1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. タイ
  5. バンコク
  6. バンコク ショッピング
  7. ローズ テーラー
バンコク×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ローズ テーラー Lords Tailor

専門店

バンコク

このスポットの情報をシェアする

ローズ テーラー https://4travel.jp/os_shisetsu/10411344

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ローズ テーラー
英名
Lords Tailor
住所
  • Shop No. 316, Between Sukhumvit soi 12 and 14 Bangkok, 10110
カテゴリ
  1. ショッピング
  2. 専門店
登録者
R241 さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(6件)

バンコク ショッピング 満足度ランキング 300位
3.07
アクセス:
4.42
お買い得度:
3.33
サービス:
3.00
品揃え:
3.08
  • 【 Yシャツ長袖 1,140B×5着】
    1着1,500バーツでスタートしたが、過去のショップカードを見せるとあっさり前回...  続きを読むと同じ1,140バーツになった。
    いつもバトルになるので、引き際の良さに少々拍子向けした。
    もっと頑張れば1,140バーツより安くなったのかも?

    【 Yシャツ半袖 1,100B×3着】
    半袖ならもっと安くなると思ったが、なかなかどうして。
    たった40バーツ安くするだけなのに大げさなポーズ、どこまで本気なのかインド人は喰らえない。
    ローズテーラーには毎年来ているが、来るたびに人が変わっている。
    毎回人が変わっているが、誰しも粘い。インド人の特性なんだろう。

    【合計 9,000B】
    新しい店を開拓するのも面倒なので、毎回ここに着ているが、正しい選択か自信がない。
    ここより安くて丁寧なテーラーはきっとあるはずだが、紳士服オーダーの情報は少ない。  閉じる

    投稿日:2017/11/30

  • Yシャツ1枚1,140バーツ

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/12(約5年前)
    • 2

    ローズテーラーは毎年来ているが、毎年人が変わっている。
    屋号を引き継いで経営者が変わっているのか、雇われ店長が変わってい...  続きを読むるだけなのか、その辺はよくわからない。

    持参したオーダーカードを見せると台帳をめくって記録を確認し、常連さんだと理解してくれる。

    【ワイシャツ 1,140B×5着】
    1着1,200バーツというのを100バーツ値引くのに駆け引きがあって、最後にようやく納得。
    採寸も済んで最終確認していたらネーム代は別途100バーツいると言い出した。
    さっきネーム込み1,100バーツでOKと言ったくせに往生際が悪い。

    時間も押してきたのでネーム代40バーツで歩み寄った。  閉じる

    投稿日:2016/04/14

  • 今年はYシャツ1枚1,075B

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/09(約6年前)
    • 0

    毎年通っているので、憶えているよって言ってくれたが、価格交渉は渋くてせこい。
    インド人は商売上手と言うより粘り強い。
    ...  続きを読む「竹を割ったような性格」の真逆

    【ワイシャツ 1,075B×4着】
    何とか1着1,075Bまで値切りに成功したが、思いのほか時間がかかった。
      閉じる

    投稿日:2015/03/19

  • Yシャツ1枚1,070B

    • 3.5
    • 旅行時期:2013/09(約7年前)
    • 0

    Yシャツをオーダーするのはバンコク旅行の定番。
    最近はアソークのローズテイラーに決めている。
    特別安いとか、特別腕がい...  続きを読むいという理由でなく、単にシェラトンに近いというだけ。
    オーダーの場合、ホテルに近いっていうのはメリットが多い。

    【Yシャツ 1,070B×6枚】
    スタートは1枚1,500B。
    前回も前々回も1枚1,000Bだったとカードのメモを見せると軟化しはじめた。
    それでも、1,000Bは無理だと小刻みに下げてくる。
    ロ:こっちの安い生地なら1,000Bにする。
    R:前回も前々回もこっちの生地で1,000Bだった。
    ロ:前回はスーツも作っている。
    インド人はタフネゴシエーターだ。何とか1,000Bになったが、5枚でなく6枚が条件になった。
    消耗品なので6枚でも7枚でもいいので交渉成立。やれやれだ。
    ところが、ネームは1枚100Bだと言い出した。
    前回はサービスだったと言っても首を縦に振らない。疲れてきたので、70Bで妥協した。  閉じる

    投稿日:2013/11/09

  • 去年Yシャツをオーダーしたところ、縫製がよかったので今回もここにした。

    【Yシャツ 1,000B×5】
    1枚1,2...  続きを読む00バーツより負けられないと息巻いていたインド人だが、去年1,000バーツだったと去年のカードを見せると、なんだ先に言えよって感じですんなり1,000バーツになった。ネーム代もあっさりサービスになった。

    【スーツ 9,000B】
    今回はスーツに挑戦。
    1パンツなら10,000バーツ、2パンツなら12,000バーツ。生地はイタリア製と早口で攻めてくる。以前読んだ旅行記で6・7千バーツだった記憶があったので、2パンツで7千バーツで応酬した。例によって、何を無茶言っているんだみたいな顔をされる。
    何度か攻防があって、2パンツ9千バーツで手を打った。もう少し頑張れた気もするが、インド人相手は非常に疲れる。

    【仮縫い】
    Yシャツは出来上がっていて問題なしだったが、スーツは数分待たされた。どうやら職人(下請け)を電話で呼んでいたようだ。
    スーツは、仮縫いといってもほとんど完成品の状態。腕の付け根が少しきつく袖丈が短い。
    Yシャツが覗くぐらいが調度いいんだよとインド人が煩い。職人は当方の言い分を理解したようでメジャーで測っている。
    インド人を無視していたら、ようやく静かになった。

    【受取り】
    採寸、仮縫い、受取りと最低3度は店に行くとことなるので、オーダーする場合はホテルから近いところでないと時間の浪費になる。その点、ここはシェラトンから数十メートルとアクセスがいい。 袖丈は無事に直っていた。なお、日本でゆっくり点検したらズボンのまつり縫いが荒かった。
    やっぱり日本と同じようにはいかない。



      閉じる

    投稿日:2012/03/13

  • 店の前の釣り看板には、Yシャツは6枚で89$。
    店に入ると、案の定怪しげなインド人が高い生地を勧めてくる。
    Yシャツは...  続きを読む消耗品なので6枚で89$の安物で十分なのだが、白の無地がない。

    白の無地は1枚1,000Bからになる。4枚作るならネーム代100Bはサービスすると言う。ジョージなら4枚1万円なので、ちょっと高い気がした。

    インド人は手強い。1,200Bの生地を1枚追加して、5枚で5,000Bにしてよ。

    ≪Yシャツ 1,000B×5≫
    1,000B×4枚+1,200B+100B×5=5,700B
    1割チョッとの値引き。もう少しなんとかなる気もしたが、この辺でいいだろう。
    明日仮縫いに来いと言う。Yシャツで仮縫いがあるのは初めて。ちょっと見直した。



      閉じる

    投稿日:2011/03/08

1件目~6件目を表示(全6件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ローズ テーラーについて質問してみよう!

バンコクに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • R241さん

    R241さん

PAGE TOP