木次・雲南旅行記(ブログ) 一覧に戻る
秘境・出雲湯村温泉に向かい、日本三美人の湯・湯の川温泉へ向かいます。<br /><br />出雲湯村温泉:玉造温泉駅から2駅の宍道駅から分岐する木次線木次駅からバス・タクシーで20分ほど。バスは2時間に1本で列車にはほとんど接続していません。ご注意を。<br />湯の川温泉:宍道駅の隣、荘原駅下車、徒歩15分ほどの温泉街。<br /><br />木次線は別に切符を購入し木次駅へ向かいます。<br />見事に列車の本数が少ないんです。<br />「利用することで列車を増やそう」みたいなのぼりがところどころに。<br />木次線はウエスタンリバー鉄道(ディズニーランドの)のようです^^;山の中を縫うように走る。。。<br /><br />湯の川温泉は日本三美人の湯だそうです、他2つはどこなのか知りませんが・・・。

山陰温泉旅?出雲湯村温泉~湯の川温泉

3いいね!

2006/10/31 - 2006/11/04

72位(同エリア85件中)

0

22

たぬぽん

たぬぽんさん

秘境・出雲湯村温泉に向かい、日本三美人の湯・湯の川温泉へ向かいます。

出雲湯村温泉:玉造温泉駅から2駅の宍道駅から分岐する木次線木次駅からバス・タクシーで20分ほど。バスは2時間に1本で列車にはほとんど接続していません。ご注意を。
湯の川温泉:宍道駅の隣、荘原駅下車、徒歩15分ほどの温泉街。

木次線は別に切符を購入し木次駅へ向かいます。
見事に列車の本数が少ないんです。
「利用することで列車を増やそう」みたいなのぼりがところどころに。
木次線はウエスタンリバー鉄道(ディズニーランドの)のようです^^;山の中を縫うように走る。。。

湯の川温泉は日本三美人の湯だそうです、他2つはどこなのか知りませんが・・・。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
タクシー JRローカル 徒歩

PR

  • なかなか山陰本線を西に進まないですね^^;<br /><br />ここから木次線に入ります。

    なかなか山陰本線を西に進まないですね^^;

    ここから木次線に入ります。

  • 見事に線路が敷いてあるだけの路線です。<br />もちろん電化されてません。

    見事に線路が敷いてあるだけの路線です。
    もちろん電化されてません。

  • 宍道駅からおよそ30分。<br />これより先の列車が急に本数少なくなります。<br /><br />降りて出雲湯村温泉の行きかたを調べようと、駅の案内所に行きましたが、バスはさっき出たばかりで2時間に1本とのこと。<br />どうしても行きたかったのでタクシーに乗っていくことに。

    宍道駅からおよそ30分。
    これより先の列車が急に本数少なくなります。

    降りて出雲湯村温泉の行きかたを調べようと、駅の案内所に行きましたが、バスはさっき出たばかりで2時間に1本とのこと。
    どうしても行きたかったのでタクシーに乗っていくことに。

  • 木次駅。<br />駅前には駅ビル(?)があって、それなりに栄えてるように見えますが、<br />ちょっと離れると急に山の中に入ります。

    木次駅。
    駅前には駅ビル(?)があって、それなりに栄えてるように見えますが、
    ちょっと離れると急に山の中に入ります。

  • タクシーで20分ほど、到着しました。<br /><br />公衆浴場の風景です。(許可はとってあります)<br />これを撮影したくなるほどほんといい景色だったんです!!

    タクシーで20分ほど、到着しました。

    公衆浴場の風景です。(許可はとってあります)
    これを撮影したくなるほどほんといい景色だったんです!!

  • 内湯。

    内湯。

  • 露天風呂です。<br />すぐ下は斐伊川という川が流れています。

    露天風呂です。
    すぐ下は斐伊川という川が流れています。

  • うーん・・・・・<br /><br />なかなかこのすごさが伝えられない!<br />川の上7〜8mのところに張り出して露天風呂があるので、お湯を少しすくって落とすのが楽しいです^^;

    うーん・・・・・

    なかなかこのすごさが伝えられない!
    川の上7〜8mのところに張り出して露天風呂があるので、お湯を少しすくって落とすのが楽しいです^^;

  • これは外の休憩所で撮影した写真です。<br />写真の右端に見えるのが露天風呂の一部です。<br /><br />こんな景色を見ながら露天風呂には入れるんですよ!<br />もう最高です。<br />特に今日はちょうどよい気候で快晴に近い青空なので来た時期もよかったです。

    これは外の休憩所で撮影した写真です。
    写真の右端に見えるのが露天風呂の一部です。

    こんな景色を見ながら露天風呂には入れるんですよ!
    もう最高です。
    特に今日はちょうどよい気候で快晴に近い青空なので来た時期もよかったです。

  • 左のほうに写ってる方はこの公衆浴場の番頭さんです。<br />写真の真ん中に川の上を左右へ渡っている筒があり、これは、この公衆浴場付近で採取される温泉を、川向こうの国民宿舎に渡すためのものだそうです。<br />でも、この年の6月頃の豪雨によりこの筒が壊れ、国民宿舎の温泉が循環式になったようです。<br /><br />出雲湯村温泉の秘境の湯を楽しむならばやはりこっちの公衆浴場ですね。

    左のほうに写ってる方はこの公衆浴場の番頭さんです。
    写真の真ん中に川の上を左右へ渡っている筒があり、これは、この公衆浴場付近で採取される温泉を、川向こうの国民宿舎に渡すためのものだそうです。
    でも、この年の6月頃の豪雨によりこの筒が壊れ、国民宿舎の温泉が循環式になったようです。

    出雲湯村温泉の秘境の湯を楽しむならばやはりこっちの公衆浴場ですね。

  • こんな建物。<br /><br />タクシーで行かないと絶対と言っていいほど分からないところだとおもいます。<br />地図も詳しく調べておかないと難しいのではないのでしょうか。<br /><br />入浴料は320円です。

    こんな建物。

    タクシーで行かないと絶対と言っていいほど分からないところだとおもいます。
    地図も詳しく調べておかないと難しいのではないのでしょうか。

    入浴料は320円です。

  • 近くの景色。<br /><br />帰りのタクシーを待っているため時間つぶし。<br />ほんと今日はいい天気ですごしやすいです。

    近くの景色。

    帰りのタクシーを待っているため時間つぶし。
    ほんと今日はいい天気ですごしやすいです。

  • これは斐伊川という川です。<br /><br />むかしさらに上流の天が淵というところにヤマタノオロチがいたそうな。それをスサノヲが退治したと。<br />退治したときに使った刀は近くでつくられたもので、「刀」とつく地名がいくつかあるとのこと。<br /><br />退治したヤマタノオロチを木次駅の周辺に埋めて封印したところ、そこから八本松が生えた、とな。<br />実際にその八本松があるそうです。

    これは斐伊川という川です。

    むかしさらに上流の天が淵というところにヤマタノオロチがいたそうな。それをスサノヲが退治したと。
    退治したときに使った刀は近くでつくられたもので、「刀」とつく地名がいくつかあるとのこと。

    退治したヤマタノオロチを木次駅の周辺に埋めて封印したところ、そこから八本松が生えた、とな。
    実際にその八本松があるそうです。

  • さぁ、もどりましょう。<br /><br />木次線の車窓から。というか先頭車両から覗き込む。

    さぁ、もどりましょう。

    木次線の車窓から。というか先頭車両から覗き込む。

  • ウエスタンリバー鉄道<br /><br />ではなく木次線^^;

    ウエスタンリバー鉄道

    ではなく木次線^^;

  • ほんまにどこに向かっているのか・・・<br />少し不安になります・・・。

    ほんまにどこに向かっているのか・・・
    少し不安になります・・・。

  • でもこんな車窓けっこう好きです。<br />線路以外につくられた物がないですからね。

    でもこんな車窓けっこう好きです。
    線路以外につくられた物がないですからね。

  • 日本三美人の湯、<br />湯の川温泉最寄り駅、荘原駅。

    日本三美人の湯、
    湯の川温泉最寄り駅、荘原駅。

  • 駅から山のほうへ向かいます。<br />ちょっと坂がきついので歩いていくのは少し体力が要ります。<br /><br />今回、この温泉には公衆浴場がないそうなので、<br />国民宿舎の日帰り入浴をさせてもらうことにしました。<br /><br />美人になったかな・・・♪^^;

    駅から山のほうへ向かいます。
    ちょっと坂がきついので歩いていくのは少し体力が要ります。

    今回、この温泉には公衆浴場がないそうなので、
    国民宿舎の日帰り入浴をさせてもらうことにしました。

    美人になったかな・・・♪^^;

  • 駅から歩いて5分ほど、<br />道の駅・湯の川です。

    駅から歩いて5分ほど、
    道の駅・湯の川です。

  • この道の駅には温泉の配給所があります。<br /><br />足湯、もあったかな。ごめんなさい、ちょっと覚えてないです。

    この道の駅には温泉の配給所があります。

    足湯、もあったかな。ごめんなさい、ちょっと覚えてないです。

  • ということで、<br />今日はここから2駅の出雲市駅に宿泊。<br /><br />メインは出雲湯村温泉でしたね^^;<br />湯の川温泉が陰に・・・。<br /><br />ようやく山陰本線の真ん中をすぎたくらいですかね。<br />だんだん終わりが近づいてきていることに寂しさを感じながら、<br />おやすみなさい。<br /><br />つづく。

    ということで、
    今日はここから2駅の出雲市駅に宿泊。

    メインは出雲湯村温泉でしたね^^;
    湯の川温泉が陰に・・・。

    ようやく山陰本線の真ん中をすぎたくらいですかね。
    だんだん終わりが近づいてきていることに寂しさを感じながら、
    おやすみなさい。

    つづく。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

木次・雲南の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集