トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

世界遺産、絶景など! イタリアのおすすめ定番観光スポット18選

世界遺産、絶景など! イタリアのおすすめ定番観光スポット18選

photo by mikichanさん

4travel.jp

フォートラベル編集部

イタリアは、多くの人が憧れる旅先です。すぐに行ける場所ではないからこそ、旅行をしたならベストスポットは必ず押さえたいですよね。そこで、定番の名所ばかりを集めた「イタリアのおすすめ観光スポット18選」をお届けします。訪れる際のポイントも記載しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

イタリアの定番観光スポットをご紹介!

1. コロッセオ / ローマ

『グラディエーター』や『ベン・ハー』など、「コロッセオ」を舞台にした映画が数多くあり、完成から2000年近く経つ今も人々の心をつかんでいるローマきっての観光名所。ローマ市内にある地下鉄やバス、美術館で使える「ローマパス」を購入しておくと、列に並ばなくても入場できます。また、現地で入場券を購入する場合、コロッセオ側のチケット売り場よりも「フォロ ロマーノ」側の方が短時間で購入できます。近くには「コンスタンティヌスの凱旋門」もあるので、こちらもあわせてご覧ください。

クチコミ:古代の競技場

クロベーちゃんさん

ローマに行ったら外せない有名観光スポット。イタリアツアーで訪問し内部の観光も出来ました。美術品が有る訳では無いのにかなり厳しいセキュリティチェックを受け入場します。天気に恵まれ太陽光線に照らされたコロッセオは、眩しいくらい輝いていました。もっと見る

2. トレヴィの泉 / ローマ

ローマにある噴水のなかでもっとも知名度が高い「トレヴィの泉」。右手でコインを持ち、泉に向かって後ろ向きになり、左肩越しにコインを投げ入れると、再びローマの地を訪れることができるという伝承も有名ですね。1732年の着工から、完成までの期間は約30年。2014年には世界的有名ブランド「FENDI」がスポンサーとなり、大掛かりな修復が行われました。泉は夜間もライトアップされているので、24時間いつでも見ることができます。しかし、常に多くの観光客でにぎわっているため早朝がベストタイミングかも!

クチコミ:予想していたより大きい

西のマーガレットさん

人が多いところと聞いていたので、スペイン広場に6時半に行った後、トレビの泉に来ました。7時半前でした。まだ人が少ないので、好きなところから自由に写真が撮れるし、コイン投げもできました。行くなら朝一番がいいですよ。もっと見る

3. スペイン広場 / ローマ

映画『ローマの休日』で、オードリー・へップバーン扮するアン王女がジェラートを食べていたのが、この「スペイン広場」の階段です。残念ながら、現在は飲食禁止となっているのでご注意ください。近くにスペイン大使館があるという理由から、スペイン広場という愛称が定着したのだとか。階段をのぼった先にある「トリニタ デイ モンティ教会」まで行くと、「舟の噴水」からまっすぐ伸びる「コンドッティ通り」を眺めることができます。こちらも人がいない時間帯を狙うなら早朝がベストです。

クチコミ:ローマの休日でおなじみ。

ばらみーさん

ローマの休日で有名なロケ地。老若男女、いろんな人がたくさんです。日本の観光ツアーの御一行様にも出会いました。薔薇を売りつける詐欺のおじさんもいたので注意。街歩きの休憩がてら、階段に腰かけて景色を眺めておりました。とても贅沢な時間をすごした気がします。階段を登って高台からはローマの街がパノラマで楽しめます。もっと見る

4. フォロ ロマーノ / ローマ

古代遺跡「フォロ ロマーノ」は、古代ローマの政治や宗教、市民の生活の中心だった場所です。想像以上に敷地が広いので、全体を見るか、有名な遺跡だけをチェックするか事前に決めておくとよいでしょう。南側に位置するのは、古代の高級住宅地跡「パラティーノの丘」。ここからは「フォロ ロマーノ」を一望できます。また「コロッセオ」「フォロ ロマーノ」「パラティーノの丘」は共通チケットとなるので、時間に余裕のある方、遺跡が好きな方は、3か所すべて訪れるのもおすすめです。

クチコミ:遺跡好きには必見。

みかんさん

コロッセオに隣接しているし、共通チケットはここで買うのがお奨め。コロッセオを見た後、人々は流れてくるようで、パランティーノの丘の入り口は行列でした。かなり広いので、要点を絞って見るのが良いと思います。南側の出口から出て、カピトリーノ美術館へ行く坂道からの景色が絶景♪もっと見る

5. バチカン市国 / ローマ

カトリックの総本山で、世界最小の独立国家「バチカン市国」はローマの中にあります。東京ディズニーランドよりも小さな国ですが、1日では足りないほど見どころが満載。「サン ピエトロ大聖堂」のクーポラ(球状の屋根)からは、バチカン市国を見渡すことができ、内部にはミケランジェロ作の美しいマリア像『ピエタ』があります。ほかにも、大聖堂に隣接する「システィーナ礼拝堂」や、世界最大級の美術コレクションを誇る「バチカン美術館」など、足を運びたい名所ばかり。ローマに訪れたらぜひバチカン市国へ!

クチコミ:1度ならず訪れる価値がある。

ゆうさんさん

見どころとしては、サン・ピエトロ大聖堂、広場、ヴァチカン美術館が挙げられるでしょう。ただ、どれも時間をかけてゆっくり見る価値のあるものばかりで、手短にパパっと訪れたたけでは、その真の価値は分からないかもしれません。世界一小さな国ですが、多くの観光客が訪れています。そういった熱気に包まれながら、色々な楽しみ方をしてもらえればと思います。もっと見る

6. ドゥオーモ (フィレンツェ) / フィレンツェ

“花の都”と呼ばれているフィレンツェの象徴。正式名称は「サンタ マリア デル フィオーレ大聖堂」です。白、ピンク、緑の大理石で彩られた外観と、レンガ造りのクーポラが特徴。完成までに約172年もの歳月がかけられました。大聖堂の内部には、旧約聖書の『最後の審判』のフレスコ画があり、その美しさは外観に負けず劣らず。クーポラの外からは、フィレンツェの街並みを360度見られるようになっています。また「ジョットの鐘楼」からは、大聖堂のクーポラを入れたベストショットが撮れます。ただし、ドゥオーモにも鐘楼にもエレベーターはありません。チケットは事前にネット予約をすると入場時間を指定することができますよ。

クチコミ:フィレンツェといえば

まりころんさん

フィレンツェのドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。本当に、いつ見ても素敵です。内部も見どころが多いですし、クーポラに登るのも、おすすめです。観光のハイシーズンには、特に中に入るのに長い行列になるので、朝一番とか時間を考えて行くといいと思います。日によって、締まる時間が異なるので、時間切れにならないように注意です。もっと見る

7. ウフィツィ美術館 / フィレンツェ

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなど、多くの芸術家のパトロンだった銀行家・政治家のメディチ家。そのメディチ家の事務局(ウフィツィ)だったのが「ウフィツィ美術館」です。コの字型の美しい外観が特徴。中には名だたる芸術家の作品がズラリと並びます。ボッティチェリの『春』『ヴィーナス誕生』、シモーネ・マルティーニの『受胎告知』、ラファエロの『ひわの聖母』など、教科書に載っていた名作ばかり。ゆっくり見ると1週間はかかると言われていますので、事前に見たい作品をピックアップして効率的に回りましょう! 作品は写真撮影できます。

クチコミ:優先入場チケットを・・・

チュンチュ319さん

今回は、優先入場チケットを事前予約していたので長蛇の列をスキップして入場出来まました。日本語オーディオガイドを聞きながら自分のペースでボッティチェッリ、ダ・ヴィンチなどの名作をゆっくり鑑賞することができ時間を有効に使う事が出来ました。もっと見る

8. ミケランジェロ広場 / フィレンツェ

フィレンツェを一望できる場所、そしてフィレンツェの夕日スポットとして人気なのが「ミケランジェロ広場」。ドゥオーモから歩いて30分ほどです。徒歩で広場まで向かえば、「ヴェッキオ橋」などフィレンツェの見どころを堪能できます。ただし、坂道や石畳が続くので歩きやすい靴が必須。また、ドゥオーモ最寄りのSMN(サンタ マリア ノヴェッラ)駅からは、約15分間隔で市内バスが出ています。切符は、往復分の購入をおすすめします。なお、広場の中央にあるダビデ像はコピー。本物は、フィレンツェの「アカデミア美術館」に収蔵されています。

クチコミ:フィレンツェの街を一望できます。

Kottpojkenさん

フィレンツェの中心部から少し南に移動するとある広場です。坂があるので来る際には、バスで来るといいかもしれません。フィレンツェのシンボルのドゥオーモ等を一望できる素敵な場所です。街中もいいですが、こちらも楽しいですよ!もっと見る

9. サン マルコ広場 / ベネチア

皇帝ナポレオンが「世界一美しい広場」と絶賛したという逸話が残っている「サン マルコ広場」は、ベネチアの中央にあります。広場には「サン マルコ寺院」や「ドゥカーレ宮殿」、「コッレール博物館」などベネチアの名所が隣接しているため、多くの観光客が集う場所となっています。ここでのおすすめは、広場にある「鐘楼」。この見晴らし台にはエレベーターで行けますので、美しいベネチアの街をぜひ堪能してください。混雑状況にもよりますが、所要時間は1時間程度。入場チケットは、公式サイトから予約できます。なお、“アックア・アルタ”と呼ばれる高潮の時は、広場が水に浸かっている場合もあります。ベネチアへ行く際は、長靴を持っていくか、現地で購入できるお店を検索しておくとよいでしょう。

クチコミ:ヴェネツィアに来たからには行かねば!

meryさん

サンマルコ寺院・鐘楼・回廊に囲まれた美しい広場です。時間帯によって雰囲気が変わるのもポイント。おすすめは日が完全に沈みきる前の18時半~19時頃。青い空とライトアップがいい感じの雰囲気を醸し出しています。もちろん日中でもきれいだと思うので、ぜひ訪れてみてください。もっと見る

10. サン マルコ寺院 / ベネチア

ベネチアの守護聖人である聖マルコをまつるために建てられた寺院です。外観の華やかさもさることながら、内部の黄金のモザイク画も豪華絢爛のひと言。また、有料エリアにある宝石細工の「パラ・ドーロ」は、ぜひ見ていただきたい芸術品です。入場無料なので長蛇の列ができていますが、列をスキップできるチケットも販売されています。時間を有効活用したい方にはおすすめですよ。寺院は、服装チェックがあるので、露出が激しい格好は控えるようにしてくださいね。

クチコミ:素晴らしく美しい

まりころんさん

外観も素敵ですし、内部も金ピカのモザイクなどなど、豪華な様子が見られます。いかにもヴェネツィアらしいモチーフもあります。そこまで巨大な建物ではないので、中を見学する時間は、それほども、かからないと思います。冬場以外の時期などは、長い行列ができますので、あまり時間がない方は、事前に予約していくといいと思います。もっと見る

11. リアルト橋 / ベネチア

「カナル グランデ大運河」にかかる白い大理石で造られた「リアルト橋」。もともと商業で栄えたエリアなため、現在も橋の周辺にはカフェやレストラン、お土産屋などがあり、活気あふれる場所となっています。フォトスポットは、橋の中央。ここからの眺めが一番ベネチアらしいと言われています。また、夕暮れ時には、ゴンドラに乗ってベネチアの街をゆっくり周るのも、ロマンチックなひと時を過ごせるのでイチオシです。ゴンドラやヴァポレット(水上タクシー)は、リアルト橋の近くから乗船できます。

クチコミ:ヴェネツィアと言えばココ!

meryさん

日中は観光客で大混雑!でも付近にはお土産屋さんがたくさんあって、歩くだけで面白いです。朝はほとんど人がいないので落ち着いて観光できますが、お土産屋さんが全部閉まっていると閑散としていて寂しかったです。おすすめは夕方。橋から見る、青い空とカナルグランデのライトアップとのコラボレーションは最高でした!もっと見る

12. ドゥオーモ (ミラノ大聖堂) / ミラノ

ミラノの中心に建つ「ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)」。正式名称は「サンタ マリア ナシェンテ教会」と言います。建設当初(1386年)、流行の最先端だったゴシック様式が施されました。その後、完成したのはなんと1965年! 長い年月をかけてできあがった世界最大のゴシック建築は外せない観光名所です。見どころは内装のステンドグラス。聖書の場面が描かれており、手掛けた時代によってスタイルが異なるのが特徴的。また、52本もある石柱と巨大なパイプオルガンも壮観です。ミラノ大聖堂は屋上に出ることも可能。天まで伸びるような尖塔は圧巻です。

クチコミ:ドゥオーモの正面にある・・・

チュンチュ319さん

ミラノでは荘厳なゴシック建築の傑作と言われるドゥオーモにやって来ました。今回は興味を持って鑑賞したのは、ドゥオーモの正面にある5枚のブロンズ製の扉で、特に中央に豪華な扉は「聖母マリアの生涯」と教会内部では、ステンドグラスがとても多く取り入れられていて、その美しさに見とれてしまいました。もっと見る

13. サンタ マリア デッレ グラツィエ教会 / ミラノ

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『最後の晩餐』がある教会。実際、作品がある場所は教会に隣接している修道院の食堂になります。世界遺産にも認定されており、世界中から多くの人が集まるので鑑賞には予約が必須。ハイシーズン(4月から6月、9月から10月)は売り切れの場合もあるので、旅行の日程が決まったら公式サイト(英語対応可能)、または電話にて予約をしておきましょう。作品だけではなく、八角型のドームを持つ教会自体、内部も含めて優美な造りになっているので、ぜひ中まで足を運んでくださいね。

クチコミ:ミラノに来たならぜひ最後の晩餐を。

yukaさん

たった15分しか鑑賞できず、また予約が大変ですが、それでも見る価値ありです。アクセスはわかりやすいです。最低でも15分前には行かないと行けませんが、早めに行って教会を見るのもいいですよ。最後の晩餐をみたときは、ちょっと鳥肌ものでした。もっと見る

14. ヴィットリオ エマヌエーレ2世のガッレリア / ミラノ

モードな街としても有名なミラノ。それを象徴するのが、アーチ型のガラス天井「ヴィットリオ エマヌエーレ2世のガッレリア」です。1877年に完成した後、ヨーロッパ各国がこのアーケードを真似したのだとか。ガッレリア内の通路には、カフェやレストランのほか、「PRADA」や「LOUIS VUITTON」など有名ブランドの店舗が並びます。また、アーケード中央の上部にはフレスコ画が描かれており、床にはさまざまなモザイク画のタイルがあります。モードとアートが合わさったガッレリアは、ただ歩くだけでも楽しい場所です。

クチコミ:巨大なガッレリア

mitchibaさん

ドゥオモに向き合うようにして建つ巨大なガッレリアです。天井が高いガラス張りのアーケードは形も美しく豪華な雰囲気で、床から天井そして全方向とぐるっと見まわしてしまいました。中はブランド店が並んでいて、見て廻るだけでも楽しめました。もっと見る

15. スパッカ ナポリ / ナポリ

狭い路地にひしめき合うお店、石造りのマンションにたくさん干された洗濯物、地元の人も観光客もあふれる活気あるナポリの下町「スパッカ ナポリ」。イタリアの中では特に雑多な雰囲気ですが、それがスパッカ ナポリが人気の理由。また、どこのレストランでもおいしいイタリアンが食べられると、グルメ通からも評判。ただし、治安が悪いことでも有名です……。お財布や携帯などは、肌身離さずしっかり持っていてくださいね。とは言え、観光客が途絶えないのは、やはり魅力あふれる下町だからでしょう。

クチコミ:ナポリの横道。生活観満載。ちょっと危なげでもある。

nomonomoさん

スパッカ・ナポリとはトレド通りの東側。ダンテ広場やカリタ広場から中央駅へ行く道がある地域を指します。狭い道で,上を見上げれば,洗濯物がぶら下がっています。まさに生活観満載の小路が続きます。ナポリの歴史も象徴されています。とっても面白いところです。ただし,暗くなったら歩かないほうがいいでしょう。もっと見る

16. ピサの斜塔 (鐘楼) / ピサ

倒れそうで倒れないアンバランスさで人気の世界遺産「ピサの斜塔」。傾いている理由は地盤が不均質なためで、つまりは建設時の調査ミスなのだとか。しかし、倒れそうで倒れない理由も、不均質な地盤と塔が絶妙なバランスを保っているからという、世界一奇妙でおもしろい建物です。実際、目の当たりにすると思っている以上に傾いています。また、塔は屋上までのぼれるので、ピサの風景を見ることもお忘れなく。ピサの見どころは、この斜塔が建っている「ドゥオーモ広場」にあるので、観光しやすいエリアとしてもおすすめです。

クチコミ:ピサの斜塔

なぽさん

イタリアのツアー旅行で訪れました。誰でも一度は写真などで見たことがあるほど有名なピサの斜塔は、実際に見てみるとその傾き加減がよくわかってびっくりします。実際に斜塔にも登りましたが、中にいるとより傾きを感じて変な感じです。上からは建物群や町の景色を一望できてとてもきれいでした。登る石段は幅も狭く、昇り降りが一緒なのですれ違うのも大変でした。もっと見る

17. 青の洞窟 / カプリ島

ナポリから船で1時間半ほどの場所にある「カプリ島」。紺碧の海が広がり、世界中の人たちから憧れの場所とされています。カプリへ行ったらぜひ訪れたい場所が「青の洞窟」。洞窟中が青い光に包まれて、幻想的な世界を作りだしています。洞窟へはモーターボートで行く方法と、陸路で行く方法があります。入り口付近で手漕ぎボートへ乗り換えますが、かなり揺れるため、濡れてもよい服装と酔い止めはマスト。また、天候や大潮などの影響を受けるため必ず洞窟内部へ入れるわけではありません。しかし、ほかでは見られない青い世界は、時間をかけてでもぜひ行ってほしいイタリア屈指の名所です。

クチコミ:陸路がお勧めです

カブト虫さん

カプリ島で最も有名な観光スポットです。私はバスを乗り継いで陸路で行きました。朝7時のナポリ港発のフェリーで行ったのですが、洞窟到着は1番でした。小さな手漕ぎ船で狭い入り口をくぐります。中に入ると息をのむほどの美しい光景!! 青い色がこれほど綺麗に見えたのは人生初でした。船頭はチップを要求します。相場は1人2ユーロほどだそうです。私は夫婦で5ユーロ渡しました。もっと見る

18. アマルフィ海岸 / アマルフィ

“世界一美しい海岸”と言われ、世界遺産にも登録されている「アマルフィ海岸」。ナポリから南へ約50kmの場所にあります。断崖絶壁に建つカラフルな建物と、真っ青な海のコントラストがアマルフィの絶景を作り出しています。古代ローマ時代、この絶壁は自然の要塞として活躍しました。現在は、アマルフィ一帯をドライブするのが人気。道幅は狭いため、運転に自信がないという方はバスツアーに参加しましょう。太陽の光がサンサンと降り注ぐ日中もよいですが、街中の明かりが灯る夜のアマルフィ海岸もおすすめです。

クチコミ:景色最高

おかりなさん

とにかくきれいな景色でした。断崖絶壁のようなところにたくさんの家が建っていました。また色もカラフルなためとてもきれいでした。晴天だったため、海も空も真っ青でまさにインスタ映えする場所でした。向かうまではカーブの多い道なので車酔い注意です。もっと見る

イタリアの定番観光スポットはいかがでしたか?

イタリアの定番観光スポットはいかがでしたか? フォートラベルではイタリアのお得なツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。イタリアのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧