旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ミュンヘンのレストランのドレスコードについて

  • ミュンヘンのレストランのドレスコードについて いつでも

    • 投稿日:2019-03-14
    • 回答:6

    受付中

    以前フランスではかなり厳しいドレスコードに泣かされて、断念した経験があります。
    ドイツは若干オープンな感じとは聞きますが・・・
    ある程度の格式あるレストラン経験者の方々よりのご意見を頂戴できましたら幸いです。

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    けい33さん

    けい33さん

ピックアップ特集

回答 6件

  • 回答日:2019-03-15

    けい33さん、
    こんにちは。

    私共の旅はまず、ドイツの地図から、観光街道を知り、街道と世界遺産や歴史的な名所と古城をつなげて、旅の行程を企画する事から始めます。
    その道すがら、様々な古城ホテルに宿泊し、グルメレストランでの食事の機会が加われば、更に魅力は増し、一段と楽しい旅になりますから、それに沿った企画をします。

    格式あるレストランと言えば、„一応の指標”であるミシュランがありますが、ドイツの各地(大都市だけでなく)、観光地や名前も知らない田舎の町にもそれらのレストランが点在しています。田舎町をレンタカーで走る旅を好んでいますから、そうしたレストラン(1星〜3星まで凡そ30店)を楽しみました。
    ミシュランですから、フランスが店の数が多いのは当然ですが、かつて料理が不評であったドイツ、イギリスが今は健闘しています。

    さて、ご質問のドレスコードは皆さんが書かれている如くですし、格式あると称されるレストラン(ミシュランの星付きでなくとも)に行く事は、例えば上司の家に招かれて出かけるようなもので、気持ちの上で一種の身構え(言わば緊張感)が必要かと思います。
    私は旅の期間中(15日間)、もう年代物にはいる紺色系のジャケット1着(旅行中でもありスーツは不要)、白のYシャツ、ネクタイ1本、家内は適宜紺色系のワンピース、白のジャケットなどを持参します。季節やレストランの所在地(客層)からネクタイをする、真珠のようなものを付けるといった工夫があるとしても・・・、それだけでレストランに臨む気分になります。
    要は他から見てもきちんとしたもので、華美でなく、シックな装いであれば、十分かと思います。
    私共はレストランでこのスタイルで行くと、幸いにもまず上席に案内され、スタッフからも丁寧な対応を受け、不快な思いをしたことがありません。

    確かに、ドイツでも近年、団体客、旅行客やホテル滞在者がカジュアルなスタイルでレストランに来られる方も見うけられますが、明らかな対応(区別)をされています。

    格式あるレストランはまず予約客か、店に相応しい客かをその姿を見ながら判断し、レストラン内の上席に案内するかを決めています。スタッフの対応まで、多分それで違ってくるでしょうね。
    座る席だけで、気分も良く、落ち着けて、お店の雰囲気や料理も楽しめ、旅の楽しい体験になると思います。

    レストランのHPがあれば、内容(店内、料理、値段)を閲覧・予習(笑)し、予約をしてから、予約時間にお出かけください。もしワインを注文される(勿論ワインにくわしくないのなら、スタッフに聞く)なら、ドイツのものを選ぶと、安くて、美味しいものにありつけるでしょう。

    良い旅を!
    jijidaruma

    問題のある投稿を連絡する

    jijidarumaさん

    jijidarumaさん

  • 回答日:2019-03-14

    ドレスコードのあるレストランは、食事だけでなく雰囲気を楽しむことも重要な要素になっており、それを目的に行く人も少なくありません。場の雰囲気にそぐわない服装の人は、店だけでなく他のお客への配慮に欠けると受け止められますので、それなりの服装で行く方が自分も楽しめます。旅行中はどうしても服装に制約があるので、男性であればyamada423さんが言われているように、ジャケットと襟付きのシャツ程度で大丈夫ですが、ネクタイくらいは荷物にならないでしょうから、一本持参するといいです。女性は堅苦しく考える必要はなく、余程の高級レストランでなければ、カジュアル過ぎないものであれば大抵OKです。適当な服装でないと受け止められると、出入り口近くのテーブルに案内されたりします。それなら結構と帰ることも出来ますが、折角の機会を逃すことになります。ドレスコードのあるレストランなんかとは言わず、それを楽しむくらいの気持ちがいいですよ。ドイツも今では以前ほど厳しくはありませんし、旅行客であることが分かれば柔軟に対応してくれることもありますから、それほど心配することはありません。

    問題のある投稿を連絡する

    Rolleiguyさん

    Rolleiguyさん

  • 回答日:2019-03-14

    こんにちは

    ドレスコードはその場の楽しい雰囲気を作るためのルールのようなもので、周囲の客に対する思いやりのようなものと思います。(男性の私の個人的な見解です)
    食事代が100ユーロ程度ならスマートカジュアル(男性は襟付きシャツとジャケット)、それ以下ならばカジュアルでよいと思います。
    「ジーンズで問題なかった」という記事は観点が異なり、参考にしないほうがよいと思います。

    高級レストランのドレスコードがどうなのかわかりませんが、シュトットガルトのベンツ
    を訪問した時に招待されたレストランでの服装の写真を見ると、ドイツのエンジニアたちは仕事中とは異なり、けっこうお洒落をしています。食事を楽しむためのマナーなのでしょうね。下記は6月末の夕方なのでジャケットは脱いでいる写真です。
    https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/19/30/44/src_19304411.jpg?1281578589
    左端のピンクのシャツのおじさんと緑のお兄さんはベンツの関係者(エンジニア)です。
    https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/19/30/44/src_19304414.jpg?1281578589
    両社のメンバーが揃って夕日を眺めている。どの顔も夕日とワインでうっすらとピンクに染まっている。
    https://4travel.jp/travelogue/10467662

    ドイツではありませんが、ホテル ザッハーウィーンのレストランのドレスコードは下記です。
    Restaurant "Rote Bar" Hotel Sacher Vienna
    Dresscode: Smart casual or business attire スマートカジュアルまたはビジネス正装
    https://www.sacher.com/en/hotel-wien/culinary-en-2/restaurant-rote-bar/
    5星ホテルのメインダイニングでのディナーならばスーツとタイが無難と思います。

    yamada423


    問題のある投稿を連絡する

    yamada423さん

    yamada423さん

  • 回答日:2019-03-14

    すみません。ミュンヘンでなく、ドイツで、でした

    問題のある投稿を連絡する

    たびともさん

    たびともさん

  • 回答日:2019-03-14

    ミュンヘンで 男性なら ジャケット、ノータイで かなりのところに いけるとは 思います。

    それに ドレスコードがある レストランも 少ないし。
    フランスよりは かなり ゆるいとは 思いますが タイは 荷物にならないから 一本入れといてもいいのでは?

    女性なら テロンとした 素材のワンピースですね。色は濃紺系で、アクセサリーを はなやかな 光り物、綺麗なスカーフなどで、差し色にしてアップグレードすれば いいですね。
    一つ、どんなに高いビンテージものの ジーンズでも ドレスコードがいるような お店は ダメと 聞きました。
    たとえ、断られなくても ジーンズなら 安物でも いいから、見た目、普通のパンツが 格式に あうらしいです。

    ただ、フランスや オーストリア、イギリスは 結構服装に 厳しめの 国だと 思いますが、【ドレスコードがいるような お店どうし 比べたら】ドイツ、スイス、イタリアなどは そこに 比べたら、ゆるい目だと 思います。

    美味しい いい お店だったら、旅行記、クチコミ たのしみに していますね。

    問題のある投稿を連絡する

    たびともさん

    たびともさん

  • 回答日:2019-03-14

    ドレスコートがいるようなレストランなど 行ってもおいしいものが食べれるわけではないのですよ

    ただでさえ、ザックの中身が増えるのに、レストランに行くためだけのために、かさばる衣類もっていくのは大変なのではないでしょうか?


    ビジネスやプレゼンの為に渡航するのでないのならば、カジアルな店のほうが入りやすいと思いますよ

    問題のある投稿を連絡する

ドイツのグルメ・レストラン カテゴリー別〜 クチコミ・Q&A等の情報をまとめたページです