1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ロシア
  5. ユージノサハリンスク
  6. ユージノサハリンスク 観光
  7. サハリン州立博物館 (旧:樺太庁立博物館)
ユージノサハリンスク×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

サハリン州立博物館 (旧:樺太庁立博物館) Sakhalin Regional Museum

博物館・美術館・ギャラリー

ユージノサハリンスク

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

サハリン州立博物館 (旧:樺太庁立博物館) https://4travel.jp/os_shisetsu/10412221

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
サハリン州立博物館 (旧:樺太庁立博物館)
英名
Sakhalin Regional Museum
住所
  • Kommunistichesky Pr. 29 Kommunistichesky prospect, Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalin Region, 693010
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(12件)

ユージノサハリンスク 観光 満足度ランキング 1位
3.31
アクセス:
3.61
コストパフォーマンス:
3.61
人混みの少なさ:
3.30
展示内容:
4.20
  • 日本の統治時代に

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/03(約3年前)
    • 0

    ユジノサハリンスクの街中にあり、日本の統治時代につくられたもので、外観も日本っぽいつくりです。展示内容はサハリンの自然や歴...  続きを読む史といったものなので、日本の統治時代の展示や日露の国境線にあった標石などもありました。  閉じる

    投稿日:2019/05/12

  • 日本についての展示・解説も

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/07(約4年前)
    • 0

    ユジノサハリンスクを訪れたなら、そして日本人なら、ここは必ず訪れた方がよいと思います。
    ロシア側から見た日本の展示があり...  続きを読むます。
    日本では、よく北海道の博物館や郷土資料館などで、日本側の視点でのサハリン(樺太)、北海道、千島の展示がなされ、それに見慣れている目には新鮮に映ります。
    サハリン州立博物館では、一方的にロシア側の解説かと思いきや、意外にも、江戸時代のサハリン(樺太)、北海道の探索について、最上徳内、間宮林蔵、松浦武四郎を挙げて解説していました。
    明治時代の解説では、榎本武揚が挙げられていたのも興味深いです。
    勿論、戊辰戦争の将としてではなく、その後の外務大臣としての功績です。

    そして、1905年から1945年までです。
    わざわざ、1室をとって、当時の日本人の生活がどうであったのかを写真や物品を交えながら展示していました。
    北緯50度国境標石もここにあります。
    なお、展示の解説を読むことはできなかったのですが、真岡郵便局の9人の乙女ほか、終戦時の日本人の被害については無いようで、その代わりに旧ソ連の将校たちの活躍の栄光について語られているようでした。

    ほか、各階、サハリンのことがよく分かる展示があります。
    アイヌ、ニブヒなど北方民族の移動や分布、服飾などの生活の様子や遺跡などの解説があったほか、サハリン、千島の動物や岩石など自然科学に関する展示などがありました。
    戦前に樺太で発見されたデスモス・チルスの標本骨格(レプリカ)があって、北海道の北見枝幸のオホーツクミュージアムに詳しい解説があるのですが、本物は札幌の北海道大学博物館にあるそうです。

    サハリン州立博物館の入館料は、訪れた時は100ルーブル。
    そのほか、写真撮影に、更に100ルーブルとられました。
    入館するとすぐにセキュリティーチェックがあって、ゲートをくぐったり、手荷物検査があったりしますが、ゲートはおもちゃのような簡易なものでした。

    展示は建物内のほか、庭園になっている屋外にもあって、石碑や旧日本軍の小型戦車というものも展示され、小さな子供が乗っかって遊んでいました。  閉じる

    投稿日:2017/12/12

  • 充実した内容のサハリン州立博物館

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/09(約6年前)
    • 3

    観光バスで連れていかれたので詳しい交通情報はわかりません

    入場料は50ルーブル 写真を撮りたかったらさらに70ルーブ...  続きを読むルだそうです
    1階に古生物や動物など自然科学系の展示物
    北方少数民族関係の展示物もこちらです
    アイヌだけではなくウィルタ族などツングース系の民族の
    生活・習慣などの展示は珍しく 興味深いものでした

    2階に上がると 19世紀から20世紀の歴史や民族関係
    第二次世界大戦後の歴史関係の展示物もありました
    興味深かったのは 北緯50度の標石の展示
    昔 日本にも地続きの国境線があったんだ 
    と感慨深いです

    建物の出入り口には
    歴史の足跡を示すように 菊のご紋章が刻まれていました

    立派な建物ですが 老朽化しているのが心配です
    外観は 美しい庭園に映える素敵なものでした

      閉じる

    投稿日:2015/09/01

  • 日本の建物

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/08(約6年前)
    • 0

    ユジノサハリンスクにある博物館。かつての樺太庁博物館。
    玄関には狛犬、室内はサハリンの歴史に関してのゾーンと日本に関する...  続きを読むゾーン。しかし殆どはロシア、サハリンに関して。日本に関してはわずかでした。
    しかし、かつての樺太の地図や写真などが多くあったほか、国境の標石もあり、ユジノサハリンスクを訪れたら一度は行ったほうが良いと思います。  閉じる

    投稿日:2016/12/08

  • ユジノサハリンスクでは一番の観光スポットでしょうか。

    日本時代の遺構の中ではいちばん見応えがあって、サハリン(樺太)...  続きを読むといえばこちらの建物がシンボルとなっている印象です。

    入場料は1人70ルーブル、写真撮影は100ルーブル。

    ロシア語表記のみですが、見慣れない展示があるので興味深かったです。

    裏庭のバラ園も美しかったです。  閉じる

    投稿日:2015/09/10

  • サハリン州の州都ユジノサハリンスク(旧豊原)にある博物館で、旧日本時代の豊原時代に建てられた樺太庁博物館を受け継いでいる博...  続きを読む物館です。

    展示は8万点に及び、サハリンの自然・民族・歴史からなっており、日ソ国境標石など旧日本時代の展示物も数多く見受けられました。

      閉じる

    投稿日:2015/07/19

  • サハリンと日本

    • 4.5
    • 旅行時期:2014/09(約7年前)
    • 1

    日本時代に樺太庁により建設されたかつての「樺太庁博物館」です。当時の樺太に住まう人々や来島者が学ぶために必要ということで、...  続きを読む建設されたそうです。樺太庁の建築官僚 貝塚良雄氏の設計による建築物です。
    ロシアとなった今も、「サハリン州郷土博物館」として、存続しています。
    写真撮影に70ルーブル必要です。つまり、70ルーブル払えば、館内の撮影が可能です。
    展示の構成は日本に有る博物館と似ていました。
    ガイドさんに案内してもらいました。
    サハリンが日本の本土と違い、とても複雑な歴史を抱えてきたことが分かりました。
    始め、南方からの人達と大陸の北方からの人達が住み始めたそうです。展示によると、南方の人達と北方の人達は顔立ちが違ったようです。
    この地ではまず、ロシア人による集落が生まれたそうです。その後、日本時代に豊原となり、都市として整備されました。
    戦後、ソ連となり、さらに、ロシアへと変遷しました。
    2階の部屋にロシアの人達が大勢居ました。ガイドさんによると、学術の活動だそうでした。
    この博物館が今もロシア人達に好かれているようです。うれしいことだと思います。  閉じる

    投稿日:2014/10/13

  • 海外で日本の足跡を・・・

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/09(約7年前)
    • 2

    日本語ガイド30分のコースで回りましたが、さすがに30分では十分に見ることができません。
    写真撮影は可能ですが、ビデオ撮...  続きを読む影はNG。

    建物はとても美しい様式で、庭園の噴水も綺麗なので結婚式の写真撮影でも使われていました。
    裏手には戦闘機も展示されているようです。  閉じる

    投稿日:2014/09/30

  • 日本統治時代の資料が見れます

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/08(約8年前)
    • 2

    展示資料には日本統治時代の資料もあり、興味深く見れました。
    写真を撮るためには入場券以外に撮影チケットの購入が必要で、館...  続きを読む内で撮影をしていたら、一度撮影チケットの提示を求められました。

    日本式の博物館の建物自体も、観光スポットだと思います。  閉じる

    投稿日:2014/02/23

  • 旧国境の石碑が必見!

    • 3.5
    • 旅行時期:2012/08(約9年前)
    • 1

    日本時代からの建物を利用した博物館。敷地内は庭園の様に整備され、市民の憩いの場ともなっている様です。敷地内にも展示物が置か...  続きを読むれ、中には日本時代の墓石も。
    館内は入場料+撮影代で写真撮影可能。日本時代の展示物も多く、現在陸続きの国境が無い島国日本では見られない旧日露国境に置かれた石碑は必見です。  閉じる

    投稿日:2015/01/18

  • 樺太町立博物館

    • 4.0
    • 旅行時期:2010/11(約11年前)
    • 3

    ユジノサハリンスクの中心近くに立地する博物館です。第二次世界大戦以前の日本時代には「樺太博物館」として運営されていたこの博...  続きを読む物館。展示品の中には戦前日露の国境だった北緯50度線に設置されていた標石などもあり興味深いです。  閉じる

    投稿日:2013/08/29

  • Japanese castle!?

    • 4.0
    • 旅行時期:2007/04(約14年前)
    • 0

    There is the Sakhalin Regional Museum in the Yuzhno-Sakhalins...  続きを読むk city.
    The outward appearance of the Japanese castle is nice !!   閉じる

    投稿日:2015/01/21

1件目~12件目を表示(全12件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

サハリン州立博物館 (旧:樺太庁立博物館) について質問してみよう!

ユージノサハリンスクに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ton114さん

    ton114さん

  • しそまきりんごさん

    しそまきりんごさん

  • ENAMINさん

    ENAMINさん

  • ムヒカさん

    ムヒカさん

  • M-koku1さん

    M-koku1さん

  • likely_koalaさん

    likely_koalaさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP