1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. その他の都市
  6. その他の都市 観光
  7. マリアラーハ修道院
その他の都市×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

マリアラーハ修道院 Kloster Maria Laach

寺院・教会

その他の都市

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

マリアラーハ修道院 https://4travel.jp/os_shisetsu/10265601

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
マリアラーハ修道院
英名
Kloster Maria Laach
住所
  • Maria Laach 1, 56653 Glees
カテゴリ
  1. 観光
  2. 建造物
  3. 寺院・教会
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 史跡・遺跡

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(3件)

その他の都市 観光 満足度ランキング 20位
3.21
アクセス:
3.83
コストパフォーマンス:
4.67
人混みの少なさ:
5.00
展示内容:
4.83
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    アイフェル地方のラーハ湖畔に立つマリア・ラーハ僧院

    4.5

    • 旅行時期:2016/10
    • 投稿日:2020/05/11

    ≪ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの旅≫ 2016年10月14日(金)~10月28日(金)15日...  続きを読む間 第7日:10月20日(木) 118km、小雨・曇天、寒い一日7.0~11.5℃ <Abtei Maria Laachマリア・ラーハ僧院> D-56653 Maria Laach http://www.maria-laach.de/ 14:00~15:40   Eifelアイフェル地方のMendigメンディヒという町があるが、その町から北4kmにあるLaacher See ラーハ湖の南西に立つBenediktinerklosterベネディクト派の僧院である。 1093年から1216年、湖と共に在る僧院としてPfalzgrafen Heinrich II. von Laachプファルツ宮中伯ハインリヒ・ラーハ2世と妻Adelheidアーデルハイトによって建てられた。 1859年、13世紀からの大回廊を改装した。見事な西の入口、いわゆる“パラダイス”はアルプスの北における唯一のものとして評価が高い。 “パラダイス”の中央に“Loewenbrunnenライオン=命の泉”がある。6塔あるラーハ大聖堂はアーチ型のバシリカをもつ後期ロマネスク様式の僧院教会で、ドイツにおける最も素晴らしい建築の一つとされている。 聖母マリアとミラの聖ニコライを祭る僧院教会には迫力ある聖母マリアとミラの聖ニコライを祭る僧院教会には迫力あるキリストのモザイク画のある大聖壇が見られ、聖歌隊席、キリスト教の歴史を描いたステンドグラス、聖画、円天井の聖母マリア、15世紀の夕べの祈り・ピエタ像、地下のKryptaクリプタなどなどが見られた。 とりわけバジリカのガラスの中に、13世紀の僧院建設者であったプファルツ宮中伯ハインリヒ・ラーハ2世が木彫りを施した蓋で覆った石棺に生きるがごとく、大事に敬われていたのが印象的であった。 尚、伝説「ゲノフェーファ」はドイツのアイフェル地方のラーハ湖周辺に起源を持ち、この湖一体周辺に伝説に絡んだ話が残っているそうだ。この伝説はヨーロッパ中に流布した伝説で、他の伝説にも影響を与えていると云われている。 グリム兄弟の『ドイツの物語』にも収録されている(Nr. 538)。 なぜか日本語には訳されていないと云う。 シューマンが完成・上演できた唯一のオペラ『ゲノフェーファ』でもある。 XXXXX  閉じる

    jijidaruma

    by jijidarumaさん(男性)

    その他の都市 クチコミ:35件

  • ≪ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの旅≫
    2016年10月14日(金)~10月28日(金)15日...  続きを読む
    第7日:10月20日(木) 118km、小雨・曇天、寒い一日7.0~11.5℃

    <Abtei Maria Laachマリア・ラーハ僧院>
    D-56653 Maria Laach
    http://www.maria-laach.de/
    14:00~15:40  

    Eifelアイフェル地方のMendigメンディヒという町があるが、その町から北4kmにあるLaacher See ラーハ湖の南西に立つBenediktinerklosterベネディクト派の僧院である。
    1093年から1216年、湖と共に在る僧院としてPfalzgrafen Heinrich II. von Laachプファルツ宮中伯ハインリヒ・ラーハ2世と妻Adelheidアーデルハイトによって建てられた。
    1859年、13世紀からの大回廊を改装した。見事な西の入口、いわゆる“パラダイス”はアルプスの北における唯一のものとして評価が高い。

    “パラダイス”の中央に“Loewenbrunnenライオン=命の泉”がある。6塔あるラーハ大聖堂はアーチ型のバシリカをもつ後期ロマネスク様式の僧院教会で、ドイツにおける最も素晴らしい建築の一つとされている。

    聖母マリアとミラの聖ニコライを祭る僧院教会には迫力ある聖母マリアとミラの聖ニコライを祭る僧院教会には迫力あるキリストのモザイク画のある大聖壇が見られ、聖歌隊席、キリスト教の歴史を描いたステンドグラス、聖画、円天井の聖母マリア、15世紀の夕べの祈り・ピエタ像、地下のKryptaクリプタなどなどが見られた。

    とりわけバジリカのガラスの中に、13世紀の僧院建設者であったプファルツ宮中伯ハインリヒ・ラーハ2世が木彫りを施した蓋で覆った石棺に生きるがごとく、大事に敬われていたのが印象的であった。

    尚、伝説「ゲノフェーファ」はドイツのアイフェル地方のラーハ湖周辺に起源を持ち、この湖一体周辺に伝説に絡んだ話が残っているそうだ。この伝説はヨーロッパ中に流布した伝説で、他の伝説にも影響を与えていると云われている。

    グリム兄弟の『ドイツの物語』にも収録されている(Nr. 538)。
    なぜか日本語には訳されていないと云う。

    シューマンが完成・上演できた唯一のオペラ『ゲノフェーファ』でもある。

    XXXXX  閉じる

    投稿日:2017/04/28

  • 心が落ち着きます

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/04(約5年前)
    • 0

    ヴィットリッヒを訪れたときに、少し遠出をしようと思い、マリアラーハ修道院に来ました。車で1時間半ぐらいで着きました。車がな...  続きを読むいと不便かと思います。湖が近くにあり、少し坂道を上ると修道院に着きます。中世の時代に建てられたとのこと、心が落ち着く雰囲気があります。  閉じる

    投稿日:2015/11/11

  • 火山湖の畔の中世の修道院

    • 4.5
    • 旅行時期:2004/02(約17年前)
    • 0

    マリアラーハは、ラーハ湖(Laachersee)の畔にある中世からある古い修道院。すぐ隣にはホテルも併設されているが、交通...  続きを読むの便が悪く、日本人はめったに見ない。
    Koblenz中央駅からKoeln/Bonn方面行きの列車に乗ってAndernach駅で降りて310番のバスに乗り換えるか、Andernach駅から更にKaisersesch行きの列車でMendig駅まで行き312番のバスに乗り換えるとMaria Laachへ行くことが出来ます。  閉じる

    投稿日:2008/04/18

1件目~3件目を表示(全3件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

マリアラーハ修道院について質問してみよう!

その他の都市に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • jijidarumaさん

    jijidarumaさん

  • マドレーヌさん

    マドレーヌさん

  • 近鉄バッファローズさん

    近鉄バッファローズさん

PAGE TOP