1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. バイエルン州
  6. ローテンブルク
  7. ローテンブルク 観光
  8. ローテンブルクの職人の家
ローテンブルク×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ローテンブルクの職人の家 Alt Rothenburger Handwerkerhaus

博物館・美術館・ギャラリー

ローテンブルク

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ローテンブルクの職人の家 https://4travel.jp/os_shisetsu/10420790

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ローテンブルクの職人の家
英名
Alt Rothenburger Handwerkerhaus
住所
  • Otto Berger, Nuschweg 13, 91541 Rothenburg
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー
登録者
ローズベリー さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(7件)

ローテンブルク 観光 満足度ランキング 22位
3.26
アクセス:
3.75
コストパフォーマンス:
3.60
大人3ユーロ by たこわさびさん
人混みの少なさ:
4.40
展示内容:
3.70
  • 旧市街地の東寄りにあります。

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/08(約1年前)
    • 0

    このローテンブルクの職人の家は旧市街地の中心から東のマルクス塔の近くにあります。この家は13世紀の後半にたてられたもので今...  続きを読むもその姿を残しています。現在は公開されています。その家の内部は当時の職人の生活ぶりがそのまま残されています。興味深いです。  閉じる

    投稿日:2020/01/04

  • ローテンブルクの職人の家

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/05(約3年前)
    • 0

    ドイツ・ローテンブルク・ローテンブルクの職人の家
    昔の職人が住んでいた部屋を見ることができる博物館です。少し分かりにく...  続きを読むいところにあり、かつ、目立った看板もないので見逃しそうになりました。入場料も安くておすすめです。  閉じる

    投稿日:2017/05/28

  • ドールハウスのような博物館

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/04(約5年前)
    • 0

    ローテンブルクで一番見ておきたい博物館。中世の時代の人々の暮らしがよくわかります。タンスにしまわれた数々の刺繍のついたファ...  続きを読むブリック、壁に掲げられた小さな祭壇、屋根裏には手作りと思われる大小のそり・・・
    アニメ「アルプスの少女ハイジ」の世界を彷彿とさせます。
    欧風ドールハウスが好きな方も参考になるのでは。  閉じる

    投稿日:2015/05/04

  • 中世の生活がよく分かる

    • 4.5
    • 旅行時期:2014/08(約6年前)
    • 0

    ローテンブルクの博物館では一番楽しめました。
    中世の職人の家をそのまま博物館にしたようで、道具などが展示されていました。...  続きを読む
    入場料も1ユーロ程なので、せっかくローテンブルクに来たなら立ち寄りたいです。
    人がぜんぜんいないので、ほぼ貸切状態。ゆっくり展示品を見ることができました。  閉じる

    投稿日:2014/10/12

  • 看板

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/06(約6年前)
    • 0

    看板が素晴らしい。それぞれ仕事がわかるように細工され、みててあきない。ライオンが赤い城門を掴んでいるホテル。パン屋の看板、...  続きを読む鍛冶屋の看板、ワイン屋の看板、おもちゃ屋
     
    つける高さ、大きさも統一されているのだろうか個々の主張もあるようでなく町全体がおとぎの国ようだ!  閉じる

    投稿日:2014/09/01

  • 800年前に立てられた職人の家です

    • 3.0
    • 旅行時期:2013/06(約7年前)
    • 0

    アルター・シュタットグラーベン(古堀通りという道は、第一次城壁のときの堀の跡に造られた環状道路です。この通りの最後のほうに...  続きを読む13世紀に建てられ、様々な職人の仕事場として利用されてきた「職人の家」があります。職人の暮らしぶりや昔の調度品を紹介していましたが、街並すべてが古い歴史をもっているので、ここが取り立てて古い家だとは感じませんでした。  閉じる

    投稿日:2015/04/30

  • さまざまな職人が移り変わってきた家

    • 4.0
    • 旅行時期:2012/08(約8年前)
    • 1

     1270年に建てられた小さな家ですが、時とともにさまざまな職人が住んでいました。1300~1500年ごろにはおけ職人が、...  続きを読む1510~1680年ごろは染物師が、1681~1724年には織物師、1724~1802年には靴屋、その後も鋳掛け屋、陶工、かご細工師、石鹸製造工、舗装工、左官屋などいろいろな職人が住み変わりました。1階の玄関から台所、職人の作業場、居間、屋根裏部屋までを見ることができ、家の中には、14世紀につくられたといわれる井戸や石のかまど、職人たちの仕事道具などが展示されています。建物は曲がった梁や壁が古い雰囲気を感じさせ、とても趣があります。  閉じる

    投稿日:2012/11/13

1件目~7件目を表示(全7件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ローテンブルクの職人の家について質問してみよう!

ローテンブルクに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ゲンさん

    ゲンさん

  • seemsさん

    seemsさん

  • たこわさびさん

    たこわさびさん

  • はちの父さん

    はちの父さん

  • tomoさん

    tomoさん

  • あいちゃんのままさん

    あいちゃんのままさん

  • …他

PAGE TOP