敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
莫高窟を文革の撹乱から身を挺して守った守護神的存在の画家、常書鴻さんのお墓参りに行って来ました。<br />日中の敦煌の様子からスタートします。

莫高窟の英雄、常書鴻さんのお墓参り

2いいね!

2005/08/23 - 2005/08/23

304位(同エリア391件中)

莫高窟を文革の撹乱から身を挺して守った守護神的存在の画家、常書鴻さんのお墓参りに行って来ました。
日中の敦煌の様子からスタートします。

PR

  • この日はお天気が最高に良かったので、頼まれものの商品を発送しに郵便局へ来たあとで、莫高窟に来ている西藏(チベット)文物展へ行く事にしました。

    この日はお天気が最高に良かったので、頼まれものの商品を発送しに郵便局へ来たあとで、莫高窟に来ている西藏(チベット)文物展へ行く事にしました。

  • その時に、空があんまりにも真っ青なので、幾つか街の風景を撮りました。<br />先日まで寒い夜だった事が、まるで嘘だったかの如く、空が輝いて気温もドンドン上がっています。

    その時に、空があんまりにも真っ青なので、幾つか街の風景を撮りました。
    先日まで寒い夜だった事が、まるで嘘だったかの如く、空が輝いて気温もドンドン上がっています。

  • あ、これは敦煌郵政局の中です。<br />一階は郵政局、二階は電信局になっています。<br />中国の田舎の施設にしては、結構綺麗でしょ。

    あ、これは敦煌郵政局の中です。
    一階は郵政局、二階は電信局になっています。
    中国の田舎の施設にしては、結構綺麗でしょ。

  • 同じく郵政局の中。<br />切手や絵はがき、郵便関係の資料が展示販売されています。<br />特に趣味でもないのですが、記念に60元の切手集を買いました。図柄は見事に「飛天」づくしです。

    同じく郵政局の中。
    切手や絵はがき、郵便関係の資料が展示販売されています。
    特に趣味でもないのですが、記念に60元の切手集を買いました。図柄は見事に「飛天」づくしです。

  • 中国電信ビル兼郵政局正面玄関の圖。<br />どう言えばいいか判りませんが、他から比べれば、それなりに目立つしあか抜けはしているかと?・・・

    中国電信ビル兼郵政局正面玄関の圖。
    どう言えばいいか判りませんが、他から比べれば、それなりに目立つしあか抜けはしているかと?・・・

  • 日本と違って、ポストは緑色。<br />郵政局自体、どこへ行っても緑色の看板が目印なんですが、ここ敦煌の郵便局は、表が電信局になっていて、郵便局らしくないのが面白い?・・

    日本と違って、ポストは緑色。
    郵政局自体、どこへ行っても緑色の看板が目印なんですが、ここ敦煌の郵便局は、表が電信局になっていて、郵便局らしくないのが面白い?・・

  • 電信局から北へ向かう道。<br />この方向は、柳園(敦煌火車站)へ向かう国道215線に繋がっています。

    電信局から北へ向かう道。
    この方向は、柳園(敦煌火車站)へ向かう国道215線に繋がっています。

  • ストーリーとは全然関係ないんですが、電信局の玄関口脇の書店で見掛けた、敦煌ではかなり珍しい感じのダンディーなおじぃさん。<br />スラックスの股上が長いのが、少しアカ抜けしてない感じ・・・(^^;

    ストーリーとは全然関係ないんですが、電信局の玄関口脇の書店で見掛けた、敦煌ではかなり珍しい感じのダンディーなおじぃさん。
    スラックスの股上が長いのが、少しアカ抜けしてない感じ・・・(^^;

  • 出発です。<br />電話で、いつも世話になる胡さんを呼び出しました。<br />ご本人は、奇遇というか残念というか、既に莫高窟に出ていたので、奥さんに来て貰いました。<br /><br />鉄道工事に伴い、道路の拡張工事で掘り返されている空港路。

    出発です。
    電話で、いつも世話になる胡さんを呼び出しました。
    ご本人は、奇遇というか残念というか、既に莫高窟に出ていたので、奥さんに来て貰いました。

    鉄道工事に伴い、道路の拡張工事で掘り返されている空港路。

  • 一部完成していました!<br />空港手前部分500m位は、この様になっています。<br />敦煌では初めて見る「本当のアスファルト」で出来た道。

    一部完成していました!
    空港手前部分500m位は、この様になっています。
    敦煌では初めて見る「本当のアスファルト」で出来た道。

  • 空港路途中にある、最大のお土産センター。<br />日本語でバンバン話し掛けてきます。<br />冷やかし半分に見てきましたが、沙州市場のモノと全く同じ。<br />ブローチなどは700元前後で出ていまして、本物の天然水晶を主張する店員に、呆れて仕舞いました。<br />「偽物だったら訴えて良い」と言ってくれますが、一般客は帰国後どうするの?と中国語で聞いてみましたが、「大丈夫、大丈夫」と訳の判らない返事。

    空港路途中にある、最大のお土産センター。
    日本語でバンバン話し掛けてきます。
    冷やかし半分に見てきましたが、沙州市場のモノと全く同じ。
    ブローチなどは700元前後で出ていまして、本物の天然水晶を主張する店員に、呆れて仕舞いました。
    「偽物だったら訴えて良い」と言ってくれますが、一般客は帰国後どうするの?と中国語で聞いてみましたが、「大丈夫、大丈夫」と訳の判らない返事。

  • この辺りの景色は、祁連山と鳴沙山が繋がって見えます。<br />微かにですが、真ん中あたりの遠くに、雪をかぶった祁連山脈が見えています。<br /><br />綺麗になった空港路を、空港間近で右折すると莫高窟まであと15kmです。<br />

    この辺りの景色は、祁連山と鳴沙山が繋がって見えます。
    微かにですが、真ん中あたりの遠くに、雪をかぶった祁連山脈が見えています。

    綺麗になった空港路を、空港間近で右折すると莫高窟まであと15kmです。

  • 駐車場からチケット売り場へ向かう段差前には、この様な案内図があります。<br />場所を考えていない。。。造る側のエゴ・・・<br />こんな下に置いて誰が見るの?第一通路の邪魔になるし・・・

    駐車場からチケット売り場へ向かう段差前には、この様な案内図があります。
    場所を考えていない。。。造る側のエゴ・・・
    こんな下に置いて誰が見るの?第一通路の邪魔になるし・・・

  • 陳列館到着。<br />これはチケット売り場の真向かいにあります。<br />西藏文物展はここの二階でやっていました。<br />中国にしては超珍しい入場無料。<br />実は、この陳列館は、日本投資の建物で、無料が条件になっているらしいです。

    陳列館到着。
    これはチケット売り場の真向かいにあります。
    西藏文物展はここの二階でやっていました。
    中国にしては超珍しい入場無料。
    実は、この陳列館は、日本投資の建物で、無料が条件になっているらしいです。

  • 撮影禁止の中、撮影してきました。。。(^^;<br />入り口の説明書きが撮したかったので、とても丁寧に「撮しても良い」か確認したら、案の定ダメでした。<br />でも、その態度が功を奏したようで、警備員は入り口で座ったまま、中にさえ来ませんでした。<br />その時、お客は我々2人だけでしたし。。。

    撮影禁止の中、撮影してきました。。。(^^;
    入り口の説明書きが撮したかったので、とても丁寧に「撮しても良い」か確認したら、案の定ダメでした。
    でも、その態度が功を奏したようで、警備員は入り口で座ったまま、中にさえ来ませんでした。
    その時、お客は我々2人だけでしたし。。。

  • 少しして、広東人団体が入ってきましたので、撮影は2枚だけとなりました。。。

    少しして、広東人団体が入ってきましたので、撮影は2枚だけとなりました。。。

  • 文物展を見終わって、莫高窟遠景を撮影する為、向かい側の丘に登りました。<br />陳列館二階の出入り口からだと、丁度登り口に向かえます。

    文物展を見終わって、莫高窟遠景を撮影する為、向かい側の丘に登りました。
    陳列館二階の出入り口からだと、丁度登り口に向かえます。

  • 時間選択が良くないので、西の空高い所に太陽が・・<br />逆光ですね。

    時間選択が良くないので、西の空高い所に太陽が・・
    逆光ですね。

  • 撮影後は、莫高窟を見下ろす砂漠の丘陵にあった、常書鴻さんのお墓を参ってきました。<br />場所は写真のような感じのところで、なんか素っ気なく寂しい気がします。。。

    撮影後は、莫高窟を見下ろす砂漠の丘陵にあった、常書鴻さんのお墓を参ってきました。
    場所は写真のような感じのところで、なんか素っ気なく寂しい気がします。。。

  • お墓へは、冬期にだけ流れてくると言う、川の痕跡を渡って行きます。

    お墓へは、冬期にだけ流れてくると言う、川の痕跡を渡って行きます。

  • 祁連山を背景に、常書鴻同志之墓。<br />敦煌の飛天と呼ばれた、奥さんの李承仙さんの石碑も左手にぽつんと・・・<br />粗末とは言いたくないのですが、やはり・・・<br />彼以外の莫高窟関係者のお墓も、彼のお墓の横に沢山並んでいたけど、なんか「これで良いのかな・・」と感じてしまう姿でしたね。(下の写真がそうです) <br /><br />中国は、文化にはお金を掛けない・・・ <br />意味のない高層ビルや橋には、「世界一やねんぞ〜!」と言っては金を浪費するけど、真の貢献者、身を挺して文化を守った人間は、結構平気で蔑ろにする。

    祁連山を背景に、常書鴻同志之墓。
    敦煌の飛天と呼ばれた、奥さんの李承仙さんの石碑も左手にぽつんと・・・
    粗末とは言いたくないのですが、やはり・・・
    彼以外の莫高窟関係者のお墓も、彼のお墓の横に沢山並んでいたけど、なんか「これで良いのかな・・」と感じてしまう姿でしたね。(下の写真がそうです)

    中国は、文化にはお金を掛けない・・・
    意味のない高層ビルや橋には、「世界一やねんぞ〜!」と言っては金を浪費するけど、真の貢献者、身を挺して文化を守った人間は、結構平気で蔑ろにする。

  • 文化の発展無くして国は成立しないのに、気が付いた頃にはもう遅い。。。 <br />莫高窟は、日本が30年前頃に4億円投資して厳重に守れる今の形にしたもの。 <br />近年では、日本の有名な画家、平山郁夫さんが、個人で2億円寄付している。中国人にお金は禁物なんだけどな・・・<br />たぶん、平山さんはVIPでの渡航なので、中国人の、強いては敦煌の恥部など知らないんでしょうね。。。

    文化の発展無くして国は成立しないのに、気が付いた頃にはもう遅い。。。
    莫高窟は、日本が30年前頃に4億円投資して厳重に守れる今の形にしたもの。
    近年では、日本の有名な画家、平山郁夫さんが、個人で2億円寄付している。中国人にお金は禁物なんだけどな・・・
    たぶん、平山さんはVIPでの渡航なので、中国人の、強いては敦煌の恥部など知らないんでしょうね。。。

  • 平山さんに話して聞かせて上げたいけど、綺麗なイメージで固まっている人には、こんな「本当の」話をして上げても信じて貰えず、「君ぃ〜・・下らない事言ってるんじゃないよ!」で片付けられて仕舞うんだろうな・・・ <br /><br />研究院が綺麗になり、社用車が外国車になり、従業員専用アパートが、市の郊外に新調されて・・・ <br />一般市民が、煉瓦と土の部屋に住んでいる敦煌に在って、一部の人間だけが贔屓されている感じが露骨に現れている。<br />でも、肝心要の莫高窟のメンテは、あんなに広い莫高窟回りや窟内の掃除を、たった2人の高齢者に任せて居る(ボクはその2人と知り合いです。一人は55歳、もう一人は60歳)<br />そのウチの一人、北側奥の場を担当している60歳の方は、今年の初めに心臓病で倒れて現在療養中。。。<br /><br />億の単位でお金が入っているのだから、正しく管理する為に、もう少し人員に投資しても良いと思うのは可笑しいでしょうかね。。。2人というのは可笑しい事で、開館中の作業員は他にも数人居ましたが、早朝清掃や冬期の清掃では、彼らが殆どを賄うと言う事です。<br />ちなみに、一般作業者の給料は、平均300元(4200日本円)/月です。

    平山さんに話して聞かせて上げたいけど、綺麗なイメージで固まっている人には、こんな「本当の」話をして上げても信じて貰えず、「君ぃ〜・・下らない事言ってるんじゃないよ!」で片付けられて仕舞うんだろうな・・・

    研究院が綺麗になり、社用車が外国車になり、従業員専用アパートが、市の郊外に新調されて・・・
    一般市民が、煉瓦と土の部屋に住んでいる敦煌に在って、一部の人間だけが贔屓されている感じが露骨に現れている。
    でも、肝心要の莫高窟のメンテは、あんなに広い莫高窟回りや窟内の掃除を、たった2人の高齢者に任せて居る(ボクはその2人と知り合いです。一人は55歳、もう一人は60歳)
    そのウチの一人、北側奥の場を担当している60歳の方は、今年の初めに心臓病で倒れて現在療養中。。。

    億の単位でお金が入っているのだから、正しく管理する為に、もう少し人員に投資しても良いと思うのは可笑しいでしょうかね。。。2人というのは可笑しい事で、開館中の作業員は他にも数人居ましたが、早朝清掃や冬期の清掃では、彼らが殆どを賄うと言う事です。
    ちなみに、一般作業者の給料は、平均300元(4200日本円)/月です。

  • お墓のある丘陵から見た莫高窟。<br />常書鴻さんと同じ目線です。<br /><br />常書鴻さんの半生は、その全てが莫高窟でした。<br />http://www.nitchu-yuko.net/zoumimibun111.htm<br />人にも語っているように、まだまだやり遂げたい事が沢山あるのです。その意思を受け継いでいるかどうかは、2年の敦煌滞在で色々判り、その筋違いな現状に対し、憤りを感じるのみ。。。<br />物心を注いでいるかどうかの差は・・・歴然。<br /><br />常書鴻さんの生涯は、自伝が出ていますのでご参考まで。<br />http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31538057<br />こちら(↓)は生誕百周年記念文集です。<br />http://www.frelax.com/sc/review/html/3/ZJYD130013c1.html<br />

    お墓のある丘陵から見た莫高窟。
    常書鴻さんと同じ目線です。

    常書鴻さんの半生は、その全てが莫高窟でした。
    http://www.nitchu-yuko.net/zoumimibun111.htm
    人にも語っているように、まだまだやり遂げたい事が沢山あるのです。その意思を受け継いでいるかどうかは、2年の敦煌滞在で色々判り、その筋違いな現状に対し、憤りを感じるのみ。。。
    物心を注いでいるかどうかの差は・・・歴然。

    常書鴻さんの生涯は、自伝が出ていますのでご参考まで。
    http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31538057
    こちら(↓)は生誕百周年記念文集です。
    http://www.frelax.com/sc/review/html/3/ZJYD130013c1.html

  • 眩しさに目を伏せて見る莫高窟の姿からは、無念や怒りを感じさせられる事がある。<br />諸外国の莫高窟保護関係者は、援助団体ではなく個人で訪問し、一般人の立場で莫高窟を見てみる必要がある。。。と私は思う。<br />そうでなければ本当の保護など出来はしない。

    眩しさに目を伏せて見る莫高窟の姿からは、無念や怒りを感じさせられる事がある。
    諸外国の莫高窟保護関係者は、援助団体ではなく個人で訪問し、一般人の立場で莫高窟を見てみる必要がある。。。と私は思う。
    そうでなければ本当の保護など出来はしない。

  • 帰りは、先程渡った川の痕跡を伝って駐車場に向かうのですが、途中で見つけた小さな穴。<br />ウスバカゲロウの蟻地獄か、それとも地蜂か・・・<br />ボクの常識では、ウスバカゲロウの幼虫は、こんな硬い所にいない筈なので、地蜂かも知れません。<br />沢山あったので一つ掘ってみましたが、べんべこさんも蜂のようなモノも何も現れませんでした・・・<br />べんべこさんなら、あの堀り方で出て来るんですけどね・・・<br />(べんべこさん:京都丹波、丹後地区の方言。土と同じ色で、お腹のふわふわした足のない蜘蛛みたいなヤツです。ウスバカゲロウの幼虫。(ウスら馬鹿下郎と読まないでね))<br /><br />

    帰りは、先程渡った川の痕跡を伝って駐車場に向かうのですが、途中で見つけた小さな穴。
    ウスバカゲロウの蟻地獄か、それとも地蜂か・・・
    ボクの常識では、ウスバカゲロウの幼虫は、こんな硬い所にいない筈なので、地蜂かも知れません。
    沢山あったので一つ掘ってみましたが、べんべこさんも蜂のようなモノも何も現れませんでした・・・
    べんべこさんなら、あの堀り方で出て来るんですけどね・・・
    (べんべこさん:京都丹波、丹後地区の方言。土と同じ色で、お腹のふわふわした足のない蜘蛛みたいなヤツです。ウスバカゲロウの幼虫。(ウスら馬鹿下郎と読まないでね))

  • 戻ってきました。<br />莫高窟からの帰路は、空港からの入り口ともなります。<br />この楼門には、空港側から見ると「敦煌」、市内側から見ると「沙州」と書かれています。

    戻ってきました。
    莫高窟からの帰路は、空港からの入り口ともなります。
    この楼門には、空港側から見ると「敦煌」、市内側から見ると「沙州」と書かれています。

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

敦煌(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集