エッサウィラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

久しぶりのエッサウィラは見事に観光化されていた。<br />メディナには不動産屋が2軒、奥地に入って行っても隠れ家的なリヤドがあちこちにあるし、ビーチにはパラソルとビーチチェアが並んでいる。<br />私は海辺のリゾート地には行った事があるけど、そこで過ごす人たちのようなバカンス的な行動をとった事がない。<br />せっかく異国を訪れているのだから、少しでも多くの場所を見たいと思ってひたすら町を散策するのがいつものパターンだった(旅行者だった時)。<br />ビーチで寝そべる人たちを見て、わざわざ海外にやって来てビーチで寝そべって何が楽しいんやろう?と思ったし、<br />そんな海辺の町の、ホテルのプールで遊ぶ人たちを見て、何ですぐ側に海があるのにこんなプールで遊ぶんやろう?と思ったものです。<br /><br />で・す・が、体験しちゃいましたよ、海辺のバカンスってやつを!<br />※私の中の“海辺のバカンス”とは、ビーチやホテルのプールで音楽を聴いたり、本を読んだりしてぼ〜っと過ごす事。<br />マダム達にビーチに誘われて、ついて行ったのです。<br /><br />マダム達の格好→水着の上にワンピース、軽く羽織れる上着<br />        水着の上にシャツとハーフパンツ、軽く羽織れる上着<br />私の格好→長袖シャツにジーパン(笑)<br /><br /><br />まさかエッサウィラがこんなに温かいとは、思ってもみなかった。<br />だから水着は勿論、ビーチに行くような服装は持って来なかったのだ。<br />私が準備した荷物リストを見て頂ければ判る通り、日よけの帽子を止めて毛糸の帽子を持参したのですから(笑)<br /><br />ビーチではビキニ姿、メディナではキャミソール姿のヨーロピアン。<br />確かに温かいんだけど、日陰でじっとしてると結構寒いんですよ。<br />でもマダム達はビーチに着くなり水着姿になって、チェアに寝そべっている。<br />そして私は、日陰のチェアに座って“スウドク”をやる(笑)<br />これ、エッサウィラに来てからハマリました。<br />マダム達の会話に入れない時、新聞に載っていたスウドクをやりだしたら結構いい暇つぶしになった。<br />でも2つだけしか載ってないからすぐに終わってしまう。<br />なのでスウドク本を入手したのです!<br /><br />スウドクをしながら、時々マダム達と会話。<br />またスウドクをして、ビーチ観察。<br /><br />寝そべって読書する人。<br />音楽を聴いてる人。<br />眠っている人。<br />たそがれている人。<br />ジョギングしてる人。<br /><br />ジーパン姿の私は明らかに浮いていたけど、のんびりと過ごして初バカンスを楽しむ私。<br />うん、たまには何も考えずにぼ〜っと過ごすのもいいもんだ。<br /><br /><br />いくつも並ぶパラソル&amp;ビーチチェア屋さん。<br />看板には25dhと書いてあるし、お兄ちゃんの言い値も25dh。<br />そこで当然のように値段交渉をしていた私達を、周りの人たちはちょっと驚きな視線で見ていた。<br />やっぱりこういう所でのんびり過ごす人たちは、値切ったりしないのかな?<br />私達の隣はソフィテル専用エリア。<br />あのパラソルの下で寛いでいる人たちは、いったいどういう人たちなんやろう。<br />ちなみに私達は3人で40dhに落ち着きました(^^)<br /><br /><br /><br />フトールは魚市場で入手した魚を持って、焼いてくれるお店へ。<br />ハリラを注文して、持参したナツメヤシ、シュバキアを並べる。<br />マダム達はウェットティッシュで丹念に手を拭きながら、何か話している。<br />マダムAが笑いながら私に言った。<br /><br />「マダムSは、まさかこんな場所で食事をする事になるとは、夢にも思わなかったんだって!」<br /><br />マダムSは初めての海外旅行。<br />周りは残飯をねだる猫とフトールの食事を並べてラマダンが明けるのを待っているモロッコ人達。<br />小さな木のテーブル、プラスチックの椅子に座っている私たち。<br />テーブルにはビニールシートが被せてあるけど、決して綺麗とは言えない。<br /><br />苦笑いを浮かべていたマダムSだったけど、焼きたてのお魚を食べた時は、<br /><br />「セ トレ ボン!」<br /><br />と満面の笑みを浮かべておりました。<br /><br /><br /><br />エッサウィラでは犬を飼う人が増えていた。<br />ヨーロッパから犬を連れてバカンスにやって来て、置き去りにされた犬たちが沢山いるようだ。<br />だからかどうか、胴長短足の小型犬や写真のようなフワフワした毛の小型犬をよく見かける。<br /><br />ビーチには犬立ち入り禁止看板が立っているにもかかわらず、<br />犬を連れて散歩させている人が普通にいるし、<br />パラソル屋の兄ちゃんも犬を飼っていた(笑)。<br /><br />馬に乗って現れたおまわりさん、何か注意するのかな?と思いきや<br />素通り。<br /><br />そんなもんですよ、モロッコ。<br />

エッサウィラでバカンス

3いいね!

2006/10/05 - 2006/10/17

72位(同エリア87件中)

    4

    久しぶりのエッサウィラは見事に観光化されていた。
    メディナには不動産屋が2軒、奥地に入って行っても隠れ家的なリヤドがあちこちにあるし、ビーチにはパラソルとビーチチェアが並んでいる。
    私は海辺のリゾート地には行った事があるけど、そこで過ごす人たちのようなバカンス的な行動をとった事がない。
    せっかく異国を訪れているのだから、少しでも多くの場所を見たいと思ってひたすら町を散策するのがいつものパターンだった(旅行者だった時)。
    ビーチで寝そべる人たちを見て、わざわざ海外にやって来てビーチで寝そべって何が楽しいんやろう?と思ったし、
    そんな海辺の町の、ホテルのプールで遊ぶ人たちを見て、何ですぐ側に海があるのにこんなプールで遊ぶんやろう?と思ったものです。

    で・す・が、体験しちゃいましたよ、海辺のバカンスってやつを!
    ※私の中の“海辺のバカンス”とは、ビーチやホテルのプールで音楽を聴いたり、本を読んだりしてぼ〜っと過ごす事。
    マダム達にビーチに誘われて、ついて行ったのです。

    マダム達の格好→水着の上にワンピース、軽く羽織れる上着
            水着の上にシャツとハーフパンツ、軽く羽織れる上着
    私の格好→長袖シャツにジーパン(笑)


    まさかエッサウィラがこんなに温かいとは、思ってもみなかった。
    だから水着は勿論、ビーチに行くような服装は持って来なかったのだ。
    私が準備した荷物リストを見て頂ければ判る通り、日よけの帽子を止めて毛糸の帽子を持参したのですから(笑)

    ビーチではビキニ姿、メディナではキャミソール姿のヨーロピアン。
    確かに温かいんだけど、日陰でじっとしてると結構寒いんですよ。
    でもマダム達はビーチに着くなり水着姿になって、チェアに寝そべっている。
    そして私は、日陰のチェアに座って“スウドク”をやる(笑)
    これ、エッサウィラに来てからハマリました。
    マダム達の会話に入れない時、新聞に載っていたスウドクをやりだしたら結構いい暇つぶしになった。
    でも2つだけしか載ってないからすぐに終わってしまう。
    なのでスウドク本を入手したのです!

    スウドクをしながら、時々マダム達と会話。
    またスウドクをして、ビーチ観察。

    寝そべって読書する人。
    音楽を聴いてる人。
    眠っている人。
    たそがれている人。
    ジョギングしてる人。

    ジーパン姿の私は明らかに浮いていたけど、のんびりと過ごして初バカンスを楽しむ私。
    うん、たまには何も考えずにぼ〜っと過ごすのもいいもんだ。


    いくつも並ぶパラソル&ビーチチェア屋さん。
    看板には25dhと書いてあるし、お兄ちゃんの言い値も25dh。
    そこで当然のように値段交渉をしていた私達を、周りの人たちはちょっと驚きな視線で見ていた。
    やっぱりこういう所でのんびり過ごす人たちは、値切ったりしないのかな?
    私達の隣はソフィテル専用エリア。
    あのパラソルの下で寛いでいる人たちは、いったいどういう人たちなんやろう。
    ちなみに私達は3人で40dhに落ち着きました(^^)



    フトールは魚市場で入手した魚を持って、焼いてくれるお店へ。
    ハリラを注文して、持参したナツメヤシ、シュバキアを並べる。
    マダム達はウェットティッシュで丹念に手を拭きながら、何か話している。
    マダムAが笑いながら私に言った。

    「マダムSは、まさかこんな場所で食事をする事になるとは、夢にも思わなかったんだって!」

    マダムSは初めての海外旅行。
    周りは残飯をねだる猫とフトールの食事を並べてラマダンが明けるのを待っているモロッコ人達。
    小さな木のテーブル、プラスチックの椅子に座っている私たち。
    テーブルにはビニールシートが被せてあるけど、決して綺麗とは言えない。

    苦笑いを浮かべていたマダムSだったけど、焼きたてのお魚を食べた時は、

    「セ トレ ボン!」

    と満面の笑みを浮かべておりました。



    エッサウィラでは犬を飼う人が増えていた。
    ヨーロッパから犬を連れてバカンスにやって来て、置き去りにされた犬たちが沢山いるようだ。
    だからかどうか、胴長短足の小型犬や写真のようなフワフワした毛の小型犬をよく見かける。

    ビーチには犬立ち入り禁止看板が立っているにもかかわらず、
    犬を連れて散歩させている人が普通にいるし、
    パラソル屋の兄ちゃんも犬を飼っていた(笑)。

    馬に乗って現れたおまわりさん、何か注意するのかな?と思いきや
    素通り。

    そんなもんですよ、モロッコ。

    PR

    • ビーチを見回る騎乗おまわりさん。

      ビーチを見回る騎乗おまわりさん。

    • 魚のスーク(市場)

      魚のスーク(市場)

    • お皿の上の魚を手で引き寄せて食べる猫

      お皿の上の魚を手で引き寄せて食べる猫

    • ビーチにいた犬。<br />

      ビーチにいた犬。

    1件目~4件目を表示(全4件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      エッサウィラ(モロッコ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集