敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
敦煌で知り合った莫高窟研究院の方から、楡林窟へ来ませんか?と昨日連絡があった。<br />今日の8時にワゴン車を回して下さると言う事なので、お言葉に甘えて訪問決定。<br /><br />楡林窟は耳にして久しい有名な石窟だが、まだ行った事は無くて今日が初めての訪問。<br />どんな所か楽しみです。(*^ー^*<br />行きの道の情況から帰りの夕日が沈むまで、かなりの長丁場(枚数)ですがバーチャル的に掲載してみました。 <br />みなさんも、こまと一緒に楡林窟訪問を写真で体験して下さい。<br />

2005年、初秋の楡林窟紀行・其の1

2いいね!

2005/09/13 - 2005/09/13

296位(同エリア383件中)

    54

    2

    敦煌で知り合った莫高窟研究院の方から、楡林窟へ来ませんか?と昨日連絡があった。
    今日の8時にワゴン車を回して下さると言う事なので、お言葉に甘えて訪問決定。

    楡林窟は耳にして久しい有名な石窟だが、まだ行った事は無くて今日が初めての訪問。
    どんな所か楽しみです。(*^ー^*
    行きの道の情況から帰りの夕日が沈むまで、かなりの長丁場(枚数)ですがバーチャル的に掲載してみました。
    みなさんも、こまと一緒に楡林窟訪問を写真で体験して下さい。

    PR

    • 朝の敦煌の町は、トラックやオンボロバスで仕事に向かう人が目立つ。<br />朝日が低いので道が影になっている。<br />北京時間は8時でも、ここの時間では6時前だ。<br />

      朝の敦煌の町は、トラックやオンボロバスで仕事に向かう人が目立つ。
      朝日が低いので道が影になっている。
      北京時間は8時でも、ここの時間では6時前だ。

    • 朝日の位置。時間は8時42分。 <br />80kmと言う事で、玉門関の距離とほぼ同じ。<br />だが・・・

      朝日の位置。時間は8時42分。
      80kmと言う事で、玉門関の距離とほぼ同じ。
      だが・・・

    • 50k?位の敦煌市なので、ちょこっと走ると郊外になる。<br />ここは市内から10kmほど走って来て、敦煌空港を過ぎた所。<br />空港の回りはこんな感じで、何もない戈壁灘のまま。<br />

      50k?位の敦煌市なので、ちょこっと走ると郊外になる。
      ここは市内から10kmほど走って来て、敦煌空港を過ぎた所。
      空港の回りはこんな感じで、何もない戈壁灘のまま。

    • 空港を過ぎると新しい道路。真っ直ぐ続くこのアスファルトに感激。<br />80kmだよな、なら1時間前後で到着するのかな?<br />嘉峪関から敦煌までの道が良くないとは聞いているものの、実際にはどの区間なのかは全く知らない。<br />相変わらずのおかしな形の雲が、何かを物語っているかのよう・・・<br />

      空港を過ぎると新しい道路。真っ直ぐ続くこのアスファルトに感激。
      80kmだよな、なら1時間前後で到着するのかな?
      嘉峪関から敦煌までの道が良くないとは聞いているものの、実際にはどの区間なのかは全く知らない。
      相変わらずのおかしな形の雲が、何かを物語っているかのよう・・・

    • 脇に見える祁連山脈の最西端、三危山。<br />その手前の戈壁灘には、地元人のお墓が沢山。(三角錐型の盛り土がそう)<br />

      脇に見える祁連山脈の最西端、三危山。
      その手前の戈壁灘には、地元人のお墓が沢山。(三角錐型の盛り土がそう)

    • 9時になった。<br />景色が余り変わらない。でも何故か戈壁灘に緑が多くなっている。<br />

      9時になった。
      景色が余り変わらない。でも何故か戈壁灘に緑が多くなっている。

    • 前を行くのはパジェロ。今日、楡林窟の窟内撮影をする専門家。<br />向こうに到着してから判ったが、出発時に出会った時は、我々同様、招待されて行くお客さんだと思っていた。<br />小熊のような体格で、丸くて良く日焼けした人だったので、農協か何かの老板かと思っていた。。。(~_~;<br /><br />お!工事中のようだ。<br />でも、その先には同じアスファルトが続いている・・・<br />

      前を行くのはパジェロ。今日、楡林窟の窟内撮影をする専門家。
      向こうに到着してから判ったが、出発時に出会った時は、我々同様、招待されて行くお客さんだと思っていた。
      小熊のような体格で、丸くて良く日焼けした人だったので、農協か何かの老板かと思っていた。。。(~_~;

      お!工事中のようだ。
      でも、その先には同じアスファルトが続いている・・・

    • ・・・と思いきや、ここで道は終わっている。<br />そうそう、そう言えば、嘉峪関から安西を抜けて敦煌へ来る道は、工事中だと聞いていたっけ。<br />去年もそう言っていたし、いい加減時間が掛かりすぎでは??<br />あ!パジェロが砂塵を巻き上げて走行している!ダートトライアルに突入したようだ。<br />

      ・・・と思いきや、ここで道は終わっている。
      そうそう、そう言えば、嘉峪関から安西を抜けて敦煌へ来る道は、工事中だと聞いていたっけ。
      去年もそう言っていたし、いい加減時間が掛かりすぎでは??
      あ!パジェロが砂塵を巻き上げて走行している!ダートトライアルに突入したようだ。

    • 西部大道・・・これが噂の西河走廊を突っ走る国道か・・・<br />「西(寧)庫(爾勒)公路 安西−敦煌段改建行程」<br />西寧自治区(寧夏)から新疆の庫爾勒(コルラ)まで・・・<br />すごい!道路だったら2000km以上あるぞ!!<br />日本縦断じゃないか!!(@@;<br />

      西部大道・・・これが噂の西河走廊を突っ走る国道か・・・
      「西(寧)庫(爾勒)公路 安西−敦煌段改建行程」
      西寧自治区(寧夏)から新疆の庫爾勒(コルラ)まで・・・
      すごい!道路だったら2000km以上あるぞ!!
      日本縦断じゃないか!!(@@;

    • うう〜ぅぅ。。。昨年、知人がここでバスに酔ったという話しを思い出した。。。<br />かなりハードだぜ!<br />車速は数kmしか出せない。<br />・・・って事は、何時になったら着くんだろうか!?<br />

      うう〜ぅぅ。。。昨年、知人がここでバスに酔ったという話しを思い出した。。。
      かなりハードだぜ!
      車速は数kmしか出せない。
      ・・・って事は、何時になったら着くんだろうか!?

    • ゲゲゲ!<br />人海戦術目撃!!<br />これじゃあ、中々出来ないよ。<br />時間が掛かっている原因はこれだ。何が国家級プロジェクトだ!って感じ・・・<br />

      ゲゲゲ!
      人海戦術目撃!!
      これじゃあ、中々出来ないよ。
      時間が掛かっている原因はこれだ。何が国家級プロジェクトだ!って感じ・・・

    • こんな近くですらまだこんな情況・・・<br />建設業界の人ならもっと良く判るんだろうなぁ<br />今がどの段階かって事が。。。<br />

      こんな近くですらまだこんな情況・・・
      建設業界の人ならもっと良く判るんだろうなぁ
      今がどの段階かって事が。。。

    • 一時間ちょっと、最悪の揺れを感じながら到着した舗装区間。<br />幸せ・・・と思ったら、溝が横たわっている所に盛り土が。。。<br />これじゃあ、普通車両は亀になってしまう。

      一時間ちょっと、最悪の揺れを感じながら到着した舗装区間。
      幸せ・・・と思ったら、溝が横たわっている所に盛り土が。。。
      これじゃあ、普通車両は亀になってしまう。

    • 祁連山の裾野が近くに見えてきた。<br />気が付いたら、この辺りからは道が良くなっていた。<br />このまま続いて欲しい・・・と思っていたら、運転手が「以后没有那様路(今後、あんな道はないよ)」って言って呉れた。<br />ふぅ〜〜<br />

      祁連山の裾野が近くに見えてきた。
      気が付いたら、この辺りからは道が良くなっていた。
      このまま続いて欲しい・・・と思っていたら、運転手が「以后没有那様路(今後、あんな道はないよ)」って言って呉れた。
      ふぅ〜〜

    • ここにも工事の工員が。。。ここまで来る間に、彼らの生活も垣間見た。砂漠、戈壁灘に、資材だけではなく生活の糧やらも持ち込んで、キャンプ生活している。<br />写真がない理由は、記録に納めるべくカメラを向けたが、どうしてもカメラのシャッターが押せなかった。<br />資材を利用した仮設住居、洗操(シャワー、お風呂)も何も出来ない環境だそうだ。乾燥している気候なので、数日間なら問題ないとは思うが、なかなか大変な情況。<br />彼らは普段でも洗操はしないそうだが、真夏の重労働の後はたいへんだろうなぁ。<br />

      ここにも工事の工員が。。。ここまで来る間に、彼らの生活も垣間見た。砂漠、戈壁灘に、資材だけではなく生活の糧やらも持ち込んで、キャンプ生活している。
      写真がない理由は、記録に納めるべくカメラを向けたが、どうしてもカメラのシャッターが押せなかった。
      資材を利用した仮設住居、洗操(シャワー、お風呂)も何も出来ない環境だそうだ。乾燥している気候なので、数日間なら問題ないとは思うが、なかなか大変な情況。
      彼らは普段でも洗操はしないそうだが、真夏の重労働の後はたいへんだろうなぁ。

    • 颯爽するオート三輪!!

      颯爽するオート三輪!!

    • ゲートの解体中??<br />右側のスローガンが剥がされている様子が判る。<br />

      ゲートの解体中??
      右側のスローガンが剥がされている様子が判る。

    • あ!前方に緑地帯が。<br />2時間以上灰色地帯を走行していたので、なんだか嬉しい景色。<br />

      あ!前方に緑地帯が。
      2時間以上灰色地帯を走行していたので、なんだか嬉しい景色。

    • 道は大きく右に曲がり、画像にある道に入って祁連山の方向を目指す。

      道は大きく右に曲がり、画像にある道に入って祁連山の方向を目指す。

    • 方向が変わると、日差しの方向が変わって撮影し易くなった。 <br />露出のサチりが無くなって、クロワッサンの様な雲が良い感じ。(*^ー^*<br />

      方向が変わると、日差しの方向が変わって撮影し易くなった。
      露出のサチりが無くなって、クロワッサンの様な雲が良い感じ。(*^ー^*

    • 祁連山裾野地帯に突入!! <br />この方向だったとは知らなかったので、名前と遠くからしか見た事がない山に踏み込めるので結構感激。<br />

      祁連山裾野地帯に突入!!
      この方向だったとは知らなかったので、名前と遠くからしか見た事がない山に踏み込めるので結構感激。

    • 洞穴生活者の家。({穴缶}洞(やおとん)と言う)<br />窓のハレーションで見難くなっているけど、入り口には蘆の暖簾が駈けられている。

      洞穴生活者の家。({穴缶}洞(やおとん)と言う)
      窓のハレーションで見難くなっているけど、入り口には蘆の暖簾が駈けられている。

    • 個人的に燃えるアングル!(^_^;<br />カーブミラーがないので突っ込めないけど・・・(~_~;<br />

      個人的に燃えるアングル!(^_^;
      カーブミラーがないので突っ込めないけど・・・(~_~;

    • 低い山を越えると、またまた戈壁灘道。

      低い山を越えると、またまた戈壁灘道。

    • 遺跡のような物が。<br />もうすぐ町に着くらしい。

      遺跡のような物が。
      もうすぐ町に着くらしい。

    • 11時。 <br />3時間たってもまだ着かない。。。(ーー;<br />こんな車だったらもう少し乗り心地が良いのかな?<br />で、先行車のパジェロは何処行ったのかな?<br />

      11時。
      3時間たってもまだ着かない。。。(ーー;
      こんな車だったらもう少し乗り心地が良いのかな?
      で、先行車のパジェロは何処行ったのかな?

    • 木々が多くなってきたぞ・・・<br />

      木々が多くなってきたぞ・・・

    • とある町に到着。<br />前に楼閣が見える。そこが中心らしい。<br />ここは年がら年中風が吹いている事で有名な所らしい。<br />

      とある町に到着。
      前に楼閣が見える。そこが中心らしい。
      ここは年がら年中風が吹いている事で有名な所らしい。

    • タイヤの空気点検&空気充填。<br />端では運転手が入念にチェック。<br />「ちゃんと仕事しているかな?」<br />

      タイヤの空気点検&空気充填。
      端では運転手が入念にチェック。
      「ちゃんと仕事しているかな?」

    • 横にあった{蘭沓}實加油站(ガソリンスタンド)。

      横にあった{蘭沓}實加油站(ガソリンスタンド)。

    • その前に育っていた蘆。<br />何て背が低いんでしょう。<br />砂漠に育つ植物は、その環境に姿を合わせているんですね。<br />

      その前に育っていた蘆。
      何て背が低いんでしょう。
      砂漠に育つ植物は、その環境に姿を合わせているんですね。

    • 町を抜けるとすぐに又戈壁灘道。<br />先にはまたまた山影が見える。<br />

      町を抜けるとすぐに又戈壁灘道。
      先にはまたまた山影が見える。

    • おおお!「楡林窟」の標識!!前方を左へ急げ!!<br />既に時間は11時半だ。<br />

      おおお!「楡林窟」の標識!!前方を左へ急げ!!
      既に時間は11時半だ。

    • くうう〜〜・・・<br />まだまだって感じがするんですけど。。。<br />

      くうう〜〜・・・
      まだまだって感じがするんですけど。。。

    • 右に溝になった地帯が見えている。<br />その底には、豊かな水を湛えた川が流れて居る。<br />

      右に溝になった地帯が見えている。
      その底には、豊かな水を湛えた川が流れて居る。

    • 手前は山の手にあったので、良くある河の風景に思えたが、ここまで来ると平地が裂けた様な感じで何だか神秘的な・・・

      手前は山の手にあったので、良くある河の風景に思えたが、ここまで来ると平地が裂けた様な感じで何だか神秘的な・・・

    • 再度標識発見!!<br />右が楡林窟だ!!<br />・・・期待させるだけかな???(~_~;

      再度標識発見!!
      右が楡林窟だ!!
      ・・・期待させるだけかな???(~_~;

    • 駐車場だ。<br />後で判ったが、ここが一般観光客が駐める駐車場。<br />標識も何もない。<br />判っている人しか来ないんかいな?

      駐車場だ。
      後で判ったが、ここが一般観光客が駐める駐車場。
      標識も何もない。
      判っている人しか来ないんかいな?

    • 招待客の我々は、先の道へと進むと、どんどん下に降りて行く。<br />「外部車輌請勿入内(外部車両は中に入るなかれ)」<br />

      招待客の我々は、先の道へと進むと、どんどん下に降りて行く。
      「外部車輌請勿入内(外部車両は中に入るなかれ)」

    • 前方には先程見えていた溝地帯が。。。<br />

      前方には先程見えていた溝地帯が。。。

    • 11時42分、到着!!<br />下まで降りると詰所のような建物が見えてきた。

      11時42分、到着!!
      下まで降りると詰所のような建物が見えてきた。

    • 科長のお出迎え。事務所は第6窟の脇にあった。<br />入り口は莫高窟から移転したという古い門構えがあしらってあった。<br /><br />画像は第6窟の大仏殿入り口。<br />「千佛一心」の文字が重厚な大仏殿。大仏は、高さ24.7m、莫高窟の第130窟南大仏の26mよりもまだ小さな仏像だが、そのお顔は保存程度が素晴らしい金箔貼りの神々しいお姿。2階部分の17窟から、そのお顔の正面の姿も拝見出来ます。<br />

      科長のお出迎え。事務所は第6窟の脇にあった。
      入り口は莫高窟から移転したという古い門構えがあしらってあった。

      画像は第6窟の大仏殿入り口。
      「千佛一心」の文字が重厚な大仏殿。大仏は、高さ24.7m、莫高窟の第130窟南大仏の26mよりもまだ小さな仏像だが、そのお顔は保存程度が素晴らしい金箔貼りの神々しいお姿。2階部分の17窟から、そのお顔の正面の姿も拝見出来ます。

    • その楼門に掲げてある書。

      その楼門に掲げてある書。

    • その内側から見た所に架かっている古い時代の書。

      その内側から見た所に架かっている古い時代の書。

    • そこから西方向を見上げ、人生最初の楡林窟石窟を撮影。<br />

      そこから西方向を見上げ、人生最初の楡林窟石窟を撮影。

    • その場所を近へ行って撮影。

      その場所を近へ行って撮影。

    • その前に流れる河。<br />カメラをずっと西へ振ってみるとこんな風景。

      その前に流れる河。
      カメラをずっと西へ振ってみるとこんな風景。

    • 更に南へ向けると、南壁側の石窟群が見られる。<br />

      更に南へ向けると、南壁側の石窟群が見られる。

    • 南壁側の石窟群は、年中湿気が多くて内部が不安定らしく、安全面から開放されていない。<br />最後に、前に白い塔のある第39窟を見せて貰った。

      南壁側の石窟群は、年中湿気が多くて内部が不安定らしく、安全面から開放されていない。
      最後に、前に白い塔のある第39窟を見せて貰った。

    • 更に南東へカメラを振る。<br />南壁側石窟の東側はこんな感じだ。<br />

      更に南東へカメラを振る。
      南壁側石窟の東側はこんな感じだ。

    • ガイドの手が空いていないので、科長さんと少しその辺を散歩する事にした。<br />画像は北壁の中心部にある墓塔。<br />

      ガイドの手が空いていないので、科長さんと少しその辺を散歩する事にした。
      画像は北壁の中心部にある墓塔。

    • すっかり仲良しの2人。<br />科長は55歳寅年。<br />年齢的にはほぼ1週違い(12年)だけど、1ヶ月ほど前に初めてあった藝術好きの2人は、すぐにうち解けてこの通り。<br /><br />後に見える扉は第2窟。<br />奥室の中心に幾つかの彫刻があり、この石窟の至る所に、莫高窟では見られない、宝石のエメラルドを示す「藍寶石色」がふんだんに使われている。あと、同じく莫高窟では見られない「黄色」を使った衣服表現。しかも、全てが変色を免れ鮮明に残って居る。ここも莫高窟同様、もともと窟の表面は完全開放だったので、日光の侵入が有りましたが、その割には保存がよいのは、谷間になって居る立地条件上、光線の差し込みが少なめだった事が幸いしたのだろうか。<br />

      すっかり仲良しの2人。
      科長は55歳寅年。
      年齢的にはほぼ1週違い(12年)だけど、1ヶ月ほど前に初めてあった藝術好きの2人は、すぐにうち解けてこの通り。

      後に見える扉は第2窟。
      奥室の中心に幾つかの彫刻があり、この石窟の至る所に、莫高窟では見られない、宝石のエメラルドを示す「藍寶石色」がふんだんに使われている。あと、同じく莫高窟では見られない「黄色」を使った衣服表現。しかも、全てが変色を免れ鮮明に残って居る。ここも莫高窟同様、もともと窟の表面は完全開放だったので、日光の侵入が有りましたが、その割には保存がよいのは、谷間になって居る立地条件上、光線の差し込みが少なめだった事が幸いしたのだろうか。

    • 墓塔越しに南壁方向を。<br />

      墓塔越しに南壁方向を。

    • 北壁の東面(向かって右半分)<br /><br />さて、サワリ紹介はこれくらいで。<br />其の2では、石窟シーンを堪能して頂きましょう。<br />中でも南壁からのアングルは、中々見られないと思いますよ。<br />

      北壁の東面(向かって右半分)

      さて、サワリ紹介はこれくらいで。
      其の2では、石窟シーンを堪能して頂きましょう。
      中でも南壁からのアングルは、中々見られないと思いますよ。

    この旅行記のタグ

      2いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • とんちゃん健康一番さん 2005/11/19 23:01:03
        すごいです♪
        こまちゃんさん こんにちわ♪

        お邪魔します☆
        中国って本当に広いんですね♪
        舗装されていない道のりを1時間も・・・
        お疲れ様でした。

        楡林窟石窟ってすごく迫力がありますね♪
        行ってみたくなりました☆
        (中国に行った事がないんです!)

        また、こまちゃんさんのページにお邪魔させて頂きます☆

        こまちゃん

        こまちゃんさんからの返信 2005/11/19 23:41:20
        RE: すごいです♪
        こんばんは。
        再びお越し戴きまして有り難う御座います。
        ここはホント凄く良い所でした。道の凄さは別として・・・(~~;
        敦煌3石窟の一つです。あとは莫高窟、西千佛洞。
        この道路が完成したら、敦煌から2時間弱ですんなり行ける所です。
        あと1年ぐらいしたら実現すると思いますが。。。
        昔の人たちの信心、こんなにも凄いモノを作り上げてしまうんだ。。。と思いました。根気など通り越して、語る術がないくらい、昔の人たちの信念を感じるモノばかりでした。

      こまちゃんさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      敦煌(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集