり、野菜にスープに肉料理が来る。<br />けっこう腹ペコだったので、二人してがっついた。<br /><br />そして最後にあちきがオーダーした料理が運ばれる。<br /><br />「鳥?」<br /><br />ノブラが皿に乗っている料理を聞いてきた。<br />一見して小型の鳥の丸焼きである。<br /><br />「ハト」<br /><br />あちきは一言だけ答えてその料理に手を伸ばす。<br /><br />「ハト?!」<br /><br />ノブラは、えーっという情けない声を出す。<br /><br />「なんだよ?」<br />「ハトってあのハトですよね?」<br />「ポロッポー」<br /><br />あちきは可愛く鳴いて聞かせた。<br /><br />「よく神社や公園でおじいちゃんとかおばあちゃんが餌あげてるハトですよね?」<br />「ポロッポー」<br />「・・・」<br />「ポロッポー」<br />「ハトって・・・食べていいんですか?」<br />「まあそのなんだ、アグネス・チャンは食べないだろうな」<br />「意味わかりませんけど」<br /><br />あちきはノブラを無視して鳩胸あたりを見る。<br /><br />「すげー米が中に詰まってるわ」<br />「え〜」<br /><br />ノブラは嫌そうな顔をする。<br />あちきはフォークで中の米とハトの肉を器用に口に運んで一口食べてみた。<br /><br />やべー、うますぎる。<br /><br />ノブラは、あちきの感想を待っている。<br />ノブラに何か言おうとするマネだけしてもう一口食べた。<br /><br />「美味しいんですか?」<br />「ごちゃごちゃ言ってないで食え」<br /><br />ノブラもあちきの反応で気になりだしたのが、恐る恐るハトの肉を口に放り込む。<br /><br />「鳥肉ですね」<br /><br />こいつの頭にもコメでも詰めておくか。<br /><br />こうしてホントの意味でのローカルフードが堪能できた。<br /><br />ありがとう、ハイリさん。<br />

2007 ヨルダン・エジプト旅記 0521-05

3いいね!

2007/05/15 - 2007/05/24

15位(同エリア30件中)

0

11

morikens

morikensさん

ハイリさんのタクシーに戻り1時間ほど走らせると、また別のピラミッドの前に到着。
こうピラミッドが多いと安売りのバーゲンセールのように思えてくるのはあちきだけだろうか。
到着したピラミッドは、赤のピラミッドと呼ばれている。

あちきとノブラは、カメラだけ持ってピラミッドに向かった。
内部に続く階段の手前に馬に跨った警官が2名パトロールしている。

すでに暑さで頭がやられているのか、警官に先に挨拶した。
「やくーざ」

警官は満足そうに馬の上からあちきらを見下ろすと入り口を指差して教えてくれる。
その指先には、ピラミッドの斜面に作られた出入り口の穴があり、先に来ている観光客の姿が数名あった。

ピラミッドの入り口へと続く石の段差で作られた階段を上る。
ときおり風は吹くが温風だった。
そんな温風が腹の中にまで染み渡る。

「暑すぎんだよ」

ノブラもまったくですねと相槌を打つ。

ようやく入り口に近づくと先に来ている観光客のグループと目が合った。
どうやら日本人の若者のグループらしい。

「こんにちは」
と日本語で挨拶すると、同じく日本語で返してくれた。
まだ中に数名いるらしく、外で待っていると一人の女の子と目が合った。

え?

向こうもあちきに見覚えがありそうな表情をする。

ロバっ子?

に、似ている。

話しかけるべきかと暑さで熔けそうになった脳細胞をフルに使う前に、そのグループのリーダ格らしい男子が、ロバっ子(推定)に話しかけて遮られてしまった。

まあそんな都合よく三度も出会えるなんてネタじゃないですかと言われそうなので、あちきは黙ってピラミッド内部に入ることにした。
このピラミッド内部は、わりと広く十分なスペースが確保されている。
内部の見学よりもロバっ子(推定)が気になってしまって、ピラミッド内部のことはどうでもよくなっていた。

再び外に出ると、先に着ていた日本人の若者達の姿はどこにもなかった。

ハイリさんのタクシーに乗り込む。
時計を見ると正午を回っていた。
ハイリさんは、今まで通った道を戻っている。
これで終わりかと思ったらもう一箇所メンフィスに寄ってくれた。

メンフィスは、遺跡というよりは遺跡のあった跡地に建物を立てて巨大な石造を寝かして安置している。
二階部分からその巨大な石造を見下ろすと、その大きさに感動を覚える。

こんな巨像が実際にはちゃんと立てられていたわけだ。
それも一体や二体の話ではない。
映画に出てきそうなワンシーンを思い浮かべる。

うーむ・・・さすがエジプトの代官も悪よのぉ~と想像は止まらなかった。
建物の外にもいくつか彫像が置かれている。
一通り見て周りハイリさんのタクシーに戻った。

しばらくタクシーに揺られていると街道沿いのツーリスティックなレストランの前に停まった。

「ランチ」

ハイリさんは、そう一言だけ言う。
どうやらレストランに連れて来られてしまったみたいだな。

うーむ・・・。
基本的に店を勧められるのは好きじゃないんだが。
あちきの気持ちをノブラも読み取ったらしい。

「大丈夫ですかね?」
「微妙だな」

まあここで食事するとハイリさんにも少しマージンが入るのだろう。
観光とかで生計を立てているなら当然の行いである。

とりあえずレストランに入ってみる。
テーブルはかなりの数があり、団体客向けのレストランだとすぐにわかる。
ウェイターに勧められたテーブルに座りメニューを見る。

なんかおもしろくないんだよな。
怒りとかじゃなくて、旅に来た楽しみが味わえない気持ちから出た感想である。

あちきは見ていたメニューをパタンと閉じた。

「行こ」

ノブラにそう言うと、彼もあちきの行動を読んでいたみたいだった。
席を立つとウェイターが慌ててやってくる。

「食べてかないのか?」
「ごめんね」

他にウエイターが何か言ったがよくわかんなかったので、そのまま流してハイリさんのところに戻る。

一番驚いていたのは、ここに連れて来たハイリさんのようだった。
彼もあまりの早さに戻ってきたあちきらに心配そうな目を向けている。

彼になんと言おうか考えたが、どう説明するか悩む。
言葉がわからないのでジェスチャーで両手を挙げて首をかしげて作り笑顔を浮かべた。

再びハイリさんの車に乗り込む。
彼も何か言いたいのだろうが英語もできないから、心配そうにルームミラーであちきらを何度も見ている。

しばらく走ってもらい、タイミングを見てあちきがガイドブックをハイリさんに見せた。
もうこれで観光は終わりだろう。
でも、まだ午後の始まり程度の時間でもったいない。
そこでシタデルに行きたいとガイドブックを見せる。
ハイリさんは笑顔で了承してくれた。

「いくら?」

と英語で聞くと、彼はいらないよと笑顔で首を振ってくれた。

再び喧騒のカイロ市内に戻ってくる。
シタデル地区の高台に立つガーマ・ムハンマド・アリが見えてきたところで、ハイリさんはタクシーの方向を変えた。

ずいぶんローカルな商業地区でタクシーは停まった。
ハイリさんが先に降りると手招きをする。
あちきとノブラも貴重品を持ってついて行く。
彼に従って一軒の食堂に案内された。

「ハングリー?」

ハイリさんが自分のお腹をさすった。

ノブラがお得意の英語で答えた。

「ミートゥ」

ハイリさんは日差しの強い通り側ではなく、涼しい店の奥のテーブルを勧めてくれた。
どうやらハイリさんが日常的に利用している食堂らしい。
店のスタッフとも楽しそうに談笑している。

席に着くとメニューなんて気のきいたものはないらしい。
再びガイドブックを取り出して、写真付の食べ物を指差してみる。
店のスタッフも写真から想像したものをいろいろとチョイスしてくれる。

中でもあちきは食べたいものがあったので、料理の写真を見せてみる。
意外にもスタッフの反応が一番良い料理を選んだみたいだった。

「何選んだんですか?」

ノブラが聞いてきた。

「ふっ、今にわかる」

あちきは勝ち誇ったように答えた。
ハイリさんは気をきかして別の離れたテーブルに座っている。
目が合うと彼は笑顔で何度かうなづいた。

頼んだ料理が運ばれてきた。

いつも付いてくるアエーシから始まり、野菜にスープに肉料理が来る。
けっこう腹ペコだったので、二人してがっついた。

そして最後にあちきがオーダーした料理が運ばれる。

「鳥?」

ノブラが皿に乗っている料理を聞いてきた。
一見して小型の鳥の丸焼きである。

「ハト」

あちきは一言だけ答えてその料理に手を伸ばす。

「ハト?!」

ノブラは、えーっという情けない声を出す。

「なんだよ?」
「ハトってあのハトですよね?」
「ポロッポー」

あちきは可愛く鳴いて聞かせた。

「よく神社や公園でおじいちゃんとかおばあちゃんが餌あげてるハトですよね?」
「ポロッポー」
「・・・」
「ポロッポー」
「ハトって・・・食べていいんですか?」
「まあそのなんだ、アグネス・チャンは食べないだろうな」
「意味わかりませんけど」

あちきはノブラを無視して鳩胸あたりを見る。

「すげー米が中に詰まってるわ」
「え〜」

ノブラは嫌そうな顔をする。
あちきはフォークで中の米とハトの肉を器用に口に運んで一口食べてみた。

やべー、うますぎる。

ノブラは、あちきの感想を待っている。
ノブラに何か言おうとするマネだけしてもう一口食べた。

「美味しいんですか?」
「ごちゃごちゃ言ってないで食え」

ノブラもあちきの反応で気になりだしたのが、恐る恐るハトの肉を口に放り込む。

「鳥肉ですね」

こいつの頭にもコメでも詰めておくか。

こうしてホントの意味でのローカルフードが堪能できた。

ありがとう、ハイリさん。

同行者
友人
航空会社
エミレーツ航空

PR

  • 赤のピラミッド。

    赤のピラミッド。

  • 見渡す限りの駐車場。

    見渡す限りの駐車場。

  • 暑さにめげるノブラ。

    暑さにめげるノブラ。

  • ガンダム。

    ガンダム。

  • ラメセス2世。

    ラメセス2世。

  • ガンダム。

    ガンダム。

  • ホワイトベース。

    ホワイトベース。

  • 観光客にむらがる遺跡。

    観光客にむらがる遺跡。

  • お土産ゾーン。

    お土産ゾーン。

  • 猫まっしぐら。<br /><br />ハマーム・マフシー。

    猫まっしぐら。

    ハマーム・マフシー。

  • 右手白い帽子の人が、ハイリさん。

    右手白い帽子の人が、ハイリさん。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

エジプトで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エジプト最安 410円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エジプトの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集