1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. オセアニア・ミクロネシア
  4. オーストラリア
  5. エアーズロック
  6. エアーズロック 観光
  7. ウルル・サンライズ&登山&ベースツアー
エアーズロック×
旅行ガイド
観光
グルメ
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ウルル・サンライズ&登山&ベースツアー Uluru Sunrise, Climb & Base Tours

アクティビティ・乗り物体験

エアーズロック

観光の所要時間:
半日

このスポットの情報をシェアする

ウルル・サンライズ&登山&ベースツアー https://4travel.jp/os_shisetsu/10333915

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ウルル・サンライズ&登山&ベースツアー
英名
Uluru Sunrise, Climb & Base Tours
住所
  • Level 7, 35 Grafton Street Bondi Junction, NSW, 2022
カテゴリ
  1. 観光
  2. 体験・アクティビティ
  3. アクティビティ・乗り物体験

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(16件)

エアーズロック 観光 満足度ランキング 8位
3.36
アクセス:
2.90
AAT-KINGSのツアー利用 by はぁさん
コストパフォーマンス:
3.15
観光地価格です by はぁさん
スリル:
3.63
登山を除くと基本散策路めぐりです。 by はぁさん
施設の快適度:
3.42
ツアーだとおしぼり、麦茶が出ました by はぁさん
  • 満足度の高いクチコミ(14件)

    自分のペースにあわせて

    4.0

    • 旅行時期:2019/08
    • 投稿日:2021/01/18

    早朝日の出前から出発するAATKINGSのツアーに参加しました。 ウルルが見えるところまで到着するころにはうっすらと...  続きを読む陽の光も出てきました。 神々しい様子に感動、またウルルの登山については自分のペースにあわせてできるのも良かったです。  閉じる

    なべきち

    by なべきちさん(男性)

    エアーズロック クチコミ:7件

  • 登れるかは運次第

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/09(約1年前)
    • 1

    AATKingsの日本語ツアーに参加しました。
    サンライズを見て、ウルルの登山口で登山ができるか確認し、登山をしたい方は...  続きを読むここで別行動、登山されない方はベース見学という運びです。
    私は今回運良く登山することができました。
    登れるかどうかは年間通して30%くらいだそうです。
      閉じる

    投稿日:2019/09/19

  • 自分のペースにあわせて

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/08(約1年前)
    • 18

    早朝日の出前から出発するAATKINGSのツアーに参加しました。

    ウルルが見えるところまで到着するころにはうっすらと...  続きを読む陽の光も出てきました。
    神々しい様子に感動、またウルルの登山については自分のペースにあわせてできるのも良かったです。  閉じる

    投稿日:2019/10/12

  • 2019年5月にツアーに参加して登山にチャレンジしました。
    AATkigs社のツアーを現地でのオプションツアーとして申込...  続きを読むみ参加しました。
    ホテルピックアップが6:10頃で、サンライズ会場と言われるバスの駐車場でコーヒーや紅茶等の暖かい飲み物とクッキーが出ました。日本の旅行社から申し込んだ方たちは朝食バッグが渡されて、サンセット会場に行く迄のバスの中かサンセット会場で食べるように言われていましたが、私の見る限り誰も食べる余裕もなく持ちか帰ったようです。

    暖かい飲み物は有難いですが、無くても良いと言うのが正直な気持ちです。それで料金がもう少し安くなればありがたいです。

    登山については、サンライズ会場からウルル麓に近づいた時と、麓ツアーの途中等でゲートの前を通った時の3回、ゲートの開閉状況を確認しますので3回のチャンスがあります。登山が許可されるか不許可はいろいろな理由があるようですが、不許可の一番多い理由は強風のようです。不許可の場合はゲートの下に禁止の理由として例えば「強風」とあります。

    麓ツアーは、ガイドさんがアボリジニに口伝されている物語を交えて説明をしてくれます。
    途中ウルル-カタジュタ カルチュラルセンターにもトイレ休憩を兼ねて寄ってくれて自由に見学ができます。中では18分の資料映像を見ることが出来るのですが、他の展示物を見ていると時間が無くて見られないのが残念でした。  閉じる

    投稿日:2019/06/04

  • 今回は登頂できた

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/03(約2年前)
    • 1

    今回はAATKingsのツアーに参加しました。サンライズポイントからバスで10分くらいの所が登頂口でたまたま1週間ぶりに開...  続きを読むいたので、絶好の機会なので登頂にトライしました。ガイドさんはマラウオークなどを案内され、最終的には約3時間後に出発するスケジュールでした。途中で降りてきてもガイドさんとジョイントできるように1時間後、2時間後も時間を設定してくれて安心です。
      閉じる

    投稿日:2019/03/31

  • 日本人ガイドのツアー

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/09(約2年前)
    • 0

     AATKings社のツアーで参加、バス内は日本人だけで
    ガイドは日本人でした。

     サンライズ会場では温かい飲み物...  続きを読むが用意されて、
    ウルルでは冷たい飲み物を頂きました。

     ツアーとしてシステムが確立されていて安心感があり、
    移動手段を持たない観光客にはありがたいと思いました。  閉じる

    投稿日:2020/12/31

  • 赤く燃える岩

    • 5.0
    • 旅行時期:2018/08(約2年前)
    • 0

    サンライズ+登山+周辺散策がセットになっているツアーに参加しました。
    8月は冬。早朝寒くて手がかじかむほど。観賞スポット...  続きを読むでサービスされるホットココアと日本から持って行ったホカロンで指先を温めていました。
    太陽が昇りだすと空が青赤黄色のグラデーションに!
    そして真っ赤に岩を染めていき…。
    息をのむ光景に観賞スポットにいた人からため息が漏れていました。

    その後は登山。想像以上の急こう配でしたが何とか途中まで頑張ってみました。
    ひんやりした岩の感触と乾燥した空気、においは良い思い出になりました。

    2時間、登山を満喫するか周辺散策を盛り込むか選べたので、登山後は周辺散策へ。
    日本人ガイドさんが親切で丁寧に色々説明してくれました。

      閉じる

    投稿日:2018/09/16

  • 運転できないので、ツアーに参加しました

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 1

    運転できないので、ツアーに参加しました 英語ツアーの評判が微妙だったので、日本語のツアーにしました
    早朝から色々なところ...  続きを読むを回るので、けっこう疲れましたが、乗っているだけで色々と連れて行ってくれるのはバスツアーのいいところですね 時間が決まっているという欠点もありますが
    日本人ガイドさんが日本人受けするように案内してくれるので、楽しめました
      閉じる

    投稿日:2018/11/19

  • アボリジニーの聖地

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/08(約4年前)
    • 0

    夕方からのサンセットは、お見逃しなく。絵はがきのように真っ赤に染まるウルルは、感動です。昼間のウルル観光も一見です。
    ...  続きを読む山もできるのですが、強風のため登山禁止看板が出ていました。
    下から見上げると、つるつるの岩肌に鎖が頂上まで伸びていました。
    その鎖を伝って登っていくそうです。足を滑らすと捕まるところもなく、下まで一直線に落ちていきます。滑落する人もいるそうです。

    半周は撮影禁止の神聖な聖地、反対側のマギーの泉、クニヤウオークの壁画はカメラOKです。
    大きな岩に圧倒されます。  閉じる

    投稿日:2016/08/17

  • エアーズ・ロック登山

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/04(約5年前)
    • 0

    エアーズ・ロックはアボリジニの聖地です。元来、彼らの間では一部の祭司以外は登山が認められておりませんでした。オーストラリア...  続きを読む政府と旅行会社によってウルルの観光開発が行われ、現在、オーストラリア政府はリース料と国立公園入場料の一部をアボリジニ支払っています。アボリジニの人々は、観光客によるウルル登山を快く思っていないものの、観光収入は生計を立てていくうえで必要不可欠な貴重な収入源となっているため、観光客による登山を仕方なく認めているのが現状です。特にウルルで人が死ぬことを忌み嫌い、事故が起こる度に、自分たちのウルルの管理の仕方が間違っているのではと心を苦しめているそうです。こうした点に留意して、万全の安全対策と、アボリジニの人々に対する敬意を忘れずに登りましょう。ウルルの登山口は西側の一カ所のみです。登山道と言っても鎖のある急斜面を、鎖を手繰りながら這って登る感じで、相当にきつく、翌日は確実に筋肉痛になるはずです。非常に滑りやすいのでしっかりしたウォーキングシューズ、また鎖を掴まって登るので軍手(滑りにくい物)などの着用が必要です。登山は普通の人で通常往復1時間半から2時間の道のりです。年間を通じて、エアーズ・ロック登山は、アボリジニの文化的な理由または高温、雨、強風、嵐、低く広がる雲といった天候不順により、予期せず閉鎖されることが多々あります。登れないことの方が多いので「登れたらラッキー」くらいの気持ちで行くと良いかと思います。  閉じる

    投稿日:2016/04/19

  • ウルル登山を「度胸試しの坂」であきらめたことはウルル登山の項目で、またサンライズ・ビューイングの内容も別項目で書きましたの...  続きを読むで、ここではベースツアーの感想を書きます。
    ウルルのふもと1周にベース・ウォークと言われる散策路があり、その中で見どころが多いマラウォークやクニアウォークなどをガイドさんによるアボリジニの伝説の説明などを聞きながら巡ることになります。
    登山をされる方は、その一部が登山にあてる時間に置き換わることになります。
    よって、バスは私たちのように途中で登山をあきらめた人のピックアップや登山を終えた人のピックアップなどをするため臨機応変に移動します。
    クニアウォークなどは、日本国内でも写真で見ることもあるのですが、アボリジニの聖地とされる場所は、撮影・プレス規制されてますので、現地に行かないと見ることが出来ないポイントも鑑賞できます。
    最後にリゾートに戻る際に訪問日付のゴム印を押したウルルのポストカードをくれます。  閉じる

    投稿日:2015/07/15

  • ウルルをいろんな方角から見る

    • 4.5
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 1

    今回英語ツアーと日本語ツアーで料金にかなり差があったため、英語ツアーを選択。朝日が昇る1時間半前にピックアップだったので、...  続きを読む朝5時半にホテルを出ました。真っ暗な中サンライズ会場でコーヒーや紅茶、ココア、ビスケットがもらえます。そのままウルルを見るスポットへ各自移動。徐々に明るくなっていくウルルを眺めます。朝は結構寒かったです。コーヒーなどが出るのでどこかのポイントで手持ちの朝ごはんを食べられるものだと思い込んでいて、朝ごはんを食べ損ねてしまいました(^_^;)

    その後バスで登山口まで移動。この日は登山口がオープンしており、すでに登っている人々が見えました。わたしたち家族は体力的な面、アナング族が望んでいないことから、最初から登らないことを選択したので、そのままバスに乗り、ウルルを別の方向(写真では見られない角度)から見ました。一部の場所はアナング族の儀式を行う場所のため写真撮影は禁止されているため、心の目に焼き付けることが必要です。

    バスから降りてウルルに近づき、アナング族の神話や生活の様子、ウルルの成り立ちなどについて説明があり、絵が描かれているところや水場(このときは干上がっていました)などを見学し、最後にカルチャラル・センターに寄りました。説明をちゃんと聞きたい場合は日本語ツアーがいいかもしれません。

    最近は登頂する人の割合が減っているそうですが、日本人はほとんど登頂する、神道に関係があるのかもしれないと英語ガイドさんが話していました…。登山を選ぶとひたすら登るだけになってしまうため、ウルルのいろいろな姿を見たり、文化的な話を聞くにはふもとめぐりをするのがいいです。  閉じる

    投稿日:2015/05/11

  • 登山ができなかったのは残念!

    • 4.5
    • 旅行時期:2014/12(約6年前)
    • 0

    12月に夫婦で参加しました。最高気温40度を超える中でのツアー参加は大変でしたが、AAT Kingsさんの粋な心遣い(麦茶...  続きを読むとおしぼりのサービス)で気持ち良く過ごすことができました。ガイドさんのみならず、ドライバーさんもとても感じが良かったです。
    真夏なので登山は無理だろう、と諦めてはいましたが、前日の雨と当日の予想最高気温で、やっぱり駄目でした。でも、久しぶりの雨でエアーズロックから流れ落ちる雨水が滝のように流れる貴重な光景を見ることができたのは幸運でした。
    ハエが多くて大変、と聞いていましたが、暑すぎたのか、さほどでもありませんでしたね。  閉じる

    投稿日:2014/12/29

  • 雨で登山できなかったよ

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/01(約7年前)
    • 0

    朝早起きして、登山に望む気満々でいましたが、天気が悪かったため、登山のコースがぬかるんで滑りやすくなるため危ないということ...  続きを読むで、残念ながら登山はできませんでした。ただアボリジニー的には、ウルルは神聖な場所だから、登山自体はご法度だという考えがあるようです。  閉じる

    投稿日:2015/03/22

  • 申し訳けないけど登った方がよかった。

    • 5.0
    • 旅行時期:2012/08(約8年前)
    • 0

    おそらく行ったことある人、これから行く人、ガイドさんから「なるべくなら登らないで頂きたい」という説明を何度も聞くことになる...  続きを読む。私も最初は迷ったが、あまり登山口が開いている率が低いのに、たまたまその日は開いていたので、こんな機会はめったにないと思い登ることにしました。
    頂上からの景色は360℃地平線が見渡せる最高な景色でした。
    確かに急な斜面と強い風。
    体力に自信のない方はやめておいた方がいいかもしれませんが、普通の体力を持っている方なら頑張れば頂上まで行けます。(高所恐怖症の方は無理です)
    せっかくウルルまで来たのなら、そして運良く登山口が開いていたのなら、迷わず登ってみるべきだと思います。  閉じる

    投稿日:2012/09/25

  • ウルル・サンライズ&登山&ベースツアー

    • 4.0
    • 旅行時期:2010/07(約11年前)
    • 0

    アボリジニの立場から考えると神聖な場所なのでエアーズロックの登山は控えた方が良いのですが、1枚岩の神秘的な山を登山するのは...  続きを読むメインイベントなので、登りたくなります。運が良ければ1日目で登山できますが、気象条件やアボリジニの儀式の都合で登れないことが多いようで登山できる日数は年間の3分の1です。どうしても登山したい場合、1週間程度滞在した方が良いかもしれません。
      閉じる

    投稿日:2014/04/17

  • 聖なる山に登っていいかは別として・・・

    • 4.5
    • 旅行時期:2010/07(約11年前)
    • 1

    夫体調不良で一人で参加しました。前日までにツアーデスクに行けば予約可能です。朝は早いですが、あったかいコーヒーとクッキーを...  続きを読むいただきながら朝日を待つのは楽しかったです。7月はかなり寒いです。手袋必須!そのあとは登山ですが、この日は登山禁止に。登れる日は少ないようですね。なのでウルルを一周しました。9KMあるのでそこそこしんどいですが、平地なので2時間半ほどで歩けます。水分だけは忘れずに・・・  閉じる

    投稿日:2013/06/11

1件目~16件目を表示(全16件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ウルル・サンライズ&登山&ベースツアーについて質問してみよう!

エアーズロックに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • kokoa_chanさん

    kokoa_chanさん

  • なべきちさん

    なべきちさん

  • ぐりこさん

    ぐりこさん

  • オカちゃんさん

    オカちゃんさん

  • アラカンさん

    アラカンさん

  • Azさん

    Azさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP