旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ローテンブルクの建造物 ランキング

ランキングを条件で絞り込む

  • エリア
  • カテゴリ
3.83
アクセス
3.99
旧市街の中心的な場所にあります。 by アラビアンナイトさん
コスパ
3.98
コスパ最高 by アラビアンナイトさん
人混みの少なさ
3.40
冬なので少ないです。 by アラビアンナイトさん
展示内容
3.90
塔からの眺めはいい by ふーてんナッツさん
  • 満足度の高いクチコミ(75件)

    ローテンブルグ:市庁舎は町の中心、何処に行くにもここを起点して、行動するのがベストだ。

    4.0

    旅行時期:2018/05(約3年前)

    2018年5月21日(月):  晴れ、 24℃、 67km このフランケン地方に残る“中... 
    続きを読む
    世の宝石”と称されるローテンブルグは人口12千人と小さな町である。旧市街の周辺をぐるりと高い城壁が囲み、3つの門、北と南に2つの稜堡を持った見事な城塞都市である。 ローテンブルグの景観をドイツ人は“縁なし帽子のとんがり“と呼ぶと云うが、なんとなくわかる気がする。 ローテンブルグには二つの中心がある。一つはマルクト広場を中心とする市庁舎、有名な“見事な一気飲み”が行われる市参事会館などである。 もう一つは美しい庭園・教会がある場所、Burggarten城塞公園である。この町の基礎となったホーエンシュタウフェン王家の帝国城塞があった所だ。 ここからの景観は素晴らしいのだ。 ・・・・・ <Rathaus市庁舎(13世紀):Marktplatz 1> 市庁舎は2つの部分から成り立っている。 一つは1250~1400年建てられた市庁舎の塔(220段の階段を上ると展望が開ける)とゴシック市庁舎であり、 もう一つはマルクト広場側に1572~1578年に建てられた豪壮なルネサンス様式の建物である。アーケードは1681年に加えられたものだ。 市庁舎のあるマルクト広場は町の中心、何処に行くにもここを起点して、行動するのがベストだ。 広場でローテンブルクの市民舞踊団が“羊飼いの踊り”を踊るから、参観するのも楽しい。 ・・・・・  
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:20件

住所
Marktplatz 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber
3.60
アクセス
3.90
街の中心部にあります。 by アラビアンナイトさん
コスパ
3.77
教会なので只です。 by よしめさん
人混みの少なさ
3.75
広いので少なく感じます by よしめさん
展示内容
4.11
祭壇とステンドグラスは必見 by よしめさん
  • 満足度の高いクチコミ(53件)

    聖ヤコブ教会

    5.0

    旅行時期:2020/02(約1年前)

    聖ヤコブ教会はローテンブルク旧市街の中心部にある教会になります。建設までに長い時間を要した中世のゴシック様式建築物です。ローテンブルクに来たら絶対欠かすことのできない有名な観光地であると言えます。旧市街の中心的教会です。

    アラビアンナイト

    アラビアンナイトさん(非公開)

    ローテンブルクのクチコミ:7件

住所
Klostergasse 15, 91541 Rothenburg ob der Tauber
3.40
アクセス
4.00
マルクト広場に隣接 by KANさん
コスパ
4.19
外から見るだけなら只 by よしめさん
人混みの少なさ
3.38
定時時間は混んでいる by よしめさん
展示内容
3.58
からくり時計が楽しい。 by よしめさん
  • 満足度の高いクチコミ(12件)

    市参事会酒宴館の“見事な一気飲み”を見ずに、ローテンブルクに来たと言うな!

    5.0

    旅行時期:2018/05(約3年前)

    <市参事会酒宴館の“見事な一気飲み”を見ずに、ローテンブルクに来たと言うな!> 2018... 
    続きを読む
    年5月21日(月):  晴れ、 24℃、 67km このフランケン地方に残る“中世の宝石”と称されるローテンブルグは人口12千人と小さな町である。この城塞都市ローテンブルグには二つの中心がある。 一つはマルクト広場を中心とする市庁舎、市参事会酒宴館などである。 もう一つは美しい庭園・教会がある場所、城塞公園である。この町の基礎となったホーエンシュタウフェン王家の帝国城塞があった所だ。 ここからの景観は素晴らしいのだ。 有名な“見事な一気飲み”が行われる市参事会酒宴館(仕掛け時計1910年)に向かって、急いで行く。 “見事な一気飲み”を見ずにローテンブルクに来たことにならないのだ。 つまり、これに中世ローテンブルクの歴史があるからだ。 正午の「Meistertrunkマイスタートルンク見事な一気飲み」は、旧教派・皇帝軍のティリー将軍に占領された時に、『3.25Lのワイン(何故3.25Lなのかは?だ)が注がれた大杯を飲み干したら、町を赦免する』と将軍が言ったそうで、新教派の市長ヌッシュが、見事に飲みほして、町を救ったと云う故事にまつわるものだ。 Rathaus市庁舎(13世紀)横、マルクト広場に面して立つ市参事会酒宴館の左右の窓が開き、左のティリー将軍、右はヌッシュ市長の人形が出てきて、大杯を飲み干す場面を演じる。ほんの<5分>ぐらいの時間だが、この時間になるといつの間にか、広場は人だかりになる。歴史好みの人たちが参集する。 これが始まる前はマルクト広場でローテンブルクの市民舞踊団が観光客の為に、“羊飼いの踊り”を踊ってくれた。終わった後も写真撮影に気軽に応じてくれて、家内も一緒に撮る事が出来た。さすがに日本の団体ツアーも多く見かけたが、時代でしょう、中国・韓国勢が目立った。 毎日、市参事会酒宴館の仕掛け時計(1910年製)がマイスタートルンク“見事な一気飲み”をスタートさせる。その時間は11時・12時・13時・14時・15時である。 http://www.meistertrunk.de/ 尚、2018年は5月27日(日)が「Pfingstsonntagフィングストゾンターク聖霊降臨祭」なので、この日の前後、ローテンブルクは“時代祭り”で一色になる。 旧教派の皇帝軍と新教派のローテンブルク市民の戦いなどを再現する祭りだ。 お祭りの期間中、ローテンブルクは当時の衣装を身にまとった市民たちが多数参加し、往時の歴史的な様々なシーンが見られる。 Meistertrunkマイスタートルンク“見事な一気飲み”の話をもとにした市民による歴史劇も行われる。 ・・・・・ これにてローテンブルグの口コミは終了です。 ついでに、ざっとローテンブルグの観光案内をすると、駐車場P5からクリンゲン門の市城壁をくぐって町中に入ると、Schrannenplatzシュランネン広場(市場)に出る。まっすぐ行けば、マルクト広場だ。“Meistertrunk見事な一気飲み”目当てに日本人ツアー客や様々な国の観光客が多い。東の市門のGalgentorガルゲン塔、Rathaus市庁舎(13世紀)、Ratstrinkstube市参事会酒宴館(仕掛け時計1910年・Meistertrunk見事な一気飲み)、高い鐘塔、Georgsbrunen聖ゲオルゲの泉などはマルクト広場周辺にある。 Schmiedgasse鍛冶屋通りを南にそのまま行くと、この町で最も絵になる、有名な場所に至る。Ploenleinプレーンライン(意味はラテン語で小さな場所)だ。 最も防御に力を入れた南口にはSpitalbasteiシュピタール稜堡(17世紀、2つのZwinger城塔、7つの門)がある。ここから左手に城壁に沿った、坂道を下って行くと、視界が開けてくる。遠く、帝国城塞(今はBurggarten城塞公園)があった所が見える。葡萄畑がタウバー川に面した斜面に出来ていた。 タウバー川の清流にかかるDoppelbruecke二重橋(14世紀)や教会、村落がたいへん絵になる形で見ることができる。 帝国城塞(今はBurggarten城塞公園)からは、城塞都市の違った風景も見え、Topplerschlosschenトップラー別荘(1388年実力者トップラー市長の別邸)と称される奇妙な建物も、城塞公園のテラスから見下ろせた。 町の東になるHandwerkerhaus職人の家(1270年、11の部屋で展示)、Roederbogenアーチ形の門・Markusturmマルクス塔(1200年ごろ)、Gerlachschmiedeゲルラッハ鍛冶屋(この木組建築の美しい切妻の家は、今ではレストラン!昔と様変わりの綺麗な小屋になった)、Roedertorレーダー門(14世紀の税関と門番小屋)、そして東の市門のGalgentorガルゲン塔に戻って来た。 ・・・・・・・・・・・・  
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:20件

住所
Marktplatz, Rothenburg ob der Tauber

ピックアップ特集

3.38
アクセス
3.88
コスパ
4.08
人混みの少なさ
3.90
徒歩で通る人よりも、車通りが激しいので注意が必要! by Juniper Breezeさん
展示内容
3.71
住所
Rodergasse, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Bavaria
3.36
アクセス
3.93
ローテンブルクは交通網が発達しており訪れ易い by ottoさん
コスパ
4.21
中世のままの雰囲気が心地よい by ottoさん
人混みの少なさ
3.38
展示内容
3.69
今も現役で勢いよく水を噴出し昔ながらの旅情に浸れる by ottoさん
住所
Merktplatz, Rothenburg ob der Tauber
3.35
アクセス
3.77
コスパ
4.58
見るのは只 by よしめさん
人混みの少なさ
4.00
空いてます by よしめさん
展示内容
3.56
  • 満足度の高いクチコミ(10件)

    ローテンブルクのブルク門は、かつてこの町が帝国自由都市であったことを伝えている。

    5.0

    旅行時期:2018/05(約3年前)

    2018年5月21日(月):  晴れ、 24℃、 67km ローテンブルグには二つの中心... 
    続きを読む
    がある。 一つはマルクト広場を中心とする市庁舎、有名な“見事な一気飲み”が行われる市参事会館などである。 もう一つは美しい庭園・教会がある場所、Burggarten城塞公園である。この町の基礎となったホーエンシュタウフェン王家の帝国城塞があった所だ。 ここからの景観は素晴らしいのだ。 今日、偶々お会いしたアメリカから来訪のFさんご夫妻(奥様は福岡出身の日本人)とこの町一番のHotel Eisenhutホテルアイゼンフート(鉄兜)でお茶を御一緒した後はBurgtorブルク門を通り、帝国城塞(今はBurggarten城塞公園)に案内した。 この公園内も大勢の観光客が回遊していたが、タウバー川の清流にかかるDoppelbruecke二重橋(14世紀)や教会、村落の景観など城塞都市の違った風景も見え、Topplerschlosschenトップラー別荘(1388年実力者トップラー市長の別邸)と称される奇妙な建物も、城塞公園のテラスから見下ろせた。 ここは大いに気に入ってもらえたようだ。 2012年5月: マルクト広場に出て、Herrngasseヘレン横丁をBurgtorブルク門に向かうと、時計が付いているから時計塔ともいえる高い塔が目に入る。このブルク門は小さいながらも、シュピタール稜堡のように一種の稜堡(城門と防御用の要塞)の形になっている。 ヘレン横丁から入る門は塔門、城塞公園に出る門は城塞門というらしいが、2つの門の間を防衛的な仕組みにしているのだ。 旧市街の西に位置するBurgtorブルク門は1356年の地震で帝国城塞が破壊された後に作られたそうで、ローテンブルクでは最古の城門建造物だと云う。城塞公園から見る高い塔には3つの紋章が飾られており、実に印象的だ。中央にローテンブルクが帝国自由都市であった事を示す「双頭の鷲の紋章」があり、その下に2つのローテンブルクの市の紋章が2つ左右に並んである。加えて、城塞門のアーチの上に双頭の鷲の紋章がある。 元来はこの街の中心であったホーエンシュタウフェン家(コンラート3世)の帝国の城(Burg)に向かって、城塞門が立派に作られる必要はないが、帝国城塞跡地になると、跡地は市街地外のような扱いになって、ことさら城塞門のアーチの上に双頭の鷲の紋章を示したのだろう。 ブルク門からBurggarten城塞公園に入ると、広さ1.4ヘクタールの美しい公園に目を見はるだろう。今日も日本人ツアー客や、様々な国の観光客が多い。 公園内からローテンブルクの町並みや城壁に沿ってタウバー渓谷の素晴らしい景色を眺めることができ、タウバー川の清流にかかる、二重橋(14世紀)や教会、村落がたいへん美しい絵になっている。左右に広がる城塞都市の違った風景も見え、トップラー別荘(1388年実力者トップラー市長の別邸)と称される奇妙な建物も、公園テラスから見下ろせた。ここは何度来ても感嘆する。 ・・・・・ 初めて訪れたのはPrienプリーンのゲーテ語学校時代の1974年2月、家族と初めての夏の休暇で訪れた1975年8月、・・・・・2009年4月、2009年12月、ちょっと思い出すだけでも、ローテンブルクを訪れた回数は多い。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:20件

住所
Rothenburg ob der Tauber
3.34
アクセス
3.92
コスパ
5.00
人混みの少なさ
4.20
展示内容
4.00
  • 満足度の高いクチコミ(7件)

    ローテンブルク南端の城門。駐車場P1の近くです。

    4.5

    旅行時期:2018/09(約3年前)

    ローテンブルク南端の城門です。レンタカーでP1を利用する場合は、この近くから旧市街に入ります。... 
    続きを読む
    観光バス用駐車場や立派な公衆トイレ(有料)もP1にあります。キャンピングカー用のP2も近く、車でこの街に来るかなりの人がシュピタール門近くの入場口を利用することになります。 鉄道利用者はレーダー門から入城することが多いのか、ここまで足を運ぶ人は少ないようです。 シュピタール門は単なる城門ではなく、大砲を備えた要塞の役割もあり、堅固な三重の堡塁に囲まれています。その様は一見の価値ありです。 城壁巡りのついでにシュピタール門を見学されることをお勧めします。 
    閉じる

    beanbag

    beanbagさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:2件

住所
Rothenburg ob der Tauber
3.32
アクセス
3.38
コスパ
4.17
人混みの少なさ
3.25
展示内容
3.50
  • 満足度の高いクチコミ(5件)

    当初は町のメインと・・・

    4.0

    旅行時期:2019/04(約2年前)

    マルクス塔と一体になったアーチが印象的でした。 12世紀に建てられ、当初は町のメインとなった入口だったようで、その後増築されて現在に至った様でした。アーチの美しいデザインに、景観と一体になっていて印象的でした。

    チュンチュ319

    チュンチュ319さん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:13件

住所
Rothenburg ob der Tauber
3.32
アクセス
3.38
コスパ
4.50
人混みの少なさ
3.17
展示内容
3.00
住所
Rothenburg ob der Tauber
3.31
アクセス
3.25
コスパ
4.40
人混みの少なさ
4.40
展示内容
3.38
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    旧市街北西側の門 クリンゲン門

    4.0

    旅行時期:2017/09(約4年前)

    ローテンブルク旧市街の北西側にある門。 他の門同様、高い塔が建っています。 門の脇に階段が... 
    続きを読む
    あり、城壁に上がることができます。 城壁の上からは旧市街の中世の街並みを眺めながら城壁を歩いて行けます。 駅からは一番遠い門なので、観光客もまばらでのんびりした雰囲気の門です。 
    閉じる

    benly

    benlyさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:8件

住所
Rothenburg ob der Tauber
3.31
アクセス
3.17
コスパ
4.31
人混みの少なさ
4.58
展示内容
3.86
住所
Rothenburg ob der Tauber, Bavaria
3.30
アクセス
3.80
コスパ
4.50
人混みの少なさ
4.50
展示内容
3.63
住所
Rothenburg ob der Tauber
3.28
アクセス
4.00
コスパ
4.50
人混みの少なさ
4.33
展示内容
3.50
  • 満足度の高いクチコミ(4件)

    ローテンブルク:ゲルラッハ鍛冶屋はメルヘンに満ちた、この街の宝石と云われている。

    4.0

    旅行時期:2018/05(約3年前)

    2018年5月21日(月):  晴れ、 24℃、 67km ドイツのフランケン地方には“... 
    続きを読む
    中世の宝石”と称されるローテンブルグの町がある。 その旧市街にGerlachschmiedeゲルラッハシュミーデ(ゲルラッハ鍛冶屋)というメルヘンに満ちた、この街の宝石と云われている建物がある。 (Die Gerlachschmiede:Ein Kleinod in der Maerchenstadt) <ゲルラッハ鍛冶屋は今では切妻屋根が可愛いレストランに変身した> ローテンブルグの街をぐるりと取り囲む全長4.2kmの市城壁傍に見えるゲルラッハ鍛冶屋は1967年まで現役でした。 この木組建築の美しい切妻の家は、今ではレストラン!昔と様変わりの綺麗な建物になっていた。Roedertorレーダー門(14世紀の税関と門番小屋)の傍だから、市城壁共々一緒に見て回れる。 ローテンブルグの町は第二次大戦の被災で旧市街の40%を失ったが、昔のままに再建されている。その大戦中の1945年、ゲルラッハ鍛冶屋も英軍の攻撃機から投下された爆弾が命中し、瓦解した。 街の再建同様に1951年までにゲルラッハ鍛冶屋は全ての部分に至るまで細心の注意が払われて、かつての姿によみがえった。 2階には2つの窓枠の間には王冠に蛇の古い紋章(鍛冶屋のギルド(職業別組合)の印(Hammerハンマー、Amboss.カナトコ)が見られ、窓箱には花々が植えられて、木組みの家らしい美しさだ。 (もっとも1975年8月、2009年の4月の写真では花々の装いはない) 2009年4月: 4月28日(火) 今日は久しぶりに曇り、夕方小雨。 10~15℃。 121km 町の東になるHandwerkerhaus職人の家(1270年、11の部屋で展示)、Roederbogenアーチ形の門・Markusturmマルクス塔(1200年頃)、Gerlachschmiedeゲルラッハ鍛冶屋(この木組建築の美しい切妻の家は、今ではレストラン!昔と様変わりの綺麗な建物になった)、Roedertorレーダー門(14世紀の税関と門番小屋)、そして東の市門のGalgentorガルゲン塔に戻って来た。 2009年12月: 2012年5月: ・・・・・  
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    ローテンブルクのクチコミ:20件

住所
Rothenburg ob der Tauber
3.27
アクセス
4.10
コスパ
4.67
人混みの少なさ
4.00
展示内容
3.75
住所
Rothenburg ob der Tauber

1件目~14件目を表示(全14件中)

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

まだ掲載されていないスポットを大募集!

フォートラベルはみんなで作る旅行ガイドです。
おすすめの観光スポット、レストラン、ホテル、交通機関があればぜひ教えてください。

スポットの掲載依頼はこちら

ドイツの旅行ガイドまとめ

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら