トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

本当に喜ばれるベトナムのお土産おすすめ15選!お菓子から雑貨まで

ショッピング 2018/07/26

4travel.jp

フォートラベル編集部

ベトナム観光で難しいのがお土産選び。価格も質もお店によってピンキリですし、エッジが効き過ぎて日本人の好みに合わないものもあります。今回は、本当に喜ばれる、という視点でベトナムのお土産をピックアップ。ベトナム感があって、ちゃんとおいしい食べ物、実用的でかわいい雑貨などを紹介します。

※2018年現在のレートは1円:200~220ドンですが、この記事ではわかりやすくするため、1円:200ドン、下1桁切り下げで計算しています。

本当に喜ばれるベトナムのお土産を紹介!

1. インスタントコーヒー

ブラジルについで世界第2位のコーヒー産出量を誇るベトナム。G7はベトナムの高級コーヒーチェーン「チュングェン」が展開するインスタントコーヒーブランド。価格も安く、スーパーなどでも売っているので買いやすいです。ちなみに、ベトナムのインスタントコーヒーのパッケージに表記されている3in1の3は、コーヒー、砂糖、ミルクの意味。1杯分ずつ個装されているものが多くばらまき用に最適ですが、甘いコーヒーが苦手な人もいるので、ブラックを買って行って、後から好みで砂糖を入れてもらうようにするのが無難でしょう。

価格目安:インスタントコーヒー20パック 約45,000ドン(約220円)

2. ハス茶、ジャスミン茶などお茶

ハス茶やジャスミン茶もベトナム土産の定番。インスタントコーヒー同様、スーパーなどにも置いてあり買いやすいです。ハス茶、ジャスミン茶はともに基本的には緑茶で、ハスの香りをつけたものをハス茶、ジャスミンの香りをつけたものをジャスミン茶と呼びます。美容効果が期待できるので、女性へのお土産にぴったりです。

価格目安:ハス茶、ジャスミン茶25パック 約30,000ドン(約150円)

3. ドライフルーツ

マンゴー、ドラゴンフルーツ、キウイなどフルーツのイメージも強いベトナム。フルーツをそのまま日本に持って帰ることはできませんが、ドライフルーツであれば可能です。ただし、ブランドや店によってクォリティに差があるので、可能であれば試食をしてから買うようにしましょう。市場であれば試食できる店が多いです。値段もブランドや店によって差が出ます。

価格目安:ドライフルーツ1g当たり 約400~1,000ドン(約2~5円)

4. ケオ・サップ・コム

ベトナムの定番お菓子「ケオ・サップ・コム」は、ゴマやナッツを固めたキャラメルウエハースです。キャラメルの甘さとウエハースのサクサク感がクセになるお菓子で、甘党へのお土産にぴったり。スーパーなどでも売られているので買いやすいのも特徴です。

価格目安:ケオ・サップ・コム1袋12枚入り 約15,000ドン(約70円)

5. サイゴン娘ココナッツクッキー

印象的な形をしたサイゴン娘クッキーは、個包装になっているため職場でのばらまきにぴったりのお菓子です。ココナッツのやさしい味とかわいいフォルムは女性へのお土産にぴったりと言えますし、それほど甘さが強くないクッキーとして男性へのお土産にも適していると言えるでしょう。スーパー、お土産店、空港などあらゆるところで購入することができます。

価格目安:サイゴン娘ココナッツクッキー12個入り 約50,000ドン(約250円)

6. ココナッツキャンディ

ココナッツキャンディという名称ですが、ココナッツ生キャラメルと言った方が印象は近いかもしれません。フレーバーも種類があるので、特定の人に渡すのであればその人が好きそうな味を、職場のばらまき用であれば複数のフレーバーが入っているものを購入してもいいでしょう(ただしドリアンは日本人の好みに合わないことが多いので注意)。また、ホーチミンで定番のオプショナルツアー、メコンデルタツアー(メコン川クルーズ)に申し込むと、ココナッツキャンディ工場見学が含まれていることが多いです。製作過程を見ることができ、作り立てを購入することもできます。あらかじめスーパーのものなどを食べておくと違いがわかって面白いです。

価格目安:ココナッツキャンディ40個入り 約30,000ドン(約150円)

7. 高級チョコレート

質の高いベトナム産のカカオを使用した高級チョコレートも人気のお土産。なかでもカカオ70%以上のダークチョコレートが基本フレーバーの「MAROU」と、キャレタイプ(ひと口サイズ)でカカオ36%~65%全18種のフレーバーを扱う「Pheva」は人気ブランドです。Pheva店舗
ホーチミン、ハノイにある「MAROU」の直営カフェと、ホーチミン、ハノイ、ダナン、ホイアンにある「Pheva」の直営店はいずれもおしゃれで、観光で行く価値もあります。

価格目安:MAROUチョコレート24g 約50,000ドン(約250円)、Phevaチョコレート12枚入り 約80,000ドン(約400円)

8. インスタントフォー

スーパーに行くと、たくさんの種類が陳列されているインスタントフォー。どれを買うか迷ってしまいますが、お土産にイチオシなのがVIFONの「Hoang Gia」。インスタントフォーの相場は1パック約6,000ドンですが、「Hoang Gia」は倍の約12,000ドン。と言っても、日本円にしたら約60円なので、そこまで負担になる高さではないでしょう。具材はレトルトパックに入っており、スープもかなり本格的。約30円の差以上のクォリティの差があります。

価格目安:VIFON「Hoang Gia」1パック 約12,000ドン(約60円)

9. ライム塩コショウ

パッケージには英語でLemonと表記されていますが、ベトナムのレモンは、日本のライムにあたります。魚にも肉にも合う調味料なので、料理をする人へのお土産にすると、ほぼ確実に喜ばれる安定感抜群の一品。売っている場所も多く、困ったらこれを買っておけばいいでしょう。

価格目安:ライム塩コショウ80g 約7,000ドン(約35円)

10. ベトナム刺繍巾着

刺繍巾着を購入する際に重要なのが購入場所。ホーチミンで買う場合は、基本的には、ドンコイ通り、ベンタイン市場のどちらかになります。ざっくりと、ドンコイ通りのお店は相場と同程度の価格で販売されており、値切ってもあまり安くならない、ベンタイン市場のお店は相場より高い価格で販売されているものの、まとめ買いや値切り交渉で安くなりやすい、という特徴があります。まずはドンコイ通りのお店に行って、相場を把握するのがいいでしょう。トンボタンポポというお店は日本語が通じるのでおすすめです。

価格目安:刺繍巾着1枚 約20,000ドン(約100円)

11. バッチャン焼

ハノイの中心地から約13km、ソンホン川沿いにあるバッチャン村で作られたバッチャン焼は、素朴なデザインが特徴の陶器です。バッチャン村は、約5,000人の人口のうち約90%が陶器作りに従事しているまさに陶器の村。村に行く余裕があるのであれば、ハノイのロンビエンバスターミナルからバスで行くのがいいでしょう。行く余裕がないのであれば、ハノイのハンザ市場地下、あるいはホーチミンのトロピックで購入するのがおすすめです。

価格目安:小皿 約10,000~30,000ドン(約50~150円)、コーヒーカップ 約40,000~60,000ドン(約200~300円)

12. ランタン

世界遺産の街ホイアンに行った際に購入を検討したいのがランタン。アジアンテイストが好きな方のインテリアにぴったりです。ホイアンのナイトマーケットでは、多くの店がランタンに明かりを灯しますので、豊富な種類の中から好みのランタンを探すことができます。

価格目安:ランタン小 約10,000ドン(約50円)、ランタン特大 約160,000ドン(約800円)

13. サンダル

日本と比べて価格が安いところがうれしいベトナムサンダルは、女性へのお土産におすすめです。ホーチミンであればドンコイ通り、ハノイであればニャートー通りにサンダルを売っているお店が多くあります。なかには質が悪いものもあるので、購入前に紐が切れないか、装飾が取れないかなど確認するといいでしょう。

価格目安:サンダル 約50,000~120,000ドン(約250~600円)

14. かごバッグ

ベトナムお土産の定番の1つ「かごバッグ」。ドンコイ通り周辺に扱っているお店がいくつかありますが、なかでもおすすめなのは「ゴック フエン」と「ハッパーズ」。低価格でそこそこの品質なら「ゴック フエン」、高価格高品質なら「ハッパーズ」と使い分けるといいでしょう。「ゴック フエン」はまとめ買いをするとさらに安くなる可能性があります。

価格目安:かごバック 約80,000~400,000ドン(約400~2,000円)

15. オーダーメイドの服

既製品とほぼ変わらない値段でオーダーメイドの服を作ることができるベトナム。製作日数の目安はワンピースであれば翌日仕上がり、コートであれば翌々日仕上がりになります。日本語のできるスタッフがいる店といない店があるので、いる店を選ぶのがおすすめ。以下は、日本語のできるスタッフがいる代表的な店舗です。

ホーチミン・ドンコイ通り周辺:エムエムココウサギチチ テイラーザッカ
ホイアン:ヤリー ファッション タウン

価格目安:ワンピース 約800,000ドン~(約4,000円~)

ベトナムのお土産選びに迷ったらこのお店!

ホーチミン / ラッキープラザ(スーパーマーケット)

クチコミ:日本人観光客多いです

samy14さん

ドンコイ通りにあって気軽に寄れるスーパーマーケット。お土産物もありますし、食料品なども豊富です。値段もコープマートよりも安いものが多い印象です。日本人観光客の方がいつも多く、1階から2階は衣料品を中心にお土産物屋さんもあります。もっと見る

ハノイ / アジサイ(お土産店)

クチコミ:日本人向けの安心お土産ショップ

とりあえず生中でさん

ハノイ大教会前のNha Chung通りを左(南側)に曲がって少し歩いたところにあります。店員さんは皆さん日本語が堪能な方ばかりですし、日本語の丁寧なポップがいたるところにあり、価格も明記され、日本にいるような感じで買い物ができるお店です。価格は少し高めのようですが、その分しっかりした質の良い品々です。もっと見る

ダナン / ホアリー(雑貨セレクトショップ)

クチコミ:こじゃれたお土産が買えました!

ぶどう畑さん

日本人がオーナーの店だけあって、刺繍のあるサッシェに蓮茶、コーヒー、ココナッツクッキーが入っているセットがありました。刺繍のポーチなどは、お土産として喜ばれるのか考えてしまいますが、このセットだったら気軽に贈れます。また、蓮の花茶の小さい箱も、ちょっとしたお土産によかったです。お薦めのお店です!もっと見る

お土産選びにおすすめのスポット

ホーチミン / ベンタイン市場

クチコミ:賑やかなマーケット

Tuboさん

食料品から衣類まで売っていて、いつも賑わっているマーケットです。お店によっては値切りに応じてもらえませんが、店員さんとの会話も楽しめます。種類豊富なので、お土産はここで大体揃うかと思います。ベトナムの熱気を感じる事も出来ます。もっと見る

ホーチミン / ドンコイ通り

クチコミ:安心してあるけるメイン通り

七味さん

雑貨や土産物店・マッサージの店・レストラン・カフェなどが続いている買い物の拠点となる通りです。女性ひとりでも安心して歩ける通りで、ひととおりの土産物の買い物ができます。もっと見る

ハノイ / ドンスアン市場

クチコミ:安く買えます

流離人さん

服や雑貨、お土産品、食べ物などが売られています。フルーツ盛り放題の屋台はなかなかよかったデス^^どのお店も定価表示をしているので買い物しやすいですが、そこから負けてくれることが多いので、ほとんど意味がない気がしましたけど(^_^;)お土産物で同じものや似たようなものなら、店舗のお土産物屋で買うよりも安いと思いました。あと現地の方にスリが多いのでリュックは前にしたほうがいいといわれました。もっと見る

ホイアン / ナイトマーケット

クチコミ:毎日がお祭りのような賑やかさです。

ともちんさん

日が沈んだ夕刻からは乾いた風が大変心地よくナイトマーケットにも沢山の人が繰り出していました。店先のあちこちに飾られた色とりどりのランタン。お土産屋さんにたくさん飾られたランタンの明かりがまた一種独特な世界に誘ってくれるようでした。川沿いにはたくさんのカフェ、レストラン、バーも立ち並びナイトマーケットに華を添えていました。ナイトマーケットの営業時間は比較的短く、9時を過ぎるとほとんどのお店が片付けモードに入っていました。始まりは夕方6時過ぎくらいです。もっと見る

ベトナムのおすすめお土産いかがでしたか?

今回はベトナムのおすすめお土産を紹介しましたが、観光スポット情報を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

ベトナムのおすすめ観光地21選!ホーチミン・ハノイを中心に紹介!

欲しいお土産が見つかったら、ベトナムへの旅を計画してみませんか?ベトナムのお得なツアーを探す※満足度の評点や施設データ、料金などは、配信日時点のものになります。

この記事で紹介しているエリア

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP