1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. モンゴル
  5. ウランバートル
  6. ウランバートル 観光
  7. チンギス ハーン像テーマパーク
ウランバートル×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

チンギス ハーン像テーマパーク Chinggis Khaan Statue Complex

文化・芸術・歴史

ウランバートル

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

チンギス ハーン像テーマパーク https://4travel.jp/os_shisetsu/10161521

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
チンギス ハーン像テーマパーク
英名
Chinggis Khaan Statue Complex
住所
  • Nalaikh, Mongolia
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  1. 観光
  2. エンターテイメント
  3. テーマパーク・動物園・水族館・植物園

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(5件)

ウランバートル 観光 満足度ランキング 6位
3.24
アクセス:
2.88
個人ツアーで行きました。公共交通機関は不明です。 by riverwillさん
コストパフォーマンス:
3.25
入場料は400円弱ぐらいで安いです by riverwillさん
人混みの少なさ:
2.88
冬場だったので、割と閑散としていました by riverwillさん
展示内容:
3.50
モンゴル帝国の歴史、この騎馬像建設のVTRなど結構面白いです by riverwillさん
  • 建物の中には博物館とお土産店もある

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/06(約2年前)
    • 0

    タクシーをチャーターして、テレルジへ行った帰りに立ち寄りました。
    何もない草原の中、ここだけが観光地化されていて驚きまし...  続きを読むた。
    巨大なチンギスハーン像ですが、建物の中にはお土産店が数軒ありましたし、地下は博物館になっていました。建物の中に入っても見どころは多かったです。
    チンギスハーン像の前の駐車場には、子供用のカート乗り場があったり、観光用の鳥がいたりして、観光地らしい風景に出会えた感じでした。  閉じる

    投稿日:2018/10/07

  • ウランバートル郊外の広大な敷地に、突如現れる巨大なチンギス・ハーン騎馬像。
    高さは30m、台座部分だけでも12mと言われ...  続きを読むるので、遠くからでも一発で分かります。

    というか、
    周りには本当に何もありません。
    大草原にポツンとあります。
    夏場はツーリストキャンプ用のゲルが200以上立ち並ぶようですが、
    冬場は数えるほど。閑散としています。

    屋外には、騎馬隊のかっこいい銅像が立ち並んでいます。
    客寄せ用の鷹匠もいました。

    博物館には、ギネスブックにも載った超巨大なモンゴル伝統ブーツが展示されてます。
    その横には、チンギス・ハーンがこの地を拠点に勢力を拡大したと言われる
    きっかけでもある「馬のムチ」が展示されています。
    (あくまでもレプリカです。巨大すぎるし)

    地下が博物館になっていて、騎馬像建設の一部始終をVTRで見られる視聴コーナー
    モンゴル大帝国の歴史や歴代ハーン(王)の肖像画が展示されています。

    また、館内では当時の王族の衣装や騎馬民族の伝統衣装などを
    コスプレできるサービスがあり、地下で記念撮影できます。

    規模の割には盛りだくさんです。

    個人的には、
    「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した騎馬王国ローハンの騎士を想起させるものが多く、ファンとしては興奮しました。
      閉じる

    投稿日:2017/03/31

  • ウランバートルから東へ50数kmの草原の只中にあるチンギス・ハーン像テーマパーク。
    遠くからでも、馬にまたがった姿のチン...  続きを読むギス・ハーン像が見えてきます。
    像の高さだけでも40mあるのに、12mの高さの台座に乗っているため、突如として草原に降り立ったかのように見えてシュール。

    ゲートをくぐった所にある駐車場から、緩い石段を上って台座下にある入口へ。
    チケットは7000トゥグリク(約311円)。
    ゲート内に入っても、台座に入らずに像の外観や周辺の景色を眺めるだけだと無料です。

    台座内には、遊牧民の生活やチンギス・ハーンに関するちょっとした博物館、お土産店、カフェ・レストラン、民族衣装に着替えての記念撮影店なども入っています。
    まだ新しい設備でとても清潔。
    夏には冷房も入っていてホッとする涼しさ。

    像の途中まで上るエレベーターもあり、気候・天候が良ければ展望台になっている馬の首部分にも出られます。(チケットに込み)
    ここからだと周辺の草原のほか、チンギス・ハーン像のお顔もすぐ目の前。
    像の周辺の草原には、これからはホテルなどの建設が予定されているそうです。

    ウランバートルからチンギス ハーン像テーマパークへ直接行く公共の交通機関は、2016年8月上旬現在時点では気づいた限りでは無いようでした。
    私はAdventure Rider LLCという旅行社で一人用のプランを相談し、ウランバートル郊外のダンバダルジャー僧院+テレルジの亀石とアリアパラ・メディテーション・アンド・イニシエーション・センター+エルデネ村のチンギス・ハーン像テーマパーク+亀石そばでの昼食や各地での入場料・通行料込みで130米ドル。
    10:00にウランバートルのホテルでピックアップしてもらい、帰着は17:30。
    同性(女性)の英語が話せる運転手さん兼ガイドさんと一緒の専用車で快適でした。  閉じる

    投稿日:2016/08/26

  • 巨大なチンギスハーン像がかなり遠くからでも見ることが出来ます。逆に、像は展望台になっていて、遠くまで見渡せます。何故か観光...  続きを読む客は西洋人が多く、日本人は数えるほどでした。(どして?) お土産やさんもあり、デパートやホテルのお土産やさんでは売っていないものもあり、あの時買っておけばよかった・・・と後悔しました。。  閉じる

    投稿日:2015/02/23

  • 今日のモンゴル紹介はウランバートル市内から南方にあるチンギスハーン村です。ウランバートル市内から20キロ離れているJARG...  続きを読むALANT谷に位置しています。(チンギスハーン空港のすぐそばです。)ここは1778年に一番最初に歴史的に保護された地域です。この村はチンギスハーン時代を思いださせてくれ、乗馬も出来て、ミニナーダムも楽むことができます。またこの村は冬でもオープンしています。レストランゲルの中は、天井のいたる所動物のが毛皮でいっぱい飾られていて、モンゴル人の私もびっくりさせられました。食堂内の椅子、机なども普通のサイズより大きく便利です。食器も全部銀で出来ています。モンゴルでは銀の食器を使えば、毒をなくすといわれています。レストランの正面には悪を除くモニュメントが飾られており、ちょっとしたテーマパークみたいです。  閉じる

    投稿日:2007/04/18

1件目~5件目を表示(全5件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

チンギス ハーン像テーマパークについて質問してみよう!

ウランバートルに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • akiko_03さん

    akiko_03さん

  • riverwillさん

    riverwillさん

  • SUR SHANGHAIさん

    SUR SHANGHAIさん

  • ちゃりさん

    ちゃりさん

  • 地図子さん

    地図子さん

PAGE TOP