北京 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

南鑼鼓巷は、最近道がレンガで綺麗に舗装され、胡同の乱雑さが見違えるように綺麗になって、ますます観光地になってきました。外人が訪れるようになって初めて観光地と言えるのではないかと、私は勝手に思っているのですが、果たして南鑼鼓巷にも外国人が大勢来ていました。<br /><br />南鑼鼓巷は中国人より、むしろ外国人向けかもしれません。中国人がわいわいがやがや食べるレストランが少なく、外国人が静かにコーヒーを飲むよなところが多いですから。胡同の古い建物を改造して作った、レストランや喫茶店がたくさんできていました。ここが観光地になったと言っても、地元の北京人などに「南鑼鼓巷」と言っても、ここを知らない人の方が多いのではないかと思います。やはり外国人向けか、一部の若者の中国人だけがくるところかもしれません。南鑼鼓巷の通りの様子は、そんなことを感じさせる、おしゃれな感じがしました。<br /><br />南鑼鼓巷は、ここをのんびり散歩していると、コーヒー飲みながら喫茶店で一休みするとか、スパゲッティーを食べるためにレストランに入るとか、そんなこともしたくなる道です。<br /><br />南鑼鼓巷は鼓楼の東にある鼓楼東大街を、鼓楼から東に500m位行ったところから南に入るとあります。また地安門東大街から北に入っても南鑼鼓巷に入れます。つまり南鑼鼓巷は、鼓楼東大街と地安門東大街の間を南北に走る細い道です。巷と胡同の区別が分かりませんが、南鑼鼓巷の現状から見ると「巷」は「胡同」より広い道を言うように見えますが、正確なことはわかりません。<br /><br />ところで、南鑼鼓巷にはおしゃれなコーヒーショップがあるのですが、そのすぐ横には、観光客には想像すらできない驚くべき生活があることに、多くの観光客は気が付いていないと思います。それは古い四合院が、大勢の所帯が雑居する「大雑院」になっていることです。狭い空間に大勢の人が、小さい違法建築を作って住み着いているのです。それは道に向かって開いている小さな門の奥の世界です。それがおしゃれなコーヒーショップのすぐ隣にあるのです。<br /><br />その小さな門の中にはなかなか入り難いですが、門の中の上のほうに、電気のメーターが10個も20個も並んでいるのが見えるのが、南鑼鼓巷の別世界への入り口です。この門の奥の狭い空間に、電気のメーターの数だけの所帯の人が、密集して住んでいるのです。このような空間を大雑院と言います。<br /><br />大雑院は、南鑼鼓巷のおしゃれな観光地のすぐそばに隣り合っています。南鑼鼓巷は南北の道ですが、南鑼鼓巷から東西に細い路地が何本も伸びています。その路地は胡同と呼ばれ、その胡同の名前はなかなか趣があって、面白い名前があります。例えば黒ゴマ胡同、炒り豆胡同、帽子胡同、蓑衣胡同、綿花胡同、菊胡同とかです。その胡同に向かって開いている門の奥もまた、大雑院の世界が広がっています。大雑院の中では、トイレが無く、今でも暖房や煮炊きには練炭が使われていて、初冬の今の時期には、南鑼鼓巷にも、胡同にも、練炭売りがリヤカーで練炭を売り歩いていました。<br /><br />

観光地になった南鑼鼓巷

5いいね!

2007/11/11 - 2007/11/11

1661位(同エリア4598件中)

    24

    南鑼鼓巷は、最近道がレンガで綺麗に舗装され、胡同の乱雑さが見違えるように綺麗になって、ますます観光地になってきました。外人が訪れるようになって初めて観光地と言えるのではないかと、私は勝手に思っているのですが、果たして南鑼鼓巷にも外国人が大勢来ていました。

    南鑼鼓巷は中国人より、むしろ外国人向けかもしれません。中国人がわいわいがやがや食べるレストランが少なく、外国人が静かにコーヒーを飲むよなところが多いですから。胡同の古い建物を改造して作った、レストランや喫茶店がたくさんできていました。ここが観光地になったと言っても、地元の北京人などに「南鑼鼓巷」と言っても、ここを知らない人の方が多いのではないかと思います。やはり外国人向けか、一部の若者の中国人だけがくるところかもしれません。南鑼鼓巷の通りの様子は、そんなことを感じさせる、おしゃれな感じがしました。

    南鑼鼓巷は、ここをのんびり散歩していると、コーヒー飲みながら喫茶店で一休みするとか、スパゲッティーを食べるためにレストランに入るとか、そんなこともしたくなる道です。

    南鑼鼓巷は鼓楼の東にある鼓楼東大街を、鼓楼から東に500m位行ったところから南に入るとあります。また地安門東大街から北に入っても南鑼鼓巷に入れます。つまり南鑼鼓巷は、鼓楼東大街と地安門東大街の間を南北に走る細い道です。巷と胡同の区別が分かりませんが、南鑼鼓巷の現状から見ると「巷」は「胡同」より広い道を言うように見えますが、正確なことはわかりません。

    ところで、南鑼鼓巷にはおしゃれなコーヒーショップがあるのですが、そのすぐ横には、観光客には想像すらできない驚くべき生活があることに、多くの観光客は気が付いていないと思います。それは古い四合院が、大勢の所帯が雑居する「大雑院」になっていることです。狭い空間に大勢の人が、小さい違法建築を作って住み着いているのです。それは道に向かって開いている小さな門の奥の世界です。それがおしゃれなコーヒーショップのすぐ隣にあるのです。

    その小さな門の中にはなかなか入り難いですが、門の中の上のほうに、電気のメーターが10個も20個も並んでいるのが見えるのが、南鑼鼓巷の別世界への入り口です。この門の奥の狭い空間に、電気のメーターの数だけの所帯の人が、密集して住んでいるのです。このような空間を大雑院と言います。

    大雑院は、南鑼鼓巷のおしゃれな観光地のすぐそばに隣り合っています。南鑼鼓巷は南北の道ですが、南鑼鼓巷から東西に細い路地が何本も伸びています。その路地は胡同と呼ばれ、その胡同の名前はなかなか趣があって、面白い名前があります。例えば黒ゴマ胡同、炒り豆胡同、帽子胡同、蓑衣胡同、綿花胡同、菊胡同とかです。その胡同に向かって開いている門の奥もまた、大雑院の世界が広がっています。大雑院の中では、トイレが無く、今でも暖房や煮炊きには練炭が使われていて、初冬の今の時期には、南鑼鼓巷にも、胡同にも、練炭売りがリヤカーで練炭を売り歩いていました。

    PR

    1件目~20件目を表示(全24件中)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      北京(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集