北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
慕田峪長城から降りて来て途中で昼食を摂った後、秦始皇帝博物館へ向かう。<br />しかし、八達嶺長城の近くにあったはずの博物館、八達嶺長城への高速道路開通と共に、訪問客が来なくなったと言う事で閉館していた・・・<br />急遽、八達嶺麓の「中国長城博物館」に切り替えるが、時間をロスしてしまった。<br />その後、5時前に十三陵に到着したのだが。。。

シルクロードの足跡~北京篇・其の3~最終回

4いいね!

2003/04/23 - 2004/04/24

2162位(同エリア4859件中)

0

38

慕田峪長城から降りて来て途中で昼食を摂った後、秦始皇帝博物館へ向かう。
しかし、八達嶺長城の近くにあったはずの博物館、八達嶺長城への高速道路開通と共に、訪問客が来なくなったと言う事で閉館していた・・・
急遽、八達嶺麓の「中国長城博物館」に切り替えるが、時間をロスしてしまった。
その後、5時前に十三陵に到着したのだが。。。

PR

  • 狗不理包子を堪能した後、一路八達嶺の方へ向けて高速を飛ばす・・・筈だが、年代物のベンツは調子が良くなく、若干登坂気味が続く道路で、50kmが限界のご様子。。。<br />いつになったら着く事やら・・・(@@;<br />

    狗不理包子を堪能した後、一路八達嶺の方へ向けて高速を飛ばす・・・筈だが、年代物のベンツは調子が良くなく、若干登坂気味が続く道路で、50kmが限界のご様子。。。
    いつになったら着く事やら・・・(@@;

  • 遠くに長城が見えている。<br />もうそろそろだが、なんだか時間がヤバイ感じ。<br />博物館は、多分時間も掛かるし、この後に十三陵でどれだけ時間が取れるか心配。。。

    遠くに長城が見えている。
    もうそろそろだが、なんだか時間がヤバイ感じ。
    博物館は、多分時間も掛かるし、この後に十三陵でどれだけ時間が取れるか心配。。。

  • 予感以外の最悪な情況。<br />依然あった秦始皇帝博物館は閉館・・・<br />場所が途中と言う事で、高速の出現によって観光客が立ち寄らなくなったことが原因。<br /><br />現地の人に聞いて、八達例長城の「長城博物館」へ急いだ。

    予感以外の最悪な情況。
    依然あった秦始皇帝博物館は閉館・・・
    場所が途中と言う事で、高速の出現によって観光客が立ち寄らなくなったことが原因。

    現地の人に聞いて、八達例長城の「長城博物館」へ急いだ。

  • その中の長城配置地図。<br />甘肅省の嘉峪関のチョイ先まで広がっていた。<br />明の時代になってから、後の各国皇帝達によって、全てを繋ぐ作業が行われたと言うことらしい。

    その中の長城配置地図。
    甘肅省の嘉峪関のチョイ先まで広がっていた。
    明の時代になってから、後の各国皇帝達によって、全てを繋ぐ作業が行われたと言うことらしい。

  • 長城製作状況の模型。<br />作る所は容易に想像出来るが、材料はどうしたのか・・・<br />それは、現場で精製したそうだ。<br />険しい山が多い条件下、まず持っては来られないからね。

    長城製作状況の模型。
    作る所は容易に想像出来るが、材料はどうしたのか・・・
    それは、現場で精製したそうだ。
    険しい山が多い条件下、まず持っては来られないからね。

  • まだ見ぬ「嘉峪関」の勇姿。<br />航空写真。<br /><br />兎に角中国は、何もない戈壁灘原野の開拓を得意とする民族だった。<br />(「だった」と言う所を協調したし!(~~;)

    まだ見ぬ「嘉峪関」の勇姿。
    航空写真。

    兎に角中国は、何もない戈壁灘原野の開拓を得意とする民族だった。
    (「だった」と言う所を協調したし!(~~;)

  • 抗戦の図。<br /><br />右手から襲ってくるのはモンゴリアンか!?<br /><br />あああっ!みんな!後に妙な敵がいるぞ!<br /><br />アドバイス:酒を与えておけば攻撃してきません。

    抗戦の図。

    右手から襲ってくるのはモンゴリアンか!?

    あああっ!みんな!後に妙な敵がいるぞ!

    アドバイス:酒を与えておけば攻撃してきません。

  • 色々な資料も掲示されていた。

    色々な資料も掲示されていた。

  • シルクロードを行く商人行脚の再現模型。<br />もしくは外交使節。

    シルクロードを行く商人行脚の再現模型。
    もしくは外交使節。

  • 「民族芸術宝庫」と称して、各地の芸術の紹介が。<br />天井画が何を意味するものなんだか・・・

    「民族芸術宝庫」と称して、各地の芸術の紹介が。
    天井画が何を意味するものなんだか・・・

  • 田中角栄が日中国交復旧で来た時に、八達嶺に立ち寄った写真。<br />横の「アー、ウー」おじさん、名前がぁ・・・・・飛んでしまって出てこない。。。(@@;<br /><br />仕方がないので「歴代総理大臣」で検索。。。<br />http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html<br />大平さんか!!そうそう。<br />達ション便写真撮られたた人でしたね。これで寝られます〜。

    田中角栄が日中国交復旧で来た時に、八達嶺に立ち寄った写真。
    横の「アー、ウー」おじさん、名前がぁ・・・・・飛んでしまって出てこない。。。(@@;

    仕方がないので「歴代総理大臣」で検索。。。
    http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html
    大平さんか!!そうそう。
    達ション便写真撮られたた人でしたね。これで寝られます〜。

  • 毛沢東が残した書。<br /><br />「長城に行かなければ、ナイスガイじゃない」<br />みたいな意味ですね。<br />「好漢」のピッタリした訳が浮かばない。<br /><br />しかし、自分で簡体字化を実行しておきながら、自分では繁体字使ってるんですね。矛盾・・・

    毛沢東が残した書。

    「長城に行かなければ、ナイスガイじゃない」
    みたいな意味ですね。
    「好漢」のピッタリした訳が浮かばない。

    しかし、自分で簡体字化を実行しておきながら、自分では繁体字使ってるんですね。矛盾・・・

  • 館内見学完了。<br />急いで十三陵へ向かおう!

    館内見学完了。
    急いで十三陵へ向かおう!

  • これこれ、急いで急いで!<br />あ、写真ね。ハイ。<br /><br />のろいベンツが気掛かりなのと、4時半を回っているので時間も気掛かり。。。

    これこれ、急いで急いで!
    あ、写真ね。ハイ。

    のろいベンツが気掛かりなのと、4時半を回っているので時間も気掛かり。。。

  • 到着。<br />5時一寸前だったが、係員は既に閉めていた。<br /><br />理由は「客が居ないから」だった。。。<br />交渉するもムダだった。彼らの頭には「非典(SARS)」で外にいたくないと言う事だけだった。<br /><br />時間も何とか間にあったものの、SARSのせいでこの1週間は、ここも観光客が激減しているそうだ。

    到着。
    5時一寸前だったが、係員は既に閉めていた。

    理由は「客が居ないから」だった。。。
    交渉するもムダだった。彼らの頭には「非典(SARS)」で外にいたくないと言う事だけだった。

    時間も何とか間にあったものの、SARSのせいでこの1週間は、ここも観光客が激減しているそうだ。

  • 仕方なく正面で記念撮影のみ。<br />ここ定陵には、地下深くにお墓があって、階段を下りて見に行くのだ。<br /><br />大宮門、大碑亭を通り抜けると、十三陵の玄関口である石牌坊となっている。ここから長陵までは一直線に7キロメートルにもおよぶ陵道(神道)がある。<br />陵道には沢山の石像が並んでおり、石獣24体と、石人12体がある。

    仕方なく正面で記念撮影のみ。
    ここ定陵には、地下深くにお墓があって、階段を下りて見に行くのだ。

    大宮門、大碑亭を通り抜けると、十三陵の玄関口である石牌坊となっている。ここから長陵までは一直線に7キロメートルにもおよぶ陵道(神道)がある。
    陵道には沢山の石像が並んでおり、石獣24体と、石人12体がある。

  • 十三陵の中で、公開されているのは、定陵,長陵,昭陵の3つと陵道(神道)。<br />その陵道に有る大きな楼閣型の門。

    十三陵の中で、公開されているのは、定陵,長陵,昭陵の3つと陵道(神道)。
    その陵道に有る大きな楼閣型の門。

  • 門内にある石碑。<br />そそり立っている亀の首が・・・<br />それをさするクニクニ。(~_~;

    門内にある石碑。
    そそり立っている亀の首が・・・
    それをさするクニクニ。(~_~;

  • その石碑。<br />この下にさっきの亀が居る。

    その石碑。
    この下にさっきの亀が居る。

  • 明の十三陵分布図。<br />3方を山に囲まれた山中に、13名分の皇帝陵が分布している。<br />この旅行のあと、ここは世界歴史遺産に認定される。

    明の十三陵分布図。
    3方を山に囲まれた山中に、13名分の皇帝陵が分布している。
    この旅行のあと、ここは世界歴史遺産に認定される。

  • 最後、転けてしまった北京観光だったが、定陵の階段はムリだったと考えると、コレもまた良かったと、自分自身に言い聞かせる。<br />西安での小山登山で、ああ言うコースは厳禁と痛感していたので。<br /><br />戻ってくると、車を提供してくれた爺ぃの友人から教えられた穴場のレストラン。<br />朝陽賓館の後にある「鳳誉堂」。<br />焼き物や骨董が並ぶ個数な感じで落ち着いた店。

    最後、転けてしまった北京観光だったが、定陵の階段はムリだったと考えると、コレもまた良かったと、自分自身に言い聞かせる。
    西安での小山登山で、ああ言うコースは厳禁と痛感していたので。

    戻ってくると、車を提供してくれた爺ぃの友人から教えられた穴場のレストラン。
    朝陽賓館の後にある「鳳誉堂」。
    焼き物や骨董が並ぶ個数な感じで落ち着いた店。

  • その中の個室で。<br />明日は帰るだけなので、バンバン飲んで食べて下さいね!

    その中の個室で。
    明日は帰るだけなので、バンバン飲んで食べて下さいね!

  • みなさん、何やらお話に夢中です。<br /><br />・・・ふと見ると、爺ぃが食べてばかりだったり・・・(^^;

    みなさん、何やらお話に夢中です。

    ・・・ふと見ると、爺ぃが食べてばかりだったり・・・(^^;

  • ほらね。<br />3枚とも食べているシーンだったので、3枚とも全部載せてしまいました。<br />つまんないシーンでゴメンなさい。

    ほらね。
    3枚とも食べているシーンだったので、3枚とも全部載せてしまいました。
    つまんないシーンでゴメンなさい。

  • 前回の三峡旅行同様、爺ぃのお手製記念品をみんなの部屋に持って行く。<br />その時に撮った記念撮影。

    前回の三峡旅行同様、爺ぃのお手製記念品をみんなの部屋に持って行く。
    その時に撮った記念撮影。

  • 同じく、爺ぃのお手製記念品をドラちゃんご夫婦にも持って行く。<br />その時に撮った記念撮影。<br /><br />ホテルの部屋、結構大きいですよね。<br />標準ルームでも、大きいサイズの部屋で600元ディスカウント。<br />ここは、車を提供してくれた方の息子さんの同級生が経理さんだったので、かなり優遇して貰った。

    同じく、爺ぃのお手製記念品をドラちゃんご夫婦にも持って行く。
    その時に撮った記念撮影。

    ホテルの部屋、結構大きいですよね。
    標準ルームでも、大きいサイズの部屋で600元ディスカウント。
    ここは、車を提供してくれた方の息子さんの同級生が経理さんだったので、かなり優遇して貰った。

  • これが、今回皆さんに配った作品。<br />爺ぃの作品の絵を、簀の子に貼って作ったものです。<br /><br />仙女に反弾琵琶に兵馬俑。

    これが、今回皆さんに配った作品。
    爺ぃの作品の絵を、簀の子に貼って作ったものです。

    仙女に反弾琵琶に兵馬俑。

  • 24日。<br />朝の便で日本へ旅発つ皆さん。<br /><br />ドラちゃんご夫妻は東京へ、クニクニは大阪へ。<br /><br />結構増えてしまった荷物を、カートから降ろしてチェックインで預けます。

    24日。
    朝の便で日本へ旅発つ皆さん。

    ドラちゃんご夫妻は東京へ、クニクニは大阪へ。

    結構増えてしまった荷物を、カートから降ろしてチェックインで預けます。

  • チェックインが済んだので、皆さんにそれぞれパスポートとチケットを渡す爺ぃ。<br /><br />「下次一定再来」<br />「謝謝!」

    チェックインが済んだので、皆さんにそれぞれパスポートとチケットを渡す爺ぃ。

    「下次一定再来」
    「謝謝!」

  • では、みなさん、バイバイ!<br />お気をつけて。

    では、みなさん、バイバイ!
    お気をつけて。

  • みんなを見送った後、車を提供してくれた爺ぃの友人から昼食に招待された。<br />何か反対・・・<br /><br />一番左の方がその李さん。こっちを見ている人は彼の息子さん。

    みんなを見送った後、車を提供してくれた爺ぃの友人から昼食に招待された。
    何か反対・・・

    一番左の方がその李さん。こっちを見ている人は彼の息子さん。

  • こちらはご親戚の方々。

    こちらはご親戚の方々。

  • こちらは別の友人ご夫婦。<br />元観光局の方。<br />昔からの大親友。<br />奥さんは昔、日本語通訳をしていたそうです。

    こちらは別の友人ご夫婦。
    元観光局の方。
    昔からの大親友。
    奥さんは昔、日本語通訳をしていたそうです。

  • 食事の後、電話して別の友人宅へっ向かった。<br />こちらは遠い親戚で、爺ぃが莎車から山東省へくる手配をしてくれた恩人でもある。<br /><br />外で食事を誘ったけど、やはりSARSで嫌がる有様。<br />それで仕方なくアパートまで出向いた。

    食事の後、電話して別の友人宅へっ向かった。
    こちらは遠い親戚で、爺ぃが莎車から山東省へくる手配をしてくれた恩人でもある。

    外で食事を誘ったけど、やはりSARSで嫌がる有様。
    それで仕方なくアパートまで出向いた。

  • この後、明日から使うホテル温特莱酒店へ引越。兆龍飯店に置いてあった荷物を、持ってきたところ。<br />李さんも駆けつけてくれる。<br />李さんは人民日報の編集長を最近退職された方。<br />こまの駐在中には、製品投書記事の件でお世話になっている方。<br />今回の北京滞在での色んな事は、全部彼のお陰。

    この後、明日から使うホテル温特莱酒店へ引越。兆龍飯店に置いてあった荷物を、持ってきたところ。
    李さんも駆けつけてくれる。
    李さんは人民日報の編集長を最近退職された方。
    こまの駐在中には、製品投書記事の件でお世話になっている方。
    今回の北京滞在での色んな事は、全部彼のお陰。

  • 十二支の栞を見せている所。

    十二支の栞を見せている所。

  • 温特莱は3星ながら、この様に洒落たホテルだった。

    温特莱は3星ながら、この様に洒落たホテルだった。

  • 角度を変えて・・・<br /><br />この後3泊の予定だったが、2泊に切り上げて26日に上海へ戻った。SARSの為、予定していたアポが尽くキャンセルだったから。<br />すると、あの忌まわしい患者隠し事件だ。<br />幸い、発表したのが27日と、一日後だったので市内隔離を免れた!!間一髪〜<br />でも、上海衛生局から、「何処から帰ってきたのか」と頻繁に連絡が来た。でも、「敦煌」と答えてあったので、暫くして収まった。敦煌では発生者は居なかったから。<br /><br />SARSに振り回された旅行だったが、それもまた良い思い出となる事でしょう。。。<br />今回の旅行記はこれでおしまいです。<br />長々とお付き合い戴き、どうも有り難うございました。

    角度を変えて・・・

    この後3泊の予定だったが、2泊に切り上げて26日に上海へ戻った。SARSの為、予定していたアポが尽くキャンセルだったから。
    すると、あの忌まわしい患者隠し事件だ。
    幸い、発表したのが27日と、一日後だったので市内隔離を免れた!!間一髪〜
    でも、上海衛生局から、「何処から帰ってきたのか」と頻繁に連絡が来た。でも、「敦煌」と答えてあったので、暫くして収まった。敦煌では発生者は居なかったから。

    SARSに振り回された旅行だったが、それもまた良い思い出となる事でしょう。。。
    今回の旅行記はこれでおしまいです。
    長々とお付き合い戴き、どうも有り難うございました。

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

中国でおすすめの観光スポット

PAGE TOP

ピックアップ特集